最近入籍したんですが、私の仕事の関係でしばらく別居なのです。平日は私の実家に寝泊りし、週末は彼の実家で親と同居生活をする予定です。それで悩んでいるのが住所変更の時期なんです。いますぐ彼の実家にかえたほうがいいのか、それとも新居を決めてからでいいのか・・・。ちなみに週末婚の期間は約半年です。

A 回答 (4件)

住民基本台帳法及び民法によると、「生活の本拠」に住所をおくことになっています。

文面からは「彼の実家」は生活の本拠とは言えないようですので、今のままでよろしいかと存知ます。

蛇足ですが、ほとんどの郵便物は、郵便局の転居届で転送されます。
うまく活用すれば、スムーズに新居への移行ができると思います。
    • good
    • 0

「彼の実家」は実質的な住所じゃないから、決めてからでかまわないでしょう。


法律では「生活の根拠とするところにおかなければならない」ことになっている↓そうで、「籍」がどうこうは関係ない。
どうせ新居に手続きしなくちゃならないのに、何度もやるのは面倒でしょう。すくなくとも「彼の実家」に住民票を置かねばならない規則はありません。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=164479
    • good
    • 0

悩むことはないでしょう。

入籍を済ませているならあなたの本拠地は彼の家です。
但し、仕事の都合上、半年間は職場に近い実家から通う、こう考えれば大部分の問題は解決するのでは。残る問題は郵便と会社や友人知人への週日の連絡先(電話)を明確にすればいいでしょう。郵便は半年間は両方で受け取ることになるでしょうが、終末に彼の実家に行くのであれば大きな不便はないと思います。
    • good
    • 0

今のままで不都合がないのなら、新居を決めてからでよいのでは?住所変更と言っても、それに追随して免許の更新、その他の届け、そして住民票を移せば市役所の方での市民税などの請求送付先も自動的に変わるはずですし、それが度重なると何かのトラブルになりかねないかも・・・私なら出来るだけ少ない回数で治まるように進めるかな。



ただ法律的にその辺、不都合がないのかどうか、わからないので「自信なし」です(^^; 私が時分の家じゃないところに一年以上住んでいたとき(部屋は保有したまま彼の部屋で同棲していた)時は、会社への報告義務が発生するのがよろしくなかったので、変更せずにそのままで問題なかったですけど・・・大丈夫だったのかな(笑)?まぁ実際は、その部屋にも戻っていたので・・・住んでなかったわけじゃないのですが・・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q来年入籍予定・新居の間取りなど☆

来年11月に入籍予定の女24才です。

入籍日は決めていて、引っ越し時期もだいたい8月頃から部屋探しをして10月までには彼と一緒に生活をスタートさせたいと考えています。

そこで、現在の私たちの収入・支出で部屋を借りるには家賃いくら位がいいか、間取りはどの位がいいかお知恵をお借りしたいと思い質問しました。

(手取り金額)
彼 給料 約22万 ボーナス夏冬合計 約50万
私 給料 約13万 ボーナス夏冬合計 約30万
____________________________
月合計  約35万

(食費など以外で必ず出費するも)
彼 実家へ 6万(入籍後半年ほど続けるかもなので)
  返済  2万(入籍後約1年で終了)
私 実家の車の駐車場代+実家の車の保険代(入籍後名義変更で0になるかも)
      2.5万
_____________________________
月合計  約10.5万

上記、出費項目は入籍後1年以内でなくなると思います。
この場合、賃貸物件の家賃と新婚生活での間取りはどのくらいがいいでしょうか?

ちなみに、彼は友人が多いので友人を招いてごはんなどが多いと思います。
もしかしたら、友人が酔いつぶれてなどで泊まることもあると思います。
子供はちょっきり入籍1年後に挙式をしたいと思っているので当分いないと思いますが30歳までには1人はほしいと思っています。
マイホームは35歳以降に考えれたらなと思っています。

よろしくアドバイスお願いします。

来年11月に入籍予定の女24才です。

入籍日は決めていて、引っ越し時期もだいたい8月頃から部屋探しをして10月までには彼と一緒に生活をスタートさせたいと考えています。

そこで、現在の私たちの収入・支出で部屋を借りるには家賃いくら位がいいか、間取りはどの位がいいかお知恵をお借りしたいと思い質問しました。

(手取り金額)
彼 給料 約22万 ボーナス夏冬合計 約50万
私 給料 約13万 ボーナス夏冬合計 約30万
___________________________...続きを読む

