【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

 大学生です。大学でトレードオフの概念について教えてもらいました。
 考えたのですが、経済学の前提がトレードオフであるならば「誰かが幸せになれば誰かが不幸になる。」という考えが思い浮かびました。
 そこで戦前の大恐慌や90年代のバブル崩壊時に多くの人が損をしたということについては裏を返すと、少ない人が大もうけしたと考えてよいのでしょうか?
 また儲けた人がいたのであればどのような人が儲けたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

双曲線上というのは,マクロ的な話で,


もちろん,個人であれば,ミクロ的に直線状でもトレードオフは成立します.
ここでの議論は,国全体での議論なので,その直線をすべて加重平均して∞まで足すと,双曲線の形に近づきます.

B=X+Yですから,B=1000円であれば,
Xを600円で使い果たせば,Yは400円分しかのこりません.
Xを増やせば,Yは減る.逆も然り.

パイが少なくなるのは,そのBが500円となる場合です.不況でボーナスが減ったりした場合でしょう.

パイが少なくなるのは,付加価値を踏み出せなくなったからです.すなわち,作ったものが売れないからです.企業の収益が減ると,将来収益の指標である株価は下がります.さらに,倒産すれば,株価はゼロになります.有から無とはこういうことでしょう.
ゼロになれば,企業に勤めていたひとは,失業し,株を購入していた人は損をし,企業からの所得はマクロ経済から消え,本来その所得で消費をしようとしていたお店の売り上げは減ります.
もちろん,誰かは不況に乗じて得をしていることは当たり前ですが,それは少なくなったパイを奪い合っただけの話というわけです.
質問者さんの損をしたひとの分だけ,だれかが得をしているわけではないのです.

無から有は,マクロ経済学で考えれば,付加価値の創造ですから,説明することもないでしょう.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ミクロとマクロの話を混同してしまっていたようです。今回、質問したおかげで少しは経済に詳しくなったような気がします。

お礼日時:2006/05/11 06:19

#1です。



経済学的トレードオフの概念ですが、
n財モデルでのトレードオフは
各種制約線上での外生変数の組み合わせです。

ということは
A=Y/Xだけではなく、

需要量を算出するために用いる
Y=P1・X1+P2・X2+…+Pn・Xn
※Y…所得、Pn…第n財の価格、Xn…第n財の数量
という予算制約線の場合だと、
n次元ですが、直線になりますし、
1次同次の生産可能曲線
Y=rK^α+wL^(1-α)
※Y…生産量、r…レンタルプライス、K…資本量、w…賃金、L…労働量、α…同次係数
は、原点に対して凹な曲線となります。

上記のようにいろいろな形状の曲線ですが、
左辺(内生変数)の値を変えないように右辺(外生変数)の組み合わせを変えることを、
トレードオフと呼びます。

つぎに、景気についての話です。
用語として、好景気、不景気、恐慌というものがありますが、
意味として、
好景気…社会全体の経済状態が良好で、取引が盛んに行われ、金まわりがよいこと。景気がよいこと。好況。
不景気…社会全体の経済状態に活気がないこと。景気が悪いこと。また、そのさま。不況。
恐慌…景気変動の後退局面で、需要の急速な低下、商品の過剰、物価の下落、信用関係麻痺(まひ)、企業倒産、失業が急激かつ大規模に生じ、一時的に経済活動全体が麻痺すること。経済恐慌。パニック。

つまり、景気とは社会全体の経済活動の水準の良し悪しのことです。
不景気だろうと、恐慌だろうと、経済活動が行われているので、
トレードオフは発生します。
だから、もうけている人もいれば、もうけない人もいるということです。

景気変動の大きい経済活動地域(国・地域)で好景気時に儲けを出して、
不景気になる前に景気変動の小さい経済活動地域に移動し、
儲けをそのまま、保持した人という意味で、
私は大橋巨泉を挙げたのですが、
正直、トレードオフとはあまり関係ないと思います。
    • good
    • 0

なにか誤解していませんか?


