同時接続ユーザ数モードと接続クライアント数モードの意味とそれぞれの違いを、教えてください。あと、CALも関連付けてお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

CAL、つまり接続許可証をサーバとクライアントのどちらが持っているかの違いです。



例えて言うと、

・同時接続ユーザ数モードでは、接続許可証は各サーバが所持しており、クライアントが接続するたびに、クライアントに許可証を発行し、クライアントがサーバへの接続を解除するときにサーバは先程渡した許可証を返してもらいます。別のサーバに接続するにはまた、接続先のサーバから接続許可証をもらう必要があります。

・接続クライアント数モードでは、接続許可証は各クライアントが持っており、サーバへ接続する際にサーバに「私は接続許可証を持っているのでアクセスを許可してください」を許可証を見せます。
従って(許可証を見せるだけなので)どのサーバにも接続出来ます。

サーバの台数とクライアントの台数に応じてどちらか適切な方を選択してください。
例:
サーバ2台、クライアント5台の構成で各クライアントはどのサーバにも接続する可能性がある場合。

同時接続ユーザ数モード:10 CAL(各サーバに5CALずつ)
接続クライアント数モード:5 CAL
必要になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても分かりやすくて理解できました。MCP講座を受けている最中なのでまた聞くかもしれませんが、よろしくお願いします。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/05 14:11

はじめまして、pppstationといいます


同時接続ユーザ数モードと接続クライアント数モードの意味とそれぞれの違いなのですが
・同時接続ユーザー数
 該当するサーバーに対して同時に接続するユーザー数のライセンス形式
 具体例として同時接続ユーザーライセンス20のサーバーには
 同時には20ユーザーしかアクセスが許されないのです
 21ユーザー目からは接続を拒否されると思います
 クライアントPCが何台あっても関係ありません
・接続クライアント数
 該当するサーバーに接続するクライアントPC数のライセンス形式
 該当するサーバーに接続するクライアントの数だけライセンスを購入する必要があります
 同時に何人でも同時接続することが可能ですが、ライセンスを購入したクライアントPC分しか
接続が許されないので、結局同時接続数は、ライセンスを購入したクライアントPCの台数分となります

CALはClient Access Licence(つづりが違うかもしれない)
の略です
つまり、上記2種類のライセンスのことをさします
分かりにくい説明ですいません
何かあれば補足をお願いします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。理解できました。MCP講座受講中で、また聞くかもしれませんがよろしくお願いします、本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/05 14:14

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