砂に含まれる鉄(2)と砂の割合を酸化還元(redox)の滴定実験で求めたいのですが、Fe(2)をそのまま水に溶かすとFe(3)に酸化されてしまいうまくできませんよね。酸性下ではこの酸化を防ぐことができるのは分かるのですが、いつ酸を加えればいいのかが分かりません。直接砂に硫酸をかけていいのか、水に溶かしてからその水で砂の鉄分を溶かしたほうがいいのか、あとどれくらいの量の酸が必要なのかもはっきりわかりません。Potassium Manganate と鉄との滴定実験です。そのほかの砂に含まれる水溶性の物質は無視していいとのことです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは


二価鉄は水に良く溶けます。砂に水を加えると、表面に付着している塩類や可溶性の酸化物が溶解します。三価の鉄は溶解しませんので、濾過を行うことで分離できます。ただし、三価鉄の一部の錯塩は溶けますが、砂の場合無視しても良いでしょうね。
問題は二価鉄を酸化還元滴定で求めることではないでしょうか。微量と思われますし、その他の還元性物質の影響で高めの結果となるおそれがあります。過マンガン酸による滴定はよほど濃度が高いときのみ可能です。
私なら、濾液をO-フェナントロリンで比色して定量するか、原子吸光によって分析しますね。
砂を濾過したのち、原子吸光で分析するなら硝酸を加え、水酸化物の生成を防止します。
比色分析するなら、塩酸を加えておけば大丈夫ですが、早めに分析した方が良いです。塩酸ヒドロキシルアミンを加えると全鉄、加えなければ二価鉄だけの濃度を求めることが出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足まで答えて頂いてありがとうございました。おかげさまでレポートも完成しました。本当にありがとうございました。またお願いします。

お礼日時:2002/02/11 02:18

こんばんは


砂の2価鉄の分析ですか?
土壌であれば、この分野で最も権威があるとされている「土壌養分分析法」(農林省監修:出版 養賢堂)に詳しく書かれています。
砂は酸処理しても表面しか溶解できませんね。
砂に含有される2価鉄をそのような方法で分析するのは無理だと思いますが。
仮に、表層に付着した2価鉄を分析するのであれば、使う酸としては希硫酸でしょうね。中性付近では鉄が酸化されるので、(1+1)ぐらいの希硫酸で直接溶解するべきでしょうね。
ただし、硫化鉄(黄鉄鉱)は砂に含まれことがありますので注意が必要です。

この回答への補足

丁寧な解説ありがとうございます。ただひとつ質問があるのですが、水に砂をそのまま混ぜると鉄分と水溶性の物質だけが溶けた水溶液は作れるのでしょうか。またこの場合水溶液中の鉄の酸化を防ぐためにはどうすれがいいのでしょうか?何度もすいませんがよかったら教えてください。お願いします。

補足日時:2002/02/08 04:13
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中性脂肪基準値、どちらが正しいのでしょうか。先日、健康診断で血液検査をしました。当方、24歳女です。

中性脂肪基準値、どちらが正しいのでしょうか。先日、健康診断で血液検査をしました。当方、24歳女です。そのとき、中性脂肪が病院の基準値50~149mg/dLのところ、39と基準値よりも低めに出ました。家に帰ってネット調べてみると、中性脂肪基準値は30~149mg/dLと記載があり、それであれば基準値内なのですが、いったいどちらが正しい基準値なのでしょうか。詳しい方、教えてください(>_<)

Aベストアンサー

基準値は、それぞれの検査施設で、検査した人を対象に基準値を決めています。大学病院とか、日本赤十字社とか、施設によって、基準値は異なります。どちらが正しいということはありません。

Q硫酸鉄(II)とニクロム酸カリウムの酸化還元滴定

初めまして、学校の実験授業で硫酸鉄(II)中の鉄の定量という実験をやりました。
硫酸鉄(II)とニクロム酸カリウムの酸化還元滴定で行い、式を用いて鉄の含有率を求めるものです。
ニクロム酸カリウムの酸性溶液中での酸化作用は
Cr2O7(2-)+14H(+)+6e(-)→2Cr(3+)+7H2O
だと教科書に書いてあります。(分かりづらくてすみません、かっこ内の数は価数です。アルファベットのあとの数字は右下の小さい数字です。)
ニクロム酸カリウムの式は分かったのですが、硫酸鉄(II)の式がわかりません。どのようにして考えれば分かるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

硫酸鉄(II)の式の考え方の基本は、硫酸イオンがSO4(2-)であることと、硫酸鉄(II)がFe(2+)であることです。
( )内に示した、+と-が釣り合うような割合で両者を組み合わせればよいわけです。
したがって、Fe(2+)とSO4(2-)を1:1で組み合わせればよいことになります。
硫酸鉄(III)であれば、Fe(3+)とSO4(2-)について考えればよいことになり、2:3の割合になります。

