ソ連崩壊について歴史的に書いてあるところを
探しているのですが見つける事ができなくて
困ってます(--:
アドバイスよろしくお願いしますm(_ _)m

A 回答 (1件)

下記のURLと参考URLはどうでしょうか?



http://members.tripod.co.jp/S_minstrel/bb.htm

参考URL:http://www.s.fpu.ac.jp/u-abcpage/injapanese/Hika …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ロシアの崩壊がペレストロイカにある事が
分かり大変参考になりました(@@
今後もよろしくお願いしますm(_ _)m

お礼日時:2002/02/09 12:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソ連が崩壊した理由

ソ連が崩壊した理由はなんですか

Aベストアンサー

 No3です。
<参考>

 ソ連八月クーデター
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E9%80%A38%E6%9C%88%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%BF%E3%83%BC

<クーデターを起こしたメンバーはヤナーエフ副大統領、クリュチコフKGB議長、ボリス・プーゴ内相、ドミトリー・ヤゾフ国防相、ヴァレンチン・パヴロフ首相、オレグ・バクラーノフ国防会議第1副議長、ワシリー・スタロドゥプツェフソ連農民同盟リーダー、アレクサンドル・チジャコフ国営企業・産業施設連合会会長であった。また、同委員会の正式メンバーでは無かったが、アナトリー・ルキヤノフソ連最高会議議長は、同委員会と密接な関係にあり、謀議に関与していた>
 ゴルバチョフを除いたほぼ全ソ連首脳ですね。

<前日の8月18日の午後5時頃ワレリー・ボルジン大統領府長官ら代表団がクリミア半島フォロスの別荘で休暇中のゴルバチョフに面会を要求、ヤナーエフ副大統領への全権委譲と非常事態宣言の受入れ、大統領辞任を迫ったがゴルバチョフはいずれも拒否、別荘に軟禁された。

国家非常事態委員会は8月19日の午前6時半にタス通信を通じて「ゴルバチョフ大統領が健康上の理由で執務不能となりヤナーエフ副大統領が大統領職務を引き継ぐ」という声明を発表する。反改革派が全権を掌握、モスクワ中心部に戦車が出動しモスクワ放送は占拠された。(当時、アナウンサーは背中に銃を突きつけられた状態で放送をしていたという。[1])

午前11時になるとエリツィンロシア共和国大統領が記者会見を行い「クーデターは違憲、国家非常事態委員会は非合法」との声明を発表する。エリツィンはゴルバチョフ大統領が国民の前に姿を見せること、臨時人民代議員大会の招集などを要求、自ら戦車の上で旗を振りゼネラル・ストライキを呼掛け戦車兵を説得、市民はロシア共和国最高会議ビル(別名:ホワイトハウス)周辺にバリケードを構築した。また市民は銃を持ち火炎瓶を装備、クーデター派ソ連軍に対し臨戦態勢を整えた。クーデターに陸軍最精鋭部隊と空軍は参加しなかった。>

 国防相がクーデター派だし、首脳部の大半がクーデター派なのに、陸軍の中核部隊と空軍は動かなかったのです。動いた陸軍部隊の一部も、説得されてしまうのですから、軍がソ連首脳を見限っていたのも当然でしょう。
  

 No3です。
<参考>

 ソ連八月クーデター
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E9%80%A38%E6%9C%88%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%BF%E3%83%BC

<クーデターを起こしたメンバーはヤナーエフ副大統領、クリュチコフKGB議長、ボリス・プーゴ内相、ドミトリー・ヤゾフ国防相、ヴァレンチン・パヴロフ首相、オレグ・バクラーノフ国防会議第1副議長、ワシリー・スタロドゥプツェフソ連農民同盟リーダー、アレクサンドル・チジャコフ国営企業・産業施設連合会会長であった。また、同委員会の正式メンバ...続きを読む

Qソ連はなぜ崩壊したのですか。

決定的要因はなんだったんでしょうか。
また決定的要因はありますか?

Aベストアンサー

みなさんの回答がまっとうな考え方です。

すこし、まっとうでない考え方を^^;

おそらく、資本主義国家が社会主義国家の拡大に恐れをなして、資本主義制度を変質させたためでしょう。

資本主義のあるべき姿とは、つい先だって自分で転けたアメリカのありようです。戦後、資本主義陣営がそのありようのままに存在すれば、先に崩壊したのは資本主義国家群だったと思います。ソ連の教育制度をアメリカは真似をしたという事実がありますし、多くの資本主義国は労働法を整備して労働者の要求を入れています。よって、多くの先進国において革命はおこらず、世界の赤化はとめられました。

社会主義陣営が総崩れとなり、資本主義はいよいよその強欲性を全面におしだしてまいりました。日本、特にこのサイトでは多くのかたが社会主義は終わった、マルクスは死んだというご意見ですが、今、アメリカではマルクスの亡霊におびえる経済学者や政治家が多いそうです。

Qソ連のSTART1調印による共産主義国家崩壊の危機

1991年8月に、ソ連のSTART1調印による共産主義国家崩壊の危機を感じたソ連共産党保守派なクーデターを起こしました。

疑問です。
一般的な考えだと、保守派=右翼=資本主義であるのに、なぜ共産党保
守派は共産主義から資本主義になるのを恐れたのですか?

