OSは「XPHEsp1」、
スキルレベルは、当サイトでどうにか質問できる程度です。

実は、受信トレイに未読メールがある「OE」を
DVD/CD-ROM(D:)に移した後に、元に戻そうとしたのですが、
誤操作を重ねたために、
その「OE」は、現在、C:\WINDOWS\Outlook Express\Outlook Express
にあります。

ですが、拡張子「.eml」が「.dbx」に変わっていて、
関連付けアプリの一覧から選んだアプリでは開けないので、
Webで検索したアプリにもトライしてみたのですが、
上手くいきません。

「.dbx」ファイルを開くことのできる
使い勝手のよいアプリがあれば
教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 dbxはOutlook Expressのメールデータです。


 OEのインポート機能を使えば、OEで読めるようになります。

[ファイル]→[インポート]→[メッセージ]

で表示されるダイアログで、そのファイルがあるフォルダを指定してください。

http://www.aviva.co.jp/azbyclub/tokushu/tokushu3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。

ご案内の通り、難なく復旧できました。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/29 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC:\WINDOWS\ServicePackFiles\i386\○○.wav

C:\WINDOWS\ServicePackFiles\i386\○○.wav

というwaveファイルが大量にありますが、waveファイルのみ消しても大丈夫ですか?

ついでに
C:\WINDOWS\Help\SBSI\Training\WXPPer\Content\Wave\○○.wav
も大量にあるので削除したいのですが、エラーとかなりませんか?

ほかにも削除しても大丈夫(エラーや起動不能などにならない)なファイルを教えてください。

LX50RKを使用してます。

Aベストアンサー

WAVファイルを削除したところで音が出なくなるだけですが、基本的にWindowsフォルダ内は触らないようにして下さい。
空き容量が足りないのであれば他の手段を考えて下さい。

Q「\x3C\x42\x52\x3E\x3C\x42\...」等の謎の文字

あるサイトのソースを閲覧していたところ、「<script language="javascript">document.write(unescape("\x3C\x42\x52\x3E...」で始まり「...x52\x3E\x3C\x42\x52\x3E"));</script>」で終わる謎の文字列を発見いたしました。
この「\x3C」「\x42」などはひとつひとつ意味があるのでしょうか?返信お願いします。<(_ _)>

Aベストアンサー

例えば、
アドレスバーで
javascript:void(alert(unescape("\x3C\x42\x52\x3E")))
と入力してみると、
件の部分は"<BR>"であったとわかります。

Qdbxファイルは有るのですが、outlook express6にインポ

dbxファイルは有るのですが、outlook express6にインポートできません。

・・・この手のトラブルは多々あるようで、関連サイトも一通り読み、ためしてみたのですが、どうにもうまくいきまえん。

もしかしたら自分のケースが特殊かなと思うのは、
保存した時に使っていたメールソフトと、新しくインストールしたメールソフトは別のものだということです。

状況としては、
あるパソコンを、リカバリしました。
その前にdbxファイルを保存しておきました。
現在、このdbxファイルは、デスクトップ上にあります。
デスクトップ上にあるからだめなのかと思い、identities → outlookのファイルの中に、コピーもしてみました。

それでも、反映されませんでした。。。


上手くいかなかった方法は、
「ファイル」→「インポート」→「メッセージ」→「outlookexpress6」→・・・そして、dbxファイルが保存されているフォルダを選択しました。「全てインポート」を選び実行しました。

「インポートが完了しました」といったメッセージが出るのですが、
メールソフトには全く反映されていません。

どなたか、アドバイスを頂ければありがたいです。
よろしくお願いいたします!

dbxファイルは有るのですが、outlook express6にインポートできません。

・・・この手のトラブルは多々あるようで、関連サイトも一通り読み、ためしてみたのですが、どうにもうまくいきまえん。

もしかしたら自分のケースが特殊かなと思うのは、
保存した時に使っていたメールソフトと、新しくインストールしたメールソフトは別のものだということです。

状況としては、
あるパソコンを、リカバリしました。
その前にdbxファイルを保存しておきました。
現在、このdbxファイルは、デスクトップ上にあります。
...続きを読む

Aベストアンサー

インポートの対象とされたフォルダに、各トレイのdbxファイル以外に、Folders.dbxファイル(一緒に使用していたもの)がないとインポートでは不可能です。
また、dbxファイルが読み取り専用属性になっていないですね?右クリックのプロパティで分かると思います。

