前にム-という雑誌に陰陽師等についての別冊付録の本で読んだんですが、
火の召喚、火の退去といった五芒星にひとつずつ意味が書いて
あったんですが、その意味を教えて下さい。

例えば火の召喚であれば賭けに強いといった感じで書いてあったんですが。

火、水、地、水、の召喚・退去と精霊の活動・受動の意味を教えて下さい。
それの意味がのっているホームページでもいいです。
なんでもいいので教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はじめまして



ドーマン・セーマンについて。
「陰陽道の本」学研(Books Esotericaシリーズ)なんか参考にすればいかがでしょうか。他に同じシリーズで「修験道の本」というのも参考になるかもしれません。

では、簡単ですけど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチェーホフの「賭け」の結末に関して

30年近く前に、教科書でチェーホフの「賭け」という作品を読んだことを思い出し、最近読み直しました。そしてこの小説の結末が、私が知っているものと少し異なるように思いました。今手元にあるのは、原卓也氏訳の中央公論社のチェーホフ全集(8)を元にしたポプラ社の「諸国物語」です。念のため英訳されているものも見てみましたが、いずれも結末が約束の時間の前に法律家が去っていき、銀行家が彼の手紙を金庫にしまうという結末でした。私の記憶では、もう一ひねりあったような気がするんです。もしかしたら、授業で先生が、最初の結末はこうではなく、こうなっていたんだというのを勘違いして覚えているような気もするのですが、チェーホフの「賭け」の結末について何かご存じの方がいらしたらご教授いただけるとありがたいのですが。

Aベストアンサー

手元にある中央公論社版『チェーホフ全集』で確認したのですが、『かけ』は二章からなっていて、
質問文のなかにもありますように、法律家が去って行き、銀行家が彼の残していった手紙を
金庫にしまうところで終わっていますね。

しかしながら巻末の解題を見てみますと、この作品、1889年に「『おとぎばなし』という題で
発表されたときは三章からなっていたようですが、1901年に出版した全集に収録する際に
作者が大幅に手が加え、ついには第三章をも削除してしまったようです。

解題にも第三章全文は紹介されていませんが、要約が書かれていますので簡単に紹介します。
(腑に落ちないのはこのことかなぁ。)

第二章の終わりから一年後、銀行家は夜会を開きます。客の大半は金持ちで、話が富や財産の
ことになってくると大半のものが富や財産を否定するわけです。ところが、そのなかでひとりが
「健康で、頭のいい人間で金を辞退するものはいない」と言い出す。
そこで銀行家は、かって理想のために大金を蹴った人(法律家のことですね)を知っている
と言って論争になり賭けをすることになる。銀行家が、喜びいさんで、法律家の残していった
手紙がしまってある金庫まできたとき、突然あの法律家が尋ねてくるのです。
そして、書物で知っていたのと違って人生はもっと魅力的だ、大金と言わないまでも少しでも恵んでくれ、
そうでなければ自殺するほかないと言われ、銀行家はそれを了承する。
そして銀行家は、この賭けに負けて破産してしまいます。

教科書で読まれたとのことなので、補足的に第三章の要約が載っていたか、もともとはこんな
話だったんだよ、と先生が説明したのを、記憶されているのではないでしょうか。
なぜ削除したかの理由は分かりませんが、チェーホフという作家は文章を
削り込んでいくので有名ですから、それなりの理由があったのでしょうね。

解決の手助けができたならいいのですが♪

手元にある中央公論社版『チェーホフ全集』で確認したのですが、『かけ』は二章からなっていて、
質問文のなかにもありますように、法律家が去って行き、銀行家が彼の残していった手紙を
金庫にしまうところで終わっていますね。

しかしながら巻末の解題を見てみますと、この作品、1889年に「『おとぎばなし』という題で
発表されたときは三章からなっていたようですが、1901年に出版した全集に収録する際に
作者が大幅に手が加え、ついには第三章をも削除してしまったようです。

解題にも第三章全文は...続きを読む

Qネルヴァル 火の娘たち 超個人用語で語られる文学とは。。

ジェラール・ド・ネルヴァルの「火の娘たち」を読みました。気が触れそうなくらい疲れました。
ネルヴァルの超個人的な追憶と 物語がこんがらがってるみたいだし、訳注を見ていくと、女神の名前とか 花の名前とか 他の言葉にも個人的な暗示みたいなものが綿密に含まれていて、オカルト風な所もあるあるし(勝手な判断かもしれませんが)漠然と読むのが精一杯で、ぐったりです。
狂気と幻想の詩人とよばれるネルヴァルのようですが、フェチな情熱がないと読み込めるものでないとう気がしました、私の頭が弱いんでしょうか?揺さぶられるものはありましたが、そこまで入り込む情熱は今のところありません。
これってほとんど変人の戯言とギリギリのところではある。。(本音
作家と向き合うこと自体 体力消耗するものですが 相手がここまで私的な世界に入り込んでて手が届くんでしょうか?こういう火薬の投げ込みみたいな文学っていかがなものでしょうか。
若干大げさになりましたがクライシスです。自由なご意見お願いします。

