二年前に胆嚢摘出をいたしました、44歳の男性です。術前の血液検査で血小板が少ないと言われました(当時6万)以後二ヶ月に一度血液検査をしていただき現在に至っておりますが数値が6万~9万の間で変動しており(最初は数値が変動するのはおかしいと言われました)、下肢に青痣が知らないうちにできたり赤い点状のものができたり歯茎から出血しておりますが、今年になってから疲労感が強く午後になると横にならないといられない時もありますのでその旨先生にお尋ねしましたが『気のせい、精神的なもの』と言われましたが今までこのような事がなかったものですから・・。因みにGOT47,GTP46と言われましたが気にするほどの値ではないとの事でした。しいて病名をつけるとしたら『血小板減少性紫斑病かな?』とのことで投薬もいらないそうですが、この病気で疲労感があるのでしょうか?と先生に伺ったところ「それはありえない」と言われましたが何故こんなに疲労感があるのか非常に気になりますので良きアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんわ。


自分の体で、原因がわからない不快な症状って嫌ですよね。
アドバイスと言う程の事は言えませんが、実は、私の姑(60歳)も10年前から血小板が少ないと言うので、病院に通っています。疲労感などはありませんが、いつも両腕は青痣だらけです。
始めは、近くの病院に行っていましたが、やはり専門医が良いということで、少し遠い血液関係では権威のある大きな所へ今でも毎月通院しています。そこへ行くようになってからは、先生も良く話しを聞いてくれるし、分かりやすく説明もしてくれるので安心すると言っていました。薬は一生飲まなくてはならないそうです。
病気については、詳しく無いので軽々しく言いませんが、不安ならば他の病院(ここだ!と思えるまで何ケ所でも)を探すのもひとつの方法だと思います。
自分はとても不安なときに、”気のせいだ”と言われてもねえ。心配な気持ちが体には一番悪いですよ。
では頑張って下さい。お大事に。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。やはり家族も心配しておりますので転院も
考えたほうが良いのかなと思っています。どうもお世話おかけいたしました。

お礼日時:2002/02/05 16:50

こんばんわ、私も特発性血小板減少症の人間の一人として


ご返答しようかと思いました(ちなみに『特発性』です
よ。『突発性』ではなくて)。疲労感という事ですが私も
時々感じる事があります。血小板は血液凝固に関与する物
質ですから、理論上疲労感とは関係が無いような気がしま
すが、感じるんだからしょうがないですよね~。発病当時浪人
生だった私は予備校から帰ってきたら少しソファーに座っ
ていないと動き出す事が出来ませんでした。ですからその
気持ちは良く分かります。発病してから
もう3年が立ちますが、今は比較的元気に過ごしていま
す(周りからもっと休んだほうがいいんじゃないの、と言
われるほど)。時々すごくだるく感じる事はありますが。
人間のからだはまだまだ分からない事がたくさんあるので
もしかしたら将来血小板と疲労との意外な関係が発見され
るかも知れませんよ。
あまりよいお応えにはなっていないかもしれませんが、
そのように感じているのはご主人さんだけではないようで
す。
    • good
    • 0

まず、確認したいのですが、現在服用中の薬があるのでしょうか?


薬の中にはこれらを引き起こす薬物があります。代表的なものであれば、パナルジンといわれるものなどがあるのですが・・・
もしくは、血栓を防止する薬剤、バイアスピリン、バファリンの投与などを受けていた場合など、出血傾向になります。
もしあれば、再度、投稿してみてはいかがでしょうか?

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。補足させていただきます、現在は投薬ならびに服用中の薬ありませんが術後一ヶ月間ほど消化を助けるための薬は服用しておりました。

補足日時:2002/02/05 16:34
    • good
    • 0

血小板数が10万以下だと、突発性血小板減少性紫斑病と診断されます。


血小板の寿命が短くなるものと、産生が減少するもの、
血液の純粋な希釈、脾臓機能亢進症でも起こります。
突発性血小板減少性紫斑病は特定疾患治療研究対象疾患の1つです。
しかし、好発年齢は2~6歳をピークとする急性型と、
20~40歳にピークのある慢性型がみられ、若い婦人の発症が多い病気です。
従って、薬物起因性ではないかと思います。

GOT、GTPのことですが、それぞれ正常値は、
GOT 8~33KU/ml
GPT 3~30KU/ml
です。
GOT、GPTとは、肝臓や心臓、骨格筋、腎臓などの細胞に多く含まれているトランスアミナーゼと呼ばれる酵素ですが、
これらの臓器が障害を受けて細胞が壊れたり、死んだりすると多量に血液中に流れ出てきます。その量を調べる検査です。
GOT、GPTは、ともに肝臓の障害に敏感に反応するので、肝機能検査の代表的な検査とされています。