トレードオフは,双曲線上の話で,つまり,A=X/Yで,Aが一定の話です.Xが増えれば,トレードオフで,Yが低下するという単純な話です.

大恐慌やリセッション時で,なぜ問題であるかは,パイが少なくなるからです.つまり,Aが小さくなるからです.少なくなったパイを奪い合うのですが,それは,好況時やバブル期と変わりはないです.
いま,経済が回復基調にあると言われますが,小泉改革で所得格差が増幅してきたと言われてますね.
それは,そのAが増加基調でありつつ,Xの勝ち組が,Yの負け組みの取り分を奪っているということですから,不況とか大恐慌とか関係ないのは,お分かりでしょうか?

大恐慌などが問題であるのは,本来得られたであろう富がみな消えることです.
一見,得したであろう人も,本来ならばもっと得たであろう富をなくしてるわけですから,損しているんです(機会費用).

株価が大暴落するときに,空売りで利益をうることはできますが,この儲けた人がいるから,だれかが,損しているという単純な話ではないですよね.

ちなみに,それに関連して,先物市場は,直物取引で需要と供給が一致していないから,その超過需要や超過供給を,投機家が儲けることができると思って仕掛けているだけです.この人たちが儲かったからといって,誰かが損しているわけではありません.
もっと,勉強しましょう.

この回答への補足

回答ありがとうございます。勉強不足を重々承知で、改めて質問させていただきたいのですが、私が習った授業ではy=-x+b
y=服 x=CD b=所持金(定数)

という設定で、所持金を限度まで使うとき(直線上のとき)は服を一単位多く買うとCDを一単位あきらめなければならないというふうに習ったので、」つまり何かを得る(誰かが得をする)ためには何かを失う(誰かが損をする)というような考えがひらめいたのですがこの考えだとトレードオフの式は双曲線にはならないと思うんですが、この考えは間違っているのでしょうか?

それから
>大恐慌やリセッション時で,なぜ問題であるかは,パイ が少なくなるからです

と書かれていますが、パイが少なくなるということは有→無が発生するような感じがして納得があまりいきません。もしそうであるならば、パイが大きくなるときは無→有が発生するということになるのでしょうか?もう一度、詳しく教えていただければ幸いです。

補足日時:2006/05/09 23:33
    • good
    • 2

動乱期に、大もうけをする人は必ずいます。



日本では、西武グループの堤 康次郎氏が有名でしょう。
彼は関東大震災の後に東京の土地を買い始め、太平洋戦争中も、自宅に防空壕を掘り空襲中に土地を買いあさって、グループの基礎を固めたそうです。
また戦後の混乱期も皇室が放出した土地を買って、ホテルを建てました。

またバブルが弾けた後、一番得をしたのは海外のファンドと、そのお金を運用できる日本人です。日本の株はポテンシャルがあるのに、バブルの崩壊で不当に低く見積もられているということに目をつけた人々(つまりあの時期に、日本の将来性に疑問を抱かなかった人々)がその後、大きな利益を手にしました。

リスクが大きいものは、成功すればリターンが大きいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。西武グループの堤帝国についてはお金に対する執着心に驚かされるばかりです。堤康次郎氏が国会議員で議長まで務めた人であることを考えると、政治とカネは切っても切れない関係なんだと思いました。

お礼日時:2006/05/09 23:32

参考になるかわかりませんが。


「戦前の大恐慌や90年代のバブル崩壊時」にすべての投資家が損をしたと考えられるでしょうか?

