精神障害者に対する自立支援をする上での制度的、政策的な障害はあるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問の意味とはちょっと違うかもしれませんが・・・


制度的・政策的な障害はあります。
たとえば、
・精神障害者保健福祉手帳を持っていても、交通費が減免にならない。
・精神障害者社会復帰施設は、原則として「補助金」であるため、社会福祉法人が成長しない。(身体障害や知的障害は措置費のため、繰越が可能であるため、法人そのものが成長を続けることができ、新規の施設を設置しやすい)
などがあります。
障害者基本法で三障害が「障害者」と位置付けられたとしても、知的障害や身体障害福祉施策を勝ち取っていった歴史の厚みが違うため、まだまだ制度的・政策的に送れている部分は大きいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 13:04

追加


ご自身が自立支援を行いたいと考えられている場合に、制度的・政策的障害があるかということでしたら、資格などについては、ほとんどないと考えます。

制度的なものをしいて挙げれば。
(1) 社会復帰施設は、医療法人や社会福祉法人でないと設置できない。
(2) 作業所については、小規模授産施設でないと国庫補助がないため、地方自治体の補助金にばらつきが大きい。
など、その基盤となる資金の問題が障害として考えられると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 13:05

 例えば、ヘルパー資格がないと対応が出来ない、といったような制約はありますが、それ以外の制度や政策的な障害はないと思われます。

強いてあげるのなら、予算が足りないことでしょう。国や都道府県、市町村からの財政援助があれば、自立支援が急速に進むこともあると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 13:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精神障害者保健福祉手帳所持者に対する税制上の優遇制度について

精神障害者保健福祉手帳所持者(2級)に対する税制上の優遇制度についてお聞きします。利子所得等の非課税は350万円までと記載されてますが、仮に400万円の貯蓄がある場合「A銀行350万円預け入れ」「B銀行50万円預け入れ」とするとA銀行・B銀行の両行とも非課税になるのでしょうか?

Aベストアンサー

税制優遇は以下の区分です。
マル優・・・
 銀行・信金・信組・農協・漁協・労金・農中・商工中金・信金中金等の預金の総合計350万円が非課税
郵便貯金・・
 貯金の総合計350万円が非課税
特優・・・
 国債・公募地方債の額面の総合計350万円が非課税 ※新発債(既発は不可)でかつ保護預かりが要件。

合計で1050万円まで非課税になります。

Q自立支援医療(精神通院)制度の再申請

自立支援医療(精神通院)制度の期限が切れてしまい、再申請しました。
1ヶ月以上経ちますが、まだ何も送られてきません。
審査が通らなかった場合は、何のお知らせも来ないのでしょうか?
審査が通る場合、だいたいどれくらいで書類など送られてきますか?

Aベストアンサー

期限切れの経験は無いのですが、先日更新した際に書類を一部提出し忘れ、その部分だけ再審査してもらっている最中です。

不備の書類を提出してから3ヶ月ほどで審査結果がわかるとの説明でした。

審査が通らなかった場合の通知の有無はわかりませんが、まだ再審査申請されてから1ヶ月との事ですので、
あと2ヶ月ほどお待ちになられても良いかと思います。

Q自立支援医療制度のみの利用者に対しての、役所の対応について

質問をお読み下さり、ありがとうございます。
聞いて頂きたい気持ちと愚痴が半数を占める質問投稿となりますが、お読み頂ければと思います。

以前に現状の困りごとについてご相談をこちらでさせて頂いております。
その際の内容は、以下のURLをご参照いただければと思います。
<https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9363456.html>

以前の回答者様のアドバイスの中に有りました、役所の障害福祉課へ問い合わせてると言う点、前向きに検討しました。
違った視点でお話を聞けたら、一つでも良いからアドバイスを頂けないものかと思い、現状の停滞している状態の打破を目指して障害福祉課へ問い合わせを電話で行いました。
私は現在、自立支援医療制度のみの利用で精神障害者手帳は持っていない旨を伝え、長患いで離婚という話が出てしまっていて困っているという内容をお伝えすると、電話に出て下さった方は「自立支援の方でも利用できるサービスも有るのでケースワーカーと面談をされたらどうでしょうか?」と仰って下さり、是非にとお願をして面談の予約を取りました。

そして予約当日、役所へ伺い個室に通されて今までの経緯を簡潔に分かりやすく説明し、現状は義両親から離婚という話も出てプレッシャーになっていて、もしそうなれば生活が今のままの体調では成り立たないので不安で苦しいという旨の内を告白しお話を聞いて頂きました。
ですが、まずこのケースワーカー(主任と書いてある名刺を首から下げていた男性)の方、それが出来たら相談に来ないよ!という一般論しか仰らず、また自立支援しか受けていないなら症状は大した事が無いと言う事だから、体調不良に対しても甘えが有るのでは?という事を言われました。

