現在、年金受給開始年齢は、60歳でしょうか?
それとも引き上げられて65歳からになったのでしょうか?

分かる方いらっしゃったら、お願いします。
明日、試験なんです・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 平成6年の改正で、昭和16年4月2日(女子は昭和21年4月2日)以後生まれの人については、それまで60歳から支給されている特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢を段階的に遅らせることが決まっていました。


これを「支給開始年齢の引き上げ」といいますが、これは、すでに平成13年度から始まっています。
ですから昨年の4月以降60歳になった方(昭和16年4月2日以降生まれた方)については、年金の1部につき、支給開始の年齢が61歳からとなっています。
 60歳台前半の厚生年金は定額部分と報酬比例部分から成り立っていますが、定額部分の支給開始年齢が平成13年度(2001年度)から平成25年度(2013年度)にかけて3年に1歳ずつ引き上げられ、65歳の老齢基礎年金につながるようになっています。

下記のホームページに図解が載っていますので、ご参照下さい。
http://www.izumi-sec.co.jp/money/faq/pension0108 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常にわかりやすい回答をありがとうございました。
段階的に、引き上げられているわけですね。
おかげさまで、試験乗り越えることができました!

お礼日時:2002/02/06 14:33

加入している年金制度と生年月日により、受給開始年齢が違います。


国民年金は65歳からですが、繰り上げ・繰り下げの制度があります。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/koueki/account-tax/nenkin …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 14:38

 国民年金は20歳から60歳まで加入し、原則として65歳から老齢基礎年金の支給が開始されます。

選択により支給の繰り下げ、繰り上げといった例外もあります。 

 老齢厚生年金は受給資格は老齢基礎年金と同じですが、給付開始年齢は国民年金とちがう部分があります。下記のサイトをご覧下さい。

参考URL:http://www.tamagoya.ne.jp/roudou/061.htm,http:// …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
助かりました!(^^)V

お礼日時:2002/02/06 14:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本において、夫婦そろっての長寿(最高年齢)はいくつかご存知の方いらっしゃいますか?

 こんにちは、みんさん!!長寿についての疑問があります。

 日本において、夫婦そろっての長寿(最高年齢)はいくつかご存知の方いらっしゃいますか?今までにです(過去).
分かれば現在の最高も知りたいです。
(例:夫98歳 妻102歳 どちらも生存していてです。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最高年齢のご夫婦のことは、わからないのですが。。。

私の祖父母は、祖父94歳・祖母90歳で、結婚70周年記念日を迎えた後、
祖父が他界しました。
よく言い合いしていましたけど、実はとても仲がよかったです。

Q65歳以後の年金

現在障がい者年金を受給しているものですが、今年2月で65歳の誕生日を迎えます。日本年金機構から年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)のはがきがきました。老齢年金の受取方を選ぶ内容のようでしたが、今までいただいている障がい者年金との兼ね合いがわかりません。どのような仕組になっているのか教えてください。

Aベストアンサー

既に障害基礎年金や障害厚生年金を受けている場合は、
65歳以降の年金に関しては、
老齢基礎年金や老齢厚生年金を受けられる条件を満たすことを大前提として、
以下の組み合わせ(併給の組み合わせ)からどれか1つを選びます。
(つまり、回答1の「ダブルでもらえない」という回答は大きな誤りです。)

1 障害基礎年金 + 障害厚生年金
2 障害基礎年金 + 老齢厚生年金
3 老齢基礎年金 + 老齢厚生年金

質問者さんの受けているものが障害基礎年金だけの場合は、
もしも障害基礎年金の支給が停止されてしまうようなことを考慮すると、
事実上、上記3を選択してゆくしかありません。

障害基礎年金や障害厚生年金は有期認定が通例です。
障害状況確認届の提出(一定年数毎の診断書再提出による更新)の結果で、
いつでも、障害軽減による支給停止になり得る可能性があります。

つまり、65歳以降の老後の生活の安定性を確保したいのならば、
上記3の組み合わせを選択することが、最も現実的で安全だと考えられます。
(支給停止に陥ってしまった場合、老後の生活が成り立たなくなるから)

老齢基礎年金を受けるためには、
国民年金保険料を納めた期間(厚生年金保険料を納めた期間も含みます)、
国民年金保険料を免除された期間、合算対象期間(★)の3つを
通算した合計が、原則として、25年(300月)以上あることが必要です。

★ 合算対象期間(カラ期間ともいいます)となる主なもの

20歳以上60歳未満の期間のうち、
(1)昭和61年3月までの、国民年金に任意加入しなかった期間
(2)平成3年3月までの、学生で国民年金に任意加入しなかった期間
(3)昭和36年4月以降で、海外に住んでいた期間 など

★ 合算対象期間は、以下て述べる計算式には反映されません。

上記の「25年(300月)」を満たすことを前提に、
以下の計算式によって、老齢基礎年金の額が算出されます。
(つまり、単純に免除を受けた月数だけ減額されるのではありません。)

