食品の危険性を調べていくうちにコレでは私は一体何を食べればいいのか?と煮詰まってしまいました。
肉・魚・乳製品・牛乳の危険性は今では常識ですが、野菜や果物まで危険性はあると知ってしまってはどうしていいのかわかりません。
ダイエットとか言う問題ではなく命の問題だよな…と深刻に考えています。
安全な食生活を送りたいのにどうしようもないのでしょうか?
お金があれば安全性の高いものを手に入れることも可能でしょうが、毎日節約生活しをしている一般人には難しいと思うのです。
食べ物を気にしていらっしゃる方は一体普段何を食べていらっしゃるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

(1)生協に加入しています


無農薬、低農薬、普通のものから選べます。
加工肉も発色剤を使っていないので
自然な色です。

(2)自分の味覚を頼りにします
農薬か抗生物質まみれの野菜やお肉に遭遇すると
何故かまずいのです。
危険なものはマズイ!
これに限ります。
にんじんなど分かりやすいです。
無農薬のものはフルーティなのに
そうでないのは苦くてぴりぴりしてまずいです。

(3)デトックスや断食という手があります
吸収と排泄は同時にできないので
意図的に吸収を抑止して、排泄力を高めるのが
断食なのですが、体内の有害金属が排泄されるそうです。



以上です。
    • good
    • 0

よく思うのですが、食品の安全性を考えずに生きていたはずの人々が100歳以上まで普通に生きています。


それほど過敏にならなくてもイイのではないでしょうか?
    • good
    • 5

 一度『「食べもの情報」ウソ・ホント―氾濫する情報を正しく読み取る ブルーバックス 高橋 久仁子 (著)』をご一読されることをお勧めします。



参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062572 …
    • good
    • 0

#5です。


訂正です、イエメンはサウジアラビアの南隣です。
アフリカにも長くいたので混同してしまいました。
    • good
    • 1

私はボランティアでアフリカのイエメンで生活したことがあります。


そこでは泥水をすくって沸騰させて飲んでいました。
日本に帰ってくると近所の奥さんたちの集会で、水道水にアルカリイオンの浄水器をつける話で盛り上がっていました。
日本はなんと平和なことかとつくずく思いました。

マスコミはオーバーに報道するのでそれを鵜呑みにして心配していてはキリがありません。
日本ほど安全な食生活をしている国はないと思いますよ。
心配しないで何でもバランスよく食べたらいいと思います。

昼の番組で、バナナが体にいいと言えばいっせいにバナナを買いに行き、玉ねぎが体にいいと言えばいっせいに玉ねぎを買いに行き、危険性が報道されればいっせいに買わなくなる・・・・。
気にしすぎだと思います。

あまり思い悩んでいて事故に遭わないように。
交通事故に気をつけましょう。
    • good
    • 0

>肉・魚・乳製品・牛乳の危険性は今では常識ですが、野菜や果物まで危険性はあると知ってしまってはどうしていいのかわかりません。



差し支えなければ、
1)それぞれの危険性
2)上記の出典
を教えていただけませんでしょうか。

参考にしたいもので。
    • good
    • 0

主に生協を利用しています。


比較的安全なものが手に入ります。

しかし、あまり情報を鵜呑みにするのは危険ですよ。
食事をするということは、異物を体内に入れることですから、何がしかの危険は常に付きまといます。

それと、命の問題と仰ってますが、現代でも日本の平均寿命は延びているのです。
昔に比べればトータルで安全だということです。
    • good
    • 1

 心配しすぎです。


 テレビや雑誌などの健康情報は、一般ウケしやすいよう、危険性をわざと強調して書くのがいまや慣わしとなっています。
 なんたって、「記事を書いてるのも素人」なんですから。
 たとえば「あるある大辞典」は別に栄養学の専門家が作ってる番組ってわけじゃないんですよ。

 「危険性がゼロではない」と「cherryxoxoさんにとって危険である」は必ずしもイコールではありません。
 もしかしたら、抵抗力強化に有用な程度の小さな危険性かもしれないし、単に「危険性がある可能性がある」だけで、現実にはそんなものはないかもしれません。

 なんなら、「今や常識」と言われている危険性の一部を書いてみてください。
 その中のいくつかであれば、俺でも論破できるでしょう。
    • good
    • 0