また、眩暈発作が起きてしまうと、主人が仕事で多忙になっている場合、生活のフォローに誰も頼れないので、這いつくばりながら子供の食事の世話をする事も有ります。
もちろん惜しみなくお金を出せば、家政婦さんでも民間のヘルパーさんでも雇えるのは知っていますが、私はグレーゾーンで限りなく障害に近い症状の状態で足踏みになってしまい、行政から派遣して頂けるヘルパーさんは障害についての理解も深いのか?等の質問もしたく面談を試みたのですが、「自分の手持ちのお金を使いたくないからって(誰だってそうだけどという前置きは有りましたが)、行政サービスをタダ同然に使おうというのは勝手だ」とも言われ、話す気力がどんどん削られて行きました。

このケースワーカーと紹介されてお話を聞いて下さった中年男性の言い分は、
・精神障害者手帳を持っていないなら、具合の悪いという申告も大したことは無い内容だろう
・行政のサービスを、手軽に自分の持ち出しを渋って使おうとするのは不謹慎
・(病院が遠方という事と、主治医から薬の量の調整については体調に合わせて行って良いと指示を受けているため通院期間が1カ月に1度くらいなのですが)重い症状の者なら即入院だろうし、通院のスパンも有る程度期間があいていて薬も毎回変わらないという事は、症状が固定されているという事だから即ち状態は安定しているということ(体調が悪く仕事は休職していて、家事も殆ど出来ない状態でも)
この3点が大きかったです。

挙句の果てには、私は高機能自閉症が有り、基本人付き合いが苦手です。最近、森三中の黒沢さんの人見しりで話題になった症状に似た症状が人付き合いをすると出るので、店で買い物をするのも店員さんと最低限の関わりを持たないといけないので、その度に症状が出て辛いです。

また、若い頃に友人と思っていた人々にお金の貸し借り等で散々酷い目に遭わされたので、付き合う友人は極力少なくし信用できる相手としか連絡はとらないようにしているのですが、この点も「引きこもりの様で、積極性が無い」と厳しいお言葉を頂き、「話す相手が少ないから鬱憤が溜まるのでは?個人クリニックでカウンセリングを有料で行っている所が有ると思うから、そういう所で話を聞いてもらってストレス解消をしたらどうか?」とも言われました。
ここまでくると、もうバカにされているような気分になってしまい、とどの詰まりは義両親からの離婚のプレッシャーで押しつぶされそうだと言っている私へ、「離婚はご主人とあなたの問題なのに、どうして義両親や小姑が絡んでくるの?」「夫婦で離婚しないと言えばそれでいいじゃない」と身も蓋も無い事を言われ面談は終了しました。
カウンセリングだって結構お金がかかるのに、今日これだけ時間をカウンセリング代わりにとって話を聞いてあげたんだから、良かったでしょ?と言わんばかりの態度で見送られました。

自分の持ち金をケチって行政サービスを利用しようとして、話を聞いてくれる友人が少ないからストレスが溜まっているんだという結論にされてしまい、非常に不本意で泣きたくなりましたが、有る意味では行政はこの程度なのかと良い勉強になりました。

そのケースワーカーの方は、アスペルガーや鬱等で手帳は公布されていないが自立支援は利用して通院している方を多く見てきたと自慢げに話して下さいましたが、グレーゾーンで苦しんでいる者は、それぞれ大変なんだろうけど気合が足りないんじゃない?やる気出せば、鬱とかも直ぐ治ると思うんだよね、とでも言いだけな感じでした。
よくこんな人間が障害福祉課の主任をやっているものだと、呆れてしまいました。

確かに離婚に関しては夫婦の問題ですが、嫁ぎ先の義両親との兼ね合いが悪く離婚するケース等、当人同士だけではどうにもできないケースで離婚される方もいらっしゃると私は思っていますし、実際知人にそういう当人同士では解決出来ず離婚してしまった方も居るので、様々なケースが考えられると思ってしまいます。

こんな時間にPCをいじっている自体、睡眠には悪いのですが、最近は不眠症が加速していて良くて1日2~3時間眠れたら(気絶ともいう感じ)良い方で殆ど眠れない様な状況になってきてしまい(もちろん薬は飲んでますが)、1年後自分は生きているのだろうか?と本当に不安になります。
そこに義両親からの“離婚”をちらつかせたプレッシャーと、良くならな無い身体・・・。
もう本当訳が分かりません。