Aベストアンサー

さて、こんにちは。
『火の娘たち』読み直してみました。以前はたぶん十代のときに読んだのだと思うんですが、いま読み返してみて、全然ちがう印象を受けた。とってもおもしろく読めました。

もちろんのちの象徴主義運動がネルヴァルに範を求めた、というのはよくわかります。
けれども、そんなふうに文学史的に読まなくても、これは十分楽しめます。「象徴」とか「メタファー」とか、はたまた「狂気」だとか「夢」だとかというまえに、まず、この作品に「何が書いてあるか」をきちんと理解していきましょう。

最初の「アンジェリーク」これを読んでわたしは森鴎外の『渋江抽斎』や『伊沢蘭軒』とピンチョンの『競売ナンバー49の叫び』を思いだしました。

つまり、この作品にはひとつの大きな筋がある。それは作中で「ジェラール・ド・ネルヴァル」と呼ばれる「私」という語り手が、バスチーユを脱獄した僧侶ビュッコワ師の物語を探し求める話です。
この「原稿発見」というのは18世紀の小説のひとつのパターンとしてあります。鴎外がネルヴァルを読んでいたかどうかはよくわかりませんが、『渋江抽斎』や『伊沢蘭軒』にしてもこのネルヴァルにしても、そういう「原稿発見」の物語のパターンを踏襲しています。

抽斎や蘭軒の足跡をたどる鴎外が、「わたくし」としてしばしば作品に登場するように、「私」も登場する。
鴎外の「わたくし」が、あくまで抽斎や蘭軒を書くという目的を持った黒子に徹しているのとはちがって、まるで『競売ナンバー…』でエディパ・マースが謎の闇郵便組織「トライステロ」を求めてさまよい歩くように、「私」も「ビュッコワ師」の物語を求めてさまよいます。

読者であるわたしたちは通常、この「謎を求めてさまよう」物語を読むとき、あたかも穴をずんずんと掘っていって、途中の大きな石や木の根っこなどの障害を取り除き、とうとう最後に「真実」を掘り当てる、という物語を頭の中に思い描きながら読み進みます。たいていの「謎」の物語は、そういう構造を持っているからです。

ところが『競売ナンバー…』にしても、「アンジェリーク」にしても、決して深まらない。鴎外はたえず抽斎や蘭軒を手元に引き寄せ、抽斎や蘭軒の物語を書き継いでいきますが、この「アンジェリーク」ではビュッコワ師の物語は一向に進まず、同じ地平をごろごろと横滑りしていくだけです。何か出来事が起こっても、理解が「深まる」のではなく、出来事はたんに物語を横滑りさせることしかしない。そこで、読者はとまどうわけです。

そうしてポストモダンの作家ピンチョンは、出来事のネットワークの中心にはひとつの意味がある、という伝統的な世界観をこうしてひっくり返してみせるわけですが、ネルヴァルは、「ビュッコワ師の物語は私の『幻視者たち』と題する本(ヴィクトル・ルクー社、パリ)でお読みいただきたい」とずらしてみせる。もちろんポストモダン的意図があったわけではないにせよ、期せずしてポストモダンの小説と同じ構造になってしまったわけです。バスチーユを脱獄したビュッコワ師はどうなったんだ、という読者の期待は、最後まで宙づりにされたままです。

さて、この作品にはもうひとつの物語が織りこまれている。それが、同じビュッコワ家の一因であるアンジェリック・ド・ロンブヴァルの物語です。

「私」はビュッコワ師の足跡を追いながら、同時に、この駆け落ち貴族の娘であるアンジェリックの生涯をたどっていく。わたしはこれで18世紀の戦争というのは、戦場に相当多数の兵士や将校の奥さんや恋人がついていっていた、というのを初めて知ったのですが(ああ、昔読んでいたはずなのに……)、タイトルが「アンジェリック」であることを見ると、彼女の物語がメインストーリーといってもよいのかもしれません。ともかく、この彼女の物語は脱線をはさみ、ビュッコワの追跡とからみながらも、ひとつのまとまった物語として語られます。
ところがこのふたつの物語がどう関連づけられるのか、一向に明らかではない。