しかしまあ、奇妙なものですね。
貨幣形態は、社会的に認められた債権・債務の、たとえば、国債のように、損と得を市場化できるのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私も実態が存在しないデリバティブ取引等の金融商品に一種の奇妙さを感じます。まあ、あまり詳しくないからだとも思いますが…。

お礼日時:2006/05/09 23:27

http://www.uraken.net/rekishi/reki-ame03.html

上記のHPでも触れられていますが、大恐慌後のニューディール政策の中核の1つに"失業救済"が含まれています。

 そして、自明の事とは言え、救済するからには対象者数etcの精確な数値の迅速な把握が必要であり、その時、大活躍した機器の1つに"パンチカード"が含まれるのです。

 当時のパンチカードに携わっていたCTRなる会社があった訳ですが、この会社こそ(PCの普及で影が薄れた感があるにせよ)一時期コンピューターの代名詞とすらなっていた、IBMの前身なのです。

 ですから、大恐慌後の政策を商機として掴み、ハイテク(IT)企業の雄として、存立し続けている・・と考えを及ばすなら、IBMも(その草創期とは言え)大恐慌の恩恵を受けた、と言う解釈も成立つ気がしますけど、如何なものでしょうか?

参考URL:http://www.-06.ibm.com/jp/ibm/enkaku.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。IBMが大恐慌時に急成長した企業とは知りませんでした。現在はIT関連の企業ではあるみたいですが、始めは身近な機器を取り扱っていたんですね。

お礼日時:2006/05/09 23:22

大恐慌や、バブル崩壊時に何が起きたかを考えてください。



答えは「貨幣価値・市場価格が下がった」です。

ということは、
「貨幣価値・市場価格が下がる」前に
売り抜けた人だけが、もうけたということです。

バブル崩壊時だったら、
大橋巨泉みたいな人でしょう…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。バブル崩壊時はまだ小さく、どんな状況であったかはわからなかったので回答、参考になりました。

お礼日時:2006/05/09 23:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバブル崩壊後も儲けた人はいるのか

バブルで損した人は多くいますが、逆に儲け続けた人もいるんでしょうか?儲け続けた人がいるならどのようなことで儲けてたのか知りたいです。

Aベストアンサー

リップルウッドに代表される外国投資ファンドですね。

バブル崩壊で安くなった、銀行(長銀→新生銀行、日債銀→あおぞら銀行)や
リゾート施設などを買い、それを再建して(あるいは再建せずに整理して)、
高く売りました。

彼らがハゲタカファンドと呼ばれる所以ですが、彼らが再建しなければずっと
不良債権であり続けたので、間接的に日本のためになっていると私は思います。

現在でも、安くなったゴルフ場を買い、それを利益が出るように改善して
かなりの利益を出しているそうです。

国内でも批判の多い外国投資ファンドですが、リスクにかかんに挑戦し、成功
する姿勢だけは評価できると思います。
とかくリスクを回避し安全な道しか選ばない金融業界に、大きな刺激を与えて
きましたし、彼らの存在ゆえに、日本の企業再生ビジネスが育ってきている
と思います。

Qバブル崩壊を見抜いていた人はいないのでしょうか

毎度の事ですが「バブル以前に土地を買い込んだ負債が膨れ上がってとんでもない額に…」と、胃が痛くなるような話がテレビで放映されていました。

そこで疑問ですが…バブルが崩壊する前に、この現象を見抜いていた学者や評論家やシンクタンクみたいな、組織や人はいなかったのでしょうか?資本をつぎ込む者達に、警笛を鳴らすような行為はなかったのでしょうか。

経済入門の本を手にとってみると「バブル期に"このままではやがて崩壊する"と言っても誰も聞き入れようとしない」と書かれていましたが…銀行という組織すらあまり考えなかったそうですが…

地価が上がりすぎている事に、
警笛を鳴らしていた人や組織はなかったのでしょうか。

小さい事件ですが、マスメディアや自民党が持ち上げたライブドアが虚業であることを認識している人は、評論家はもちろんのこと知人にも冷静な投資家がいました。バブル崩壊前に冷静な人はいなかったのでしょうか。

