債権差押命令が送達されたのですが、第三債務者が受け取りません。
引越しせずそこに住んでおり、ただ単に受け取りません。
この場合、差押命令はどうなるのでしょうか?

また、ほんとに行方がわからない場合、債権差押命令の効力はどうなるのでしょうか?

これらが。債務者の場合、どうなるのでしょうか?

以上、ご指導お願いします

A 回答 (1件)

 民事訴訟法106条に規定があります。

規定によりますと、同居者など相当のわきまえのある人に渡してもよく、拒否すれば書類を差し置くことができます。物理的方法などで拒否されたり、差し置く場所がなければ書留の方法で発送でき、発送された時点で送達があったものとして取り扱われます(107条)。場所が知れない場合には公示送達となり、裁判所の掲示場に掲示し2週間経過すれば送達したものとみなされます。送達された時点(差し置き、書留発送、公示送達効力発生の時点)で差押の効力が生じます(民事執行法145条)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました
どうもありがとうございました

お礼日時:2002/02/05 12:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仮差押の解除

私所有の不動産に仮差押を受けました
先方の仮差押の根拠は私の認めるものでありません
仮差押を解除する方法をお教え下さい

Aベストアンサー

 仮差押えをとにかく解除してもらいたいということであれば,解放金を供託するという方法があります。これは,仮差押え決定の主文に記載されているとおりです。(債務者が前項の債権額を供託するときは,仮差押えの執行の取消しを求めることができる,などという文章があるはずです。)

 この場合には,請求債権目録に記載の債権の全額を,1円まで計算して(特に利息や損害金の請求がある場合)供託する必要があります。

 これは,理由のいかんに関わらず,仮差押えの執行を解除することができますが,請求債権の有無の決着がつくまで,供託金が戻ってきません。(仮差押え命令は生きていますが,不動産から仮差押えの登記は消えます。)

 次に,保全異議の申立てという方法があります。これは,保全手続の中で,簡易・迅速な方法で請求債権の有無や,仮差押えの必要性を審理し直してもらうものです。ただし,この場合にも,債権者は,債権があるということを証明する必要はなく,疎明で足りる(裁判官が一応債権がありそうだという判断に達すればよい)とされていますので,逆にいえば,債務者としては,債権がないということについて,余程確実な証拠を出さないと,仮差押えをひっくり返すのは難しいことになります。

 第3の方法が,起訴命令の申立てで,裁判所に,一定期間内に,仮差押えで請求した債権について訴訟を提起せよという命令を出してもらい,その期間内に訴訟を提起しなければ,仮差押えを取り消してもらう,というものです。

 以上の3つは併用することができます。

 地方裁判所の発した保全命令については,司法書士が代理をすることはできませんので,相談は弁護士にする方が確実です。

 仮差押えをとにかく解除してもらいたいということであれば,解放金を供託するという方法があります。これは,仮差押え決定の主文に記載されているとおりです。(債務者が前項の債権額を供託するときは,仮差押えの執行の取消しを求めることができる,などという文章があるはずです。)

 この場合には,請求債権目録に記載の債権の全額を,1円まで計算して(特に利息や損害金の請求がある場合)供託する必要があります。

 これは,理由のいかんに関わらず,仮差押えの執行を解除することができますが,...続きを読む

Q債権差押命令に基づく第三債務者からの取立て

債権者が、第三債務者(銀行)に対し、債権差押命令(債務者の普通預金)に基づいて、支払いを受けようとする場合、銀行が本人確認と称して印鑑登録証明書の交付と、同印章の領収書への押捺を求めてきました。
差押債権は、口座残高の約500円であり、印鑑証明書を市役所に請求するとなると、350円を要し、銀行に赴く交通費を算入すると費用倒れは明らかです(もともと、執行費用に満たないことから費用倒れですが)。