ところでニクロム酸カリウムと書かれていますが、二クロム酸カリウムです。つまり、はじめの「二」は漢字です。・・・仮に間違えても、読む人は気づかないかも知れませんが(笑)。

Q基準値内なのに肝機能障害と診断されました。

38歳女性です。

1月に受けた健康診断の結果で、肝機能障害という診断結果がでました。

肝機能検査の数値は

AST (GOT)  21 (基準値 ~30)
ALT(GPT)  19 (基準値 ~19)
γ-GTP    14 (基準値 ~14)
ALP      107.0 (基準値 117~350)

という結果で判定が C 肝機能障害でした。
所見欄に 「肝機能に異常が見られます。経過の観察を要します。」
と書かれていました。

今まで一度も引っかかったことがないので、とても驚いたのですが、よく見ると上の3項目は基準値内で、ALPというのだけが基準値より低い数値だったのですが、これでも肝機能障害の診断がされるものなのでしょうか?
ネットで検索してみると、数値が高い場合は肝機能障害が疑われるようですが、私の場合は3つは基準値内で、ALPは基準値より低いという結果なので、戸惑っています。

健診を受けたところは健診センターなので、結果は郵送で通知され医者に質問することができません。
心配なので、近所の病院を受診しようかと思っているのですが、まずはここでお知恵のある方に伺ってからと思い質問させていただきました。

ちなみに、他に引っかかった項目は脂質代謝検査で B判定。
HDLコレステロール 68 (基準値 40~119)
LDHコレステロール 124 (基準値 60~119)
中性脂肪        48 (基準値 30~149)
で、LDH のみ基準値を上回っていました。

血球検査、腎尿路系検査はA判定でした。

どうぞよろしくお願いいたします。

38歳女性です。

1月に受けた健康診断の結果で、肝機能障害という診断結果がでました。

肝機能検査の数値は

AST (GOT)  21 (基準値 ~30)
ALT(GPT)  19 (基準値 ~19)
γ-GTP    14 (基準値 ~14)
ALP      107.0 (基準値 117~350)

という結果で判定が C 肝機能障害でした。
所見欄に 「肝機能に異常が見られます。経過の観察を要します。」
と書かれていました。

今まで一度も引っかかったことがないので、とても驚いたのですが、よく見ると上の3項目は基準値...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

健康診断ですよね
成人予防と言う意味が多く含まれていますので
グレーの場合医者に行けとか
健康に留意してとか言われます

それで私も心電図もレントゲンも撮りましたし
胃カメラも飲みました

念のためですが
内科で血液検査を受けてみてはどうですか?
私はかかりつけ医に検診結果を持っていってみてもらい
判断を仰ぎます
それで必要なら検査をします

Qシュウ酸と過マンガン酸カリウムの酸化還元滴定

この操作で滴定をするとき、滴定の初めのほうでは滴下した過マンガン酸カリウムの色の戻りが遅いのはなぜなのでしょうか?
いろいろなサイトをまわったところ
「Mnイオンが触媒となり反応が速やかになる」ということはわかったのですが、いまいちピンときません。
もう少し具体的に教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

Mn2+がない状態では反応が遅い為に、加熱しなければ進まないというのが普通の説明のようです。つまり、滴定をはじめた当初は、MnO4-ばかりで、Mn2+(あるいはMnSO4)は生じていない為に、反応が遅く、加熱しなければ反応が進むのに長い時間が必要であるということです。

ひとたび、Mn2+が生じれば、それが触媒となり反応がすみやかに進むようになるということです。
ただ、Mn2+がどのように触媒作用を示すかということについてはあまり書かれていないようです。想像ですが、Mnはいろいろな酸化数をとるので、ひとたび生じたMn2+がMnO4-によって再酸化されたりすることによって、電子の移動が(すなわちMnO4-による酸化が)すみやかに起こるようになるということだと思います。

Q初めて質問するのでよろしくお願いいたします。エクセルの数式で基準値を超

初めて質問するのでよろしくお願いいたします。エクセルの数式で基準値を超えたセルにだけ一定の値を乗算する数式はあるのでしょうか?セルA→基準値 セルB→実積数値 セルC→基準値を超えたセルB*100
分かりにくいと思いますがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一例です。
A1を基準値、B1が実績値、C1に基準値を超えた場合にB1を100倍
C1に=IF(B1>A1,B1*100,"")

Q今週の化学実験の時間にリン酸を水酸化ナトリウム滴定し、滴定曲線を書くと

今週の化学実験の時間にリン酸を水酸化ナトリウム滴定し、滴定曲線を書くという実験を行いました。
その時の考察についてわからない個所があったので質問します。

リン酸…濃度未知 10mlを200mlビーカーにとり、蒸留水を50ml加えた
水酸化ナトリウム…0.1M 全部で40ml

考察
1)滴定曲線から第一、第二当量点をそれぞれ求め、リン酸濃度を計算する
  →当量点の方は問題ないのですが、それを濃度計算にどう用いればよいのか?
2)フェノールフタレインの変色点を求める。この値が、リン酸の第二当量点を求めるために適当かどう  かを評価する。
  →評価方法?
3)半当量点でのpHがpKaに等しいとしてリン酸のpK1とpK2を、滴定曲線から求める。
  半当量点とは? pKaとは? pK1 pK2の求め方?

