ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

油彩のキャンバス布、意外といろんなメーカーからでてますよね。
フナオカ、東洋クロス、リキテックスなどなど。
またメーカーごとに荒目、中目、細目などいろんな種類があります。
最近画材やさんで買うよりも安いのでネットでキャンバスを買おうかどうか迷っています。
そこで皆さんが使っているキャンバス布と、その使い心地を参考までに教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は昔、画材店に勤めておりましたが、品質ではフナオカが一番巻いたままで何年おいても地塗が黄ばみません。

アメリカの会社のものは薄く絵の具を溶いて描く方向きです。地塗りなしの方を購入していただくほうが品質が落ちません。後はヨーロッパのメーカーでクレサンというのがございます。ここのは有名な画家の方が使っているようでした。
使い心地は厚塗りの方にはフナオカをお奨めします。絵の具が割れ落ちません。
ほかのメーカーのものは枠に張るときにコツがいるので要注意です。
店頭でしたら年に一、二度、東京の世界堂がキャンバスフェアーを行うので3割位、定価よりも安いです。
粗目を使用されるのでしたら生地屋さんで麻布を買われて、地塗りをされるのが一番お買い得です。(東京新宿のオカダヤなど)

参考URL:http://www.sekaido.co.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオススメの油絵の具

 油絵を始めようと思っていますが、画材屋さんに行くといろいろなメーカーのものがあって、どれを買ったらよいか、迷っています。 
 特に、美大などで専門的に勉強したことのある人は、御用達のメーカーなんてあったりするのですか? 鉛筆だとステッドラーとか、水彩絵の具なら、ホルべイン、とかそんな感じで、よく使うメーカーがあったら、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。美大を卒業したものです。
少しでも参考になればいいと思っています。

 美大の学生さんがよく使う油絵の具はおそらくマツダスーパーじゃないでしょうか。私の頃は殆どの友人がそうでした。予備校の画材屋さんに揃っているからが理由だと思います。
持っておきたい色は、クレヨンとかと同じの12色位でいいと思います。あまり沢山持っていても使わないと思います。
メーカーは他にホルベインやクサカベやニュートンなどありますが、たとえば同じ名前の色でも、メーカーによって透明具合や色味が全然違うので、慣れてきたらいろいろと冒険してみるといいと思います。
慣れてくると使いこなし易い物とか、判ってくるようになりますよ。
 鉛筆ではステッドラーは確かに重宝します。ハイトーンが物凄く強いのです。
濃い色ですと、三菱のHi-Uni(ハイユニ)が滑りがよくて描きやすいと思います。
ステッドラーとハイユニでは、ハイユニの方が1トーン濃い目ですので、同じ2Bと表示してあっても実際はステッドラーはB位の濃さしか出ません。
このあたりも、慣れてくると判ってくるように思います。
 木炭は最初の下書きで使えるので持っているといいと思います。(勿論芯抜きも)
 オイル(テレピン)などは、安いものでいいとは思います。
 筆も、いろんな形でいろんな大きさのものを試してください。
 ナイフは、ゾーリンゲンの物がいいと思います。使いやすいです。
 筆を洗うバケツは寸胴型のものが使いやすいと思います。
近所にもし美大があるようでしたら、構内の販売店で買うと大抵安く手に入りますので行ってみるといいと思います。
よくある油絵セットの木のパレットや木の入れ物ですが、ああいうのは格好だけで使いにくく重いと思うのでお勧めしません。
最初に2万円もあれば一通り揃います。
一応販売店の方に相談してみてくださいね。

こんにちは。美大を卒業したものです。
少しでも参考になればいいと思っています。

 美大の学生さんがよく使う油絵の具はおそらくマツダスーパーじゃないでしょうか。私の頃は殆どの友人がそうでした。予備校の画材屋さんに揃っているからが理由だと思います。
持っておきたい色は、クレヨンとかと同じの12色位でいいと思います。あまり沢山持っていても使わないと思います。
メーカーは他にホルベインやクサカベやニュートンなどありますが、たとえば同じ名前の色でも、メーカーによって透明具合や色味が...続きを読む

Q油絵とアクリル絵の違いを教えて下さい。

私は全く絵をやった事が今までにありません。今とてもアートに惹かれて習いたいと思っています。友人のお勧めでは油絵なのですが、アクリル絵とどう違うのでしょうか?絵も全然違ってくるのでしょうか?又初心者にはどちらが良いのでしょうか?アクリルの方が、油絵のようにも、薄い感じにも描けるとどこかで読んだような気がします。又シャツや石などにも描けると・・・油絵は匂いが強烈だと聞きます。そうすると油絵のようにも描けるアクリルの方が使い用途も広くいいような気がしますが、全く無知な私には分かりません。どなたか是非アドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

