算数(?)の問題です。

A子さんとB男さんがじゃんけん遊びをしています。
10回先に勝ったほうが正方形のピザをもらうことになっています。
ところが、途中で用事ができてしまい、中止することにしました。
ここまでの勝ちは、A子さんが8回、B男さんが7回です。
公平にピザを分けるには、どのようにしたらよいでしょうか。
(ただし、じゃんけんの勝敗の確率は2分の1とします。)

よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

 


  これは、やはり、仮にじゃんけんを続けた場合、どちらに有利だったかを、数字で表現してみて考えるべき問題です。
 
  仮のじゃんけん勝負は、最高四回までで、2^4 で、16個のケースがありますが、実際は途中で勝敗が決まるケースがあります。勝敗が決まったケースは除いて、可能なケースを以下にすべて書きます(この方が楽で、分かり易いからです)。勝負する人をAとかBという風に書きます。
 
  勝負第二回目
 
  1) AA A勝利
  2) AB A9、B8 
  3) BB A8、B9
  4) BA A9、B8
 
  この段階で四つのケースの一つがA勝利ですから、仮想的に、1/4はAのものだということに考えてもよいと思います。残り、3/4はどうなるかです。
 
  勝負第三回目
 
  1) ABA A勝利
  2) ABB A=9、B=9
  3) BBB B勝利
  4) BBA A=9、B=9
  5) BAB A=9、B=9
  6) BAA A勝利
 
  この段階で、Aが6ケースのなかで、2回勝利で、1/3を確保しました。Bは、1/6確保です。次の勝負で、どちらかの勝利が決まり、これでじゃんけんは仮想的にも終了します。次の勝負での勝率は、AもBも同等です。1/2づつです。
 
  以上の結果をまとめると:
 
  1) 第二回目勝負で、Aが1/4を確保。
  2) 第三回目勝負で、Aが、残りの1/3を確保。Bが残りの1/6を確保。
  3) 第四回目勝負で、AもBも残りの1/2づつを確保。
 
  こういう結果になります。第二回目で、残り3/4のなかの半分が確保され、つまり、3/8が確保され、3/8が次回勝負に持ち越されますが、この勝負は、AとBで勝率同等なので、3/8の半分づつがAとBの確保分になります。
 
  つまり
  Aの確保分= 1/4+(3/4)(1/3)+(3/8)(1/2)
  Bの確保分=   0+(3/4)(1/6)+(3/8)(1/2)
 
  これを計算すると
  Aの確保分= 1/4 + 1/4 + 3/16 = 11/16
  Bの確保分= 0 + 1/8 + 3/16 = 5/16
 
  仮想的に勝負するのですから、勝利した場合も、その勝利が起こる確率分をピザにおいて権利を確保したとして、確保合計を計算すると以上のようになります。
 
  従って、
  A子さんには、ピザの 11/16
  B男さんには、ピザの 5/16
  この配分が、この考え方での公平な配分だということになります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧な説明でよくわかりました。
本当に助かりました。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2002/02/05 23:54

一概に「A子さんが有利」とは言えないので、均等に分けるべきだと思います。



「確率統計」な話になりますが、危険率5%で検定したら、「A子さんが有利」という仮説が棄却されそうな感じです>計算してません^^;

それはさておき

正方形を如何に「7:8」に分けるか?と言うことを尋ねられているのでしょうか?
そうだとしたら、使える道具が何かによって問題が変わってきます。
ex. 直線にしかきれない、コンパスはOK等々

問題が曖昧です^^;。補足してください。

この回答への補足

8:7にわけるというのではなく、10回じゃんけんを続けたことを予測しての問題だと思います。
つまり、じゃんけん遊びの続きをシミュレーションしてみるということです。

現在:8-7
1回:9-7、8-8
2回:
3回:
4回:

となっていくようなヒントが書いてあるのですが、いまいちよくわからなくて困っています。

補足日時:2002/02/05 03:31
    • good
    • 0

公平1


これまでの勝率で分ける。

公平2(こちらの回答がほしいみたいですが…)
このまま勝負を続けたとしてA子さんが(B男さんが10勝する前に)10勝する確率分を貰う。

この回答への補足

公平2のほうの解き方が知りたいです。
どういう計算で答えを出したらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

補足日時:2002/02/05 03:38
    • good
    • 0

勝負は10回に達していないので、じゃんけん遊びは


無かった物となると思います。
ですから、公平に分けるなら半分ずつではないでしょうか?
    • good
    • 0

ふむ!こんな答えでいいのか分かりませんが、15等分して8個と7個に分けたらダメでしょうか?


15×15=225のピザを15等分したら1個が(3×5)なので
3×5×7=105
3×5×8=120
あわせて225
こんなんじゃダメですか?

