プロが教えるわが家の防犯対策術!

メーカー系SIerの上場企業と非上場企業の両方から内定を頂いた就職活動生です。
どちらの企業に行こうか悩んでいます。
SE職で内定を頂いています。

上場企業で働いた環境と
非上場企業で働いた環境のある人からお聞きしたいです。

Q
働く上での環境の違いは、どのようなものですか。

例えば、非上場での企業なら親から降りてくる案件が多いから最終責任は親にあるので、それほどピリピリしていないとか、逆に上場して独自に開拓した顧客の案件は、直接、顧客と顔を合わせるので緊張感があったなど

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一応、 非上場(USER系)⇒上場(独立系)⇒非上場(USER系)と


転職を繰り返した経験があります。

※非上場については、親から・・・と書いてあるのでユーザー系の会社ですよね?
おっしゃるとおり非上場の方が、ピリピリしていません。
利益という言葉に、社全体として無頓着な感があります。

独立系(おそらくメーカー系も)は、仕事に対しても積極的になり
人間的にもSE的にも成長しますが、体は酷使します。
納期や品質、利益などに対してシビアに考えるので、苦しい場面も
多々発生します。

2年目、3年目の社員をみても、
独立系では、自ら率先して顧客に対して折衝を行う若手社員もいるのですが、
ユーザー系では、「先輩、お願いしますよ。」「自分にはまだ無理っす」
みたいな発言が聞かれたりします。

ユーザー系で大変なのは、事務から複数のプロジェクトから1人で
やらなければならなくなり、スケジュール管理は苦労します。
突発的な作業があり、集中して1つを進めることができません。
独立系は、複数人で1プロジェクトを割り当てられるので集中して
仕事ができます。

人間関係は、常に同じ人と仕事をするので
ユーザー系の方が多少苦労します。(人それぞれ)

で、結論ですが・・・
1番ベストなのは、上場に就職して30前後で非上場に転職。
ただし、非上場は門戸が狭いのでリスクもあります。
楽するならば、非上場。成長したいなら、上場ですね。
    • good
    • 0

#1です。


無理やり上場、非上場で説明しましたが、上場/非上場と
独立系/ユーザー系/メーカー系は別物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事有難う御座います。

まず、こちらの説明不足で誤解を招いたことをお詫びいたします。
私が内定を頂いた2社はどちらもメーカー系です。
1社は、NECグループの会社
もう1社は、HITACHIグループの会社です。
片方は、上場していて、もう一方は非上場です。

お礼日時:2006/05/05 17:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q独立系IT企業(SE、PG)について質問があります。

独立系IT企業(SE、PG)について質問があります。


こんにちは。私は28男です。今勤めている会社(中小メーカー)の業績が思わしくなく、独立系IT企業(社員数100名程、株式非上場)への転職を考えています。

この業界に精通しておられる方、よろしければ以下について教えていただけないでしょうか。


(1)一般にIT業界、SEの平均勤続年数が短いのは何故なのか

(2)その方たちは退社した後どうしているのか。

(3)業界として将来性はあるか。

(4)独立系IT企業(社員数100名程)の平均年収は一般的にどれくらいか

(5)残業は基本的に多いのか


以上ご回答いただけましたら幸いに思います。

Aベストアンサー

(1)一般にIT業界、SEの平均勤続年数が短いのは何故なのか
介護や商品先物など、労働環境が劣悪な業界は一般に勤続年数が短くなります。
独立系の200人規模のIT会社で50人採用して、3年後に残っているのが2,3名なんて会社もあります。

問題はいろいろありますが、多重派遣と労基違反が原因では無いかと私は考えます。
時には5次受けなんていう、土建屋顔負けの多重構造があり、(派遣と請負を繰り返すことにより二重派遣、三重派遣を偽装)、様々な面で心身ともに負担となります。(多重派遣がばれないように、上の会社の人間に合うときは、その下の会社の社員として合うことが求められる上、常に「ただの派遣」「切り捨て用」というプレッシャーが加わります。)

