私は、現在某派遣会社の契約社員として、勤務している者です。
今度の3月で契約が切れますので、延長契約をしたいと思っています。
(また、契約派遣先企業でも、延長契約を望まれています。)

次回契約更新時に、個人的には月○○円で基本就業時間は月○○○hを基本とするという期間請負契約を締結したいと考えています。

現在の契約では、時間給○○円で、作業内容は明確になっていない、ソフトウェア開発業務プロジェクトの支援という契約になっています。

ですから、作業的には、支援ですから、色々な作業をふってきて、どこまで対応するのか、しなくて良いのではと思う仕事も実際行っております。

そこで、担当営業に相談してみた所、「私共の派遣会社では、基本的に、皆さん時給計算での契約であって、期間請負契約に該当する派遣契約は締結出来ません。」
の一点張りで、話になりません。
また、コーディネータさんに相談しても、「上に相談はしてみますが、まず無理でしょう」との事でした。

派遣契約はあくまでも派遣であって、契約内容は個人個人の自由と考えていますが、これは間違った考えなのでしょうか?
契約条件が合わないので、契約延長しないと伝えても問題無いのでしょうか?
契約更新処理を急っつかれていますので、出来るだけ大急ぎで教えて下さい。

A 回答 (2件)

こんにちは。


派遣スタッフとして6年働いている者です。
シンプルに回答させていただきます。

>契約条件が合わないので、契約延長しないと伝えても問題無いのでしょうか?

もちろん問題ないと思います。
条件に納得した上での契約締結ですから、交渉してもお話がまとまらなかったら契約しないのは当然の流れです。
この度は、不調ということで話は終わりなのではないでしょうか。
シビアに考えてOKなお話だと思います。
    • good
    • 0

はじめまして



派遣社員ですので、あくまでも業務請負(仕事を特定)ことは不可能
であると考えました。

あなたのお考えになっている、期間請負契約を結ぶなら、派遣元企業
ではなく、現在の派遣先企業に引き抜いてもらう形をとって、
請負契約を結ぶ以外に方法はありません。

現在の雇用形態であれば、派遣社員である以上、派遣先企業の従業員と
同じ立場で仕事をしないといけないわけで、派遣先企業の同一部門内の
従業員と同じ仕事をしなければいけないということで、
「ここからここまでの仕事」という線引きができないから、
派遣元企業は請負契約について「それは無理」といっているものと思います。

派遣法の関係上、あなたの現在の派遣先企業には、最大3年間までしか
派遣されませんので(特定業種なので3年。それ以外の業種は最大1年まで)、
今後もずっとその派遣先企業で勤務したいと考えれば、引き抜いてもらって
正社員になるか、請負契約を結ぶか以外に方法は無いと考えます。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
ただ、質問なんですが、

労働者派遣契約法によると、立場上は確かにおっしゃっている事が、契約内容に該当すると思われるので、教えて頂いた通りかとは、思います。

ただ、派遣法の関係上派遣先企業には3年しかいられないというのは?正直わかりません。
(現に現在業務で3年は超えて働いています。通算でですけどね。)

一年毎に契約更新をしているので、3年たったら終わりって訳じゃないんです。
連続しての契約が3年を超える業務に関しては、社員雇用をするようにとあるだけと、これは、派遣会社で説明を受けました。

別に契約は1年だろうが、3年だろうが、個人的な問題ですので、どれだけの期間契約するかは、個々の問題で、問題にしたいのは、契約行為が、そのひとつしかできませんと言われている事と、なぜそれしか出来ないかの理由を明確にしない事と

その契約で納得出来ない場合には、無理に契約延長する必要は無いという事を知りたいんですが・・・

せっかくお答え頂いたのに、私の質問提起方法が、あまりにも乱文であった為、
ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。
また、補足で、お気に召さない点がございましたら、深くお詫びいたします。
もし、よろしければ、この補足に関する回答を頂けましたら幸いです。

補足日時:2002/02/04 23:51
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q業務請負契約における作業着の指定は違法ですか?