私は、肉、魚、乳製品、牛乳、野菜、果物、全て食べています。

子供もいるので、上記のようなものは、必ず食べさせたいですしね。

確かに、遠い昔の自給自足の生活からすれば、化学物質も多いでしょうから、危険かも知れませんが、だからといって、全てサプリメントなどで補っていては、食事の楽しみとかなくなり、決して良い食生活とはいえないと思います。咀嚼したり消化したりといった働きをしなくなったら、身体を壊すと思います。

私も、わりと食品に気を使いますが、しいていえば国産品を消費しているということですね。食費は高くつきますが、代わりに服飾品や娯楽品を我慢すれば良いだけですからね。

限りなく安全に近いのは、自分で生産することですかね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q書き順が、きっと間違っていると思っている漢字、何ですか?

皆さんが日常で漢字を書いていて、書き順は間違っているんだろうなぁー、きっと間違っていると思っている漢字は何ですか?
私は沢山あります。
右という漢字は、どうしても「ヨコタテ」と書いてしまいます。

Aベストアンサー

凸と凹(でこぼこ)ですね

まず100人中100人が書き順を間違うと思う

上から左から順にいくと間違う
どうしてこの順?という書き順です

Q納豆を食べても血液はサラサラにならないんですか?一体何を食べれば血液がサラサラになるんでしょう?青魚

納豆を食べても血液はサラサラにならないんですか?一体何を食べれば血液がサラサラになるんでしょう?青魚は有名ですが、これも納豆同様胃で消化されて血液には栄養が届かないんですか?
ネットで調べたら納豆食べても胃に消化され、血液まで届かないとありました。ヨーグルトなども食べても乳酸菌は1%しか腸に届かないとか。。
じゃあ何をどうすれば血液はサラサラになるんでしょう?? 1度なってしまったら治しにくいんですよね?

Aベストアンサー

玉ねぎは血液サラサラ効果で有名です。
あとは麦茶です。

Q漢字の書き順が書いた本

漢字の書き順が詳しく載った本ってなんですかね?
きちんとした書き順で漢字など書きたいのですが、いざ電子辞書とか(漢字辞書付き)買ったはいいものの、書き順がついておらず(なんとなくそんな気がしましたが)いざ、きちんとした書き順を調べようと思っても何を見ればいいのかわからなくなってしまいました。児童用の漢字辞典とかじゃないと漢字の正しい書き順とか載ってないのでしょうか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

過去に同じような質問がありましたので、
参考URLをチェックしてみてください。
回答者さんの中には、電子辞書に書き順が表示されるものが
あるそうです。ソフトがあったら、探してみてはいかがでしょうか。

書き順は・・・私も不正確に覚えていることが多いです。
最近、クイズ番組や一般常識クイズ番組が増えて、書き順では、しょっちゅう間違えています。(汗)
ただ、誰かに見張られているわけではないですし、最終的には美しく完結していれば良いと思いますので、学校時代ほど、ストイックに書き順にこだわってがくがくするより、自分の慣れた書き方で美しく書ければいいと思うのですが。
そう言いながら、よく、本屋の子供用コーナーで、漢字の書き取り、や算数、などの問題集をついぱらぱらめくってしまいます。

参考URL:http://okwave.jp/qa1778308.html

Qテストの日の朝には何を食べるのがいいですか?朝ごはんに何を食べるといい!とかありますか?あったら、教

テストの日の朝には何を食べるのがいいですか?朝ごはんに何を食べるといい!とかありますか?あったら、教えてください!

Aベストアンサー

基本は普通に食事を摂ることです。まずはテスト前にしっかりと朝食を摂りましょう。
そして朝食のメニューとしてご飯に納豆をかけ、みそ汁の具に豆腐を入れ、主食はサンマやイワシなどの魚で十分です。
そして試験会場に行くまでに、ピーナッツやチョコレートを食べると頭がさえてきますよ。

1.納豆・豆腐の味噌汁・・・・大豆に含まれるレシチンは記憶力を強化させる働きがあります。

2.チョコレート・・・・原料のカカオ豆の成分の中に抗酸化で有名なポリフェノール、記憶力、思考力を高めると言わ            れるテオブロミンなどが含有されています。テオブロミンは大脳皮質を刺激し、集中力、記憶            力、思考力を高め、やる気を出す。

