まえに、人類学について質問をしましたが、やっとトピックを決めることができました。それは民族境界論にしましたが、あまり資料がないみたいなのですがぜひ民族境界論に詳しい方、ホームページを知っている方教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

難しいテーマを選びましたね。

民族境界論は文化人類学の中では比較的新しい分野なので独立した参考資料は少ないでしょう。手元の「文化人類学名著50」(平凡社)にも独立した著作としては見当たりません。世界の少数民族について述べた
「世界の民、上・下」(明石書店)には多くのヒントがあるような気がしますが、民族境界論を正面から論じたものではありません。文化人類学の参考書からこつこつと関係する部分を集めていくのが近道かもしれません。参考URLは参考にはなりますが不十分です。

http://www.let.kumamoto-u.ac.jp/cs/cu/001120eb.h …

参考URL:http://www.let.kumamoto-u.ac.jp/cs/cu/000612nati …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスコットランドの民族衣装

くだらない質問なんですが。
スコットランドの民族衣装で、バグパイプとか吹く時や、ダンスをするときに
男性が履くスカート状の服の名前って何でしたっけ?
ふと、頭に浮かんだんですが、どうしても名前が思い出せません。
気になるっす。お願いします。

Aベストアンサー

 「Kilt」 キルトです。

Qアフリカの民族がするペインティング

祭りとか儀式にすると思われる顔や体に施すペインティング(化粧)について、どんなことでも結構です、教えてください。名称、意味、由来など。また、それらに詳しいサイトなど。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ボディペインティングは世界中の民族が行っていたと思われます(日本も含む)
問題はいつやめたか、それに代わるもの(名残り)はなにかと言うことです。数多くの民族の中には現在もボディペインティングを行うものがいます。彼らを我々は原住民とか先住民とか呼んで特別視しますが、実はあれは昔の我々の姿でもあるわけです。

文明化に伴いボディペインティングを止め代わりに同じ模様を布に刺繍して着用している種族がいます。中米パナマのカリブサイドに住むクナ族の女性です。クナ族の刺繍は女性のブラウスを飾るものですが、現在では民芸品として高く売られています。日本にもその技法が導入されモラ教室が各地にあります。

ボディペインティングの模様は抽象化されているのが普通ですが、多くは部族が
先祖として敬っている動物や、神話をデザイン化しています。

参考URL:http://www.edu.city.yokohama.jp/es/setogaya/txt/jiman/garari1.htm

Q日本人の民族性

日本人は控えめで、喜怒哀楽の感情をあらわにするのを嫌います。

ただ、「イベント」
この時は欧米と遜色ない沸き立ちようです。

サッカーや野球のワールドカップ、アイドルのライブなどのイベントでは、周りを憚らずエールを送り、歓声をあげ、見ず知らずの人と抱き合い、涙します。

これは一体何故でしょう。何故、急に大胆に?何故、急に他人の感動を自分の感動と同化させ、喜怒哀楽を爆発させるのでしょうか?

日本人の底にあるのはなんなんでしょうか。

Aベストアンサー

>日本人は控えめで、喜怒哀楽の感情をあらわにするのを嫌います。

日本人も中世や古代の人々はかなり喜怒哀楽は
激しかったんです。
文学や芸能にそれがあらわれています。
また宗教や経済力と結びついて支配者にたびたび抵抗する
集団が戦国時代くらいまでいました。

江戸時代になると平安の時代がおとずれ、
幕府の強い力で普段は押さえつけられていましたが
一揆など「おかみへの抵抗」を起こすだけのエネルギーは
庶民はまだ残していました・・。

今の「日本人像」は明治以降に作られたのかなって気がします。

>ただ、「イベント」
>この時は欧米と遜色ない沸き立ちようです。

はっきりとはわかりませんが、質問者さんが書かれている
まさに以下のことが理由なのではないでしょうか?