さらにここには芝居とか詩とかルソーの墓を訪れる話とか、どう関連していくのかよくわからない印象的なエピソードも、どっさり挿入されています。
いくつもの色鮮やかな物語が相互に関連づけられないまま展開されているために、わたしたちは取捨選択に迷うのです。

だからこれはそういうものとして、楽しめば良いのではないか、と思います。

つぎの「シルヴィ」、この作品は作品集『火の娘たち』のなかでもっともネルヴァルらしい作品といえるのかもしれません。

これはひとりの女優オーレリーを愛している劇作家の物語です。
この劇作家は女優のことを思いながら夢に入っていく。その夢を通じて子供時代の記憶がよみがえっていく。自分が過ごしたヴァロワで知り合ったシルヴィとアドリエンヌというふたりの少女。その夢によって、自分のオーレリーに対する思慕の情は、アドリエンヌから来ていることに気がつくのです。

そこで主人公は、まずシルヴィとの再会を求めて、自分が育った田舎へ戻っていく。
そこでシルヴィにはすでに恋人がいることを知る。その恋人というのは、自分の乳兄弟(乳母の子供)、つまり、自分の分身とも言える存在だった。

またパリに戻った主人公は、戯曲の執筆を通じて、オーレリーに手紙を書く。女優の側もそれに応えてくれたかに思いますが、記憶のなかのアドリエンヌのことを話したとたん、自分が求められていたわけではなかったと知った女優は、自分には別に恋人がいる、と主人公を退けるのです。

やがてオーレリーと共に地方巡業に出かけた主人公は、シルヴィに女優を見せ、アドリエンヌに似ているだろう? と確認を求めます。そこでシルヴィからアドリエンヌの消息を聞く。

これがこの作品のおおまかな筋です。

この作品の特異な点は、人と人の境目が極めて曖昧だということです。
「私」という語り手と、シルヴィの恋人は「乳兄弟」という意味で重ね合わされている。と同時に、シルヴィの恋人と女優の恋人も、主人公を拒否する理由であるという意味で、重なり合っている。さらに、シルヴィとアドリエンヌと女優の境界もきわめて曖昧です。

つまり、夢の中で出てくる登場人物というのは、最初はいまの友人のAさんが、いつのまにか小さい頃の友だちだったBちゃんにスライドしていたり、さらにそれがいつのまにかまた元に戻っていたりしますよね。それが作品のなかで人物が二重写し、三重写しにされている。そう思ってみてみたら、パリが現実の世界で、ロワジーの村が幻想の世界なのか。
確かにそうも思えます。語り手自身が、夢に見たことなのか、と考えたりもしています。
ところがパリへ戻って、それまでの逡巡をかなぐりすてたようにオーレリーに手紙を書いて思いを打ちあけたのも、ほんとうにこれは現実なんでしょうか。

-----
「そこで私はすべてを物語った。宵闇にほの見えて、のちに夢に入り、彼女の中に実現した愛の源を語った。彼女はまじめに耳を傾けていたが、やがて言った。「あなたはあたくしを愛していらっしゃるのではないのだわ。『女優は修道女その人なのです』とあたくしに言わせたいのね。あなたが捜していらっしゃるのはお芝居よ、それだけ、そして、その結末はあなたには見えないの。さあ、もうあなたのおっしゃることは信じませんわ。」
-----

これもよく見ると、なんとも不思議な言葉です。
もしかしたら、「邯鄲の夢」ではありませんが、冒頭で眠りに入った語り手の夢のなかの言葉なのかも知れません。

そうして最後、シルヴィがアドリエンヌの消息を告げたのちに、ヴァロワの民謡と伝説を紹介した不思議なページが続きます。
これも、「アンジェリック」と同じように、あまりひとつの筋書きに関連づけしないほうがいいように思います。


これはあくまでもわたしの読み方なんですが、わたしの場合、このような錯綜した物語を読むときは、基本的にメモをとりながら読み進んでいきます(鴎外の『伊沢蘭軒』などであれば系図を作りながら読んでいきます)。そうやって、筋を追っていく。
わたしはたぶんあまり頭が良くないので、論旨の通ったものしか理解できないんです。だから、複雑なものが出てきたら、とにかく整理しながら進んでいく。整理しないと理解できない(笑)。

読者というのは、作品を読みながら、自分でもうひとつの物語を作っていくものです。
だから、わたしの作った物語は、たいていいくつかの要素に整然とまとめられてしまっていて(笑)、原作と似ても似つかぬものに変型してしまっている。だから、こういう読み方を幻想的な作品に適応させていいかどうかよくわからないんですが。

