あるマンガに明治の外交官副島種臣の書が載っていました。非常に鮮やかな、ひどく惹きつけられる書で出典を知りたく思っています。
 漢詩でした。白文では
「野は煙霞の色に富み、天は花柳の春を縦にす」。
 マンガのイラストで見る書は
「野富煙霞色
 天縦花柳春」
 と読めました。青海の即興詩かもしれませんが、ちらっと見たところ、教養人らしく五言絶句など漢詩をよく書にしたようなのです。
 もしこれに出典があったり、その前後があるならご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

九州、佐賀の「実相院」が所蔵する書額だそうで、


「煙」が「烟」である以外は、Yusuraさんがお読みのとおりのようです。
書額ですので、これで完結の作品だと思います。
新潮社刊「芸術新潮」1999年9月号、42~43ページに写真が、
46ページ以降に解説が掲載されています。
お近くの図書館かどこかに同誌があれば、一度ごらんいただければと思います。

この回答への補足

 ありがとうございます。煙→烟の間違いはうっかりしていたからです。「えんか」と打ち込んで「煙霞」が出てきたのでそのまま書き込んでしまいました。いや~パソコンって怖いですね、もうITボケですよーって責任転嫁しておこう・・・m(_ _;)m。
 いくつか個人で所有されているうちの一つになるのですね。名前から察するに寺院でしょうか?一度この目で見てみたい・・・。
 残念ながら芸術新潮は探さないとなりません。確か性的な意味合いを含む作品の掲載が多くなってきたとかで近くの図書館では入れてないそうです。
 それにしても3年近くも前の雑誌について覚えていらっしゃるなんて。この質問がmicsさんの目にとまってよかった。回答して頂いて感謝します。
 雑誌は取り寄せてみます。

補足日時:2002/02/06 04:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q即興の作曲やアドリブ演奏について。

もし既出だったらすみません・・・。
即興で作曲したり、アドリブで演奏する方は、
コードやスケール等の理論を熟知した上で演奏しているのでしょうか?
それとも、結構感覚的なもので演奏しているのでしょうか?
両方??かもしれませんが、
目の前で演奏している姿を見ると指が勝手に演奏しているようですごいなぁと感心するばかりです。

私はピアノを小1~6年までしか習っていないので、
もう辞めてから10年以上経っていますが、
(その間キーボード等で好きな曲を弾いたりはしています)
こんな私でも、また習ったり自分で勉強していけば、
結構そういったことができるようになるのでしょうか?
回答いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アドリブ楽しいですよねー!僕もCD聞きながらギターや鍵盤でよく勝手にソロ作って弾いたりしています。アドバイスというかすぐできる技みたいなものを少し。まず、ピアノならハノンでさんざんやったかと思いますが、どの鍵盤からでもドレミファソラシドのスケールをいろんな早さリズムで弾けるようにしておくこと。ハ長調はもちろんめをつぶってでもできると思いますが、それを半音ずつ上げたりしてとにかくどっからでもいけるよにしておくのです。次は短調。
そして次がミソなんですが、ハ長調の「ドレミファソラシド」のファとシを弾かずに「ドレミソラド」と弾いて練習してみてください。演歌っぽいですよね。これもどっからでもいけるように練習です。
さあ、いよいよクラシック→演歌→ロックと進んでいきます。さっきのミソです。演歌の「ドレミソラド」にミ♭とソ#を入れて弾いてみてください。書くとかえってわかりにくいんですが「ドレミ♭ミソソ#ラド」となります。ほら、ロックっぽい(笑)弾くのになれたら、「レミ♭ミソ・ソソ#ラド」と右手で凄く速く弾く練習してみましょう。上り下りでもやってみましょう。ピアノ経験者なら楽勝ですよね。
そして、仕上げです。ちょっと不協な和音。さっきの「レミ♭ミソ」と「ソソ#ラド」をそれぞれいっぺんに弾いてみます。なんか使えそうじゃないですか?(笑)なんか汚いので親指や中指を外して弾いてみたりします。どうです?ますます使えそう・・(笑)
あとはもうどの調でもできるように研究&練習です。以上、難しい音楽用語を一切省いて書いてみました。長くなってしまいすみません。

アドリブ楽しいですよねー!僕もCD聞きながらギターや鍵盤でよく勝手にソロ作って弾いたりしています。アドバイスというかすぐできる技みたいなものを少し。まず、ピアノならハノンでさんざんやったかと思いますが、どの鍵盤からでもドレミファソラシドのスケールをいろんな早さリズムで弾けるようにしておくこと。ハ長調はもちろんめをつぶってでもできると思いますが、それを半音ずつ上げたりしてとにかくどっからでもいけるよにしておくのです。次は短調。
そして次がミソなんですが、ハ長調の「ドレミファソ...続きを読む

Q漢詩の鑑賞

簡単な質問で恐縮ですが、教えてください。

漢詩を朗読して鑑賞するのに、現代の中国語(=普通語)を使うことは果たして意味のあることなのでしょうか?