弊社は、工場内の一部業務を協力会社という形式で業務請負契約し、協力会社の作業員にも社員とまったく同じヘルメットと作業着で業務に従事させております。また、外部の方が社員と協力会社の人間を見分けるのは、全員が身に付けている名札(ICカード)でしかわからない状態です。質問ですが、上記のように指定している作業着が社員と同じというのは違法になるのでしょうか?もしくは、指定すること自体が違法なのでしょう?

Aベストアンサー

協力会社がその業務を請け負っているのですよね。請け負った業務を遂行するために必要な作業員の作業服は、当然作業員を雇用している協力会社が責任をもって準備すべきものです。協力会社とはいえ、他社の労働者に何のために自社の社員とまったく同じヘルメットと作業着をつけさせ、外部の人間が見分けがつかないようにする必要があるのでしょうか。他社の作業員を自社の社員と同じように指揮命令して使っていることがバレないようにしているとみなされても仕方ないかもしれませんね。
今の状況が違法とされる偽装派遣かどうか、下記のURLを参考によくご検討された方がよいかと思います。なお、下記URLの考え方は、協力会社の立場から読んでください。偽装派遣の派遣元は協力会社になりますので。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/manual/dl/19.pdf

Q請負契約した会社が別会社から社員を派遣しようとしている。

私の勤める医療法人が業務請負契約の手続きをした会社、A社が当法人を勤務先として人材を募集していました(時給制で)。しかしそれは住所・電話番号がA社と同じですが会社名が違うB社となっていたためA社に問い合わせると“B社から人間を派遣させます。何か問題があるのですか。A社とB社は同じ住所で同じ電話なので同じ会社なんです。”との返事でした。そんな説明私には全く理解できません。契約書には“A社が業務を請負い、社員を教育する。”と書いてあり、B社を介在させるとはどこにも書いてないのです。こちらはA社と業務請負契約を取り交わしたのでもちろんA社から社員が派遣されて来るのだと思っていました。当法人が契約した業務を全く違う名前の会社が行っても何も問題はないのでしょうか?契約金は毎月A社に支払うことになっています。納得がいきません。どなたか教えてください。業務内容はバスの運転です。事故を起こしたときの保険契約とかも契約書に盛り込まれているので請負関係がどうなるのかわかりません。

Aベストアンサー

その請負契約の中で、二次下請け禁止条項や、「A社と直接雇用契約にある社員による業務請負」等の特記はあるのでしょうか。
それがない限り、A社は請け負った業務の履行責任は負いますが、そのやり方についてはA者の責任と権限の範囲内の話しだと思います。

医療法人側としては、請負契約において約束した業務が約束どおり履行されるかどうかを注意して見ていて、問題あるときは手を打つということになりますね。

「業務請負」は一種の信頼関係の下で成り立つものでなければリスクが大きいことを考えれば、そういう不安を抱かせる業者を選んだことのほうを問題とすべきではないでしょうか。

今から打てる手といえば、A社を信頼できないのであれば、解約条件を確認した上で多少の犠牲を払っても解約するか、A社のやり方に関して考えうるリスクを書き出して、それに対するA社の対応を書面で出させておくぐらいでしょうか・・・。

Q契約締結前の契約社員の待遇

まず、わかりずらいタイトルですいません。m(_ _)m
先月8月で契約を満了し、口頭で契約を継続する旨を伝えました。ただ、会社から待遇について何ら説明はなく、正式な内容を伝える契約書が来たのは9月に入ってからのことです。

ただでさえ契約書が遅くてやきもきしていたんですが、その内容を見て愕然としました。前年の契約よりも仕事内容は高度なものになっているにもかかわらず、年棒は据え置き、それについての説明さえありません。ただ「印鑑を押して提出して」それだけです。

これではとても契約する気にはなれず、会社への不信感が増大しました。これから会社と交渉してみますが、もし契約しない場合、このままスムーズに退職することはできるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
まず口頭で契約を継続する意思を伝えたとのことですが、その際に契約条件の変更や見直しなどを提示されたのでしょうか。一般には何も変更要件を提示しない場合はそのままの内容で継続することを了承したものと見なせます。但し今回のように先方の会社から一部の業務内容の変更を盛り込んできた場合は契約内容の修正にあたり、新らしい内容で新たに契約を結び直すことになります。
その場合はお互いの合意をもって臨む事になりますのでmikuzoさんが納得できない内容であるならば修正に応じてもらうべく交渉することは当たり前のことです。

