こんばんわ。以前こちらのメンタルヘルスで付き合っている彼のことで相談したことがあります。
そのことは(競馬をやりすぎている?という件)彼と話し合ってお互いに落ち着きました。
その彼なんですが、朝方起きる数時間前に目が覚めてしまってからは眠れないといいます。
(最近ではなく前から)
またしばらく(数週間から数カ月)すると眠れるようになります。
でも最近はまたそういう事が何週間か続いて、最近は疲れやすいようで、デートで遠出したりすると辛そうです(眠りが浅いらしいです)。
仕事では人間関係のストレスや先行きへの不安などがあるようです。
食欲もあるし趣味なども楽しんでいるようなので最初は考えすぎかな?と思っていたんですが、この間は胃が痛く薬を飲んでました。
一度お医者様にみていただいた方がいいのでしょうか?
本人は薬とか病院は嫌な様子です。
保健所とか少し調べてみたんですが、そんなに心配する程のことではないのでしょうか?
またデートなども少し控えた方がいいのでしょうか?
わたし自身は眠れない事がほとんどないため、彼の辛さが分かってあげられず、最初は会いたくないのかな?と思って返って彼にストレスを掛けてしまったように思ってとても反省してます・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 うつ病の経験者の方がどなたかアドバイスされるだろうと見守っておりましたが、なぜか、回答されないのが不思議に思いつつアドバイスさせていただきます。


 私もそうでしたが、ストレスが過度にかかる生活を送っていましたら、うつ病と診断されました。当時は、朝の3、4時頃、目が醒め、睡眠時間が2から3時間は当たり前でした。うつ病でいう早朝覚醒という症状でした。それでも、がんばって我慢して長期間、仕事を続けていると、仕事中、眠くて仕方がないのです。よく栄養剤を飲んだものです。そのうちに、仕事でとんでもないミスを続けてしでかし、昔お世話になった上司に付き添われ、近くの精神科を受診し、うつ病と診断されました。よくもまあ、仕事にのめりこんでいましたねと当時の先生に言われました。朝早く起きてもすることがないので、始発で出勤し、仕事をしており、冗談で皆から5時から何とかといわれておりましたが、話を元に戻しますと、一度、彼氏を連れて保健所に相談にいかれた方がいいですよ。保健婦さんは親身になって相談に乗ってくれ、適切なアドバイスをしてくれます。彼氏が行きにくかったら、あなただけでも相談にいかれてはどうですか。うつ病の詳しいサイトを挙げました。のぞいてみて下さい。きっと、参考になりますよ。
 典型的な身体症状が前面にでる「仮面うつ病」のように思えて仕方がありません。
 うつ病にかかる人は、ほとんどの人が周囲から説得されて受診されるそうです。私も当時は家族に言われても行くのは嫌でした。上司に家族が頼んで、説得にやっと応じました。本当に抵抗がありました。彼氏の気持ちはよくわかりますが、私のように新聞も読めなくなるほど、ひどくなる前に相談に行かれた方がいいです。自分の力で、精神力で何とかなるようなものではないことが、わかってもらえたらいいのですが(と、今は言っていますが、当時は受診しても「うつ病」だとは認めず、先生に対しては不信感で一杯でした。反省しています。)。

参考URL:http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/dep0.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ddiibbさんこんばんわ。サイトありがとうございます。参考になりました。
わたしも実はうつ病のことも気にかかってました。
でも仕事は一生懸命というよりは適度に休みながらやっていたので考え過ぎかな?とも思ってしまっていました。
会っているときは疲れやすい以外は元気でしたし・・。ただ平日に電話したりすると気分が落ち込んでいる様だったんですよね・・。
何にせよ素人判断はいけませんよね。
わたし自身は精神科のお医者様とかは抵抗ないんですが(自分が受診するとしても)、彼はかなり抵抗があるみたいです。
先にわたしだけでも保健所などで話を聞いてみます。
こころがちょっと疲れてしまったんでしょうね。
ゆっくり休めるように力になりたいと思います。
ddiibbさんもお大事になさって下さい。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 23:46