そこで、銀行の要求する印鑑証明は、法的に必要でしょうか。

私の見解としては、真正な債権者である旨を他の方法により(運転免許証の呈示等)証明できれば、銀行が支払いを拒むのは違法であり、取立て訴訟も可能と考えられるのですが、

どうでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法的には必要ではありません。
しかし、本人確認をしないと後でもめた場合に仮に銀行に過失ありと認定されれば後で銀行は困ることになるのです。
免許証であってもいいのでは、と言う質問ですが実際免許証は本人確認に使うためですが、印鑑証明などを取り寄せてもらいさらに慎重にと言うことなのでしょう。
最近、印鑑をちゃんと見ずに支払いに応じてしまいあとで偽者であったと言う事件がありましたよね?アレ以来銀行は用心深くなってます。
あと、銀行が支払いを拒んでもいいのです。銀行が相殺の意思を示した場合等です。

Q時効の援用によって仮差押は解除されますか?

10年以上前に仮差押の命令を受けた土地・建物を現在も所有しています。債務の時効の援用を行おうと思っているのですが、裁判所より受けている仮差押の命令は時効の援用と同時に解除されるのでしょうか?
解除されるとした場合、その手続きはどのように行えばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

<債務不存在確認訴訟を起された場合の対抗措置>

請求の趣旨に対する答弁
1、原告の請求を棄却する。
2、訴訟費用は原告の負担とする。
との判決を求める。

理由
1、被保全債権につき既に民事訴訟法20条により仮差押されている。
2、仮差押による時効中断の効力は、仮差押の執行保全の効力が存続する間は継続する
3、原告請求の時効の援用は不可能である
4、よって本件債務は存在する


条文にはないですが、判例で確立されました。
質問者さん、諦めて下さい

Q差押命令が出て第三債務者の銀行に預金はありましたが、反対債権があるため弁済の意思がないと回答されています。

昨年夏まで勤めていた会社の未払い給与において、債権差押の申立をしました。
差押命令が出て第三債務者の銀行に預金はありましたが、反対債権があるため弁済の意思がないと回答されています。

自分で申立をし、ここまできましたが行き詰ってしまいました。

転付命令を出すと銀行は反対債権を相殺し、残った場合は取り立てができるということを知ったのですが、この場合、転付命令を出したほうがよいのでしょうか?デメリットはあるのでしょうか?
たいてい、申立と同時に転付命令を出したりするようですが、差押命令発令後でも転付命令だけ後から出すことはできるのでしょうか?またその場合手数料等かかるのでしょうか?

それ以外の方法として、どのようなものがあるのでしょうか?

会社と連絡がとれるのでしたら、銀行預金の相殺などほのめかして支払うようにもっていきたいのですが、全く連絡がとれない状況です。

いろいろすみませんが、本当に困っています。。どうぞ、よろしくお願い致します。m(_ _)m

Aベストアンサー

#2の回答者です。
>取立訴訟は書類さえ準備すれば勝つ見込みの高いものなのでしょうか?<
何ともいえないと思います。
訴訟のなかには共有物分割訴訟のように、請求認容か訴え却下か(共有者の一人であると称していた原告が、実際には共有持分を持っていなかった場合)のいずれかしかなく、請求棄却という判決がありえないとされるものもありますが、取立訴訟は、そういう性質の訴訟ではありませんから。
普通の訴訟と同じです。
ご質問の場合に即してお答えすると、質問者さまが、銀行がしようとしている相殺は効力を生じないことの立証に成功すれば、勝訴判決がもらえます。

>給与を払ってくれない債務者の会社ではなく、巻き沿いとなった第三債務者の銀行に対して取立訴訟に勝つ根拠となるものは何でしょうか?<
この場合、第三債務者は「巻き添え」を食ったわけでは決してありません。第三債務者としては、常にこの手の法律紛争に巻き込まれる危険があるわけですから。したがって、ご質問のような事情は、取立訴訟において、裁判所の心証に影響を及ぼさないと思います。