Aベストアンサー

私の以前のバブルについての質問の解答です。

>私の身近でも、結構いましたよ、バブル崩壊予想は。
 
 ただ、評論家・出版社などは、バブルの最中に「バブル崩壊」という本と「今儲かる株」という本を出せば、どちらが売れるかは明らか。

 それに、バブルの崩壊は必ず来るが、いつかが分からない。その直前に売り抜けるのが一番儲かるのも事実。崩壊がくると分かっていて失敗した人も相当数いました。

 最悪は、日銀・政府ですね。公定歩合をもっと早く徐々に上げていればバブルは起きなかった。
 円高不況対策として低金利にして、マネーサプライを増加させたが、不況が終わっても、金利を上げなかった。これが最大の原因。グリーンスパンさんがこまめに金利を上下させるのとは大違いだった。

 金利を上げなかった理由は、財政再建。1985年当時でさえ、国債発行が多すぎるのが問題となり、行政改革・財政改革が必要で道路・ダムなどの投資は無駄が多すぎると言われた。
 ところがバブルで税収が急増。政府は大喜び。国債発行額と国債償還額がつりあったので、なんら行財政改革もしないのに、大蔵省(懐かしい名前ですね)は財政健全化終了と言った。国会でも地元利益誘導したいから、議員さんは誰も突っ込まなかった。国民もお金が回るからバブル歓迎。
 
「バブルは駄目だとみんな言うが、おれはバブルが良かったと思う。」と言った友人が居ました。バブルは、1・2年の良い時期と崩壊・その後の5年以上の悪い時期がセットになってるんですが、1体の現象と実感できない人が多いかもしれません。前半の良い時期だけなら、誰も悪いとは言いません。

 アメリカはクリントン政権の終わりに税収が伸びたとき、国債残高の絶対量を大幅に減らした。ここも日米の違いが出ています。

 バブル崩壊のときも、一度二度の公定歩合の引き上げには、株式市場は反応を示さず上がり続けました。 そろそろ、誰が高値で買った株を最後に持つことになるか、ババ抜き状態に入っています。(日銀が金利を上げるものとして。)
 最後にババを抜いてもらっって身軽になった人の儲けが一番大きいのは、いつも一緒です。
 ギリギリまで持って、リスクの大きい儲けを狙うか否か、そんな状況です。

 平成5年12月の回答

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1829759

私の以前のバブルについての質問の解答です。

>私の身近でも、結構いましたよ、バブル崩壊予想は。
 
 ただ、評論家・出版社などは、バブルの最中に「バブル崩壊」という本と「今儲かる株」という本を出せば、どちらが売れるかは明らか。

 それに、バブルの崩壊は必ず来るが、いつかが分からない。その直前に売り抜けるのが一番儲かるのも事実。崩壊がくると分かっていて失敗した人も相当数いました。

 最悪は、日銀・政府ですね。公定歩合をもっと早く徐々に上げていればバブルは起きなかった。
...続きを読む

Q今回の恐慌下で儲かる商売とは?

今回のような、金融危機恐慌+円高の状況下でも
景気の良い業界や職種や商法は存在すると思うのですが、
身の回りや、些細な事からでも構いません景気が良い
または、景気がよくなるかもと予想される業界や職種や商法
があれば、その理由なども含め教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

景気が悪くなる
(1)
弁護士。
単純に会社が傾く
会社更生法、民事再生法、破産法を使う会社がやたらに増える
この手続きは弁護士(こういったことを得意とする弁護士は少ない)
がやる。弁護士に依頼が殺到。ほら、儲かる!
ちなみに1社当たり零細でも100万、これがゴルフ場などだったら
1000万は報酬を取る。言い値みたいなもん。
民事再生や会社更生なら存続するからそのまま顧問でしばらく面倒見るので月々の顧問料も入る。

(2)
霊媒師
よく、○○教などといって立派なお寺のようなものを持って
「方角(一種の占い)」を見る人がいるところがある。
どんな悩みでも相談に乗り霊的な解決策を言ってくれるところがある。
そこの霊媒師。
子供のころバーちゃんに連れられていったことがあるが
そのときでさえ朝6時から列を作って並んでいた。
今、会社の相談やら、借金の相談でごった返しているそうである。