78万6500円X(A+B+C+D+E)/40年X12

A 保険料の全額を納付した月数
B 保険料の全額免除を受けた月数X8分の4[<-- 全額免除]
C 保険料の4分の1を納付した月数X8分の5[<-- 4分の3免除]
D 保険料の半額を納付した月数X8分の6[<-- 半額免除]
E 保険料の4分の3を納付した月数X8分の7[<-- 4分の1免除]

注1:78万6500円は、平成24年度額(満額の場合)です。
注2:満額の老齢基礎年金の額は、障害基礎年金2級の額と同額です。

なお、平成21年3月分までの保険料に対しては、
BからEの「8分の◯」の部分を、次のように読み替えます。

B 6分の2[<-- 全額免除]
C 6分の3[<-- 4分の3免除]
D 6分の4[<-- 半額免除]
E 6分の5[<-- 4分の1免除]

一方、老齢厚生年金は、
上記の「25年(300月)」を満たしていることを前提に、
厚生年金保険の被保険者期間が1月以上あれば、
厚生年金保険の被保険者月数と、被保険者期間の平均報酬額に応じて
計算された額(そのため、当然ひとりひとり違います)が支給されます。

障害基礎年金や障害厚生年金から税が差し引かれることはありませんが、
老齢基礎年金や老齢厚生年金からは引かれます。
併給の組み合わせの選択にあたっては、上述した支給停止の可能性のほか、
課税の有無も考えてゆく必要があります。
ただ、一般には、受給額が最も多くなる組み合わせを選ぶようにします。

老齢基礎年金および老齢厚生年金を必ず請求していただくとともに、
以下のPDFにあるような「年金受給選択申出書」を併せてご提出下さい。

様式
http://www.nenkin.go.jp/n/open_imgs/service/0000002357.pdf

記入例と説明
http://www.nenkin.go.jp/n/open_imgs/service/0000003834.pdf

なお、最寄りの年金事務所において、詳しい説明を受けられることを
強くおすすめしておきます。
このようなサイトでは不正確な回答も多く、鵜呑みになさってしまうと
きわめてとんでもないことになりかねないためです。
 

既に障害基礎年金や障害厚生年金を受けている場合は、
65歳以降の年金に関しては、
老齢基礎年金や老齢厚生年金を受けられる条件を満たすことを大前提として、
以下の組み合わせ(併給の組み合わせ)からどれか1つを選びます。
(つまり、回答1の「ダブルでもらえない」という回答は大きな誤りです。)

1 障害基礎年金 + 障害厚生年金
2 障害基礎年金 + 老齢厚生年金
3 老齢基礎年金 + 老齢厚生年金

質問者さんの受けているものが障害基礎年金だけの場合は、
もしも障害基礎年金の支給が停止されて...続きを読む

Q生活保護 65歳以上の申請者の場合

会社の同僚の父親の話を聞いて本当?
かと思いこちらにたずねさせていただきました。
同僚は本当に生活保護が申請されているのか心配しています。
でも、同僚の幼い頃の話を聞けばTさんを心配する必要なんてないのす。
ですが...
下記状況で申請出来ているのでしょうか?

同僚の父Tさんは69歳、無職、月/年金2万円、貯金無し、借家、家族との交際無し。Tさんは同僚が幼い頃離婚、それ以来同僚と会わず。先日Tさんの仕事が終了し完全に無収入。長年縁断ちしていた息子(同僚)にお金を要求。息子は要求を断り数日して心配でTさんに電話した。
すると生活保護をもらっているとの事。


Tさん曰く、
「役所で65歳以上の上記の状況であれば誰でも申請できる」と言わた。

「この用紙にあなたと子供の名前を書いて欲しい、と言われたので書いた。毎月振り込んでくれる事になった。」

「めったに来ないと思うけど民生委員がたまに来るかも知れない。」と言われた。


ここで質問ですがTさんの血縁関係に連絡なしで申請がとおるのでしょうか?
それに手渡しでなく振込みなんてあるのですか?
民生委員は69歳にはめったに来ないのですか?

教えてください。

会社の同僚の父親の話を聞いて本当?
かと思いこちらにたずねさせていただきました。
同僚は本当に生活保護が申請されているのか心配しています。
でも、同僚の幼い頃の話を聞けばTさんを心配する必要なんてないのす。
ですが...
下記状況で申請出来ているのでしょうか?

同僚の父Tさんは69歳、無職、月/年金2万円、貯金無し、借家、家族との交際無し。Tさんは同僚が幼い頃離婚、それ以来同僚と会わず。先日Tさんの仕事が終了し完全に無収入。長年縁断ちしていた息子(同僚)にお金を要求。息子は要求を断り数...続きを読む

Aベストアンサー

扶養援助についてですが、
厚生労働省が「扶養援助は絶対条件ではない」と
言い切ってますから。扶養援助を要件に
保護をしぶる自治体の「水際作戦」が
どれだけ批判されているか知らない人が
多いのでしょうね。

ちょっと語弊のある回答をしましたが、
援助照会をしなくても良いというのではありません。
回答がない場合などに、保護決定は可能ということです。
援助が出来るか出来ないかは後からでも確認できます。