Aベストアンサー

私達とほぼ同じ収入なので参考までに・・・。

今現在、家賃+駐車場2台→77,000円の3DKのマンションに住んでます。
が、60,000円ぐらいにしておけばよかったと後悔してます。
なぜなら近いうち(子供が出来たらすぐ、出来なくても1年~2年の間)に車を買い替えるのと、あとは家を買う為の頭金がいるからです。
妊娠しても働き、産後も働く予定ですが、旦那だけのお給料で2~3万ぐらいの貯金が出来る生活にしておけばよかったと後悔です。

>ちなみに、彼は友人が多いので友人を招いてごはんなどが多いと思います。
>もしかしたら、友人が酔いつぶれてなどで泊まることもあると思います。
ここも同じで我が家には友人がよく遊びに来て飲み会もよくします。
そのあたりを考慮して3DK(六畳和室×2・六畳洋室・六畳DK)にしました。2つの和室の襖をとって十二畳の居間(リビング)として使い、洋室は寝室にしてます。畳十二畳の部屋って結構広く感じますし、友人が8人ぐらい来ても全然大丈夫です。3DKお勧めです★

Q週末婚とは?

昔、週末婚というのを聞きました。
旦那は拘束時間の長い仕事で家事に協力出来ないけど、貯蓄を増やす為にしっかり働きたい場合。
週末婚がおすすめですか?


旦那が一人暮らしで私は実家に住んで子供は実家の校区に通う。
で週末には家族集合、旦那、私、子供で過ごす。



こういうのが週末婚?
私は実家に住むか?実家の近くに一人暮らしするとか?(隣はアパートです)

Aベストアンサー

別居婚ってのは昔からあったわけで、最初夫婦は一緒に住んでいるけど、夫が転勤になり、家を建てていたり子供の学校などから夫だけ単身赴任していくのが一般的、妻が働いていなくてもです。
逆にいうと、妻が働いておらず、家が賃貸で子供がいないのであれば、絶対についていくのが「普通」だったわけです。
1990年代後半くらいまでって、女が働くといっても医師や弁護士などの専門職や教師にでもなっていないと結婚や出産しても仕事を続けるって人はなかなかいませんでした。
それが事実上できるようになった、当たり前のようにするようになったのってこの頃からじゃないかと思います。
で、夫が転勤になってしまった時に、持ち家も子供もいないのについていかない選択をする場合や結婚時遠距離であっても、自身の仕事があるからと夫のいるもとに行かない選択をし、週末だけ夫婦としての生活をするのが「週末婚」です。

それをするには、妻の仕事で得る収入や職位が夫と同等以上じゃないと経済的には難しいでしょうね。
二重生活の生活費と行き来するのにかかる旅費、外食も増えますし、普通の家庭生活よりお金がかかるでしょうから。
どちらかの家賃が会社から社宅費としてでて、帰宅旅費なども月1回でる、仕事柄外食が多くなどですと、別居婚であってもさほどの出費はないかもしれません。
妻の方が年収300万程度じゃなく、男並みの収入が得ているとそれを手放すはもったいないです。
実際、お金が必要となってくるのは子供が高校生以上になってからだったりしますが、そうなってからそれまで家にいた主婦が働きに出ても時給1000円以下のパートしかありません。
先のことまで考えると、損ではないです。

夫の転勤やもともと遠距離であっても、結婚して常に一緒にいないことを選択するということです。
お金はかかりますが、それ以上に妻に収入がある場合ですね。

しかしながら、ずっと週末婚ってわけには行かないでしょう。
単身赴任で行ってもらえれば帰ってこれる見込みがあるなどの場合でしょうね。

ということで、質問者様が専門職だったり年収500万以上稼げているのであれば、週末婚という生活形態を維持することは可能です。
それ以下だったら、ほとんど無理だと思われ、大人しく夫についていってください。

おっと、愛情に関しては別問題ですからね。
週末婚だからといって、破たんするものでもないです。
年中一緒に居たって家庭が崩壊している家もありますから。
別居している=浮気し放題かどうかも、それぞれです。

別居婚ってのは昔からあったわけで、最初夫婦は一緒に住んでいるけど、夫が転勤になり、家を建てていたり子供の学校などから夫だけ単身赴任していくのが一般的、妻が働いていなくてもです。
逆にいうと、妻が働いておらず、家が賃貸で子供がいないのであれば、絶対についていくのが「普通」だったわけです。
1990年代後半くらいまでって、女が働くといっても医師や弁護士などの専門職や教師にでもなっていないと結婚や出産しても仕事を続けるって人はなかなかいませんでした。
それが事実上できるようになった、当...続きを読む