この回答への補足

これもあってそうですが、10回勝ったほうを想定する問題だと思われるのですいません。
どうもありがとうございます。

補足日時:2002/02/05 03:40
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA,Bをn次正方行列とする場合、|A B B A|=|A+B||A-

A,Bをn次正方行列とする場合、|A B B A|=|A+B||A-B|を証明したいのですが。

Aベストアンサー

最初、質問の意味が全く解らなかったのですが、
次の質問 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5907606.html
と見くらべると、どうやら、2n 次の行列式
|A  B|
|B  A|
のことを言っているようですね。それなら、値は
|A+B||A-B|
と等しくなります。なるほどね。

行列式の基本変形をしてみましょう。
|A  B|
|B  A|
の第 n+k 列(k = 1 … n) を、それぞれ第 k 列へ加えると、
|A+B  B|
|B+A  A|
となります。更に、
第 k 列(k = 1 … n) を、それぞれ第 n+k 列から引くと、
|A+B  B|
|O  A-B|
です。

このブロック三角行列の行列式が、行列式の積
|A+B||A-B|
になることは、Σ を使った行列式の表示
(http://www.snap-tck.com/room04/c01/matrix/matrix08.html
のような…)に、
左下の 0 となる成分を代入してみれば、確認できます。

Aベストアンサー

絶対値があるので、x<a1 と a1≦x<a2 と a2≦x の3通りの場合分け
が必要です。0<b1<b2ですから、与式の両辺に b1b2 をかけておいて
 b2|(x-a1)|>b1|(x-a2)| と変形してからやるといいです。
考えとしては絶対値の外し方[x<0のときlxl=-x,0≦xのときlxl=x]を使い
ます。
1.x<a1 のとき・・・x-a1もx-a2も負になるからマイナスをつけてはずす
   -b2(x-a1)>-b1(x-a2) →両辺に-1をかけてb2(x-a1)<b1(x-a2)
   これを解いて、 x<(a1b2-a2b1)/(b2-b1) ・・・(1)
   ここで a1 と (a1b2-a2b1)/(b2-b1) の大小関係を調べると
   両方に(b2-b1)をかけた式で a1(b2-b1)-(a1b2-a2b1)=-a1b1+a2b1
   =b1(-a1+a2)>0 となるので a1>(a1b2-a2b1)/(b2-b1) となります
   したがって、ここでの解は(1)の解でよいことになります。
2.a1≦x<a2 のとき・・・x-a1は正、x-a2は負だから
   b2(x-a1)>-b1(x-a2)
   これを解いて、x>(a1b2+a2b1)/(b1+b2)
   ここで、1.のときと同様にして (a1b2+a2b1)/(b1+b2) とa1,a2
   との大小関係を考えると、省略しますが、
     a1<(a1b2+a2b1)/(b1+b2)<a2 となり、
   ここでの解は (a1b2+a2b1)/(b1+b2)<x<a2・・・(2)
3.a2≦x のとき・・・x-a1もx-a2も正だから
   b2(x-a1)>b1(x-a2)
   これを解いて x>(a1b2-a2b1)/(b2-b1)
   同様に a2 と (a1b2-a2b1)/(b2-b1) の大小関係を調べると、また
   省略しますが a2>(a1b2-a2b1)/(b2-b1) となり
   ここでの解は a2≦x・・・(3)

以上、(1)~(3)が解となります。
各場合について、数直線をかいて考えるといいでしょう。

絶対値があるので、x<a1 と a1≦x<a2 と a2≦x の3通りの場合分け
が必要です。0<b1<b2ですから、与式の両辺に b1b2 をかけておいて
 b2|(x-a1)|>b1|(x-a2)| と変形してからやるといいです。
考えとしては絶対値の外し方[x<0のときlxl=-x,0≦xのときlxl=x]を使い
ます。
1.x<a1 のとき・・・x-a1もx-a2も負になるからマイナスをつけてはずす
   -b2(x-a1)>-b1(x-a2) →両辺に-1をかけてb2(x-a1)<b1(x-a2)
   これを解いて、 x<(a1b2-a2b1)/(b2-b1) ・・・(1)
   ここで a1 と (...
続きを読む

QA・B=B・AならばAの固有ベクトルはBの固有ベクトルである

A,Bをそれぞれn次正方行列とする
命題1:
「A・B=B・AのときAの固有ベクトルはBの固有ベクトルである」
これは反証がすぐに得られるので偽である
命題2:
「A・B=B・AでありAの任意の固有値に対する固有ベクトル空間が1次元のときAの固有ベクトルはBの固有ベクトルである」
kony0氏の証明より
vをAの固有ベクトルとしたときaを適当な複素数としてA・v=a・v
一方A・(B・v)=(A・B)・v=B・(A・v)=B・(a・v)=a・(B・v)
従ってB・vはAの固有値aの1次元固有ベクトル空間に含まれるから
適当な複素数bが存在してB・v=b・v

