最新閲覧日:

新幹線でトンネルを通過したり、
高い場所(山頂)から低い場所(麓)まで移動したりすると、
耳がツンとなる経験をした方は多いと思われますが、
この症状が、なかなか治らなくて困っています。

趣味でスノーボードによく行くのですが、
その帰りには必ずと言っていいほどなってしまい、
車酔いにまで陥ってしまう始末です。

よく、唾を飲んだり、あくびをすると治るといいますが、
片耳(左)だけなかなか治ってくれません。
耳ツンで他にも検索したところ、メニエール氏病の
名前が出てきて気になっています。

どなたか、いいアドバイス、解決法をご存知ないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

こんにちは。


私は以前交通事故で左耳を怪我した時に『耳管狭窄』とやらになり、左の耳が抜けにくくなっています。バイクでちょっとした山を降りてくる際にも左耳だけつまったり、事故からしばらくは痛みも伴っていました。
ただ、ダイビング等耳に強く負荷をかけることをしない限りは日常生活に支障はないのでほおってあります。
k_ebaさんの回答にもあるように『耳抜き』で対応していますよ。

心配ならば一応お近くの耳鼻咽喉科へ相談にいかれることをおすすめします。(私の時の治療は耳管のマッサージとやらで聴診器のような管を両耳に当てて空気圧でどこどこマッサージ(?)するだけのものでした。)

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「耳管狭窄」というもあるんですね。
以前、水泳をしていたのですが、そのために
コブ(?)が作られて水が入らないようになっている、
というのは聞いたことがあったのですが…。

多少関係しているのかもしれませんね。
一度耳鼻科にて診てもらおうと考えています。

お礼日時:2002/02/05 15:57

医療関係ではありませんが(厳密には近いものがありますが・・)



「経験者」としてアドバイスを

まず、症状を伺った内容で、もっとも可能性が高いと思われるのは
「滲出性中耳炎」ではないかと思います。

確認したいのですが、「かなり以前から」でしょうか?
それとも「最近になって」でしょうか?
又「痛み」はどうでしょうか?


昔から・・というのであれば何か別の原因かもしれませんが、
いずれにしても、「ツン」という状態が長時間続く事は好ましく無いです。

たとえば、急激な(徐々にでも起こりますが)気圧などの変化に
体質や、体調によって、耳が変化についていけないとき、内耳で液がにじみ出ます・・これが、滲出性中耳炎です(すごい、おおざっぱな説明ですが)

痛みを伴う場合も多いですが、逆にまったく「気がつかない」ケースも多いです。

私も、病院に行くまで、ひと月くらい「変だな~・・」程度でした・・

とりあえず、病院(耳鼻科)で一度見てもらった方が宜しいかと思いますが・・
スコープでのぞくと直ぐにわかりますので・・・(痛くもないし) どうでしょう??

ではでは・・

参考URL:http://www02.so-net.ne.jp/~kanagawa/eom.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「滲出性中耳炎」ですか…。
HPも見てきましたが、初耳でした。

やはり、不安があるなら耳鼻科に行くのが
正解のようですね。

さっそく行ってみようと思います。

お礼日時:2002/02/05 15:47

鼻をつまんで、口を結んで、息をフン


息が鼓膜の方に流れていきますので直ります。
ためして・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

気圧の差を取ればいいってことで、
苦肉の策でよく使う手ですよね。

ただ、「バスッ!」みたいな音がするので、
鼓膜にとってどうなのかな…とは思うのですが。

お礼日時:2002/02/05 15:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