3.焼き魚・・・・魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)は脳神経の発達や機能の維持に欠かせない大事な栄養素で         す。特に青魚や、カツオやマグロの脂身の部分にたくさん含まれています。

4.ピーナッツ・・・・脳の神経の働きを良くするレシチンが多く、記憶の向上、もの忘れ防止に役立ちます。また腸内           環境を整えるオリゴ糖が豊富に含まれます。レシチンは体内に入ると「アセチルコリン」という           物質に変化する。このアセチルコリンが脳に到達すると神経伝達物質となる。

基本は普通に食事を摂ることです。まずはテスト前にしっかりと朝食を摂りましょう。
そして朝食のメニューとしてご飯に納豆をかけ、みそ汁の具に豆腐を入れ、主食はサンマやイワシなどの魚で十分です。
そして試験会場に行くまでに、ピーナッツやチョコレートを食べると頭がさえてきますよ。

1.納豆・豆腐の味噌汁・・・・大豆に含まれるレシチンは記憶力を強化させる働きがあります。

2.チョコレート・・・・原料のカカオ豆の成分の中に抗酸化で有名なポリフェノール、記憶力、思考力を高めると言わ   ...続きを読む

Qこどもの書き順

夏休みになり3年生の息子の書き取りを見ていると書き順がメチャクチャなのに気づき唖然としました。字の形自体はあっておりテストは正解とはいえ、書き順が書き順なので美しさは皆無です。

ドリルには書き順が書いていますが本人はあまり重視していないようです。

・学校では書き順は重視しないのでしょうか?
・今からでも書き順の矯正をすべきでしょうか?
・本人に書き順を覚えさせる動機付けはないものでしょうか?

※基本的な字形の書き順さえマスターすればあとは応用だと思えるのですが・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小学生の低学年時代から「習字」教室に通っていたものです。
書き順は慣れも大いにあると思いますよ。
お習字は、ほぼその書き順を慣らすために通ったような物です。
お陰で、一般人ですが皆からは文字は褒められます。
後々履歴書などで大きく効力を発揮しました。

昔なら書き順のテストもあり、間違うと点が貰えないことも有りましたが現在はどうでしょうね。。。

書き順が正しければ自然と文字もつながりよく書けるので、文字が上手く書けるのですから。読めれば良いというものだけでも無いと思います。

Qべんぴ…。 野菜食べても、ヨーグルト食べても、ワカメ食べても…これは効くというものがありません。 何

べんぴ…。
野菜食べても、ヨーグルト食べても、ワカメ食べても…これは効くというものがありません。
何を食べても出るときは出る。
出ないときは出ない。

お腹が張って辛いです。

Aベストアンサー

情報を整理すると良いですよ。
お通じをよくするにはいろいろありますが

1.まずは食物繊維を良く摂ることです。
  食物繊維は腸のぜん動を促し、排便を促進します。
  野菜やワカメが良いというのは食物繊維が摂れるからです。
  野菜と言ってもレタスやキャベツは意外に食物繊維は少ないです。したがってコンビニサラダ程度では
  まだまだ繊維不足です。納豆や豆類は食べていますか?豆類は繊維が豊富です。
  今の季節ですとサツマイモというか、焼き芋がおいしいですね。サツマイモは繊維が豊富なうえに
  含まれるヤラピンという成分がお通じを柔らかくしてくれます。生芋を切ると染み出してくる乳液(空気に触れると
  黒く変わります)がヤラピンです。皮についた黒いシミもヤラピンです。食べ物でヤラピンの含まれるものは
  多分サツマイモだけです。ヤラピンの効果は加熱しても変わりません。
  食物繊維の効能を説いたあるクリニックのサイトです。
  ↓
  http://www.matsushima-hp.or.jp/landmark/evacuation_6.html

2.ヨーグルトなどの乳酸菌・ビフィズス菌には整腸作用があります。
  人のお腹の中の乳酸菌やビフィズス菌は百人百様で、Aさんが良いというヨーグルトでもBさんにはいまいちということ
  も良くある話です。誰かが勧めるものばかりではなく、効かないようならいろんなものを試して自分に合ったものを
  見つけてください。整腸作用のあるのはヨーグルトの他に上でも述べた納豆にもあります。納豆菌は乳酸菌・ビフィズス菌と
  相乗効果があると言われています。大量に食べる必要はありません。1日に100gも食べれば大丈夫です。