>他人の感動を自分の感動と同化させ、喜怒哀楽を爆発させる

「個」を際だたせるより他人と一体感を持つことを喜びとする
現代日本人の民族性
ですので、普段は突飛な行動などなるべく取らないよう
控えめ、感情表現も控えめ。
逆にイベントの場で感情を露わにしないことは「他人との一体感」を
持てないことですから、盛り上がるのでしょう。

現に、いくら盛り上がったとしても、外国と違って
突拍子もないことをやる人はあまりいませんよね?
暴動めいたことを起こす人もまず、いないでしょう。
盛り上がり方もなんとなくパターンがある気がします。

>日本人は控えめで、喜怒哀楽の感情をあらわにするのを嫌います。

日本人も中世や古代の人々はかなり喜怒哀楽は
激しかったんです。
文学や芸能にそれがあらわれています。
また宗教や経済力と結びついて支配者にたびたび抵抗する
集団が戦国時代くらいまでいました。

江戸時代になると平安の時代がおとずれ、
幕府の強い力で普段は押さえつけられていましたが
一揆など「おかみへの抵抗」を起こすだけのエネルギーは
庶民はまだ残していました・・。

今の「日本人像」は明治以降に作られたのかな...続きを読む

Q世界の民族衣装について

こんにちは、
どなたか世界の民族衣装について(大雑把でもいいので)似ていることや、違いについて教えて貰えませんか?

もしくは簡単にまとめられているサイトがありましたらurlを頂けると助かります。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

服の種類ってあるので、体に巻くもの、かぶるものなどそういう分類かと思います。

大体、西洋は男性でいえば、シャツとかチョッキ。

東洋ではきらびやかなものがあったり。

その民族の美意識などと気候で過ごしやすいものかと思ってます。

基本的に色は鮮やかですね。

Qイギリスの民族紛争を考える

イギリスを構成する民族(国)は以下の通り

・イングランド・ブリテン島南部⇒ブリトン人(ゲルマン系アングル人とケルト民族の混血)
・ウェールズ・ブリテン島西部⇒ウェールズ人(ゲルマン系ノルマン人とケルト系ゲール人の混血)
・スコットランド・ブリテン島東部⇒スコット人(ケルト系ピクト人とケルト系デール人の混血)
・アイルランド・ブリテン島北部⇒デール人(ゲルマン系ヴァイキングとケルト系アイラ人の混血)
・アイルランド島⇒ケルト系アイラ人

ということらしい。
元々は、先にケルト系アイル人が先住民族ということですが、ブリトン人はデミヒューマンと思っていました。
男はゴブリンやホブゴブリンやドワーフ、女性は妖精です。
現在でもアイルランドには「妖精に注意」の看板があるほどです。

イギリスの国民の80%がブリトン人です。
元々はドイツのアングル地方のゲルマン人です。
ローマ人とケルト人の戦争以降に入植してきた人です。
ローマはケルトに勝利したはず?ですが・・・なぜかその後の統治の歴史がありません。
しかし、ブリトン人の入植を見れば、爪痕は大きかったのでしょう。

ウェールズ人の祖先はデール人ですが・・・元々はオランダ人です。
そう・・・オランダ人とケルト人の混血です。
ですが、有名なアーサー王はブリトン人です。(驚)

実はブリトン人のアーサー王が、サクソン(ドイツ諸国のひとつ)の侵攻を阻止したという話です。
その後イギリスは、ブリトン人のウィリアム王によって”征服”されます。(笑)

ですので、これを元にすれば、ケルト系ピクト人のスコットランド独立?も、もういい加減にしたら?
という話ですね。

日本で例えれば、クマソやエミシが分離独立するような話ですね。

日本人としてありえますか?

イギリスを構成する民族(国)は以下の通り

・イングランド・ブリテン島南部⇒ブリトン人(ゲルマン系アングル人とケルト民族の混血)
・ウェールズ・ブリテン島西部⇒ウェールズ人(ゲルマン系ノルマン人とケルト系ゲール人の混血)
・スコットランド・ブリテン島東部⇒スコット人(ケルト系ピクト人とケルト系デール人の混血)
・アイルランド・ブリテン島北部⇒デール人(ゲルマン系ヴァイキングとケルト系アイラ人の混血)
・アイルランド島⇒ケルト系アイラ人

ということらしい。
元々は、先にケルト系アイル人...続きを読む

Aベストアンサー

ありえますか?
ありえます

だってクマソやエミシの方が「日本人」ですから
今居る私たちは日本人ではありません「単に日本に住んでいる人」なだけです


人気Q&Aランキング

おすすめ情報