>銀行に取立訴訟を起こして勝った場合、反対債権の相殺と、こちらの差押債権とどちらが優先されるのでしょうか?<
実際問題としては、常に銀行の反対債権が優先されます(最高裁昭和45年6月24日判決)。
すなわち、
1 債権が差し押えられた場合において、第三債務者が債務者に対して反対債権を有していたときは、その債権が差押え後に取得されたものでない限り、右債権および被差押債権の弁済期の前後を問わず、両者が相殺適状に達しさえすれば、第三債務者は、差押え後においても、右反対債権を自働債権として、被差押債権と相殺することができる。
2 銀行の貸付債権について、債務者の信用を悪化させる一定の客観的事情が発生した場合には、債務者のために存する右貸付金の期限の利益を喪失せしめ、同人の銀行に対する預金等の債権につき銀行において期限の利益を放棄し、直ちに相殺適状を生ぜしめる旨の合意は、右預金等の債権を差し押えた債権者に対しても効力を有する。
とされています。
判例は、「いざというときは、貸金債権を預金債権と相殺できる」という銀行の信頼を保護することで、与信取引の安全・円滑を図ろうとしているといえると思います。

#2の回答者です。
>取立訴訟は書類さえ準備すれば勝つ見込みの高いものなのでしょうか?<
何ともいえないと思います。
訴訟のなかには共有物分割訴訟のように、請求認容か訴え却下か(共有者の一人であると称していた原告が、実際には共有持分を持っていなかった場合)のいずれかしかなく、請求棄却という判決がありえないとされるものもありますが、取立訴訟は、そういう性質の訴訟ではありませんから。
普通の訴訟と同じです。
ご質問の場合に即してお答えすると、質問者さまが、銀行がしようとしてい...続きを読む

Q財産の差押解除通知書について

当社が差押えていた土地と建物について、県民局から差押解除通知書が送られてきました。
内容は財産の差押えを解除しますと書いてあります。
滞納者が税金なども滞納していた場合、担保権の優先順位は税金が先になるというのは知っていますが一方的に解除させられるものなのでしょうか?また、再度、こちらの土地に対して差し押さえをすることができるのでしょうか?今後の対応もどのようにすればよいでしょうか?よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>滞納者が税金なども滞納していた場合、担保権の優先順位は税金が先になるというのは知っていますが一方的に解除させられるものなのでしょうか?

 県が滞納処分により、滞納者の土地及び建物を差押さえしていたが、何らかの理由(通常は、滞納していた税金の完納でしょう。)により、差押えを解除したので、差押債権者である御相談者の会社に解除した旨の通知をしたのでしょう。決して、御相談者の会社の差押えを解除させたという意味ではありません。

Q債権差押命令が届いて第三債務者に対処法は?

裁判所から特別送達で債権差押命令が届き第三債務者に名前が
乗っていて200万近い金額が記載されておりました。
A 債権者(全く知らない業者)
B 債務者(取引していた業者)
C 第三債務者 (私)
上記でABCと記載します。

CはBと委託販売契約を結んで取引していた。
委託販売とはCがBから商品を預かり売れた分を毎月
報告して補充を受け補充した分の代金を支払い販売していました。
1年ほど前、突然、売り上げ報告をしても補充がされなく
なり、Bと連絡が取れなくなった。

Bへの支払いは随時していたので補充商品の未払いは無い
状態でした。
その後も連絡が無く、潰れたと風の噂に聞いていました。

Cには委託商品が手元にある状態でとりあえず委託商品は
どうすれば良いのかわからないので倉庫にしまった。
1年ほどたった今日Cには、突然債権差押命令が届き
そのなかの第三債務者にCの名前が乗っていた。
金額が200万円近くで預かっていた商品代金を遙かに
越える金額が記載されていた。