3.オレイン酸
  代表はオリーブ油ですが、豚、牛、鶏などの脂肪部分にも豊富に含まれており、お通じを柔らかくし出やすくしてくれます。
  オリーブ油を飲むときは、夕食時ティースプーンに1杯(2cc)も飲めば十分です。

4.マグネシウム
  マグネシウムはお通じを柔らかくし出やすくします。下剤にもマグネシウムが成分のものもあるくらいでので
  効果は間違いありません。ただ常にサプリや薬で補っていると下剤同様癖になるので、適量を食べ物で補うのが良いでしょう。
  身近な食べ物では豆類(納豆もそうです)、バナナなどが該当します。
  マグネシウムは必須ミネラルの一つですので、大量に摂るのではなく必要量をちゃんと摂るということです。
 
5.適度な運動
  運動と言っても激しい運動にはあまり効果はありません。一番簡単で有効なのは歩くことです。
  歩くことが腸に適度な刺激を与え、腸の機能が正常化されます。
 
6.水分補給をお忘れなく。
  お通じを柔らかくするのはお通じが水分を含むからです。食物繊維その他、お通じを柔らかくする成分をとっても
  水分不足ではお通じは柔らかくなりません。食事時にコップ一杯程度多めに水分を摂ってください。

注意:便秘に良く効くというある種のお茶などはその成分が下剤と同じです。下剤同様、そういうお茶も
   飲み続けると癖になりますので注意してください。

1~6を試してもうまくいかないときは、一度内科の受診をお勧めします。

情報を整理すると良いですよ。
お通じをよくするにはいろいろありますが

1.まずは食物繊維を良く摂ることです。
  食物繊維は腸のぜん動を促し、排便を促進します。
  野菜やワカメが良いというのは食物繊維が摂れるからです。
  野菜と言ってもレタスやキャベツは意外に食物繊維は少ないです。したがってコンビニサラダ程度では
  まだまだ繊維不足です。納豆や豆類は食べていますか?豆類は繊維が豊富です。
  今の季節ですとサツマイモというか、焼き芋がおいしいですね。サツマイモは繊維が豊富...続きを読む

Qそもそも漢字の書き順って昔からあったの?

子供に漢字の書き順を教えるたびに、違うって言われて困っています。 私たちが学校で習った書き順と違う漢字がたくさんあります。 昔の書き順で書けば、×になって減点されます。 聞けば、文部省の委員会とかで学者たちが集まって変更したりするんだとか ・・・

そこで感じたのですが、漢字が発明された何千年前から 「正しい書き順」 ってあったのでしょうか?

もしあるのなら、途中で書き順が変更されるというのは変ですよねえ。

極論をいえば、結果として他人が判読できる漢字が書ければいいのだから、右から書こうが、左から書こうが、あまり関係ないように思います、あくまでも極論ですが。 書き順という考え方は、多分、美しく漢字を書けるため、という理由かな、と思うのですが ・・・

それと、アルファベットとかアラビア文字とかロシアのキリル文字なんかでも、学校で書き順を習うのでしょうか?

また、アジア諸国で漢字を日常的に使う国があると思いますが、そこでも 「正しい書き順」 を学校でならうのでしょうか?

Aベストアンサー

 
>漢字が発明された何千年前から 「正しい書き順」 ってあったのでしょうか?

ありません。書き順どころか、漢字を構成する縦線や横線や点の数や有無などについて、ばらばらで、歴史的に統一された「標準字体」などが考えられたのは、17世紀か18世紀になってからです。清朝帝国の康煕帝が命令して編纂させた、「康煕帝字典」において、「正字」とされたものが、康煕帝字典準拠での「正字」です。それ以外を、「俗字」とか「異字体」などと呼びますが、「正字」は康煕帝字典における標準で、必ずしも、それが「正しい字体」ではないのです。

それまでの漢字は、パターン認識で区別ができればよいのであって、現に、漢和辞典に出てくる、いわゆる「正字」と「俗字」を比べると、相当に違いがあることに気づきます。正字と俗字の関係は、単に、康煕帝字典で標準字体として採用された字体が、正字であるというだけで、この採用基準が、どこにあるのかはっきりしません。