労基違反は、すでに一般化してるので説明するまでも無いでしょう。
サービス残業、有給未消化、35歳首切りなどなどです。

(2)その方たちは退社した後どうしているのか。
様々です。若い人なら、業界に残る人、去る人が半々といったところでしょうか。
年寄りはその後、連絡を取ることが無くなるので知りません。

(3)業界として将来性はあるか。
縮小の一途です。
15年ほど前、PCの値段と通信機器の値段が著しく下がったため、それまで、システムの導入をためらっていた中小企業までが、システムの導入を開始し、大量のシステム案件が発生しました。(大企業は大企業で、更に新システムの開発案件を増やしました。)

しかし、システムの導入期が過ぎつつある今、案件そのものが減っている上、単価の安い中国インドへの流出もあり、単価の下落など、国内の少ないパイを奪い合う状況が目立ってきました。
今後、ますますきつくなるものと考えられます。

(4)独立系IT企業(社員数100名程)の平均年収は一般的にどれくらいか
600万が上限と考えてください。500万弱が平均といったところでしょうか。
上記のような単価の下落傾向があるので、今後は更に厳しくなると思われます。

(5)残業は基本的に多いのか
配属先によりますが、納期前は休日出勤や深夜残業となるのが通常です。
まれに年中徹夜してる部署があります。

(1)一般にIT業界、SEの平均勤続年数が短いのは何故なのか
介護や商品先物など、労働環境が劣悪な業界は一般に勤続年数が短くなります。
独立系の200人規模のIT会社で50人採用して、3年後に残っているのが2,3名なんて会社もあります。

問題はいろいろありますが、多重派遣と労基違反が原因では無いかと私は考えます。
時には5次受けなんていう、土建屋顔負けの多重構造があり、(派遣と請負を繰り返すことにより二重派遣、三重派遣を偽装)、様々な面で心身ともに負担となります。(多重派遣がばれない...続きを読む

Q志望動機を差別化する方法を教えてください

おはようございます。この春にSEを目指して就職活動する者です。
実は、志望動機が他の人と差別化できなくて困っています。
1、「なぜこの企業か?」
2、「何をしたい?それは他社ではできない?」→特にこれ
がどうしてもHPや会社案内のフレーズをそのまま使ったようなものしか書けないのです(つまりどの企業でも使えるような文章)。IT企業の場合、お客さんが企業なので、実際の体験談を語ることもできませんし。
特に2なんて、「アルバイトでPOSの凄さを体感し、人や企業に役立つシステム作りをしたいと思った。具体的にはCRMやSCMを構築してみたい」のように書いたとしても、当然、「どうして弊社か?」に困ってしまいます。そもそも、SEでやりたいことが漠然としているのが問題かもしれませんが・・・。


ちなみにSEになろうとしたのは
・情報学科で学んだ基本を生かしたい
・アルバイトで、お客様の事を考えた仕事をしていた→お客様に喜んでもらううれしさを知った→このようにお客様の事を真剣に考えて喜ばれる仕事がしたい→SEは、お客様の要望をつかみシステム化させることが仕事なので、相手業務の背景などを考えることが最も重要。
が理由です。

おはようございます。この春にSEを目指して就職活動する者です。
実は、志望動機が他の人と差別化できなくて困っています。
1、「なぜこの企業か?」
2、「何をしたい?それは他社ではできない?」→特にこれ
がどうしてもHPや会社案内のフレーズをそのまま使ったようなものしか書けないのです(つまりどの企業でも使えるような文章)。IT企業の場合、お客さんが企業なので、実際の体験談を語ることもできませんし。
特に2なんて、「アルバイトでPOSの凄さを体感し、人や企業に役立つシステム作りをしたい...続きを読む

Aベストアンサー

率直に書かせて頂きます。多少乱暴ですがご容赦下さい。

「アルバイトでPOSの凄さを体感し、人や企業に役立つシステム作りをしたいと思った。具体的にはCRMやSCMを構築してみたい」
とありますが、わたしが新卒時に内定をもらった独立系で日本で二本指に入るSI企業の人事担当者は、内定後に話をする機会を設けて下さり、こういわれていました。「志願者のほとんどが社会の役に立つシステムをつくりたい」と。その人がいいたかったのは、そういうひとたちがみな能面にみえたのでしょう。