私の彼もそういう時があります。

仕事で自律神経がまいっているのと、日々眠りが浅いというのが理由みたいです。以前はメラトニンや睡眠薬をアメリカで買ってきてあげたり(両方あまり聞かない)、レタスをまるごと使った料理を作ってあげたり(レタスは眠りをもたらすらしいです)しましたが、一緒に住み出した今は週末眠らせてあげること、につきます。先々週は24時間中2時間しか起きてきませんでした。さすがに待っていてあげることはできないので、寝てる間に家事や買い物、ジムに行ったりしましたが…一緒に遊びたい時はこっちも不満がありますよね。割り切るしかないけど…
ちなみに住む前のデートも、公園、駐車場、川沿いでただただ眠るというデートでした。私は本を持っていかないと時間がつぶせませんでした。^-^"
あと、長期の旅行(夏休みの2週間アメリカに行って、ホテルの予約もせずただただ車を走らせてその日見つけたホテルに泊まるという無計画な旅行…)の後は、精神的に何かふっきれた感がありました。息抜きはいいかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shibako74さんアドバイスありがとうございます。
とてもお相手の方を思い遣っていらっしゃるんですね。
私達もお茶したり公園でのんびりしたりが基本なんですが、(わたしものんびり派な為)お互い自宅なため、ゆっくりさせたあげたくてもつい長時間会ってしまったりします・・。
今は冬で公園も寒いですし・・。
最初はめんどくさがりなだけだと思って、そんなに疲れてるとは思わなかったんです。
でもホントに辛いんだと思って、わがままで遠出をしたいと言ってしまって反省してます。
病院(お薬も含めて)の事を話しつつ、週末はゆっくり休んでもらえるようにしますね。
shibako74さんの彼もお大事になさってください。

お礼日時:2002/02/05 17:19

 奇遇です、前にもお答えしたような、、、


 どうもmintさんの彼、私と似た所がありますね。趣味らしい趣味は競馬で、ストレスに弱い、でも彼女には優しい、って事ですよね。mintさんもいい人だな、って思ってるんでしょうね、うらやましい。
 さて、彼は悪いことに眠れない所まで私と一緒です。見た限りでは明らかに(職場での仕事と人間関係からくる睡眠不足)→(疲労)→(ストレス、頭痛)になってますね。実は私、昨日心療内科の先生にかかって、休養と抗不安薬の処方を受けてきました。ここまで悪化しないうちに彼も手を打った方がいいですよ。
 休職うんぬんといった難しい話はしなくていいから、一度洗いざらい職場の悩みをぶつける場を作ってあげたら、それだけで結構気が晴れるってもんです。mintさんが聞いてあげられるんならそれでもいいけど、彼が信頼して、心からぶちまけるという意味だと、心療内科なんか、私はお勧めしますよ。もしかしたら眠る手助けをしてくれる薬を出してもらえるかも知れません。嫌がるかも知れませんが、「お薬出してもらえるよ」と軽く勧めてみましょうよ。
 mintさんのような優しい彼女を持った彼は幸せです、大事にしてあげて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tokaさん前回はアドバイスいただいてありがとうございます。お身体の調子はいかがですか?
彼は仕事とっても忙しいっていう訳じゃなかったんです。週末はきちんと休めますし。
だからなんでそんなに疲れてるのかな?って疑問だったんです。
スポーツ観戦とかコンサートとか行って、その時は楽しんでるんですが眠れるようにはならない様です。
仕事のことは話してはくれるんですけど、やっぱり彼女にものすごい愚痴は言えないようで(プライドかな?)・・。
病院のことも軽く話してみます。彼も原因が分からないのもストレスだったようなので・・。
わたしが優しい彼女かはわかりませんが(笑)、tokaさんもとっても優しいですね。ありがとうございます。
お大事になさってくださいね。

お礼日時:2002/02/05 17:02

彼の性格等が全くわからないので何とも言えませんが、


やはりストレスが大きな原因になっている様に思います。
ストレスが原因の症状はストレスがなくなると軽快するはずなので、一度仕事を休んで思いっきり彼の好きなように羽を伸ばさせてあげた方が良いのではないでしょうか。
あるいは何らかのストレス解消法を見つけてあげるのも1つの手だと思います。
また、あまりに気になるようでしたら一度、睡眠障害専門の医師がいる精神科や神経科、あるいは心療内科を受診されることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mizukiさん、アドバイスありがとうございます。
彼の性格は真面目です。他人に対して自分からはなかなか心を開かない感じもあります。
なのでちょっと心配でした。
優しいので自分よりわたしの事とか考えて無理していたようなので・・。
おおらかで明るい所もあるので突き詰めては考えたりはしないようです。
ストレスなのかもしれませんね。
あまりこの先も眠れないようなら精神科の事なども話してみようと思います。

お礼日時:2002/02/05 16:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