康煕帝を初めとして、少数民族の支配国家である清帝国は、多数民族である漢族の文化を、国家的に統制しようとします。古代から伝わる様々な文書を編纂して、標準版を造る一方で、多彩な写本を排斥しようしました。漢の文化を満州族の帝国が一元的に支配することが、清朝の支配の方法でもあったのです。康煕帝字典の編纂も、このような文化の国家管理政策のなかで策定されているので、根拠は何でもよいので、「正字」を定めることが重要だったのです。

いまの漢和辞典は知りませんが、昔の古い漢和辞典には、後ろに付録として、様々な漢字について、歴代名筆家の墨跡・筆跡を一覧で載せていました。筆跡は、あまり古い人になると残っていないので、確か唐代頃までが古いものだったように記憶していますが、しかし、「名筆」と言われているものは、眺めてみると、随分と色々な文字の特徴があります。繊細な線の筆跡や、肉太の筆跡や、色々あるのです。

なかでも驚いたのは、筆跡は草書体なので、印刷活字が筆跡の漢字の下にあるのですが、比べてみると、「筆順」が無茶苦茶だということです。確かに、そういう形の漢字ではあるが、それは「漢字の絵」であって、縦線とか横線とか点とか、どこに行ったのか、また扁や旁を合成したり、続けて書いてどうしているのか、というような例が結構たくさんあります。

しかし、元々、漢字は、「絵」だったのです。活字体ばかり見ているので、本来、絵の一種だったということが忘れられてしまっているのでしょう。別に、甲骨文字や金石文字の時代の話ではなく、紙に筆で書いた文字でも、やはり「漢字の絵」だったのです。

「崩し方を間違うと、違った字になって読めなくなる」というのは、一見、もっともらしいですが、それは活字字体が漢字の字体だという錯覚から来ています。日本でも、漢字伝来以来、千四百年か、漢字は、全部「手書き」だったのです。元々「崩れた字体」を見慣れていたのであり、色々な人の色々な崩し方の文字の絵を見慣れていると、正式な文書などで使われる「楷書体」の漢字を見て、これは何の漢字だと分かるのです。

「楷書体」の漢字を覚えて、それを崩したのではないのです。普通に考えれば、一点一画など一々書いていては、うたや手紙をさらさらと書くという訳にはいかないでしょう。「親鸞」という高僧の「鸞」という字は非常に難しい形をしています。この字の簡略体があり、古くから伝わっていたのですが、近代になって、親鸞を宗祖と仰ぐ宗派で、宗祖の名の漢字を、かような俗字であらわすのは、懼れ多いとか言っていたのですが、親鸞の弟子の手紙や、親鸞が弟子に宛てた手紙などを調べると、親鸞も弟子も、その簡略体を使っていたということが分かったということがあります。

「親鸞」の「鸞」の字は画数が多いので、一々書いていると手間がかかるので、簡略字体で書いていたということで、合理的な話です。

>書き順という考え方は、多分、美しく漢字を書けるため、という理由かな、と思うのですが

違うでしょう。「書き順」がどうこう言い始めてから、日本人は草書体が書けなくなり、読めなくなりました。どんな「字の絵を描くかが」重要なはずが、線の数だとか、書き順がどうとか言っていると、文字の全体の姿は、どうでもよくなって来ます。漢字は「絵」だという原則からすれば、筆順は、絵から逆に出てくるのです。そもそも、名筆とされる草書字体を見本に、文字を書くのを練習するので、草書の手本を見て、草書を書くのですから、最初から崩れているし、筆順は草書をよく見れば、自然に分かるのです。楷書の字を、どういう筆順で書いて、それを崩すとどういう形になるというのと話が反対なのです。

>それと、アルファベットとかアラビア文字とかロシアのキリル文字なんかでも、学校で書き順を習うのでしょうか?