ちょっと多いですが、医師の言うとおり気にするほどではないと思います。

アルコールは摂取されていますでしょうか?
だとすれば、アルコール性の肝障害が最も疑われます。
薬剤によって肝臓が傷害されていることもあり得るかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。飲酒はいたしませんし、投薬もうけておりませんが・・もう少し様子を見てみようかなとも考えております。

お礼日時:2002/02/05 16:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 特発性血小板減少性紫斑病のまとめページ

    特発性血小板減少性紫斑病とはどんな病気か  特発性血小板減少性紫斑病(ITP)は、血小板に対する自己抗体(自分の体を攻撃してしまう免疫物質)が血小板に結合した結果、網内系(もうないけい)細胞である組織マクロファージにより貪食(どんしょく)、破壊されて血小板が減少し、出血傾向を来す疾患です。  日本の年間発生は1000〜2000人、男女比は約1対2で、女性に多い疾患です。ITPによる死亡率は5%以下で...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血小板が少ない

最近血液検査の結果を見直すと、血少板が少ないことが気になりました。4年前は23万あったのですが、それから3年たち、
後妊娠後期の採血をみると10万代と11万代でした。
でも、先生に指摘すらされなく、正常だとおもってました。
妊娠すると下がることはあるのでしょうか?
それから1年半たって、最近検査にいくと、血少板は11万9千でした。先生には、今の所は、血小板減少紫斑病は、否定されましたが
なぜこんな少なくなったのか、不安です。
定期的に、検査するつもりですが、
食べ物や健康状態などで、数値が低くなることはあるのでしょうか?
今の私は、出産して、1年半こどもがあまり寝なく、ストレス&寝不足は、ずっとあります。
関係ないのでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

肝炎(B型・C型等)による脾腫の可能性も捨て切れません。
私はC型肝炎から肝硬変になった者ですが、C型肝炎発症時から血小板数は、5万代でした。肝硬変になってからは、25000~35000を行ったり来たりしています。一度、肝臓内科も受診されることをおすすめします。尚、10万前後でしたら内出血による紫斑も出にくいので
外見上の異状は中々見つけられないと思います。蛇足ですが、血小板数は、2万を割らない限り健常人と同じ生活をしていて大丈夫です。

Q突発性血小板減少性紫斑病(ITP)

母が、突発性血小板減少性紫斑病(ITP)に10年前発症しました。今日体調不良で血液検査を受けたところ、血小板の数値が1万しか無いので、即入院をするようにと主治医から言われたそうです。母は、入院費を心配して、入院するのを嫌がっています。私は入院を勧めるつもりですが、だいたい1ヶ月入院するといくら位費用がかかるのでしょうか?
特定疾患の場合、治療費は国負担になるはずですよね??
どなたか、突発性血小板減少性紫斑病(ITP)で入院された方がいらっしゃいましたら、だいたいの目安を教えてください。
母は、健康保険には入っています。無知でお恥ずかしいのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お母様のこと大変心配ですね。
私も同じ病気の疑いで入院した経験があります。血小板は7000で出血傾向は幸いにもありませんでしたが、体の痛みと倦怠感・疲労感がきつくネを上げ入院しました。
医療費公費負担の需給を受けるには申請が必要です。
ただしコレは申請した日ではなく「医療受給者証が交付された日から」が公費負担の対象になるそうです(たぶん)。
なので「入院治療」を要する状態ならば必ず交付されますので申請の書類をそろえましょう。
通常、交付には一ヶ月程度かかるようですので一日も早く申請することをオススメします。
自己負担の限度額は様々ですが、最高でも入院一ヶ月で二万三千百円です。食事代もたぶんいらなかったかと…。
自己負担額は、前年の所得税の課税の年額によって決まるので所得に関する状況がわかる書類(源泉徴収票など)を探して下さい。掛け持ちでのお勤めなら所得税を合計するのかな? まぁ、普通は一ヶ月の入院だと自己負担は一万円前後かと思います。
この医療受給者証は、申請し交付を受けると今年の九月末まで使えます。退院後の通院にも使えますよ。
書類の用紙(医師の記入分や申請手続きの説明の書類)が、かかりつけの医療機関に用意されていなければ保険所へ。
あとは役所で住民票。