提出が来週の火曜日なので、できるだけ早めに回答していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

(2)

第2当量点のpHは、生じる 「HPO4^2-」の不均化反応、

2HPO4^2- ⇔ H2PO4^- + PO4^3-

が、他の反応と比べて特に進み易いので、[H2PO4^-]≒[PO4^3-] と見做せるから、

pH≒(pK2+pK3)/2 と近似できます。


これをP.Pの変色域と比較して評価すればよい気がします。

Q尿・血液検査の基準値の意味

よろしくお願いいたします。
以前に、レニンとアルドステロンを血液検査した際の基準値を見てみますと、「ERECT」と「SUPINE」と言う文字が同一の項目に(レニン・アルドステロン各々)二つの基準値が書いてあり、各々基準値の幅が違います。
この意味はいったい何なのでしょうか?ご存知の先生お教えくださいませ。
「SUPINE」では基準値外でも「ERECT」では基準値内だったりするので微妙に気になりました。

Aベストアンサー

supineは仰向け、erectは立位です。

Q酸化性酸、非酸化性酸

初心者です。ステンレスは酸化性酸には侵されにくく非酸化性酸には侵されやすいとありますがしっくりこないので酸化性の意味を含めて御説明願います。

Aベストアンサー

酸化性酸というのは、酸化力を持った酸ということでしょう。具体的には硫酸、硝酸などを指します。
非酸化性酸というのは、塩酸などの酸化力を持たない酸ということになるでしょう。
高校の範囲内では酸化力を持たない酸は、Hよりもイオン化傾向の小さい金属(たとえばCuやAg)を溶かしませんが、酸化力を持つ酸はそれらの金属を溶かします(ただし、H2は発生しません)。

ステンレスの場合にはその成分であるクロムが表面で酸化されることによって、酸化被膜が生じ、それによって内部が保護されています。
たとえば、Al,Fe,Niなどの金属に濃硝酸をかけると酸化被膜(不動態)を生じるために、これらの金属は希塩酸などには溶けるにもかかわらず濃硝酸には溶けないという事態が生じます(これも高校で習うと思います)。

ステンレスにおけるCrの場合もこれと同様で、酸化性酸が付着しても、表面に酸化皮膜(不動態)が形成され、内部を保護するために腐食が進まないけれども、非酸化酸が付着した場合には溶けて侵されるということではないでしょうか。

Q基準値からのばらつき

平均からのばらつきを調べるためには標準偏差というものがありますが
平均ではなくある基準値からのばらつきを調べたいのですがその場合も
標準偏差の計算式を応用でできるのでしょうか。

例)A、B、Cという数値がある場合

標準偏差 (A-平均)^2 (B-平均)^2 (C-平均)^2 の平均の平方根
  ↓
基準値Dからのばらつき (A-基準値D)^2 (B-基準値D)^2 (C-基準値D)^2 の平均の平方根

という式は成り立つのでしょうか? 

Aベストアンサー

成り立つとか成り立たたないとかの話ではなく、
「基準値からのバラつき」なるものを
そのように定義したいってことでしょう?
すればいいんじゃないですか? 誰も止めません。
ヒルベルトなんか、直線をビアマグと呼んでました。
…とかは置いといて、

n 個のデータ xi (i=1,2,…,n) の平均を m とすると、
基準値 D との差の 2 乗和は、
Σ(xi-D)2乗 = Σ((xi-m)-(D-m))2乗
= Σ((xi-m)2乗 - 2(xi-m)(D-m) + (D-m)2乗)
= Σ(xi-m)2乗 - 2(D-m)Σ(xi-m) + Σ(D-m)2乗
= Σ(xi-m)2乗 - 0 + n(D-m)2乗.

両辺を n で割ると、
(1/n)Σ(xi-D)2乗 = (xiの分散) + (D-m)2乗
となります。
貴方の「バラつき」は、(基準値と平均の差の 2 乗)と分散の和の平方根です。
xi の分散に対して単調増加ですから、
バラつきの指標として使えそうな気はしますね。

Q酸化鉄に吸着したFe(II)の還元能力

酸化鉄に吸着したFe(II)の還元能力
土の中に含まれている、あるいはミネラルの表面に吸着したFe(II)は、
水中に存在するFe(II)に比べて高い還元能力を示すようですが、その理由を教えてください。

ある論文によると、
Fe(II)が酸化鉄の表面に吸着すると
=Fe(III)-O-Fe(II)-OH
となり、ヒドロキソリガンドと錯体を作ることにより、Fe(II)の還元能力が上がるようです。。。

この意味を分かりやすいように説明していただけませんか?
お願いします。

Aベストアンサー

多分、「熱力学支配」ではなく「速度論支配」なのだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報