わたしがつっこみをいれたいのは「世の中の役に立たないシステム」ってあるの?ということです。ということで、ここで、上記の回答は振り出しに戻ります。ITは世の中の様々なビジネスの効率化を図るものです(それだけではありませんが、間違ったことは言っておりません。論理学の範疇です。)

CRMやSCMを構築されたいという志はとてもよいと思います。是非それをされているビジネスパーソンに会って実際の話を聞かれて下さい。CRMは私もやってきました。正解のない分野です。ただ大事なことは顧客を向くということです。この部分で最後に。fgeswさんはなぜCRMやSCMをやりたいのですか?「人や企業に役立つシステム作りをしたいと思った。」からだと書いてあります。こうされたらどうですか?あくまで提案です。
「学生時代の(アルバイト)経験から顧客を大切にしたい。それにはすでにITが不可欠だ。しかも自分はITの技術面に興味がある。よって、CRMをやりたい」
これはこれでどうでしょう?他の人に問うてみてたたき台にしてみて下さい。


・情報学科で学んだ基本を生かしたい
とあります。
なぜ情報学科を志望されたのですか?
と私が面接官なら更に掘り下げてききます。それはすなわちその人の人生の遍歴というとOverかもしれないけど、人生の大事な分岐点(20歳ぐらいまでなら高校卒業、学校入学など)できちんと考えて選択をしてきたのかということを問うているのです。と思います・・・。

・アルバイトで、お客様の事を考えた仕事をしていた→お客様に喜んでもらううれしさを知った→このようにお客様の事を真剣に考えて喜ばれる仕事がしたい→SEは、お客様の要望をつかみシステム化させることが仕事なので、相手業務の背景などを考えることが最も重要。

また突っ込みをいれさせて下さい。
「このようにお客様の事を真剣に考えて喜ばれる仕事がしたい」からその次の流れへの意味合いが分かりません。論理的に整合性がないきがします。「足りない」のです。それと、仕事って、お客様もHappy自分たちもHappyだと長続きします。すなわち、ただ単にシステム化させるだけで終るのは終るとしても、前提としてお客がHappyに本当になれるかどうかという点をいつか自分がその立場になれば是非考えて、解決案を導き、システムにまで落とし込まれて下さい。

SEやプログラマを実際にやってみると分かりますが、論理的思考力(ロジック)が問われます。いやというほど。すなわち、面接の段階で整合性がない応えをすれば、他の志願者でそうでない人がいた場合に、fgeswさんはいまのままでは落とされる可能性があります。

「どうして弊社か?」
というのはさほど気にされなくてよいかと。
もしその企業が対企業向けにセミナを行っていたら、就職活動中の学生ですけどという感じで行ってみるのも手だし、雰囲気ぐらいはつかめると思います。
大事なのはなぜその業界かということがまず来て、その次になぜその会社かということだと思います。目を皿のようにして、そして耳をダンボのようにしていれば、他社の説明会、面接等とで必ず差異が見つかると思うのでそれも志望動機として利用できると思います。

必要条件、十分条件、必要十分条件というのを数学で聞かれたことがあるかもしれません。これを本当に理解されていると、面接もそしてその後のSEの仕事も、資格取得の勉強も楽になると思います。
「数学嫌いな人のための数学」小室直樹著 東洋経済社
経済学を勉強していて、目からうろこがおちた本でした。
「論理」とは何かを理解するにもとても焼くに立つ本です。

率直に書かせて頂きます。多少乱暴ですがご容赦下さい。

「アルバイトでPOSの凄さを体感し、人や企業に役立つシステム作りをしたいと思った。具体的にはCRMやSCMを構築してみたい」
とありますが、わたしが新卒時に内定をもらった独立系で日本で二本指に入るSI企業の人事担当者は、内定後に話をする機会を設けて下さり、こういわれていました。「志願者のほとんどが社会の役に立つシステムをつくりたい」と。その人がいいたかったのは、そういうひとたちがみな能面にみえたのでしょう。