命題1に代わる真の命題があれば証明付きで教えてください

Aベストアンサー

元の表記は、
「二つのエルミート行列が同一のユニタリー変換によって対角化される
ことの必要十分条件は、それらが可換であることである。」
で、質問に沿うように私が書き換えました。

> 「A、Bがエルミート行列で、A・B=B・A(可換)ならば、Aの
> 固有ベクトルとBの固有ベクトルを共通にとることができる。」
> 意味は
> 「A、Bがエルミート行列で、A・B=B・A(可換)ならば、Aの
> 固有ベクトルであってBの固有ベクトルであるものが存在する」
> ですか?

このあたり、誤解を招く言い方ですみません。
固有ベクトルは対角化したときのユニタリー行列の列ベクトルに
なっているのですから、同一のユニタリー変換で対角化されると
いうことは、同じ固有ベクトルの(こういう言い方がいいのかどうか)
セットが存在します。こういう意味なのですが、わかりますでしょうか。

> 「Aの固有値の数とAの固有ベクトル空間の次元」と
> 「Bの固有値の数とBの固有ベクトル空間の次元」に対する関わりは
> ないのですか?

A、Bとも、固有値の数はn、固有ベクトル空間の次元もnです。
固有値の数は、縮退(重根がある場合)していても数えています。

> もっと一般的に
> 「A・B=B・AならばλをAの任意の固有値としたときλを
> 固有値とするAの固有ベクトルであってBの固有ベクトルである
> ベクトルが存在する」
> は正しくないですか?

んー、そこは私にはわかりません。

昔、量子力学を勉強したのを復習しつつ書いていますので、
間違いがあるかもしれません。
一応「自身なし」としておきます。

元の表記は、
「二つのエルミート行列が同一のユニタリー変換によって対角化される
ことの必要十分条件は、それらが可換であることである。」
で、質問に沿うように私が書き換えました。

> 「A、Bがエルミート行列で、A・B=B・A(可換)ならば、Aの
> 固有ベクトルとBの固有ベクトルを共通にとることができる。」
> 意味は
> 「A、Bがエルミート行列で、A・B=B・A(可換)ならば、Aの
> 固有ベクトルであってBの固有ベクトルであるものが存在する」
> ですか?

このあたり、...続きを読む

Qa^3(b-c)+b^3(c-a)+c^3(a-b)

a^3(b-c)+b^3(c-a)+c^3(a-b)

=(b-c)a^3-(b-c)(b^2+bc+c^2)a+(b^2-c^2)bc
となるそうですが、
b^3(c-a)+c^3(a-b)の部分が
b^3c-b^3a+c^3a-c^3b=-(b-c)(b^2+bc+c^2)a+(b^2-c^2)bcとなるのだと思うのですが、この部分を詳しく教えてください。


特に自分がわからないのは、-(b-c)( )とした場合、b^3cはどう変わるのかが思いつきません

Aベストアンサー

相手のレベルを考えずに回答する回答者(?)には困ったもんだ。
交代式・対称式なんか分るわけないだろう。

(b-c)a^3-(b-c)(b^2+bc+c^2)a+(b^2-c^2)bc=(b-c)*a^3-(b-c)*(b^2+c^2+bc)*a+bc*(b+c)*(b-c)=(b-c)*{a^3-(b^2+bc+c^2)*a+bc*(b+c)}。

{  }の中だけ計算すると
{  }=展開して次数の小さいbに揃えると=(c-a)*b^2+c*(c-a)*b-a*(c^2-a^2)=(c-a)*{b^2+bc-ac-a^2}=(c-a)*{(b^2-a^2)+c*(b-a)}=(c-a)*(b-a)*(a+b+c)。

結局は、a^3(b-c)+b^3(c-a)+c^3(a-b)=-(a-b)*(b-c)*(c-a)*(a+b+c)となる。

Qa^2(b -c) +b^2(c -a) +c^2(a -b) この式

a^2(b -c) +b^2(c -a) +c^2(a -b) この式を因数分解をする問題について質問をします。

この式を因数分解をすると
(a -b)(a -c)(b -c)
となりました。

しかし、解答を見ると
-(a -b)(b -c)(c -a)
となっているのですが、何故このような変形を行わなければいけないのでしょうか?

この理由が分る方、説明をお願いします。

Aベストアンサー

綺麗に見せるために並べ替えているだけです。
a→b→cという順で、cの次はaにもどります。
サイクリックの順といいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報