絵の具は、顔料などの発色成分が同じでも、メデュームを入れ換えることで様々な種類になるのです。例えば水彩絵の具には水溶性のアラビアゴムなどを加えますが、油絵の具には空気に触れると固化する乾性油を加えるのです。

主な絵の具の例をあげてみます。

水彩絵の具
水溶性の糊(アラビヤゴム等)と、乾燥を調整する糖類、グリセリン。
油絵の具
油(乾性油・加工油)、樹脂と厚塗りやタッチをつけるためのロウ類。
樹脂絵の具
合成樹脂(アクリル樹脂、PVA(ポリビニールアセテ-ト))と、乾燥を調整するグリセリンやエチレングリコール。
パステル
顔料を棒状に固めるための糊・トラガントゴム等。(学童が良く使っているパスはこれとは別のもので、次のオイルパスのことです。)
オイルパス・クレヨン
動物・植物性油脂とパラフィンやロウ類。(油脂分の多いものがオイルパスで、パラフィンやロウ類の多いものがクレヨンです。

>アクリルの方が、油絵のようにも、薄い感じにも描けるとどこかで読んだような気がします。

そうですね^^アクリルは耐水性の水彩(変な言葉TT)水分を多めに取ると水彩の淡い色などが表現できます、ただし本家透明水彩の発色には及ばず少々くすんで艶がありません。

>又シャツや石などにも描けると・・・

樹脂なので洗濯にも何度かは耐えられますね。厚めに塗るとヒビが入るかな?^^

>油絵は匂いが強烈だと聞きます。

私も臭いと思います(笑)独特な臭気ですよね…換気は必要かと思います。ある意味パステルや木炭の定着に使うフィキサチフやポスターカラーの仕上げ用のトリパブも臭いです…アクリルは臭くないですよ^^

>そうすると油絵のようにも描けるアクリルの方が使い用途も広くいいような気がしますが、

厚く塗れば油絵の様な仕上がり、盛り上げようのモデリングペーストを混ぜるとざらざらやデコボコ、アクリルボードなどの上で色を混ぜメディウム混ぜ
かわかすと剥がれてフィルム状にもなる…アクリルは変幻自在。石にも壁にもシャツにもカンバスにもボードに板にもガラスにも塗れる、たぶん殆どの物に塗れますね^^何も絵に拘らなくてもオブジェも作れる…

アクリルの使用上の注意は、乾くと溶けません(耐水性)溶き皿からペロンと剥がしたりした粉かな破片が水道管に詰まったりしかねません(友人は別の染色用の絵の具の所為でアパートから出るように言われました)入らなくなった絵の具はそのまま乾燥させ、乾いたのを見計らって水の入りバケツに漬け数時間、ぺろんと剥がれた物をそのまま燃えないごみで出しましょう^^

まだ決めてないのに長文失礼致します
(今更・爆)

沢山描いて素晴らしい心の探求をなさってください…
絵は自分との向き合い、人生との対話・心の全てが心境が出てきます(落ち込んでるときなど)現実では外へ向いていた目が今度は内側へ向きます。何も無い所から何かを生み出す、そんな苦痛と快感に満ちた世界をお楽しみください^^

頑張って!

絵の具は、顔料などの発色成分が同じでも、メデュームを入れ換えることで様々な種類になるのです。例えば水彩絵の具には水溶性のアラビアゴムなどを加えますが、油絵の具には空気に触れると固化する乾性油を加えるのです。

主な絵の具の例をあげてみます。

水彩絵の具
水溶性の糊(アラビヤゴム等)と、乾燥を調整する糖類、グリセリン。
油絵の具
油(乾性油・加工油)、樹脂と厚塗りやタッチをつけるためのロウ類。
樹脂絵の具
合成樹脂(アクリル樹脂、PVA(ポリビニールアセテ-ト))と...続きを読む

Q油絵の練習でキャンバスの代わりになるもの

油絵をはじめるべく道具を購入したいのですが、
調べてみるとキャンバスはすこし高価すぎます。
練習用の代用キャンバスなどはありますか?
普通の画用紙じゃだめですか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうですか,それは残念でしたね。
しかし,ご質問の方がどこにお住まいかわからないので…
私は名古屋在住なので、このへんなら世界堂とか島本画材とかにはあると思います。
メーカーにより呼び名もさまざまで
ミューズ社だとアクリルボード(イラストボードの一種)
フナオカだとキャンバスボード
ホルベインだとボールドキャンバス
という具合です。
お店で上記の名前で注文するか,ネット通販を利用されても良いかもしれません。
良いアドバイスが無くてすいません。
自分にあった道具や素材を探し見つけるのも絵を描く楽しみの一つですよね。私は買いもしないのに画材屋についつい入り浸ってしまいます。
ご健闘を祈っています。