わたしがつっこみを...続きを読む

Qメーカー系、ユーザー系、独立系のメリットデメリット

誰かメーカー系、ユーザー系、独立系の会社のメリットデメリットを教えてくれませんか?
わかるかたいらっしゃったらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
某所からのテンプレートですが、、、
-------------
■メーカー系
ハードウェアメーカーのソフトウェア開発部門が子会社として独立した企業やその傘下にある企業。
親会社のハードウェア販売支援業務に近い。 
 Ex. NECソフト、富士通ビジネスシステム、日立情報システムズ
 長所:遠隔医療のようなハードウェアに依存するようなシステムに強い。
    メーカーの営業を経由して、仕事が入ってくる。
 短所:原則として、親会社のメーカー製のハードウェアを使う。
■ユーザー系
システムのユーザー企業のソフトウェア開発部門が子会社として独立した企業。
親会社が勝ち組であればあるほど、ノウハウ・実績が高く、システムの得意分野がはっきり定まっている場合が多い。
基本は親会社グループのシステム支援業務。 
 Ex. 住商情報システム株式会社、新日鉄ソリューションズ株式会社、伊勢丹データーセンター
 長所:親会社やそのグループ企業での、ノウハウ・実績を利用できる。
 短所:遠隔医療のようなハードウェアに依存するようなシステムに弱い。
    グループ外企業に対しては独自の営業力が必要。
■独立系
親会社を持たず、独自に設立し経営している企業。ソフトウェア業界の過半数を占める。
独自の技術力を蓄積している場合がある。 
 Ex. CSK、インテック富士ソフトABC
 長所:親会社に縛られないことから、どこのメーカーのハードでも調達できる。
 短所:経営基盤が弱い。親頼みの受注は一切ないため、独自の営業力が必要。
■コンサル系
経営コンサルティングを行い、その方法論としてIT化を支援する企業。 
 Ex. 野村総合研究所、日本総合研究所、アクセンチュア
 長所:経営コンサルからシステム開発・メンテナンスに至るまでの一社での完全なソリューション提供の実現。
    パイオニア的な方法論の実現が可能。
 短所:システム開発面での実績の弱さ(予算・納期・品質)。
    業務のIT化に実験的な部分が含まれる可能性があり、全体的にコストが高い。

こんにちは
某所からのテンプレートですが、、、
-------------
■メーカー系
ハードウェアメーカーのソフトウェア開発部門が子会社として独立した企業やその傘下にある企業。
親会社のハードウェア販売支援業務に近い。 
 Ex. NECソフト、富士通ビジネスシステム、日立情報システムズ
 長所:遠隔医療のようなハードウェアに依存するようなシステムに強い。
    メーカーの営業を経由して、仕事が入ってくる。
 短所:原則として、親会社のメーカー製のハードウェアを使う。
■ユーザー系...続きを読む

Qオープン系、汎用系とは?

職を探すときに、オープン系システム開発とか汎用系システム開発という言葉が使われますが、オープン系・汎用系とはそもそもどーいう意味なんでしょうか?

どなたか、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

オープン系とは、Unix,WS(+PC)をベースにした所謂「クライアント・サーバーシステム」を前提にしているようです。各WSやPCは、「通信」で結ばれます。文字どおり、個々の機種への依存性を極力排し、自由に結合できるのが特徴です。

汎用系とは、汎用大型機を前提としており、今でも金融系や移動通信の制御などに用いられています。(E)WS+Unixが出てくるまでは事実上これしかありませんでした。(他にもスパコンとかミニコンはあったが、基本は同じ)

これ以上詳しく言うとボロがでるので、あとは、専門家の方に任せます。

Q適正試験がSPIとは気がつかなかった・・・・  数日間で対策はできないでしょうか?