行政は、こうなった場合はどういう支援が受けられますか?という仮定の質問には答えたくないようで、そうなった時に相談に来て下さいと言われました。
とすると、私は義両親のプレッシャー等々に心が折れてしまい離婚を承諾して家を出る事になった場合、実家へ戻る事も出来ないのでホームレス状態になります。
そうなった時点で、生活保護の部署へ行って「助けて下さい」と言えば何とかなるんでしょうか?
ここで断られたら、ホームレスで餓死する事しか思いつかないので、私が行政にこういう扱いを受けて餓死したという事が明るみに出て初めて、「本当に大変だったのだ」と認めてもらえると言う事なのでしょうか?
人生一寸先は闇という言葉が有りますが、ここまで辛いとは思っていなかったので、何も変わらない現状にただ悲しむばかりです。

ちなみに、物凄く生活費を切り詰めれば安いアパートを借りて今の住まい(義両親との世帯分離の二世帯住宅)から引っ越す事は可能ですが、家を出ると言う事はそれ相応の理由が必要で、下手な出方をすれば私はどう言われようが気にしませんが、娘と父方の祖父母との関係を悪化させてしまう原因になると考えているので、感情的に家を飛び出すのは簡単ですが、なかなか筋を通そうとすると難しいです。
こういう考えが有って、引っ越しをせずに、現在の住まいにとどまっているのです。

この考えも、「考えすぎだって」という言葉でケースワーカーには一刀両断されましたが・・・
私は子供の頃、父親の再婚時にこの家を出る出ないで大揉めして、渦中で一番被害を被ったので、「考えすぎだって」と簡単に言える相手の方が、羨ましいとさえ感じました。

世の中には大変な障害を抱えて生活なさっている方が沢山いらっしゃる事は、もちろん理解しています。
そういう方達が安心してサポートを受けて安心して暮らせるためにも、自分も含め働ける者が働いて社会を作っていくものだと思っているので、医者は長期の休養を指示してきますが、私は働いて1円でも多く税金を納めたり社会活動をしたいと思っています。
その気持ちに身体が全然ついてこなくて、様々な事情が絡んで困った・・・という状況になっているんですが、あまりにも役所の対応が一方的で驚いたのと怒りを感じた事とで、他の方の意見もお聞きしてみたいと思い、質問を投稿させていただきました。

成人の発達障害や鬱等でもグレーゾーンで苦しんでいる者に対して、今回の役所の対応は標準的な物なのでしょうか?(ちなみに、県庁所在地の市です)
それともちょっと酷くない?という感じでしょうか?
ご意見をお聞き出来ればと思います。
愚痴々々した、取りとめも無い様な話からの質問で分かりにくいと思うのですが、お感じになった事が有りましたらお聞かせ頂けたらたと思います。
超辛口はメンタルが弱っているので、ご遠慮頂けると有りがたいですが、辛口位のご意見でしたらきちんと受け止められると思います。
ご回答お待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

質問をお読み下さり、ありがとうございます。
聞いて頂きたい気持ちと愚痴が半数を占める質問投稿となりますが、お読み頂ければと思います。

以前に現状の困りごとについてご相談をこちらでさせて頂いております。
その際の内容は、以下のURLをご参照いただければと思います。
<https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9363456.html>

以前の回答者様のアドバイスの中に有りました、役所の障害福祉課へ問い合わせてると言う点、前向きに検討しました。
違った視点でお話を聞けたら、一つでも良いからアドバイス...続きを読む

Aベストアンサー

補足でもう一度回答させていただきます。
まず、やりとりの中で改めて感じたのは、質問者様と回答者様との間で「会話が成立していない」という大問題です。コミュニケーション障害があることが、役場や医師とのコミュニケーションにとっても大きな壁になってしまっています。
質問者様が補足で質問されたことは、私を含めた回答の中に、既にあります。

いままでの回答者様のご回答には、ヒントがたっぷりとつまっています。何度も良く読んでください。
昨日から今日にかけての補足について回答したいのは山々なんですが、私も鬱病を患っており、残念ながら私には、もう回答する気力は残されていません。

追記:返信はしなくていいです。極度に疲れました。

Q『支援費制度』と『自立支援法』の大きな違いとは?

 とても基本的な質問で恐縮なのですが、障害者福祉において、『支援費制度』の時代と、現在の『自立支援法』下での時代では、どこにその大きな違いがあるのでしょうか?
 詳しい方がいましたら、できれば「箇条書き方式」で教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★の数は重要度ランクです(個人的な主観ですが)。