Q寝室で油絵を描く時の臭い

こんにちは、質問させてください。
突然油絵が描きたくなったので道具を一式揃えました。全くの初心者です。
しかし自宅で絵を描けるスペースが自分の寝室しかなく、部屋には家族の服などもポールハンガーにかけられていたりして、臭いが移ってしまわないかと心配で踏ん切りがつきません。
自分の本やパソコンはいいとしても家族の服に臭いが移ってしまうと申し訳なくて…
部屋は窓が二つあるので換気はしやすいですが今は梅雨なので締め切る時が多いです。
他に絵を描けるとしたら屋外の倉庫か仏間くらいしかないのですが、やっぱり臭いは移るでしょうか?

それからもう一つ、絵具の色を変えるときはいちいち筆をクリーナー?のような物で洗うのでしょうか?それとも色を変える時は新聞紙などで軽く拭いて、区切りがよくなって絵を乾かす時などにクリーナーで洗うのでしょうか?
クリーナーと筆洗い器を買い忘れたので初心者でも使いやすいものがあれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は高校時代に油彩を専攻していましたが教室はかなり臭かったですね(汗
やはり室内だとどうしても臭いや汚れが多少は出てしまうかと思います。
画家の人もやはりアトリエを別に作りますしね。

しかし学校だけだと課題ができないので自宅で製作をすることもあったのですが油絵での匂いの原因は筆を洗うクリーナーの液だと思います。
これは基本的にシンナーが入っているのでその匂いがかなり充満するためで換気をしないと倒れてしまうこともあると思います。
市販のクリーナーの代わりに灯油を利用する人もいたので…。

ですが少し値段が高くなってしまうと思うのですが無臭と書かれたクリーナーがあるのでそれを使えばかなり臭いは軽減できます。
とは言ってもやはり近くで臭いをかげばほのかにシンナー臭いですしオイル自体にもそれぞれ臭いがあります。(基本的にそれほど強くはないですが)
あと無臭とはいえシンナー系の気体が発生しますし絵の具自体にも危険な化学物質が使われているものもあるので必ず換気はしてくださいね。
自分はこの臭いが好きだったのですが少し古臭いような臭いだったりするので少しでも臭いが気になるというのであれば避けたほうがいいかもしれません。
なので出来れば庭やガレージで描けるならそのほうがいいかもしれませんね。

筆は出来ればさまざまな種類、大きさの筆を多めにそろえるのが理想です。
理由はクリーナーに入れてそのまま描くとクリーナーが絵の具を溶かすので絵自体にあまりよくありません。(垂れてきたりしてしまったり色が混ざったりする原因になる)
しかし油絵はカンバスでの色の混色も特徴の一つなのであえて筆を洗わずに新しい色をつけたりする場合もありますが。
もし少ない筆でどうしても洗いたい場合はクリーナーで洗ったあと軽くふき取り少し乾くのを待って使うといいと思います。
筆もなかなか高価なので私自身はそうしていたのですが教えてもらっていた先生曰く「クリーナーは片付けの時にだけ使え!」とのことでした。

最後に筆洗とクリーナーですがあまりどちらもそれほど種類は多くないと思います。
クリーナーは取りあえず「無臭」などの表記があるものを、筆洗は普通のプラスチックだとシンナーが溶かしてしまうので通常は金属性のものが売られていますが家で描く場合だと別にガラスのビンや缶でも問題ありませんよ。

私は高校時代に油彩を専攻していましたが教室はかなり臭かったですね(汗
やはり室内だとどうしても臭いや汚れが多少は出てしまうかと思います。
画家の人もやはりアトリエを別に作りますしね。

しかし学校だけだと課題ができないので自宅で製作をすることもあったのですが油絵での匂いの原因は筆を洗うクリーナーの液だと思います。
これは基本的にシンナーが入っているのでその匂いがかなり充満するためで換気をしないと倒れてしまうこともあると思います。
市販のクリーナーの代わりに灯油を利用する人...続きを読む

Qアクリル絵の具で布に絵を描きたいのですが・・・。

アクリル絵の具で布に絵を描こうと思いまして、100円均一のダイソーさんで、アクリル絵の具を買ってきました。
買ったとき、色によって『水性』『油性』と書いてありました。(ほしい色は水性しかなかったので、水性にしました)
アクリル絵の具の『水性』『油性』の違いっていうのはどういったものなのでしょうか?