転職活動中です。
一次面接が通過して、近々二時面接があります。

採用側からは、
「二次面接は、適正試験と簡単な面接を行います。時間は2時間半程度です。」

と連絡がありました。簡単な面接とのことなので、面接時間は30分くらいで、残りの2時間を適正試験するのかと勝手にイメージしています。

それで、適正試験なんですが、このサイトでも過去のものを検索して調べたのですが、適正試験はSPIといわれるものらしいですね。
僕はSPIが凄く苦手です!学生時代に何度か受けたことがありますが苦手でした(自分の性格についてや、何通りあるかなどの問題)同じような問題が次から次と出てきて、・・・。

でも思ったのですが、2時間もかかったかなと思いました。学生時代に受けたときは1時間くらい、多くても1時間半くらいだったと思います。

次の二次面接は、適正試験がもしイメージ通り2時間だと、苦手な僕にとってはどんどんマイナスに向かっていきます。

明日一応書店に行ってSPIの本を見てこようと思っていますが、面接まで後数日。数日間でできるようになるものでも無いと思うし・・・・・。
「あー、もうだめなのかなー」と、もう落ちた気分になってきました。

二次面接の連絡があってから、二次面接までの時間は、GWをはさんで2週間ありました。時間は沢山なったけど、適正試験がSPIとは気がつかなかった・・・・・。

因みに、一次面接では、筆記試験(一般常識レベル:簡単な数学や時事問題や英語)が30分くらい。
面接が30分くらいの合計1時間くらいでした。

自分に「チキショー!!」って感じです。

これから、3日位で何とか対策できる方法は無いでしょうか?
お願いします。

転職活動中です。
一次面接が通過して、近々二時面接があります。

採用側からは、
「二次面接は、適正試験と簡単な面接を行います。時間は2時間半程度です。」

と連絡がありました。簡単な面接とのことなので、面接時間は30分くらいで、残りの2時間を適正試験するのかと勝手にイメージしています。

それで、適正試験なんですが、このサイトでも過去のものを検索して調べたのですが、適正試験はSPIといわれるものらしいですね。
僕はSPIが凄く苦手です!学生時代に何度か受けたことがありますが苦手で...続きを読む

Aベストアンサー

私も転職活動中です!! 

 4月にSPI、3回受けました。性格判断のSPIはどこも似たような内容でした。しかし、言語・非言語は会社によってレベルがまちまちでした。本当にあせりました。突破できるのか?と思いました。学力低下に改めて驚きました!!
 
 性格判定のSPIだと、最大で45分ぐらいだと思います。なんぼなんでも2時間はありえません。もしかしたら、言語・非言語のSPIもあるかもしれませんね。そうすれば、言語30分・非言語45分・性格判定30分。面接30分。休憩15分で確定だと思います。(一次の筆記は、最低限の能力テストポイです。通常のSPIとは違う気がします。人数を絞り込む為のテストかな?という気がします。)

 性格SPIは、前向きな気持ちで受けるしかありません。自分の理想を想像して答えていくべきです。

 但し、嘘発見機的な質問があります。例)いままで一度も嘘をついたことがありません。○だと、引っかかります。 後は、気持ちを前向きに答えていくしかないでしょうね!! 社交的で、組織は絶対、行動力があり、責任感がある、かつ思慮深く。

 でも、偏りすぎるのも不可です。行動力と、思慮深いは相反します。極端な言葉が使われていれば不可です。適度にバラスのが正解です。

 SPIの言語・非言語も、適正判断に使われます。正確性とか、これも一種の性格判断的にも使われます。

 こちらは、対策をすれば点がとれます!! 逆に対策をしないと厳しいです。SPIとしてのクセがありあるためこちらの方が重要かも?と思いますが。

 後、面接、1時間30分。適正検査45分。休憩15分の可能性もありますね。面接の準備の方が重要かもしれませんよ。グループ面接+個人面接なら十分可能な時間ですし。

 ちなみに、私の買った本は、「史上最強のSPIワザあり解法」ナツメ社です。まあまあかな?

 まあ、終わってしまえば所詮SPIですよ。面接の方がウエイトは確実に高いので、そちらの方を重視されたほうが良いと思います。

私も転職活動中です!! 