漢詩をその作詩当時の中国語で朗読したほうが、例えば韻についてより納得できるのではないでしょうか?

素人ながら、中国語は漢詩の隆盛した唐・宋などの時代と現代語ではかなり発音が違っているように思われるのですが。

Aベストアンサー

日本語におきかえてみると,
「恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり…」という和歌を,「コイスチョー ワガナワマダキ タチニケリ」と読むのは果たして意味のあることか?「コフィステフ ワガナファマダキ…」と読んだほうがよいのではないか?
というような話ですね。(日本語の発音の場合,脚韻の問題がからまないのでちょっと違うかもしれませんが)
個人的な意見ですが,どちらで読んでも構わないというか,結局は好みの問題ということになると思います。

現代の中国人は,もちろん漢詩を現代語で読んでいます。音韻など言語学の研究者でないかぎり,たとえば唐詩なら唐の時代の発音で読める人はほとんどいないと思います。
それでも,定形の漢詩としての美しさは伝わってくると思います。
これは日本人が読んだ場合でも同じでしょう。少なくとも,訓読では味わえないリズムがそこにはあります。

もちろん,中国語の漢字の発音も時代により,また地域により,さまざまに変化しており,昔から膨大な研究がなされています。日本でも,学研の「漢和大辞典」には昔の発音が掲載されています。
ためしにこれで漢詩を読んでみると,現在の標準語に比べると,二重・三重母音がたくさん出てきたり,ngなどの子音で始まったり,けっこう読みにくいです(現代語に慣れた身には)。
広東語などで読むと,当時の発音に多少近いかもしれません(標準語では衰退してしまった音節末の子音が今でも残っていたり,ngで始まる文字があったりするので)。
また,No.1の回答にありますように,実は日本語の漢字音も,昔の発音の名残をとどめています。たとえば,音節末の子音 -p, -t, -kが「-フ」,「-チ/-ツ」,「-キ/-ク」という形で残っています。

確かに脚韻については,特に入声(音節末のp,t,k)の消滅した現代音で読むよりも,当時の発音で読んだほうが,よりよく伝わってくるものはあるかなと思いますが,それなら現代日本語音で読むのも面白いと思います。
コクハーサンガーザイ ジョウシュンソウモクシン(國破山河在 城春草木深)のように。
本当は漢音なら漢音で,呉音なら呉音で統一したほうがいいのかもしれませんが,とりあえずはあまりうるさく言わずに,今日良く使われる日本語音で。
ちょっとお経っぽい響きがします。実際,お経はこの要領で,全部呉音で読んでいるわけですね。

日本語におきかえてみると,
「恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり…」という和歌を,「コイスチョー ワガナワマダキ タチニケリ」と読むのは果たして意味のあることか?「コフィステフ ワガナファマダキ…」と読んだほうがよいのではないか?
というような話ですね。(日本語の発音の場合,脚韻の問題がからまないのでちょっと違うかもしれませんが)
個人的な意見ですが,どちらで読んでも構わないというか,結局は好みの問題ということになると思います。

現代の中国人は,もちろん漢詩を現代語で読...続きを読む

Q夢二の漢詩

夢二の画「遠山に寄す」にある漢詩(?)の意味を教えてください。

Aベストアンサー

竹久夢二「遠山に寄す」
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/kyotohangain/touyama.jpg

一片
雲夢
不相

三千
里外
却逢



遠山

私は無知なので、このあとは読めません。意味は、以下のサイトで解説なさつてゐます。このくらゐで御容赦ください。

http://blog.goo.ne.jp/utakata96/e/e1ce6287d1ed87e7b271ea99765f7e5b
「一片の雲は少しも私を知らないのに、雲が知らせてくれたのであろうか、三千里外の君に却ってめぐり合うとは」

http://nimaigai.exblog.jp/2725946/
「私を知らないのに、雲が知らせてくれたのであろうか、三千里外の君に却ってめぐり逢うとは。」

Q彫刻について、ミケランジェロの言葉の出典

 ミケランジェロの言葉として「大理石に埋まっている彫刻を取りだす」という意味のことをよく聞きます。ロダン展の記事にもあった記憶します。
 しかし、これが出ている文献の名前がなかなか判りません。たとえ彼自身の言葉でないにしても、火のない所に煙は立たぬと申します。きっと何かはあるのでしょう。お教え頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

「火」だとすればこれかな?
ルネサンス彫刻家建築家列伝 (白水社)
ジョルジョ ヴァザーリ

『画家・彫刻家・建築家列伝』(がか・ちょうこくか・けんちくかれつでん(伊: Le Vite delle più eccellenti pittori, scultori, ed architettori 、英: Lives of the Most Excellent Painters, Sculptors, and Architects)wikiより

Q戦前の唱歌「人生航路」について知りたい(祖父の遺言の出典?)

