従業員は私1人、給与を受け取るのも私1人、でも講演の謝金は何人かに出している民間団体の事務局です。(法人ではありません)
税金のことなど何も分からず、2ヶ月前に雇われたばかりなのですが、事務局の書類を整理していたら「法定調書」の用紙が税務署から来ているのを見つけました。
1月31日締め切りとありますが、いまさら出せないでしょうか。
年末調整も「確定申告すればいらないよ」と事務局長(無償ボランティア)に言われてしていませんが、本当にこれでいいんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

年末調整とは」に関するQ&A: 年末調整とは

A 回答 (2件)

 法定調書は1月31日が提出期限ですが、期限を過ぎても提出をする必要がありますので、税務署に遅くなることを伝えて、至急提出してください。



 年末調整は、一定条件に該当する人に対しては、行う必要があります。詳細は下記URLを、参照してください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2665.HTM
    • good
    • 0

提出期限は1月31日までですが、期限が過ぎても提出できます。


提出義務がありますから、至急提出してください。

支払調書の提出は、年末調整とは別の問題です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事務所の無償貸付の税金

同族会社の役員で、個人所有の建物を会社に事務所として貸しています。

今までは家賃をもらっていたのですが、会社の業績が良くないため、家賃を無しにしようと考えています。

税務上、何か問題はありますか?

Aベストアンサー

 NO2 追加です


 課税関係が生じるというご意見があるようですが・・・

 益金として受け入れた場合、その相手科目は何になるのでしょうか?

 
 地代家賃 / 雑収入 


 損/益 両建てとなりますので、結果所得に影響がない事となります。

 

 使用貸借の場合の取り扱いは、賃貸契約と同じく取り扱う事となっておりますが、

 最終的には損益の両建てとなりますので、正しく処理するのであれば、

 前段の処理となるでしょう。

Q確定申告済みの支払い調書の訂正

ご回答宜しくお願い致します。
フリーの仕事をしていて、白色申告です。

16日受付初日に早速申告を済ませたのですが、支払い調書の訂正があったものを、うっかり古いもので計算し実際よりも多い収入金額で申告をしてしまいました。

支払い調書を正しく差し替え済みのものと思い込んでしまったためですが、具体的には10万円の仕事で源泉徴収が1万円の支払い調書が正しいのですが、30万円の仕事で3万円の源泉徴収のもの(これはクライアントが間違えて作成したものです)で計算して申告したため、実際よりも20万円多い事業所得で申告してしまいました。

またこの事により源泉徴収額も違っているので実際よりも多い還付金が戻ってきてしまいます。

税務署にも問い合わせるつもりですが、修正申告というものが必要なのだろうと思うのですが、どなたか最善の対処法がわかる方がいらしたらご回答お願い致します。

Aベストアンサー

#1の追加です。

申告書B第一表は必ず提出し、最初の提出日を1俵の右下の余白に記入します。
第二表以下は、訂正になったものだけ提出します。

Q支払調書と源泉徴収票

基本的な事なのですが、教えていただけないでしょうか。

現在、友人が某監査法人にてアルバイトをしております。
彼女は事務職として勤務しておりますが、会社から「支払調書」が送られてきて、その区分が「会計士報酬」となっていたそうです。
通常の給与の場合、「源泉徴収票」で区分「給与」だと思うのですが、監査法人の場合は特殊なのでしょうか。
また、「支払調書」でも「源泉徴収票」でも、確定申告書の様式・税率などは変わらないのでしょうか。

分かりづらい質問で申し訳ありません。
お時間のあるときにご回答いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

その、監査法人と雇用契約が結ばれていれば、給与となり勤務先で年末調整がされて、「源泉徴収票」が渡されますが、雇用契約ではない場合は、所得税法204条1項2号の報酬・料金に該当し、会計士報酬となります。

会計士報酬は事業所得として確定申告をすることになります。
この報酬は支払額の10%(1回に支払われる額が100万円以上の場合は20%)が源泉税として控除されていますので、確定申告をして所得税の精算をすることになります。

事業所得は収入から経費(交通費など収入を得るためにかかった費用)を引いた金額が事業所得となります。

確定申告には、事業所得用のB様式を使い、収支内訳書(税務署にあります)と共に提出します。
税務署では、できれば「支払調書」も確定申告所に添付してほしいとのことです。

税率は、給与所得でも事業所得でも所得税率は同じです。

Q法定相続人の人数は?

下記の場合の、法定相続人の人数を教えて下さい。

私の夫は、亡くなりました。
私達夫婦に、子供はいません。
夫の両親は、他界しております。
夫の兄弟は、4名です。

夫は、私に全財産を相続する、という遺言書を残しました。この遺言書は、既に検認を受けております。したがって、兄弟には、遺留分はありません。

以上の場合、法定相続人の人数は、1名(私だけ)なのでしょうか?
あるいは、5名(私と4名の兄弟)なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 税金のカテゴリーに入っている質問なので,民法の問題ではなく相続税の基礎控除でカウントされる法定相続人の人数を問題にしているものと思われますが,1名ではなく5名です。
 夫があなたに全財産を相続させるという趣旨の遺言書を残したとしても,それは他の相続人の相続分をゼロにするという効果が生じるだけであり,法定相続人でなくなるわけではありません。

Q支払調書に記入する住所について

講師料などを5万円以上払ったら支払調書を作成すると思うのですが、そこに記載する住所はその講師の人の自宅の住所を書かなければならないのでしょうか?
その人が所属している事務所などでもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

自宅の住所を記入しますが分からない場合は所属事務所でもOKです。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/pamph/houtei/4254/pdf/05.pdf


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報