股関節の形成不全で、医者の定期検診を受けてはいますが、それとは別に痛みを取り除くために指圧治療を受けています(保険治療ではありません)。医療費控除の対象になるとは思うのですが、申告する際には、領収書の他に医者の診断書などが必要なのでしょうか?

A 回答 (2件)

あん摩、マッサージ、指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師などによるなどは医療費控除の対象になります。


ただし、疲れを癒したり、体調を整えるといった治療に直接関係のないものは含まれません。

この要件に該当すれば、医師の診断書の添付は必要有りません。

念のために、領収書に「治療費」と明記してもらえば、万全でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今まで気づかず、5年間!分も損をしていました。今年こそはしっかり申告します。

お礼日時:2002/02/05 14:53

 医師の診断により指圧治療を受けている場合でも、医師の指示がない場合でも、疲労回復などの目的以外の治療の場合には、医療費控除の対象となりますので、特に診断書の添付の必要はありません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
これから診断書がいるとなると間に合わない!と思って焦っていました。
でもこれまで5年間も損してました。。。

お礼日時:2002/02/05 14:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