差押債権目録にはBがCに対して有する、継続的売買契約に
基づき売り渡した商品の売掛代金債権にして本命令送達時に
既に支払期が到来しているものにして順次頭書金額に
満までと記載されていた。

返したくても返せなかった委託品に対しての請求だと
思うのですが全商品でも数十万円だと思うのですが
200万円と記載されていて困っています。

陳述書にどのように書いて裁判所に送り返したら
良いのでしょうか?とても困っております。

お手数かけますが知識をお貸し下さい。

裁判所から特別送達で債権差押命令が届き第三債務者に名前が
乗っていて200万近い金額が記載されておりました。
A 債権者(全く知らない業者)
B 債務者(取引していた業者)
C 第三債務者 (私)
上記でABCと記載します。

CはBと委託販売契約を結んで取引していた。
委託販売とはCがBから商品を預かり売れた分を毎月
報告して補充を受け補充した分の代金を支払い販売していました。
1年ほど前、突然、売り上げ報告をしても補充がされなく
なり、Bと連絡が取れなくなった。

Bへの支払い...続きを読む

Aベストアンサー

 説明された委託販売契約であれば、代金支払債務はないことになりそうです。

 そうであれば、支払うつもりはない、理由は、取引終了で新たな代金は生じない、すでに発生した代金は全額支払い済み、ということでよいと思います。

 手元に委託の商品があるということですが、委託販売の場合には、委託を受けただけでは、商品の売買代金は発生しません。差し押さえられているのは、あくまで売買代金ですので、それを返品する債務までを記載する必要はありません。

 なお、差押え命令は、第三債務者を、通常の場合よりも不利な立場におくものではありません。実際に存在する債務を、存在する範囲で支払えばよい(支払先だけが違う。)ということです。

Q固定資産税の差押調書について

8/15に固定資産税の差押調書を受け取りました。
差押調書には、8/1付け(銀行受領は8/5)で固定資産税の支払う
べき滞納金額より1000円程少ない預金を差押さえたと記載されて
いました。

対応をどのようにすべきか解りません。
差押調書を受け取ってから、差押え解除までの、
一般的な手続きの流れを、教えて下さい。

・固定資産税の滞納金は、全額2~3日以内に支払う予定ですが、
 支払い後、こちらが何か手続きをしなくても、
 差押えは自動的に解除されるのでしょうか?
 解除の通知等は来ますか?
 それとも、支払い前後に何か差押えの取消しを求める書類を、
 市や裁判所?に提出しなくてはならないのでしょうか?

・また、差し押さえされた銀行口座はいつ、利用出きるように
 なるのでしょうか?

・8/1発行の差押調書の場合、15~20日ほどたってからの支払いは、
 遅いでしょうか?更に差押えされる可能性が有りますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

差押された預金の種類によって対応が違います。
1 普通預金の場合
差押によって、差押と同時に取立てがされ、配当計算書が作成され、配当日に滞納税金に配当されます。
この間に滞納税金が納付されると、差押して取立てされた金額が配当された後の滞納に納付額を充てられる形になります。
これは取立てした日を納付があった日として処理をするためです。

具体策としては、あといくら納めたら滞納がなくなるのかを当局に尋ねてそれを納めることです。おそらく差押えた預金取立てによって、本税完結して延滞金が発生し確定してるでしょうから、これだけ納めたら終りですという額がわかると思います。

2 定期預金の場合
満期日に取立てがされます。
満期日前に滞納税額の全額(延滞金を含むという意味です)を納付すれば差押が解除されます。

3 滞納税金が全額納付されれば、自動的に差押解除されます。
しかし納めた事実が当局に判明するタイムラグがありますので、それを回避するため、及び延滞金を含めて納めないとならない、つまり延滞金額をしる上で当局との連絡は不可欠でしょう。
 差押解除処分を受けるための最速手続きは差押した機関に出向いて延滞金を含めて全額支払うと申し出て納付することです。
おそらくその場で解除通知を交付してくれると思います。