 4月にSPI、3回受けました。性格判断のSPIはどこも似たような内容でした。しかし、言語・非言語は会社によってレベルがまちまちでした。本当にあせりました。突破できるのか?と思いました。学力低下に改めて驚きました!!
 
 性格判定のSPIだと、最大で45分ぐらいだと思います。なんぼなんでも2時間はありえません。もしかしたら、言語・非言語のSPIもあるかもしれませんね。そうすれば、言語30分・非言語45分・性格判定30分。面接30分。休憩15分で確...続きを読む

Q金融系のシステムエンジニアに就職したい

私は国立大学工学部の3年です。タイトルの通り、自分は証券などの金融系に非常に興味があります。大学を受験するときも最後まで経営学部と工学部で迷い、(もともと理系だったので)早慶文系は無理だと諦め、けっきょく行けそうな入試レベルの高かった工学部へ進みました。
現在、得意とし、興味があるのがプログラミングなど、ソフトウェア開発に役立ちそうな分野なので、システムエンジニア(以後SE)に就職したい、さらに金融系に携わるSEに就けたら最高だと考えています。

しかし就職情報サイトなどを見てもこの分野の募集をあまり見かけないような気がします。
もしかしたら金融系のSEは、SEとしての募集ではなく、一般の総務?として募集して、その中からSEとして選ばれるのでしょうか?もしくは金融系企業は、他の会社のSEに委託してソフト開発してもらうのが一般的なので、自分の会社でのSE育成はしていないのでしょうか?または私の調査が甘いのかもしれませんが。

そこらへんの理解がイマイチできていないので、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

>ということは裏を返せば、企画、人事のようなことをやりたいのであれば金融系のSEは良い仕事ということでしょうか?
人を管理する立場であって、当然システムに対する高度な知識も必要です。普通の企画・人事には到底無理な仕事です。しかし、金融システムに携われるチャンスです。

>これをやると最初からSE(のような仕事)として入社するよりも待遇がよくなるということでしょうか?
少なくとも生活を保障された正社員でしょう。SEの8割は派遣社員ですので、今日のめしがあっても明日のめしがあるとは限りません。こんな危ない仕事は多少給料が高くてもやめといたほうが賢明です。

SEは派遣じゃなくて、正社員じゃないかと反論出るかもしれませんが、これはあくまで企業がSEを安く雇おうと違法な闇派遣が横行したため、国が失業対策の一環、苦肉の策として、闇派遣を正規雇用社員として認めてしまったのです。よってSEは表面上は正社員であって、実は派遣社員なんです。中には社内SEみたいにブラックじゃないSEもいますが、それが前述の銀行証券などのSEです。

金融SEは高度な専門知識とITスキルが求められ、国の振興発展に大きく貢献し、前述のよう医者・弁護士と肩を並べる職業です。本来は。
単純計算でいうと、月単価200万~300万でしょうか、二流とは言わず、三流の医者・弁護士には及ぶでしょう。

しかし、国がSEの派遣を認めてしまったせいか、国が一歩譲れば、民間では百歩進みます。現在のSE業界では派遣・偽装請負・多重派遣が横行し、200万で仕事を取っても元請で50%ピンはねされ、二次請けで20%、三次請け以降で10%、わが社には70万程度しか入ってきません、保険税金会社維持費を払ったら25万も残りません、激安給料ではないが、納得いく話ではありません。いくらもらおうと当然200万の仕事求められるのだから、だからSEはきついのです。

日本のシステム業界の構造はこうなっているので、あえてSEになる必要はありません、まずはほんとの正社員になって、それから考えましょう。

>ということは裏を返せば、企画、人事のようなことをやりたいのであれば金融系のSEは良い仕事ということでしょうか?
人を管理する立場であって、当然システムに対する高度な知識も必要です。普通の企画・人事には到底無理な仕事です。しかし、金融システムに携われるチャンスです。

>これをやると最初からSE(のような仕事)として入社するよりも待遇がよくなるということでしょうか?
少なくとも生活を保障された正社員でしょう。SEの8割は派遣社員ですので、今日のめしがあっても明日のめしがある...続きを読む


人気Q&Aランキング