★★★応益負担:所得の多寡に応じた応能負担から、原則1割負担へ。ただしいろんな減免制度があります。
★★★三障害統合:精神障害者へのサービスが、身体障害者や知的障害者と同じ制度的枠組みの中に組み込まれた。
★★自立支援医療:育成医療@児童福祉法、更生医療@身障者福祉法、精神通院医療費公費負担@精神保健福祉法を統合。
★★障害程度区分:福祉サービスの利用にあたって、全国一律のコンピュータ判定で障害程度を区分(cf.介護保険の要介護認定)。
★★就労支援の強化:でも「掛け声倒れ」に終わらないか不安。
★★福祉サービスの再編:利用要件や利用期間の制限によって絶妙に使いにくくなった。
★★日割り報酬:通所施設や入所施設の介護報酬が「のべ利用者数×月額報酬」から「実利用人数×利用日数×日額報酬」へ。これにより通所サービスを中心に大幅減収。
★★地域生活支援事業:補装具の一部(日常生活用具)、外出介護、手話通訳などのサービスの財政的位置づけが格下げ。これによりサービス水準の地域間格差が増大。
★ヘルパー予算の義務的経費化:支援費制度でサービス量が急激に伸びたホームヘルプについて、裁量的経費から義務的経費へ財政的位置づけを格上げ。
★相談支援事業:情報提供やサービス利用支援など。
★障害福祉計画:市町村や都道府県が、数値目標を盛り込んだサービス整備計画を策定。

参考URL:http://www.shakyo.or.jp/syougai_pamplet/pamphlet_h1904.html

★の数は重要度ランクです(個人的な主観ですが)。

★★★応益負担:所得の多寡に応じた応能負担から、原則1割負担へ。ただしいろんな減免制度があります。
★★★三障害統合:精神障害者へのサービスが、身体障害者や知的障害者と同じ制度的枠組みの中に組み込まれた。
★★自立支援医療:育成医療@児童福祉法、更生医療@身障者福祉法、精神通院医療費公費負担@精神保健福祉法を統合。
★★障害程度区分:福祉サービスの利用にあたって、全国一律のコンピュータ判定で障害程度を区分(cf.介護保険の要介護認定)...続きを読む

Q精神障害者健康福祉手帳と自立支援医療費補助

はじめまして。
うつ病・パニック障害で10年近く通院しています。
専業主婦ですが、寝たきりの日も多く、家事・育児が出来ない日も多々あり、医療費の支払いが困難で先月自立支援医療費補助の申請をし、交付されました。
その際に、障害者手帳に付いては何も言われなかったのですが、友人から一緒に申請したと言われました。
恥ずかしながら、障害者健康福祉手帳の存在を知らなかったので申請はしていないのですが、今からでも遅くはないのでしょうか??
それと、手帳の交付は基準が厳しいとネットで見ましたが、自立支援医療費補助をもらっていても難しいのでしょうか??
市の福祉課に行くのが一番早いとは分かっていますが、2歳児を連れて具合の悪い時に出かけるのがとても困難なので、少しでも教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論から申し上げますと、自立支援医療(精神科通院医療費公費助成)と精神障害者保健福祉手帳(こちらが正しい呼称)とは連動していないので、自立支援医療対象者≠精神障害者保健福祉手帳交付者 です。
この理由は、前者が障害者自立支援法に基づく障害認定基準により、後者が精神保健福祉法に基づく障害認定基準によるためです。

精神障害者保健福祉手帳(以下「手帳」)の交付基準(障害認定基準)が厳しい、ということは事実です。
さらに、障害年金の受給を考える場合には、これまた障害認定基準が異なり、輪をかけて厳しくなります。
なお、それぞれについて、手帳を持っていることは絶対条件ではありません。
手帳が交付されなくとも、自立支援医療を受けることはできますし、障害年金をもらうことができます。

率直に申し上げて、精神障害者保健福祉手帳が交付されることによるメリットは、身体障害者や知的障害者における同種の手帳(身体障害者手帳、療育手帳)とくらべると不当に低く、たとえば、全国共通のJR割引制度も精神障害者保健福祉手帳では受けることができません。
その他、身体障害者や知的障害者ならば受けられるはずの恩典を精神障害者では受けられない、という例がほとんどです。
このため、結果として、諸税(所得税等)の減免(障害者控除等)程度しか恩典を受けることができません。

このような実情があるので、私論ですが、私は、こと精神障害の場合には、手帳の取得にこだわる必要はないと思っています。
なお、自立支援医療については入院は対象にはならない(入院費の公費助成がない、ということ)ため、その点については、あらかじめ注意が必要です。

結論から申し上げますと、自立支援医療(精神科通院医療費公費助成)と精神障害者保健福祉手帳(こちらが正しい呼称)とは連動していないので、自立支援医療対象者≠精神障害者保健福祉手帳交付者 です。
この理由は、前者が障害者自立支援法に基づく障害認定基準により、後者が精神保健福祉法に基づく障害認定基準によるためです。

精神障害者保健福祉手帳(以下「手帳」)の交付基準(障害認定基準)が厳しい、ということは事実です。
さらに、障害年金の受給を考える場合には、これまた障害認定基準が異な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報