仏壇に蝋燭が上がっていない。蝋燭の日は「知」で
花は「慈愛」を意味する。あなたの家には「知」がない
帰ったらこのお札と一緒に蝋燭に火を入れておきなさい。
「知」が現状を救ってくれる。
とかいっちゃって1万円ふんだくるイタコのようなオバちゃんたちだ!
一人15分、一時間で4人。6時間やっても24人
つまり1日24万円。20日計算でも480万円になる。
すんげー!

(3)
農業
とはいえ今すぐではないがこれからの商売である。
農業人口わずか224万人、人口の2パーセントしかいない
それもほとんどは高齢者。
また、耕作放棄地(畑なのに何も作っていないところ)
も昨年38万ヘクタール(埼玉県と同じ面積)ある。
それは当たり前、年々農業就労人口が減り高齢者になるのだから。
わずかな農業人口で日本の自給率40パーセントを補っている。
これを保とうと思ったら今が限界。
これ以上農業従事者が少なくなると自給率は下がる。
しかし!国策として自給率を上げようとしている。

ならば作れば売れる!
しかし作ってるだけでは今までと同じ収入しか得られない。
生産+加工+販売+サービス
まですれば儲かる。

有機無農薬トマトを作る→無添加ケチャップを作る→
無農薬野菜八百屋を作ってそこで売る+インターネットでも売る
→定期的に買ってくれたお客さんにDMを出して新しい情報を提供する。
で、ビルは建ちます。

(4)
詐欺師
こう世知辛いと欲の皮突っ張ったやつが増える。
歴史的に不景気になるとだまされるやつは多くなるのは
確かである。
儲け話に乗ってくる。
簡単に引っかかる。

例えばあなたもこういわれたらやる気になるかも?

「素人でも簡単!三連単はこうして獲る! 
過去400レースのデータで実証済み!
お手元のわずか12万で、年間450万の配当が手にできる!
最高2600万まで稼げます!」

本当に実証済みで、あなたもそれを実際のデータで確かめて本当だったらほしくなるのでは?
実はこれ、ちゃんと実証はできる。
やってみると確かに12万あれば
毎回同じ買い方で過去400レースやると最低450万稼げ「た」。

ここで何が詐欺かというと・・・
今まではそうだったかもしれないけど
これから先は当たるかなんてことはわからない。
つまり今まで的中した馬券の「ある買い方」を最大公約数で
くくると450万儲かっている。
逆を言うと、儲かるように買い方を選んだのだから当然儲かる(った)。

オカネのない人はこの方法を3万円で買ってしまう。
だって実証済みで確かに儲かっているんだから。
しかも400レースもやって儲かるなら
これからも儲かるだろうと思うのが人情?
こんな簡単な詐欺でさえ欲の皮突っ張ってると引っかかる。

当たれば詐欺でないかも知れないが、この後400レースやると
データは違ってくる。つまりはずれるということ。

(実はこれ、私が学生のころ(やはり不景気のとき)友人と二人で、当時は3連単はなかったが、この情報を馬券売り場に通じる駅前で売って年間アルバイト代をわずか1週間で稼いだ方法である。・・・もう時効だよね?)

まぁそればかりではないが、全般的に詐欺師はこの時期儲かる。
ただし、つかまってしまえばやらない方がよかったとなる。

(5)
リサイクルショップ
そもそも中古商売は儲かる。
ほとんど価値のないものを、あるいは二束三文で買ってきたものを
高く売る。粗利はでかい。
さて利用数はというと不景気下では間違いなく増える。
新品は高い、ならば中古、という考えは凡人は当然考えてしまう。

また、仕入れも不景気下では安くできる。
不要物を引き取ってもらいたい方は少しでもお金になれば・・
とおもってリサイクルショップに持ちこむ。
お金に困ってるやつが多いんだから持ち込みも多くなる。
オカネに困ってるんだから足元見て普段より低い値段で引き取ると
言っても承諾する。

買う人も増えるし、仕入の品数も安く多く仕入れられる。
儲かる!

