現在、Cドライブ(FAT32)にWinMe、Dドライブ(FAT32)にWin2000がインストールされています。
DドライブにはOSのみで、他のアプリケーションは一切入っていません。

Win2000のアンインストールのやり方としていろいろ調査したところ、
起動ディスクで起動して、コマンドプロンプトから、「A:\SYS C:」を実行してて...等の方法があるとわかりました。

そこでふと思ったことなのですが、
マイコンピュータのDドライブのショートカットメニューにある「フォーマット」とでは何が違ってくるのでしょうか?

同様に、NTFSへの変換も、Convertコマンドでなくても、
[フォーマット]の[ファイルシステム]で[NTFS]を選択すればいいのでは?と単純に思ってしまうのですが、
一体何が違うんでしょう?

コマンドでやった方が間違いないのは予想できますが、違いがわかればスッキリできるので、
お暇なときに教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Windows2000はD:ドライブにインストールされていてもOSローダー他幾つかのファイルがC:ドライブに書き込まれます。



例えばパソコン起動時に出るMEとWindows2000の選択画面がそうです。

SYS C:

のコマンドはハードディスクのシステムの領域を書き換えてこの選択画面を出さないように変更します。(逆にD:ドライブの中身が消える訳ではありません。)

って事でD:ドライブをフォーマットしただけではこのOSローダーが残ってしまうので相変わらずWindows2000の選択画面が表示されてしまうことになります。

 それからConvertコマンドとフォーマットの最大の違いは「データが消えない」って事です。フォーマットしてしまうとそのドライブは空っぽになってしまいますが、Convertコマンドだとデータを残したままNTFSに変更することが可能です。更にWindows2000の起動ドライブ自身を変換することすら可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
調査中に、「boot.ini」とか出てきたので、なんかこいつら怪しーなーとは思ってましたが、やはりそのようなことだったのですね。
スッキリ出来ました。

お礼日時:2002/02/04 17:59

基本的に右クリックのフォーマットも、アンインストールも一緒だと思います。

違いは、フォーマットをする時に動くプログラムの有無ではないでしょうか。
今、rikiouさんのPCがmeで起動しているなら2000をフォーマットできますが、2000を起動していたら自分自身をフォーマットすることは出来ませんよね。
要はA:(はFDDですか?)でも、CDDでも外部からフォーマットすることが出来れば変わりないと思います。
私は以前の会社で一気にいろんなHDDの中身を書き換えなければいけないことがあり、一つのPCに次々にHDDを外付けしてHDDの中身を"ctrlA+Delete"でやっつけてしまったことがありますがその後何の問題もありませんでした。やっぱりおっしゃる通りマニュアル通りのフォーマットが一番良い方法なのでしょうから、正々堂々とは言えなかったですけど。
あまり答えになっていませんが、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
素直に調査した通りやってみますね。

お礼日時:2002/02/04 18:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報