また、水性だったら布に絵を描いた場合、洗濯したりすると落ちてしまうのでしょうか?
それとも、過去の質問にあるとおり、後からアイロン等で熱を加えれば定着するのでしょうか?

さきほど余り布に書いてみたのですが、水にぬらしてこすったら、少し落ちてしまいました。これは絵の具が乾ききってなかったからかもしれません。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、どうぞお教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

油性のアクリル絵の具は私は知らないのですが…
布に使う場合は、布への定着を良くするメディウム(ファブリックメディウム)を混ぜるといいのです。
メディウムを購入するとボトルの横に布への書き方が出てたと思います…

2年前に筆でTシャツに書いて~1日おきに洗濯していますが、、まだ完全には落ちていません Tシャツで大丈夫なら…と思いますが、、

参考URL:http://zus.web.infoseek.co.jp/HandstoStamp/TECH/fabric2.htm

Q木炭の使い方を教えてください

木炭の使い方が解りません。
デッサンは少しかじっていて、鉛筆デッサンはそれなりにやれると思います。
鉛筆の場合、ハッチングや力加減等で細かく描き込んでいくことができます(そもそも細いし)。
木炭を使うと、急に自分が不器用になったみたいで、幼児画になってしまいます。
ちょっと力を入れると真っ黒に、少しこすると色が消えてしまう。
斜めに削って、細かい部分を書けと言いますが、それでも太いし、妙に黒いドギツイ線が出来上がってしまいます。
要するに、木炭をコントロールすることが出来ず、自由に明暗をつけられないのです。
色々な本を読み、YOU TUBE等でも調べてみましたが、コツが掴めません。
素人なので、どうしても木炭デッサンにこだわる必要はないのですが、あの淡い陰影が好きなので、出来れば使いこなしたいと思います。
色々教えていただけますと、幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
先ず、10段階のグラデーションのスケール(物差し)を作ってみてはいかがでしょう。
木炭紙は凸凹の溝にしっかりとすり込んで定着させなければいけません。厳密に言えば、鉛筆デッサンの場合も画用紙の凸凹を使いますね。
ガーゼを使ってしっかりと何度もこすってグラデーションを作ることで、木炭を使いこなす練習になります。

鉛筆デッサンは足し算で、やわらかい鉛筆の色を重ねていき、色の幅を出しますが、木炭デッサンは、炭を乗せた後、指や練りゴム・パンなどで炭を取る「引き算、マイナスの作業」がかなりの割合をしめます。
また、木炭デッサンは鉛筆デッサンに比べて、炭が落ちやすく、人差し指で弾いたり、息を吹きかけたりしても炭が落ちてしまいます。定着液で定着させてないデッサンは、軽く触っただけで台無しになりますね。

斜めに削って細かい部分を書く場合は、「ミズキ」という種類を使います。伊研の980番(緑色の箱)がそれだったと思います。
先をカッターで刀のように何度も何度も削りながら使用します。
妙にドギツいのは、柳とかクワを使っているからかもしれません。

個人的には、柳・伊研の220番と830番を使えば、腕が良ければどんな色でも出せると思っています。一度に色を出すのでなく、鉛筆デッサンと一緒で、軽い筆圧で何度も何度も重ねて色を出しては、大きくガーゼで色を落ち着かせる。また何度も色を重ねる、といった感じで根気よく形を取りながら繰り返していくと良いでしょう。

上手く書くコツは、「手を洗う」「序盤は練り消しを使わない」「明るい部分はこすらず、紙の凸凹を大切にする」といった感じです。

分かり難く、知りたい情報と合致しているか自信ありませんが・・・

こんにちは
先ず、10段階のグラデーションのスケール(物差し)を作ってみてはいかがでしょう。
木炭紙は凸凹の溝にしっかりとすり込んで定着させなければいけません。厳密に言えば、鉛筆デッサンの場合も画用紙の凸凹を使いますね。
ガーゼを使ってしっかりと何度もこすってグラデーションを作ることで、木炭を使いこなす練習になります。

鉛筆デッサンは足し算で、やわらかい鉛筆の色を重ねていき、色の幅を出しますが、木炭デッサンは、炭を乗せた後、指や練りゴム・パンなどで炭を取る「引き算、マイ...続きを読む

Q油彩で板絵を描く際の下地処理についてお聞きします。

油彩で板絵を描く際の下地処理についてお聞きします。

よく、下地処理していない、ホームセンターなどで買ってきたそのままのベニヤ板などに絵を描く際、油が木に染み込んで酸化し、木がボロボロになるのを防ぐために、膠やアクリル、PVAなどで目止めをしなければいけないと言われます。