前年と同一条件の契約、若しくは高度の内容を盛り込んだ納得のいく新報酬での契約のどちらが良いかはmikuzoさんが判断すればよいことですが、契約はあくまでも対等の関係であることが前提と考えて交渉するようにしては如何でしょう。

なお、不信感を募らせるよりは、自分側に交渉力が欠けていたのだと認識なされて今後はより積極的に交渉に臨まれた方が良い結果を生むと思います。不満を相手にぶつけるだけでは自分の価値を落としてしまいますので注意して下さい。

会社に従属した受身の立場の社員ではなく、一人の独立したプロとしての立場として自覚され行動するようにしては如何でしょうか。ある意味で個人経営なのですから交渉力も業務のうちと思いましょう。
頑張って下さい。

こんにちは。
まず口頭で契約を継続する意思を伝えたとのことですが、その際に契約条件の変更や見直しなどを提示されたのでしょうか。一般には何も変更要件を提示しない場合はそのままの内容で継続することを了承したものと見なせます。但し今回のように先方の会社から一部の業務内容の変更を盛り込んできた場合は契約内容の修正にあたり、新らしい内容で新たに契約を結び直すことになります。
その場合はお互いの合意をもって臨む事になりますのでmikuzoさんが納得できない内容であるならば修正に応じてもらう...続きを読む

Q中国との機密保持契約締結について

初歩的なことですが、回答が見当たりませんでしたので質問させて頂きます。
中国の会社(日本の会社の海外法人)と日本の会社で契約を結ぶのですが、最後の両者の記名捺印の件で質問です。(作成言語はお互い日本人なので日本語です)

甲:中国上海市・・・・・・
  会社名
  役職名 名前 捺印(又はサイン)

乙:日本国東京都港区・・・・
  会社名
  役職名 名前 捺印

というような形で問題ないでしょうか。
中国語で、住所、社名、役職、名前
という並びがどうも違和感があって、
質問しました。

Aベストアンサー

こんにちは。 

契約の形式として手続き上問題はないと思います。 

ただ一点、気がかりな点。 それは中国の企業が甲となっている点です。 中国企業が有している情報を日本企業が開示を受けると解釈してよろしいでしょうか?  通常、甲(ライセンサー)、乙(ライセンシー)となりますので。  

Q雇用契約締結前の研修について

雇用契約締結前の研修について

3月上旬に転職先の内定が決まり、「3月中旬から来ていただきたいので、いつでもこれるように準備しておいてほしい」ということをいわれました

そのため、職場に無理を言って早期に退職し、準備を進めていたのですが、一向に連絡がなく・・・

何度か連絡をしましたが、「まだ必要な手続きができていないのでもう少し待ってほしい」といわれ、最終的には3月29日になって

「31日に来るように」とだけ連絡がありました

当日は、業務にかかわる遠いよりは、事前の研修という位置づけで1時間休憩の9時間拘束で研修を終えました

翌4月1日からの雇用契約なりましたが、研修として出頭した1日分の賃金は発生するのでしょうか?
また、支払われない場合請求は可能でしょうか?

会社側からは、「雇用契約は1日からなので賃金は発生しない。就業した記録も残していないので請求は不可」と通告されました

この場合は関係機関に相談に行くべきでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

どんな、なにをしている会社が知りませんが、「研修」は本来雇用している者に行います。
雇用契約もなしに研修を実施する会社、あまり信用できません、関係機関【労働基準監督署等】に相談するにしても最初から準備して証拠を確保していれば別ですが、いずれにしても会社とけんかすることになりますのでそれなりの覚悟が必要かと・・・・。
※ 即戦力になるよう事前に費用かけずに【投資せずに】研修なるものを実施する会社は労働者を使い捨てにするのも平気です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報