扶養を大前提にするのは、比較的に地方の福祉が多く、
都市部でケースワーカーを経験すればわかりますが、
援助照会の回答がなければ保護決定しないなんて言えば、
それこそ、決定前に死亡する例も決して少なくないです。
生活保護法にも緊急保護というものがあります。

ちなみに、DVで逃げた母子などに対しては、
(元も含め)夫への扶養援助照会は普通はしません。
居所を知らせると、何が起こるかわかりませんから。

参考URL:http://list.jca.apc.org/public/aml/2007-July/014449.html

扶養援助についてですが、
厚生労働省が「扶養援助は絶対条件ではない」と
言い切ってますから。扶養援助を要件に
保護をしぶる自治体の「水際作戦」が
どれだけ批判されているか知らない人が
多いのでしょうね。

ちょっと語弊のある回答をしましたが、
援助照会をしなくても良いというのではありません。
回答がない場合などに、保護決定は可能ということです。
援助が出来るか出来ないかは後からでも確認できます。

扶養を大前提にするのは、比較的に地方の福祉が多く、
都市部でケースワーカー...続きを読む

Q60歳過ぎのヘルパーの給料

うちの施設で、一緒に講座を受けたヘルパーで、ほとんど同時に同じ施設で働きだした仲間がいるのですが、その人は見た目も若く、独身で、60歳過ぎているのですが、ほんとによく働き、施設の役に立っているのです。それなのに、常勤の人よりも多い時間を働いているのに、常勤の人と同じ給料なのです。年だからというので、常勤という扱いではなく、なんかかわいそうです。ヘルパーの世界でも、やっぱり年は給料に響くのでしょうか。
本人は、給料が少ないと、とても怒っているのですが‥。

Aベストアンサー

年齢は関係ないでしょう。給料というのは資格(介護福祉士、社会福祉士etcの福祉関係資格)や経験によって考慮されるものだと思います。それに福祉の仕事の給料というのは他の仕事と違って、そんなにあがらないものなんです。
20年働いても18万とかそんな世界で、閉鎖的です。
 ちなみに私の職場では残業手当はそんなにでません。残業手当といっても時間で出るのではなく1日500円ぐらいの手当てしかでないです。夜勤や日勤なんかの差はあります。
その人が60過ぎているなら、福祉の仕事ではないろんな
経験をされていると思います。
ヘルパーの仕事はもちろんその経験を活かしていくべきであるし、それらを総合的に評価し、施設にとってプラスになるのなら給料に反映すべきでしょうね。

Q(60歳)ホームヘルパーの資格取得支援制度を利用するべきか悩んでいます。

定年退職した母のことで相談です。
年金だけでは生活できないので
パートなどで働くことを考えているのですが、
知人の方からホームヘルパー2級の資格を
取ることを勧めてもらったそうです。
少し興味を持っているようですが
体力面で自信がないみたいです。
(私から見てもちゃんとできるのか心配です。
定年まで身を粉にして働いてきましたから)

知人の方は身体介護ではなく生活援助をしているそうですが、
一旦働き出すと、仕事内容も選べないのではないでしょうか。。

先日母がホームヘルパー講座の説明会に行ったら
「資格支援制度」を使えば無料で資格をとれると聞いてきました。
しかし取得後は最低1年間そこの会社の訪問介護スタッフとして
働かないといけないそうです。

体力的にも不安はあるので、できれば今までやっていた
販売のような仕事がしたいそうですが、
(でも求人を見ても働き口があまりない状況のようで不安)
それを利用するべきが悩んでいます。
しかし、1年間の縛りがあるのも
体力的にできなかったらどうしようということみたいです。

また母は教育給付金制度も利用できるので
それなら受講料の80パーセントは返金されるので
それを利用したほうが色々と融通が効くのではと
私は思っています。

優柔不断な相談内容で申し訳ないですが
この場合、資格取得支援制度で資格をとるか
教育給付金で資格をとるかどちらが賢明でしょうか?
アドバイスをお待ちしています。
よろしくお願いいたします。

定年退職した母のことで相談です。
年金だけでは生活できないので
パートなどで働くことを考えているのですが、
知人の方からホームヘルパー2級の資格を
取ることを勧めてもらったそうです。
少し興味を持っているようですが
体力面で自信がないみたいです。
(私から見てもちゃんとできるのか心配です。
定年まで身を粉にして働いてきましたから)

知人の方は身体介護ではなく生活援助をしているそうですが、
一旦働き出すと、仕事内容も選べないのではないでしょうか。。

先日母がホームヘルパー...続きを読む

Aベストアンサー

ホームヘルパー2級というと、生活援助だけでなく、身体介助もできる資格になりますので、一旦働き始めると、「私は生活援助しかムリ」とは言いづらいんじゃないでしょうか。
それに体力面に自信がないのであれば、1年間の縛りがある制度の方は微妙な感じがしますが。
福祉関係の仕事をしていますが、意外と体力・精神力が必要かなあと思いますので、もしヘルパーを取られるにしても、教育給付金の方にされてはいかがですか??


人気Q&Aランキング

おすすめ情報