この病気に関しては「入院治療が必要なら一日も早く」というイメージです。その方が入院を要する期間が短いと思います。

ちなみに10年前の発症との事。今現在、軽症者として「特定疾患登録者証」の交付を受けていれば再申請により公費負担が受けれます。こちらは申請日からだったような…。
不確かな話で申し訳ありません。

お母様の状態が一日も早く安定するといいですね。

お母様のこと大変心配ですね。
私も同じ病気の疑いで入院した経験があります。血小板は7000で出血傾向は幸いにもありませんでしたが、体の痛みと倦怠感・疲労感がきつくネを上げ入院しました。
医療費公費負担の需給を受けるには申請が必要です。
ただしコレは申請した日ではなく「医療受給者証が交付された日から」が公費負担の対象になるそうです(たぶん)。
なので「入院治療」を要する状態ならば必ず交付されますので申請の書類をそろえましょう。
通常、交付には一ヶ月程度かかるようですので一日も早く...続きを読む

Q血小板を増やす方法を教えて下さい

一昨年の年末、姉が大腸ガンになり、手術しました。
そして今年再手術する事になったのですが、血液検査したところ、
血液が止まりにくい(血小板が少ない)と言われ、
今の状態では手術が出来ないと言われました。
再手術を覚悟していた姉は肩透かしを喰らったみたいです。
そこで血小板を増やす方法を教えて頂きたいのです。
自分なりに調べたのですが、よく分かりません。
どうか血小板を増やす方法を教えて下さい。
ただ私はパソコンを持っておらず、モバイル版でアクセスしています。
ですのでURLを貼り付けたご回答はご遠慮下さい。
リンク先が開かない場合があります。
皆様ご協力のほど、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。
深夜ですが気になり調べていました。
あくまで参考に見て下さい。

血小板増やす方法の中で
栄養素はビタミンKと載ってます。

>ビタミンKを多く含む食物は、
納豆、海草、緑黄色野菜、クロレラなどです。
>他にも、ビタミンP、ポリフェノール、
アントシアニンなども血小板を増やすとされています。

また、別の似た質問の回答の中であるお医者さんからの投稿でしたが。
>同時に貧血気味になることが多いので、鉄分の多い食事をとることなどを心がけられればと思います。
血小板については、肝機能や骨髄 機能が多少改善すれば、
割合短期間で回復してきますので、回復を待たれればと思います。

血小板を増やす食品 ← 一応あとでも見れるようにリンク貼っておきます。
http://www.dong.jp/kesshoubanfuyasu/
血小板を増やす効果のある食品には、あるキーワードがあるようです。
それは、「ポリフェノール」「ビタミンP(ルチン)」「OPC」「アントシアニン」というようなものです。
これらを豊富に含んでいる食材は何かというと、ピーナッツの赤い薄皮、いちご、スモモ、プルーン、ぶどう、トマト、茄子、さつま芋、大豆、黒豆、黒ゴマ、そば、赤ワインなどがあげられています。
これらの食品を、ビタミンCに富んだ食品と同時に摂取すると、さらなる効果が期待できるといわれています。
こういったものを毎日の食事に積極的に取り入れたいものですね。
ですが、これは血小板を増やす確実な方法だというわけではありません。
あくまでも参考にしてください。
血小板が減少していると、出血しやすくなったり、一度出血するとなかなか止まらなくなったりします。
そのようなことが起きてしまう病気では、「血小板減少症」というものがあります。

こんばんは。
深夜ですが気になり調べていました。
あくまで参考に見て下さい。

血小板増やす方法の中で
栄養素はビタミンKと載ってます。

>ビタミンKを多く含む食物は、
納豆、海草、緑黄色野菜、クロレラなどです。
>他にも、ビタミンP、ポリフェノール、
アントシアニンなども血小板を増やすとされています。

また、別の似た質問の回答の中であるお医者さんからの投稿でしたが。
>同時に貧血気味になることが多いので、鉄分の多い食事をとることなどを心がけられればと思います。
血小板については、肝機...続きを読む

Q採血の方法と血小板の値

2月末の健康診断の血液検査で、血小板の値で引っかかってしまいました。
8.9という値です。
3~6ヵ月後に再検査を受けてください、とのことでした。

昨年11月に血液検査を受けたときは20前後と問題ない値で、しかも、これまで血小板では引っかかったことはありません。

赤血球・白血球などその他の項目は全くの正常でした。
肝機能も正常です。(昨秋には腹部エコーも受けており問題なしです)
他、肺レントゲン、胃・食道レントゲン、検便、尿検査、心電図... などを受けましたが、こちらも異常なしです。

唯一、中性脂肪が201と高いですが、私はもともと中性脂肪が高めです。(ここ1,2年は努力して150に収めてはいたのですが...)