でも実はこれ、買う方は絶対に損!
経済学をきちんと勉強した人なら絶対に中古は買わない。
(一時使うだけなら買うかもしれないが)

仕組みは簡単。
新品100円の原価のものを140円で販売される。
売った方は40円の儲け、買ったほうは40円を乗せて
買っている。
そのまま使い切れば140円分の消費。
ところが中古でこれが再販されると
20円までなったところで(120円分使ったところで)
再度70円で売られる。
すると50円上乗せされたことになる。
本来140円分しか払わなくていいものを
50円上乗せして使うことになる。
品代としては190円払ってしまったことになる。

最初のユーザーは
140円払って140円使った(120円使って20円で下取りさせた)のだから損はない。
本来そのものは0円になったはず。
ところが再利用者は50円さらに負担している。
これは0円のものを50円で買ったことになる。

簡単に言えば、100円の原価のもので
2つのお店の人を食わせることになるんだから
絶対損!

私も、とある機械の中古販売もしているが、これはおいしい!
その機械はそこに1台しかないわけだからいくらでも吊り上げられる。
また、中古だから必ず修理サイクルが早くなる、持ち込んでくる、
修理代でまた儲かる。中古機械は売った金額と同額を修理で取れる。
つまり2台売ったのと同じ、しかもばかっ高く!

ただし、ウチのこの機械の利用者は特定の業者だけとなり今不景気なので減っている。その分ほしい人には高く売っているので
減収はない。

しかし、不特定多数、不特定商品を相手のリサイクルショップなら
利用者、弾数ともに増え増収間違いなし!

あとは・・・
安物市場は調子いいのでは?
ユニクロも好調というし(デパートで買っていた人が流れている)

さらには昔ながらの商品?
弁当箱とか水筒とか?(サラリーマンが外食を控え弁当持っていくようになる)
湯たんぽも売れる、電気毛布やコタツは電気代がかかる。
景気回復せず夏を迎えれば涼しい商品や場所が儲かるはず。

そうそう!問題は夏。
夏は売るもんがない!
冬の寒さは我慢できないから
暖房器具や服は必要があって売れるが
夏は暑いのを我慢すればそれですむ。
しかも今年は不景気でクーラーをあまりかけない。
すると外は若干涼しくなる。なおのこと我慢できるようになる。

まぁ、夏ならゴザとか・・風鈴とか・・

それから、考えるときはまず儲からなくなるものを考える。
しかも生活で必要なもの。

じゃ、その代わりをどうするの?と考えるとおのずと
儲かるものが見えてくる。

自動車が売れなくなる・・じゃ移動するときどうするの?
自転車があるじゃん!で、自転車屋が儲かる。

不景気とはあまり関係ないが
これからの商売としてはなんといっても葬儀屋!
いっぱいるぞお年寄り。

関係筋としては
環境、グリーン、エネルギーの3つ。
今からユアサバッテリーの株を100万円買っておけば
10~15年後には億金持ち!間違いない!

俺、詐欺師だからほんとかどうかは自己責任でお願いします。

景気が悪くなる
(1)
弁護士。
単純に会社が傾く
会社更生法、民事再生法、破産法を使う会社がやたらに増える
この手続きは弁護士(こういったことを得意とする弁護士は少ない)
がやる。弁護士に依頼が殺到。ほら、儲かる!
ちなみに1社当たり零細でも100万、これがゴルフ場などだったら
1000万は報酬を取る。言い値みたいなもん。
民事再生や会社更生なら存続するからそのまま顧問でしばらく面倒見るので月々の顧問料も入る。

(2)
霊媒師
よく、○○教などといって立派なお寺のようなものを持...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。


人気Q&Aランキング