>新しくインストールしたメールソフトは別のもの

これはWindows Liveメールですか?
Thunderbirdでも良いのですが、次のMail Export Toolを使用して、各dbxファイルをeml形式の各通のファイルに抽出できます。
http://www.yamamototakashi.com/soft/mailexporttool/manual/HLP000004.html

これらの抽出したemlファイルを、これらのメールソフトの入れたいトレイの画面上にドラッグ&ドロップしたら取り込まれますから、Folders.dbxが無いなどインポートがうまく出来ない場合は、そうしてみてください。

Qc:\とc:\windowsのフォルダの共有について

OS:windowsXP Pro sp2でc:\とc:\windowsフォルダのプロパティーで
「共有」をみると共有されています。しかし、フォルダのアイコンに「手」のマークがありません。
また、他のPCから見てもこのフォルダは共有にはなっていません。

この共有フォルダはどういう意味ですか?

Aベストアンサー

プロパティの共有でみると、"c:\"は"c$"で、"c:\windows"は"Admin$"で共有されています。
これは、ネットワーク上でシステム管理者がPCをリモートで管理するために使われる”デフォルト管理共有”といわれるものです。
セキュリティホールになる場合もありますから必要がない場合は無効にする事もできます。
参考:http://journal.mycom.co.jp/column/winxp/154/
システム管理者がいる場合はその人に相談してから無効にして下さい。

Qvistaの「C:\Users」フォルダ表記が「C:\ユーザー」になっている。

先日vistaをインストールしました。
「Users」というフォルダがあるそうですが、これが「ユーザー」というカタカナ表記になっています。
実体は「Users」のようですが、エクスプローラ等でこれを正しい表記で見えるようにしたいのです。
「ユーザー」となっているのは私だけではないようですが、
ネットを見ているとファイルパスの表記はたいてい「C:\Users\…」となっているので「users」表記に見えているの方がいるはず(というかほとんど?)と思いました。
インストールしたばかりなので、再インストールも考えています。
しかしまた同じ症状になっても困るので、こちらで質問させていただきました。
不具合ではないですが、ファイル名と実体が違うというのはとても気持ち悪いので、原因と解決策をご存知の方お教えください。

Aベストアンサー

ANo.2です。

>勝手にカタカナ表記する機能は視覚的効果の一つだと考えるのが妥当

desktop.ini内の用語どおり,LocalizedFileNames(現地語化されたファイル名)ということです。

現在のWindowsは,国ごとに異なるコードで製品開発されているわけではなく,国際版が一つあるだけで,各国ごとに表示言語を変えています。
コードが統一されていますから,フォルダの実体は C:\Users\Public です。C:\ユーザー\パブリック や C:\usuarios\publico という実体を使うような,異なるWindowsは開発したくない。
しかし,日本人老若男女を利用者として想定するのであれば,Users, Public などという非日本語ではダメだと。したがって,一般利用者による日常の利用を想定している一部のフォルダについては,実体名とは異なるLocalizedFileNamesを与えているわけです。

私はOSに対して変則的に手を入れるのは好みではないので,ANo.2に続いて,標準機能による次善策をご紹介します。
下記URLを参照すれば,次のような対処が取れるでしょう。(残念ながらフォルダ一覧ペインは変わりません)
・(Localized)「名前」とともに (実体)「ファイル名」も表示する
・この「名前」項目をファイル一覧ペインの右端でなく左端に表示する
http://reisato.plala.jp/rsato/weblog/2007/06/17/1414.html

あるフォルダにおける表示設定は,エクスプローラの「整理→フォルダと検索のオプション→表示→フォルダに適用」で,全フォルダに適用できることはご存知ですね。

ANo.2です。

>勝手にカタカナ表記する機能は視覚的効果の一つだと考えるのが妥当

desktop.ini内の用語どおり,LocalizedFileNames(現地語化されたファイル名)ということです。

現在のWindowsは,国ごとに異なるコードで製品開発されているわけではなく,国際版が一つあるだけで,各国ごとに表示言語を変えています。
コードが統一されていますから,フォルダの実体は C:\Users\Public です。C:\ユーザー\パブリック や C:\usuarios\publico という実体を使うような,異なるWindowsは開発したくない。
...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報