国において今までの主義を守ろう!という意味で保守という言葉が定義されるなら、
ソ連にとって共産主義が右翼(保守)、資本主義が左翼(革命)になりますよね?
ですが共産主義は左翼、資本主義は右翼になります。
この矛盾はなんなんですか?

Aベストアンサー

共産主義国ですから
当然
保守派=右翼=共産主義
です。

共産主義を排し、、社会主義社会を革新しようとするのが、(当時のソ連では)革新左翼です。

資本主義社会では
共産主義は左翼、資本主義は右翼になります。
共産主義社会では、
共産主義は右翼、資本主義は左翼になります。

当たり前です\(^^;)...マァマァ

Qソ連崩壊時、サハ共和国が独立を宣言していたらどうなっていたでしょうか?

ソ連崩壊時、サハ共和国が独立を宣言していたらどうなっていたでしょうか?

Aベストアンサー

チェチェン共和国が独立を宣言して、ロシア連邦軍を派遣されて独立を潰されたのと同じような事になると思います。
サハ共和国は鉱物資源の宝庫で、ロシア連邦が独立を許すとは思えません。

サハ共和国は土地の範囲は広大ですが気候が厳しく、当時の人口も七十数万人と少ないです。さらに食料の生産量もそれほど多くなく自給できません。現在でも小麦、じゃが芋等あわせて10万トンもありません。
独立を宣言しても周囲はみなロシア連邦の領土で、結局はロシアからの食料を輸入しなければやっていけません。
さらに軍隊もありません。ソ連時代にはサハ共和国の範囲はザバイカル軍管区に含まれますが、内陸の気候の厳しい軍事的重要性の低い地域なので、大規模な軍は配置されていませんでした。
大陸間弾道弾や中距離弾道弾のような核ミサイルが配備されている基地もありませんでした。
軍事的に無力で、食料の自給もできず、他国と国境を接していないから、他国からの支援も期待できません。
食料の輸送を止められたり、それなりの規模の軍隊を派遣されれば、独立は阻止されてしまうと思います。

Qその時歴史は動いた!ナチスのソ連侵攻

ナチスドイツのソ連侵攻は、常識では考えられない行動だと思います。
ナチスのソ連侵攻の歴史的意味合いを考えて見たいので・・・
もし、ナチスがソ連に侵攻していなかったら、その後の歴史はどう変わったと考えられるでしょうか?
ご自由にご想像し、ご回答ください
なるべく説得力のある説をお願い致します。

Aベストアンサー

西部戦線でフランスを降伏させた後、ドイツはイギリス本土
上陸を目指しますが、イギリス本土の制空権がどうしても
取れず、英国本土上陸をあきらめざるをえなくなります。

この後、ヒトラーはソ連に侵攻するのですが、私は戦略的
な理由で対ソ戦を開始したというよりも、ヒトラーとナチスの
思想的な理由で戦いを始めたのではないかと考えています。

参考『ドイツがソ連を攻めた理由』
   http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=151661
 
ですので、ドイツのソ連侵攻は必然的ではなかったかと思う
のですが、ソ連侵攻をしなかったというifの歴史を考察して
みます。


ソ連と戦わないとすると必然的にイギリスが相手になるかと
思うのですが、空軍力を強化して再び「バトル・オブ・ブリテン」
を挑み、ドーバー海峡と英国本土の制空権確保を目指す、
また、北アフリカのロンメル軍団の兵力を増強し、エジプトから
さらには中東まで勢力圏を広げるというシナリオが考えられます。

「バトル・オブ・ブリテン」を再開しても英国空軍を打倒
できたかどうかは難しいですが、イギリスも空軍力につい
てはかなり消耗していましたので、ゲーリングに代わる有能な
空軍司令官を抜擢できれば(個人的にどの人物が該当する
かは情報不足のため不明)、消耗戦に引きずり込んで辛勝
することが出来たかもしれません。

北アフリカ戦線については、戦力さえ増強すれば勝利は疑い
なしですね。ロンメル将軍は戦力的に劣勢の中で、チェニジア
からリビア、さらにエジプトまで攻め込んでいたのですから、
独ソ戦に投入した兵力の一部を割くだけで十分勝利できた
でしょう。


ただし、もともとヒトラーはイギリスを打倒する構想を持って
おらず、ゲルマン民族優越主義と反共主義からソ連の征服
を考えていたので、やはり独ソ戦は必然ではなかったかと
私は考えています。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=151661

西部戦線でフランスを降伏させた後、ドイツはイギリス本土
上陸を目指しますが、イギリス本土の制空権がどうしても
取れず、英国本土上陸をあきらめざるをえなくなります。

この後、ヒトラーはソ連に侵攻するのですが、私は戦略的
な理由で対ソ戦を開始したというよりも、ヒトラーとナチスの
思想的な理由で戦いを始めたのではないかと考えています。

参考『ドイツがソ連を攻めた理由』
   http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=151661
 
ですので、ドイツのソ連侵攻は必然的ではなかったかと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報