生の亜麻布や紙などでしたら目止めをしないとボロボロになるのでしょうけれど、木の場合は、家具や楽器などで直接亜麻仁油(リンシードオイル)を塗布する「オイルフィニッシュ」と呼ばれる仕上げ方法があり、上の記述が正しければ、そういった仕上げをするとボロボロになってしまうことになります。

しかしオイルフィニッシュの家具や楽器は実際に存在しますし、時が経つにつれいい感じになるようです。

ということは、板には目止め処理をせず、直接ファンデーションホワイトなどを塗ってしまって(もし油が吸い取られるようならあらかじめリンシードを吸わせて)いいのではないかと思っているのですが…。

実際にベニヤパネルに直接油絵具で描いたり、サンシックンドリンシード塗布後に描いたりしたものがあり、2年ほど経過していますがボロボロになる気配はありません。ただ、2年では検証にならないので、詳しい方がおられたら教えていただけると嬉しいです。

油彩で板絵を描く際の下地処理についてお聞きします。

よく、下地処理していない、ホームセンターなどで買ってきたそのままのベニヤ板などに絵を描く際、油が木に染み込んで酸化し、木がボロボロになるのを防ぐために、膠やアクリル、PVAなどで目止めをしなければいけないと言われます。

生の亜麻布や紙などでしたら目止めをしないとボロボロになるのでしょうけれど、木の場合は、家具や楽器などで直接亜麻仁油(リンシードオイル)を塗布する「オイルフィニッシュ」と呼ばれる仕上げ方法があり、上の記述が正しけ...続きを読む

Aベストアンサー

>そういった仕上げをするとボロボロになってしまうことになります。

なりません

>家具や楽器などで直接亜麻仁油(リンシードオイル)を塗布する「オイルフィニッシュ」と呼ばれる仕上げ方法があり

直接じゃないです
何段階ものオイルの種類を変えます

前提条件がバラバラなので、何ともいえないですよ

Q教えて!キャンバスにアクリルガッシュ!?

油絵によく使用されるキャンバスにアクリルガッシュで絵を描くのはよくないのでしょうか??
2年くらい前に500円くらいのキャンバスにアクリルで絵を描いたのですが、今では表面に水分がとんだの原因と思われ、ひび割れが見られます。

最適な絵の具の種類、乾燥対策など、ぜひ教えて下さい!

Aベストアンサー

アメリカの美術大学生です。
日本語が変だったらすいません。母語は英語なので。

キャンバスはアクリル・オイル(油絵)両方に使えますが、ガッシュ(gouache)は普通のアクリルとは少し違います。ガッシュは水彩向けの紙、なかで重い塗りを耐えられるように分厚く、かわきの早いガッシュが塗りやすいスムーズな紙が必要です。(Hot Press) ガッシュは普通のアクリルよりずっと乾くのが早く、テカりがないので写真写りがよく(反射がない)、手早くカラーの物を仕上げる必要のあるデザイナーに好まれています。表面が粉っぽく塗りが下手だと乾くとひび割れが見え初心者には使いにくいものです。しかもほかのメディアと比べ乾くと色がかなり変わります。(色に神経質だとたえられません。私みたいに はは)
キャンバスは暑い重ね塗りやキャンバスの目を利用した絵に向いてます。ガッシュはべたべたと重ね塗りや油絵のような重い塗りはむり。さっと、一回、均一に色を塗るのは紙の方が安定していています。キャンバスの目や柔軟さはかえってガッシュにひびを入れます。

ガッシュと普通のアクリルは一般的には混ぜません。混ぜたら問題、という訳ではないですが。そもそも使ってるバインダーbinder など違うので、色が落ちたり、ぐちゃっと塗りにくくなったりするかも。

何が何でも、水性と油性のペンキは混ぜないでください。美術の神様が怒こります。。。

アメリカの美術大学生です。
日本語が変だったらすいません。母語は英語なので。

キャンバスはアクリル・オイル(油絵)両方に使えますが、ガッシュ(gouache)は普通のアクリルとは少し違います。ガッシュは水彩向けの紙、なかで重い塗りを耐えられるように分厚く、かわきの早いガッシュが塗りやすいスムーズな紙が必要です。(Hot Press) ガッシュは普通のアクリルよりずっと乾くのが早く、テカりがないので写真写りがよく(反射がない)、手早くカラーの物を仕上げる必要のあるデザイナーに好まれています。表...続きを読む


人気Q&Aランキング