Q法律上、入籍前に預金したお金は入籍後も自分のお金だけど、入籍後に得たお

法律上、入籍前に預金したお金は入籍後も自分のお金だけど、入籍後に得たお金は2人の共有財産となるということを知りました。そこで質問ですが、例えば、入籍直後に自分の親が今後のたしにしなさい、と30万円を渡してくれた場合、入籍後に貰ったお金なので2人の共有財産ということになるのでしょうか?それとも、自分の親が私のために用意してくれたお金なので、私のお金(財産)ということになるのでしょうか?
詳しい方がいらっしゃいましたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 今後のたしにしなさい

何の足しにということを考えると、生活の足しに、と考えるのが一番妥当ではないかと思います。生活の足しにということであれば、共有財産ということになるのではないでしょうか。

例えばこれが、「もっていきなさい」と渡されたのであれば、あなた自身への贈与と解釈できるので、特有財産ということになると思います。

Q入籍したことをしばらく隠しておきたいのですが。

来月、同じ職場の女性と入籍しようと思っています。結婚式などはせず婚姻届を市役所に提出するだけです。彼女は派遣社員であと半年で仕事を辞めますが、それまでの間、できれば入籍したことを職場の誰にも報告せずにいたいのです。戸籍上は彼女の苗字が変わることになりますが、今の苗字のままで、入籍したことを伏せて働くことは、何か法律上問題がありますか?なお、住所は入籍後も、お互いに今の住所のまま変更ありません。

Aベストアンサー

隠すなら彼女が仕事をやめるまで待ってればいいと思いますよ。
問題は税金関係ですね 結婚し姓が変わっても便宜上旧姓を名乗る人って結構多いですよ。

Q入籍予定、新居を構えたら義両親を招待するもの・・・?

今月入籍を控えています。
昨年結婚が決まり、私達の望む条件をかなえてくれる物件があり、彼の職場にも非常に近いことから一足早く4月から二人で生活を始めました。
(職場まで彼の実家からだと1時間半、新居からだと20分、また新居は彼の実家から車で1時間強、私の実家から車で10分です)
このように新居を構えた場合、彼の両親をこちらから新居にご招待するべきでしょうか?

先日彼の荷物を取りに伺った時「一度遊びに行きたいから電車でここまで迎えに来て。それで車に乗せていってよ、道が分かったら帰りは運転して帰るし、次からは自分で行くからね」と義両親に言われました。
義母からは半月に1回のペースで私に電話があるのですが、その度に彼の前では絶対言わないようなキツイことを言われて心が乱れてしまうし、彼も義両親をひどく敬遠しているので、今後深くお付き合いをするつもりはないということで意見は一致しています。できたら会いたくないのに迎えに行ってまで来てもらわなくちゃならないなんて…なんだか不安で一杯です。
でもやっぱり、これって当たり前のことなんでしょうか?
私の両親にはもっと早くからご招待しないの?と言われていました(ちなみに私の両親は荷物を運ぶ手伝いの際に新居に入っています)。やはりご招待するのが一般的で私が非常識なだけなのでしょうか?
みなさんのご意見をお聞かせ下さい。よろしくお願い致します。

今月入籍を控えています。
昨年結婚が決まり、私達の望む条件をかなえてくれる物件があり、彼の職場にも非常に近いことから一足早く4月から二人で生活を始めました。
(職場まで彼の実家からだと1時間半、新居からだと20分、また新居は彼の実家から車で1時間強、私の実家から車で10分です)
このように新居を構えた場合、彼の両親をこちらから新居にご招待するべきでしょうか?

先日彼の荷物を取りに伺った時「一度遊びに行きたいから電車でここまで迎えに来て。それで車に乗せていってよ、道が分かったら帰...続きを読む

Aベストアンサー

普通一般では、新居かまえた夫婦は両方の親たちを一度は招待する。当たり前だと思います。親としても、自分の息子たちがどんな所でどんな住まいに住むのか知りたいと言う気持ちもあるでしょうし、アラを探す目的ばかりでもないでしょう。
まあ嫌な事でも、すべきことは一応しておくのがいいと思いますよ。他の方も書かれていますが、すべきことはイヤでもしておくと、自分が強くいられます。

とりあえず、耳に辛い事を言われたらマジメにスルー。
そうですね~。できる時に~。(旦那さまに)言っておきます~。聞いておきます~。なかなかね~。できたらいいんですけどね~。
…みたいに、スルーです。ちゃんとマジメに聞いていますよの態度で。こちらが正論だからと言い返すのは無駄です。とりあえず相手を肯定、はいはいと、でも耳で聞くだけで行動では聞き入れない(笑)
嫁・姑っていろいろあるようですが、がんばってくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報