ちなみに昨年11月下旬から本年1月中旬にかけて、オメプラールという薬を服用していました。
こちらの薬にはまれに血小板を減少させる副作用があるようですが、止めてから1ヶ月以上経っていますので、あまり影響はないのかな、と思っています。

現在は漢方薬(人参湯、桂枝加竜骨牡蠣湯)を1月から服用しています。

血小板減少症をいろいろ調べたのですが、これと言った症状(出血や青なじみ)もありません。

で、気になったのが今回の採血なんです。
血の出が悪かったのか、ふだんよりも採血に時間がかかっていて、採血後も看護婦さんが首を傾げながら、一生懸命試験管を攪拌していました。量もそんなにとれていないようでした。
採血の仕方や、検査の方法によって、血小板が凝固してしまい、低めに出るというお話をききました。

いずれにしても再検査を受けようとは思っていますが、同じような経験をされた方などいらっしゃいますか?
また、採血の方法が原因で低めに出るということはあるのでしょうか。

2月末の健康診断の血液検査で、血小板の値で引っかかってしまいました。
8.9という値です。
3~6ヵ月後に再検査を受けてください、とのことでした。

昨年11月に血液検査を受けたときは20前後と問題ない値で、しかも、これまで血小板では引っかかったことはありません。

赤血球・白血球などその他の項目は全くの正常でした。
肝機能も正常です。(昨秋には腹部エコーも受けており問題なしです)
他、肺レントゲン、胃・食道レントゲン、検便、尿検査、心電図... などを受けましたが、こちらも異常なし...続きを読む

Aベストアンサー

採決手技や試験管の中の凝固防止剤によって血小板が凝固するというのは良くあります。

10個の血小板があったとして、一つ一つがペアを作って1組になったとすると、血小板は5組と数えられてしまいます。
10(個)→5(組)と数字が減少してしまいます(正常なのに見かけ上減少と診断されてしまう)。

こういうことが健診では起こりがちなのです(偽性血小板減少症)。

再検査を受けて問題なければ、全く心配いりません。

白血球数、赤血球数、血小板数は誤差が多く、採血するごとに違います。

したがって、正常範囲外でも日常生活が問題なく送れるようであれば、必ずしも治す必要がないのです。

血小板数は5万以上あれば生きていくのには全く問題ありませんので、安定していれば治療しません(もちろん病気によって違う場合もあります)。

Qプレドニン内服中の飲酒について

関節痛で(膠原病のため)先週からプレドニンを一日5ミリづつ内服してます。
私はお酒が好きなので、薬剤師さんに内服中の飲酒について聞いたところ「控えたほうがいいです」
とのことでした。
でも他の掲示板とかを見ると、プレ内服中でもお酒を飲んでる方がちょこちょこ見かけます。
もちろん私も毎日飲みたい、と言ってるわけではないのですが・・・・。時々、週末に飲みたいなぁ~と思ってますが、もしお酒を飲む場合はプレドニンを飲む時間をずらす、とかしたほうがいいのでしょうか?
 

Aベストアンサー

私も服用しています。同じく一日5mgです。

発病当時、主治医に飲酒の件は確認しましたが、バカみたいに飲まなければ良いと言われました。
プレドニンに関してではなく病気にとってはどうか、との問いでしたが。
最初45mgから始めた時の事です。特に問題ないのでは?

プレドニンは朝服用しています。
夜はほぼ毎日飲酒してます^^

病気によっても違うのかもしれませんが、ご参考までに。
私はベーチェット病です。

Q特発性血小板減少性紫斑病とは

こんにちは。

サークルの先輩がそういう病気にかかっているらしいです。
本人がそういっていて、小さいときにもかかったことがある病気らしいです。
鼻血がでてきたら、それがなかなかとまらなくて、小さな紫斑も見えてて、おそらくそうだろうと彼は言っています。

血小板が少なくなる病気らしいですが、医学とか生物学に疎い彼はそれ以上はよくわかっていないみたいです。
それで、心配なので調べてみたんですが、よくわからなかったです。

結論は、血小板が少なくなる病気だということでした。

彼は、病院に行ったら入院しないと行けなくなるかもしれないと、病院にいくことを拒んでいます。
いま、期末試験の時期で大変なんで。

ここからが質問です。

・この病気で死亡例はあるんですか?
・完治するんですか?
・どういう状態になったら、完治なのでしょうか?
・完治してなくても大学に通うことはできるんでしょうか?
・お酒とかタバコとかを呑んだり、すったりしても平気ですか?
・国の難病疾患とかいうのに指定されているみたいですが、治療の研究対象らしいですが、彼が原因究明や治療法確立のためにモルモットみたいに扱われることはないのでしょうか?