差押された預金の種類によって対応が違います。
1 普通預金の場合
差押によって、差押と同時に取立てがされ、配当計算書が作成され、配当日に滞納税金に配当されます。
この間に滞納税金が納付されると、差押して取立てされた金額が配当された後の滞納に納付額を充てられる形になります。
これは取立てした日を納付があった日として処理をするためです。

具体策としては、あといくら納めたら滞納がなくなるのかを当局に尋ねてそれを納めることです。おそらく差押えた預金取立てによって、本税完結して延...続きを読む

Q債権差押申立と第三債務者陳述

債務名義に基づき、債権差押命令を申立たところ、第三債務者から陳述を得られました。
いわく、(ちょっと数字は変えてますが)定期預金100万円、普通預金500円で、定期預金の満期は、H22.10.1でした。請求債権は150万円です。
弁済の意思について、(あり)としながら、定期預金の満期到来後となっていました。
定期預金の満期到来まで待たなければ取り立てできないのでしょうか?

上記の数字を前提に、今後の具体的手続きを教えてください。

Aベストアンサー

債権差し押さえしてしまうと、本来の債務者は取立てをできなくなるわけです。

差し押さえ債権の履行期限はいつですか。
その期限を過ぎた取立ては、債務者の承諾がいりませんでしょうか。

今日、債務弁済がされた場合には、今日までの損害金が計算されますが、一年後に債務弁済がされた場合には、一年分の損害金が増加します。

この損害金は債務者が「ああ、ええですよ」と言ってるわけではないですよね。
取立てが遅れれば遅れるほど、損害金が増えるわけですから、取立てを裁判所に禁止されてる債務者は「はよしてくれや」というのが筋でしょう。

「陳述は理解しました。私には定期預金の満期日まで取立てを待ってもいいという権限がありません。本来の債務者に平成22年10月1日支払でもいいかどうか、そちらで許可を取ってください」

が正解だと思います。

Q差押の登記がされている不動産の所有権移転はできるか?

差押の登記がされている不動産の所有権移転を債権者や裁判所の許可書や同意書無しで勝手に移転できるでしょうか。
知人が売買により所有権移転後に債権者と話し合いをして差押を解除させるといっています。そんなことは可能でしょうか。又、そのようなことをすると犯罪になることはありませんか。

Aベストアンサー

差押の登記がされた不動産でも、通常の場合と同様に所有権移転登記をすることはできます。(この点は、仮登記の場合と同じです。)しかし、登記後に競売等の換価処分が行われると、差押登記後にされた移転登記は抹消され、新たに競売等で落札した者に移転登記がされることになり、仮にあなたが不動産代金を支払っていても、法的には不動産の所有権を主張できなくなります。できればあなた自身が差押をした債権者(又は代理人の弁護士等)と直接話をして、代金支払いと引き換えに差押登記や抵当権等の登記が解除されることを約束させることをお勧めします。(種々の理由で債権者が解除に後日応じないケースが時々ありますから)

Q債権差押 第三債務者の宛名は銀行本店、支店?

色々調べましたが、意外と記載がないので質問します。


預金債権を差押する手続きの中で、「第三債務者の宛名を書いた封筒を作れ」とあるのですが、この宛名は第三債務者銀行の本店住所でしょうか?それとも口座があると思われる支店の住所を書くのでしょうか?


一応念のためにもう一点質問しますが、銀行の資格証明をあげると代表取締役の肩書の人が6人、7人といる場合があります。当事者目録に記載する際には、その中の任意の一名でいいのでしょうか???


色々済みません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「封筒を作れ」の封筒の宛先は支店です。
その債権差押命令の当事者目録には、本店所在地を記載し、その下に「送達場所」として支店所在地を記載します。
代表者が、6人おれば、その内の誰でもいいです。
その者を書く欄は、申立書の本店所在地のすぐ下です。その下に「送達場所」として支店です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報