ラテン文字とかシリル文字は、日本語の文法書などの最初には、文字の草書体の書き方などが載っています。しかし、英米人の肉筆の文字を見ると、どうも個々人が勝手な筆順で書いているように思えます。ラテン文字やシルリ文字は、そんなに文字が複雑でないので、違った筆順と言っても、あまりないのです。

アラビア文字は少し特殊です。あれは非常に人工的な文字です。ヘブライ文字は、フェニキア文字の象形文字の面影を残していて、一字一字違った字形をしていますし、文字を並べる順序が、「アルファベット順」です。つまり、「アーレプ・ベート・ギメル・ダーレト・ヘー・ヴァウ……」という風に続いています。これは、「ABCDEF」に対応しています。古代ギリシア文字は、「アルパA・ベータB・ガンマΓ・デルタΔ・エータH・ディガンマF」で、ここまでは、ヘブライ文字、ラテン文字、古代ギリシア文字と、同じ文字が同じ順序で並びます。シリル文字も「アーA・ベーБ・ヴェーB・ゲーГ・デーД・イェーE」というのは、ラテン文字の「ABCDE」に対応しています。

アラビア文字は、形がよく似た文字を模様にして、フェニキア文字まで遡ると、本来、違う形の文字を同じ形にまとめ、ヌクタとか子音点で文字の区別をし、この文字の形によって、文字を整理して並べ直しているので、アルファベットとは全然違う並び順になっています。(ラテン文字などのアルファベットを並べて書いても、一字一字違う文字です。しかし、アラビア文字は、二個とか四個とかセットになって、同じ形の文字が並ぶので、全体にアラベスク模様になります。「同じ形の文字」で、どうやって区別するのかというと、点を一個、文字の上か下に打つとか、二個打つとかして区別します)。

またアラビア文字は、四つの字形を持ちます。「独立形」「右接続形」「左接続形」「両接続形」というような感じです。「独立形」は文字単独で書く場合の字形で、「左右の接続形」は、右の文字と繋いで書くときや左の文字と繋いで書くときの形で、左右に両側で繋ぐときは、「両接続形」です。

「右接続形」は、その文字で文章が終わる場合の字形で、「左接続形」は、その文字で文章が始まる場合の字形です。また文章のなかにあるときは、連続して書かれる結果、「両接続形」を使います。アラビア文字のなかには、右接続形はあるが、両接続形のない文字が幾つかあります。その文字が現れると、文章の途中でも、文字の連続は止まります。

アラビア文字は、文字を勝手にデザインして、元々違う形の文字を、模様として同じものにしてしまっているので、筆順とか文字の形、線の長さやカーヴの曲がり具合など、もの凄く重要になってきます。例えば、ラテン文字のRとDに当たるアラビア文字は、微妙なカーヴの違いで区別されます。筆順や字形は厳密に守らないと、そもそも文字が連続して書けなくなります。

>あははっ 漢字の成り立ち
>http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/kanji/kan008.htm
 

 
>漢字が発明された何千年前から 「正しい書き順」 ってあったのでしょうか?

ありません。書き順どころか、漢字を構成する縦線や横線や点の数や有無などについて、ばらばらで、歴史的に統一された「標準字体」などが考えられたのは、17世紀か18世紀になってからです。清朝帝国の康煕帝が命令して編纂させた、「康煕帝字典」において、「正字」とされたものが、康煕帝字典準拠での「正字」です。それ以外を、「俗字」とか「異字体」などと呼びますが、「正字」は康煕帝字典における標準で、必ずしも...続きを読む

Qここで、質問します。えごま油のことですが、生のえごま油 1日大さじ一杯。 大さじ一杯の中にある オ

ここで、質問します。えごま油のことですが、生のえごま油 1日大さじ一杯。
大さじ一杯の中にある オメガ3の成分は何mgあるのでしょうか。基本1日大さじ一杯の量の中にあるオメガ3の成分で、あって、
よく、カプセルのえごま油があり、一粒180mgオメガ3の成分?が表示されてたり200mgのものもありました。1日の摂取量にみたないと効果が薄れてしまって実感できないだとか。大さじ一杯ぶんのカプセルをもしも飲むなら何粒くらい?もしくは 大さじ一杯には どれだけ何mg入っているか 知りたいです

Aベストアンサー

あまり明確でない回答で恐縮ですが、
少々お時間を割いてくださるとうれしいです。

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」では、えごま油の可食部100g当たりのα-リノレン酸は58gとなっています。
実際に私が見た範囲では、商品に記載のαリノレン酸量は57~69で、平均としては60パーセント前後でした。
なので58gは妥当な数字に感じます。

ただ、えごま油に含まれるオメガ3、エゴマ油だとαーリノレン酸ですが、は固定ではありません。
植物なので栽培される土壌や育てられ方、また油として採り出される方法である程度変わるようです。
また海外の製品には、香ばしさをつけるためにゴマ油のように焙煎してから圧搾しているものもあります。
そうなると、αリノレン酸が含まれるといっても、熱に弱く非常に酸化しやすい脂肪酸が劣化しているということになりかねません。