祖父が半紙に書き遺してくれた、「遺言」かつ「家宝」とも言うべき「人生訓」があります。
それは、次のような内容です。

  人生の行路 平坦ならず
  波浪逆巻き 風雨荒し
  百折たはまぬ決心あれば
  光明 常に彼岸にひらめく

  正義の道を踏み行く我が身
  恐るべきもの 世にまたあらず
  困苦は我を 如何にともせず
  艱難 汝を玉にすと知れ

  ……

このところ、出典が非常に気になっています。
サイトをあれこれ検索して調べてみたのですが、ほとんどわからず、たった1件だけ、高齢者の方が書かれたと思われるサイトを見つけました。
それによると、どうやら、戦前の文部省唱歌「人生航路」であるらしく、「終わりの2行がどうしても思い出せない」と断った上で、次のように記されていました。

  人生の航路 平坦ならず
  波浪逆巻き 風雪荒し
  百折たわまぬ意気だにもたば
  光明 常に彼岸にあらん

  百里のみちを 踏みゆく者は
  九十里を以って半ばとすべし
  九仭の山を登らんとして
  功名一揆にかくことなかれ

  人を羨み妬むは愚か
  彼も人なりわれも人なり

  ……

酷似しているのですが、細かな所が微妙に違います。
そのためか、ますます、この「人生航路」という唱歌の歌詞が実際にはどうなっているのか知りたいと、強く思うようになってしまいました。

どうか、力を貸していただけないでしょうか?
歌詞を知っていらっしゃる方からのコメントはもちろんのこと、参考になりそうなサイト、著書(入手が比較的容易なもの)などの情報でも結構です。

祖父が半紙に書き遺してくれた、「遺言」かつ「家宝」とも言うべき「人生訓」があります。
それは、次のような内容です。

  人生の行路 平坦ならず
  波浪逆巻き 風雨荒し
  百折たはまぬ決心あれば
  光明 常に彼岸にひらめく

  正義の道を踏み行く我が身
  恐るべきもの 世にまたあらず
  困苦は我を 如何にともせず
  艱難 汝を玉にすと知れ

  ……

このところ、出典が非常に気になっています。
サイトをあれこれ検索して調べてみたのですが、ほとんどわからず、た...続きを読む

Aベストアンサー

 さまざまな出典が見つかりました。
 
── 百里の道を行く者は、九十九里をもって全行程の半ばとす。
   ── 佐藤 一斎《言志四録》
 佐藤 一斎 儒学/林家塾塾頭 17721114-1115 江戸 18591019 88
             (安永 1.1020-1021~ 安政 6.0924)
   ── 《朝日日本歴史人物事典 19941130 朝日新聞社》P748
 
── 九仭の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)。
   ── 《書経・旅■》
 
── 艱難汝を玉にす:人は多くの艱難を乗り越えて立派な人物になる。
   ── 《?=広辞苑》
 
── 「人生の旅路 平坦ならず 波浪逆巻く 風雨荒し 百折たゆまぬ
決心あれば 光明常に彼岸にひらめく 百里の道を旅ゆく者は 九十九里
をもって半ばとすべし 功を一きに欠くこと勿れ」
(この文章は、以前勤めていた会社の「日々の糧」という本に書かれて
いた文章です。本当にそのとおりだなと思う。)
   ── 《私の好きな言葉BEST3 ~ 3ばん ~ 》
athletezone.at.infoseek.co.jp/record.htm - 3k - キャッシュ(削除)
 
── 「我も人なり、彼も人なり」あなたたちは「腐ったミカン」じゃ
ない。── 武田 鉄矢《3年B組金八先生 ~ シリーズ2&5 ~ TBS》

 さまざまな出典が見つかりました。
 
── 百里の道を行く者は、九十九里をもって全行程の半ばとす。
   ── 佐藤 一斎《言志四録》
 佐藤 一斎 儒学/林家塾塾頭 17721114-1115 江戸 18591019 88
             (安永 1.1020-1021~ 安政 6.0924)
   ── 《朝日日本歴史人物事典 19941130 朝日新聞社》P748
 
── 九仭の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)。
   ── 《書経・旅■》
 
── 艱難汝を玉にす:人は多くの艱難を乗り越えて立派な人物になる。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報