ちょっと質問が多いですが、よろしくお願いします。

こんにちは。

サークルの先輩がそういう病気にかかっているらしいです。
本人がそういっていて、小さいときにもかかったことがある病気らしいです。
鼻血がでてきたら、それがなかなかとまらなくて、小さな紫斑も見えてて、おそらくそうだろうと彼は言っています。

血小板が少なくなる病気らしいですが、医学とか生物学に疎い彼はそれ以上はよくわかっていないみたいです。
それで、心配なので調べてみたんですが、よくわからなかったです。

結論は、血小板が少なくなる病気だということでした。

...続きを読む

Aベストアンサー

ググれば出てきますが難病認定される病気ですね
血小板が1mm3あたり2万以下となれば、脳、消化管などに致命的な大出血を起こすことがある。と、ありますので死んだりは有ると思いますが・・

完治に掛かる期間で急性か慢性に分かれるようです

タバコは、ダメでしょう
お酒の場合血管が拡張されるので症状がひどいと血管自体にダメージが出ると思います
別の難病指定の病気で掛かってる友人が居ますが(膠原病関係)治療は普通にしてもらえますしモルモットなどと^^;
認められれば医療費のかなりは免除されるので申請はしたほうが良いですよ。

入院は余程でなければ強制することは有りませんし
そんな状態で有れば、命と試験のどちらを大切に思うかで判断してもらうしかないのでしょうか?

意識があるのに強制する事はないかと思いますし
大学に通うのに問題が無いか話し合う事も必要だと思いますので病院には行く事をお勧めします

参考URL:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shippei/iryohi/sippeisetumei/10.html

ググれば出てきますが難病認定される病気ですね
血小板が1mm3あたり2万以下となれば、脳、消化管などに致命的な大出血を起こすことがある。と、ありますので死んだりは有ると思いますが・・

完治に掛かる期間で急性か慢性に分かれるようです

タバコは、ダメでしょう
お酒の場合血管が拡張されるので症状がひどいと血管自体にダメージが出ると思います
別の難病指定の病気で掛かってる友人が居ますが(膠原病関係)治療は普通にしてもらえますしモルモットなどと^^;
認められれば医療費のかなりは免...続きを読む

Q血小板減少と鉄欠乏症貧血

33歳女性です。
6年程前に血小板減少と指摘を受けました。このときは、胃の具合が悪く血小板減少と指摘をされた病院で、処方された胃薬を飲んでの血液検査でした。薬の副作用かもしれないとの事で、2週間後に再検査後、数値は正常になりました。
4年前から「タケプロン、ガスモチン、ムコスタ」と言う胃薬を飲んでいます。その辺りから、血小板減少と鉄欠乏症貧血が出てきました。
血液内科がある病院で、詳しく検査(骨髄穿刺はしていません)をしましたが、血小板減少については原因不明という事でした。
それから血小板4万から6万辺りをウロウロしています。
先週いきなり生理の経血が増えたので怖くなりました。鉄欠乏症貧血と血小板減少は関連はありますか?胃薬との関連はありますか?
今はソフィアAというホルモン剤の(生理の経血が増えたので婦人科へ行った)影響か、足がだるくて仕方がありません。

ご助言よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タケプロンはプロトンポンプ阻害薬という種類の薬で、血小板減少症の副作用は確かにありますがきわめてまれです。しかし、日本人の一部はCYP2C19(シップツーシーナインティーンと読みます)という酵素における遺伝的な違いにより(異常というわけではなく日本人の実に数十%の人がそれをもっています)、タケプロンの血液中の濃度が高くなることがあります。そうすると副作用として起きやすいことは確かです。ご相談してみてください。そのような場合、パリエットという薬はCYP2C19に依存しないのでよいことがあります。鉄欠は関係はあるかもしれないしないかもしれません。そのくらいの年齢の女性ではごく普通にあるものです。血小板減少はごく普通、とは言えません。

参考URL:http://www2.takedamed.com/content/search/doc1/131/tenpu/tenp131.html


人気Q&Aランキング