ともかく、ネルヴァルの作品は一方で非常に明晰な断片を持っていますから、こうやって読んでいけば、かならずいくつかの断片の筋なら追うことができます。それを全体に撚り合わせることはかならずしもひつようではないのではないかと思います。
まずはいくつかの物語を追うこと。
幻想の要素、夢の要素を味わうのはそこから先でも良いのではないでしょうか。

『火の娘たち』しか読んでないんですが、ほかの収録作品に関して、もうちょっと聞きたいことがあれば(こんな読みしかできませんが)補足要求ください。

さて、こんにちは。
『火の娘たち』読み直してみました。以前はたぶん十代のときに読んだのだと思うんですが、いま読み返してみて、全然ちがう印象を受けた。とってもおもしろく読めました。

もちろんのちの象徴主義運動がネルヴァルに範を求めた、というのはよくわかります。
けれども、そんなふうに文学史的に読まなくても、これは十分楽しめます。「象徴」とか「メタファー」とか、はたまた「狂気」だとか「夢」だとかというまえに、まず、この作品に「何が書いてあるか」をきちんと理解していきましょう...続きを読む

Q島村はおやと居住いを直した。この文の意味はなんですか?「おやと」はどういう意味でしょうか?教えていた

島村はおやと居住いを直した。この文の意味はなんですか?「おやと」はどういう意味でしょうか?教えていただけませんか?ありがとう

Aベストアンサー

芸者というものは体を売る職業ではありません。ただし、この雪国という小説の中ではそういう職業の人だとして描かれています。というか、島村がそういう意味で使っています、といったほうがいいでしょうか。ともかくそういう前提からお話しておきます。

「怪しい話だとたかをくくっていたが、一時間ほどして女が女中に連れられてくると、島村はおやと居住いを直した。」

「怪しい話」とは、この前段にある女中の「女」に対する説明です。
それは、彼女は「芸者というわけではない」(=体を売る人ではない)が、時々宴会の席に出て踊ったりもするから、「全くの素人とも言えない」という話です。
この話を怪しいと思う、つまり島村はこれから来る女に対して、体を売っていないことを怪しんでいる(体を売っていると思っている)わけです。
けれど実際に来た女を見ると、「不思議なくらい清潔」な印象があったので、これは思っていたのと違うぞ、と驚いたのです。
ということで、
「体を売っている人が来るという先入観があって侮っていたものの、実際に連れられてきた女を見たときにその印象が覆され、おや、と思ってつい座り直した」
と考えればいいと思います。

芸者というものは体を売る職業ではありません。ただし、この雪国という小説の中ではそういう職業の人だとして描かれています。というか、島村がそういう意味で使っています、といったほうがいいでしょうか。ともかくそういう前提からお話しておきます。

「怪しい話だとたかをくくっていたが、一時間ほどして女が女中に連れられてくると、島村はおやと居住いを直した。」

「怪しい話」とは、この前段にある女中の「女」に対する説明です。
それは、彼女は「芸者というわけではない」(=体を売る人ではない)が、...続きを読む

Q「水の東西」について

次はこの文章の初めの部分です。

「鹿おどし」が動いているのを見ると、その愛嬌の中に、なんとなく人生のけだるさのようなものを感じることがある。かわいらしい竹のシーソーの一端に水受けがついていて、それに筧の水がすこしずつたまる。静かに緊張が高まりながら、やがて水受けがいっぱいになると、シーソーはぐらりと傾いて水をこぼす。緊張が一気に解けて水受けが跳ね上がるとき、竹が石をたたいて、こおんと、くぐもったやさしい音をたてるのである。

質問(1)「静かに緊張が高まりながら...」ここのながらの使い方を教えてくださいませんか。

Aベストアンサー

aifen さん こんにちは。

この場合の ながら は 一つの事が進行していく 様子 です。

静かに緊張が高まっていく やがて水受けがいっぱいになると、シーソーはぐらりと傾いて ...




通常 (一般的に)  ながら は

Aをしながら Bをする という AとBの同時進行を表わすことが多いです。
 
 
 
 
また 聞いてください   ^ ^    ...    。
 
 
 
 
 
 
 
 

Q大男が湖の水を飲み込んで指輪を探し出す民話知りませんか?

子供のころ読んだ外国の民話です。
たしか3人の個性的な男が出てきます。
そのうちの一人はとても大きく、湖の水を一気に飲み干して、指輪か何か重要な宝物を探します。
主人公は子供かなにかで、王様から命令された難題か何かを解いてゆく物語ではなかったかと思います。
3人の男は家来のようなものでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おそらく「のっぽとでぶと眼力」もしくは「のっぽとでぶと目だま」ではないかと思います。

過去ログにそれっぽいのがあったのですが、どうでしょうか?合ってるといいのですが・・・。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1271860


人気Q&Aランキング

おすすめ情報