国産品の場合、最近の商品にはおおむね、どの程度のαリノレン酸が含まれているかパッケージに書いてあるものが多いです。
これはおそらく、原材料の一部を搾って分析にかけてみて、その平均値などを記載しているだろうと思われますので、それを目安にされると良いかと思います。

こういうことは、国民生活センターをご覧になると良いです。
見た目だけでは分からない、えごま油の品質
http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20160128_1.html
ちなみに
>20銘柄中1銘柄で脂肪酸組成が一般的なえごま油とは大きく異なるものがありました。
とあり、下のPDFを読むとどの製品かわかります…。

もう一度ちなみに、この報告には
>α-リノレン酸は栄養成分表示の表示義務項目や任意表示項目ではありませんが、任意表示
>項目である n-3 系脂肪酸で表示する場合、表示値に対する誤差の許容範囲は±20%とされてい
>ます。
など商品を選ぶにあたって衝撃的な内容もあってためになります。


さて、ようやく大さじ一杯あたりの話です。
先にいうと、カプセル当たり0.2gならば、大さじ一杯分と同等のαリノレン酸を摂取するのに60数カプセル必要になります。

油は大さじ1あたり約13gです。
さきほど実際に手元のエゴマ油で量ってみましたが、確かに13g前後です。どの程度盛るかで変わりましたけど。
それで、その約6割がαリノレン酸とすると、大さじ1あたりのαリノレン酸は13×0.6で7.8gほどということになります。

αリノレン酸の摂取基準は一日所要カロリーの1パーセントほど(一日2000kcalなら2.2gほど)、
αリノレン酸のみならず他のオメガ3も摂取したほうが良いこと(オメガ3全体で一日の1~2パーセント程度が理想)、
オメガ3が重要なのはオメガ6とのバランスであること(3と6の比率が1:4程度であることが望ましい)、
他の油脂も摂取する上にさらに重ねて摂っているだろうことなどを考慮すると、食事量の多い方でない限り大さじ1は摂りすぎになっている可能性が高いです。
小さじ1,2で十分なはずです。
健康に良い油とはいえ、食品の一つですから摂りすぎれば健康を害します。
それも踏まえ、カプセルには一日どの程度摂るべきか使用量が書いてあるはずですから、それを目安にお召し上がりください。


なお、テレビではエゴマ油ばかり取り上げられているようですが、同じαリノレン酸を豊富に含む油としてはアマニ油もあります。
αリノレン酸の量がやや少ないものの、それでも40~60パーセントほど含みます。
他に、さらに下がるとはいえ、アボカドオイル、サーチャインチオイル、パンプキンシードオイル、等々。
現在、国内のえごまは需要に供給がまったく追いついておらず、良質な商品は品薄ですので、他の油にも目を向けられたら良いと思います。

あまり明確でない回答で恐縮ですが、
少々お時間を割いてくださるとうれしいです。

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」では、えごま油の可食部100g当たりのα-リノレン酸は58gとなっています。
実際に私が見た範囲では、商品に記載のαリノレン酸量は57~69で、平均としては60パーセント前後でした。
なので58gは妥当な数字に感じます。

ただ、えごま油に含まれるオメガ3、エゴマ油だとαーリノレン酸ですが、は固定ではありません。
植物なので栽培される土壌や育てられ方、また油として採り出される方法で...続きを読む

Qタイ語の母音の書き順を教えてください。

タイ語の母音の書き順を教えてください。

タイ語を勉強しています。子音の書き順は全部インターネットで見つけましたが、母音の書き順はなかなか見つからないようです。吉田英人氏の「タイ語の基本ー初級から中級まで」という教科書を使っていますが、書き順が描いてないのです。母音の書き順をディスプレーする動画などのリンクを教えていただければと思います。まことにありがとうございかす。

Aベストアンサー

今まで意識していませんでしたが、改めて確認してみると、たしかに母音の書き順をWebで知ることはむずかしいようですネ(あちこち検索してみましたが、徒労に終わりました)。

私(72歳です)が若いころに購入した、大学書林出版の「基礎タイ語」(1967年刊)という本には、母音字の書き順も示されています。コピーしてお示ししたい気分ですが、著作権の問題もあって不可能です。

この本は今も売られています。

http://www.daigakusyorin.co.jp/search/?search_menu=keyword&search_word=%8A%EE%91b%83%5E%83C%8C%EA&x=11&y=12

は、出版元のサイトです。私の所持本と同じ著者です。別のサイト(通信販売サイト)で見ましたら、266ページとあり、これも同じです。多分、基本的には改版されていないものと推定します。

最寄りの書店でお探しになるか、あるいは図書館でお借りになってはいかがでしょうか? ちなみに、その図書館に在庫していなくても、同一の県内の図書館に在庫していれば、取り寄せてもらえます。すべての県かどうかは知りませんし、東京や大阪でも可能かどうかは分かりません。私の住んでいる埼玉県では可能で、ほかに2つの県でも同様であることは確認しています。問い合わせてみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.daigakusyorin.co.jp/search/?search_menu=keyword&search_word=%8A%EE%91b%83%5E%83C%8C%EA&x=11&y=12

今まで意識していませんでしたが、改めて確認してみると、たしかに母音の書き順をWebで知ることはむずかしいようですネ(あちこち検索してみましたが、徒労に終わりました)。

私(72歳です)が若いころに購入した、大学書林出版の「基礎タイ語」(1967年刊)という本には、母音字の書き順も示されています。コピーしてお示ししたい気分ですが、著作権の問題もあって不可能です。

この本は今も売られています。

http://www.daigakusyorin.co.jp/search/?search_menu=keyword&search_word=%8A%EE%91b%83%5E%83C%8C%EA&...続きを読む

Q中国産食品の危険性とは?

母の知り合いから、中国産の干し芋を食べて健康を損ねたという話を聞きました。
実は私は中国産の干し芋を食べ続けていたのですが、全然平気でした。^^;

中国産のさつまいもの危険なトコロって、何かありますか?

また、中国の健康食品の害などが問題になりましたが、
中国産の食品の実態などご存知の方がいらしたら教えてください。
よろしくおねがいします。m(_ _)m

Aベストアンサー

中国産食品については過去、うなぎ、ほうれんそう、ウーロン茶、しいたけ、春雨など数多くの食品で残留農薬、禁止薬物の使用、劣悪な環境での生成などにより輸入禁止あるいは検査強化の措置がとられてきました。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/12/h1227-3.html
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2004/06/20e6o700.htm
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/08/h0811-1.html
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/08/h0809-2.html
http://www.caloricdiet.com/special/articles/eel_antibiotics.html
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/06/h0617-2.html
これだけ多数の食品が短期間のうちにこうした措置をとられるということは、中国での輸出食品(もしくは商品作物)に対する安全性意識が全般に低い、もしくは当局の監視が甘いと疑わざるをえません。

「中国産の干し芋を食べて健康を損ねた」という言葉だけからでは、お母様のお知り合いの方がどうして「干し芋が原因だった」と結論づけたのかわかりませんが、干し芋にも同じような実態があることは十分に考えられます。
噂の域を出ない情報ではありますが、中国の生産者は輸出用に作ったものを食べない、自分の家で食べるものは別につくる、富裕な家庭では健康のため日本からの輸入品を食卓の中心にするという話もあります。

もちろん、中国産食品のすべてにそうした事実があてはまるわけではなく、最近では日本企業が主導して信頼のおける環境で低農薬で生産しようという動きもあり、「中国産食品=毒」「中国産食品を食べても平気だったから大丈夫」といった、0か100か的な論議は成り立ちません。

ただ、いままで発覚した問題が、問題のすべてだったわけではなく、とりこぼしがあるかもしれないということも心に置いたほうがよいのはたしかです。ひとつしかない自分の体です。高くても信頼できるものを選んで召し上がってください。

中国産食品については過去、うなぎ、ほうれんそう、ウーロン茶、しいたけ、春雨など数多くの食品で残留農薬、禁止薬物の使用、劣悪な環境での生成などにより輸入禁止あるいは検査強化の措置がとられてきました。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/12/h1227-3.html
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2004/06/20e6o700.htm
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/08/h0811-1.html
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/08/h0809-2.html
http://www.caloricdiet.com/special/articles/eel_antibiotics.html...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング