初歩的な質問ですみません。
うちの社内ではPCから出るエネルギーを極力減らそうと
省エネ設定をしています。
具体的にWindows95やWindows2000の設定は[画面のプロパティ]を表示させ、
[スクリーンセーバー]を"なし"にして、モニタの電源の設定で5分たったら
切れるようにしています。実際に本体の電源は省エネモードに
なっていないので微々たるものだとは思いますが・・・。

そこで、WindowsNTのPCにこのような設定をするのは可能でしょうか?
できるとしたら、どのようにしたらよいのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

なかなか回答が付かないようなので...。



mayselfさんは「BIOS(バイオス)」というのは、ご存知ですか。これはNTや2000などのOSよりも、もっと基本的なPCの機械としての動作を設定するプログラムで、ハードディスクでなく、ROMという部品に記憶されています。

ここ数年のPCであればOSだけでなく、このBIOSのメニューで未使用時に、ハードディスクの回転を止めるとか、CPU周りの電力を落とす、などの省エネ機能が選べることが多いです。

BIOSセットアップメニューを出すには、マニュアルがあれば熟読してください。なければ、普通はPC電源投入時に最も初めに小さな字(英語のことが多い)で表示されます。「デリートキー」や「F10キー」など(機種によって異なる)を、そのセットアップキーの説明が表示されている5秒前後の間に押します。すると色々なメニューがでてきますので、省電力とかパワーセーブなどという項目を探してみて下さい。

設定終了後、変更を保管し、いつもどおり再起動させれば、普通のウインドウズが、省エネモードのBIOS上で起動します。

あまりいい例が見つかりませんでしたが、以下のURLはご参考まで。がんばってください。

参考URL:http://support.twotop.co.jp/Make.nsf/(Soket7MakeBIOS1)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[Win10]ディスプレイの電源設定が特定のプログラムを使用すると変わってしまう

購入して一週間のWindows10 Home 64bitのPCです。

ディスプレイの電源設定を「電源を切る」も「スリープ」もなしに設定してるのですが、
購入時標準搭載の「Cyberlink Power Media Player14」を起動すると無操作1分くらいの短時間でスリープになってしまいます。
設定画面では「電源を切る」も「スリープ」のなしのまま変更はされていませんが、目を離した隙にディスプレイは落ち、スリープ状態に入っています。
「Cyberlink Power Media Player14」を終了してもそのディスプレイ状態は変わらず再起動することで設定どおりの挙動に戻ります。

原因がわかる方がいらっしゃいましたら、何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原因は分からないが、一度電源設定の項目を…
省電力設定をしない設定で登録後に操作をしないと30分でスリープ、1時間で電源を切るに設定し登録。
その後、もう一度省電力設定をしないように設定を変更
…して様子を見てはいかがでしょう。

この設定が壊れるのかどうかわかりませんが、
不具合を起こしているときは設定内容を変更後に再度設定し直すことで解決することがあるようです。

Qwindow 10を使用しています。PC起動するたびに[Driver Booster]と言うアプリ

window 10を使用しています。PC起動するたびに[Driver Booster]と言うアプリをインストールするかどうかなる画面が出ます。その都度削除していますがでなくする方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

IObit社の他製品をインストールすると、「Driver Booster」の広告が出るようになるそうです。
下記が参考になれば。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12122327642

QNT系Windows  9x系Windows

NT系Windows 9x系Windowsという言葉を最近聞くようになりましたが2つの意味・違いが良く分かりません。
Windowsの歴史も知りたいので、どこか詳しく書いてあるページを知っている方・このことに詳しい方、回答お願いします。

Aベストアンサー

流れはこちら
http://www.oasci.co.jp/pasokon/win_index.htm

歴史
http://www.microsoft.com/japan/windows/20th/history.mspx

Qwindows9xファミリ&WindowsNTファミリについて

「windows9xファミリ」「WindowsNTファミリ」などと言いますが、ここで言う【ファミリ(家族?)】という言葉は
どのような意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

文字通り関連性の強い仲間ということです。
大別するとこの2グループでwindowsは発展してきました。

Win3.1→Win95→win98→Win98SE→Win98ME

WinNT→Win2000→WinXP

簡単に示すと上の流れになります。
Win9X系が家庭向け、NTは企業向けというカテゴライズでした。

それが10年余のうちにPCが更に進化し、両者の垣根がなくなって
更にマイクロソフトの戦略もあって、今では全部NT系列に統合されています。

内部構造的にもWin9x系とNT系は似ているところが多いです。
似ているところが多いのであって、基本的には全然違います。

だからWin98で動いたソフトがXPで動いたり、動かなかったりします。
動くソフトは両方の共通の部分がうまく機能しているということです。

QWindows95の盛り上がりぶりは何故?

これまでにWindowsはいろいろ発売されましたが、中でも95は一番盛り上がったみたいです。
それは98・2000・Me・XP・Vista・7を超え、五輪やW杯並みとも言われたそうですが、Windows95が一番盛り上がったのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

Win3.1→Win95への変わった大きな内容
・UIが別物に
Win3.1ではプログラムマネージャとファイルマネージャをベースとする物だったでこれがくせ者だった。
チョコチョコ見た目は変わってはいるが今のWin7までUIのベースはWin95から採用されたインターフェースがベース。
・マウスの右クリック機能が充実
Win3.1までってOS側では右クリックはほぼなにも無い機能。
一部アプリで機能割り当てがされていた程度
・Plug and Playの実装によるデバイスドライバのインストールの手間からの解放
Plug and Play以前は専用のインストーラを使われた場合もあるがconfig.sysとautoexec.batを直接編集してドライバの組み込みをやる必要があった。専用のインストーラがある物もインストール後に自分の環境にあわせて数値(IRQの値など)などを変える必要があった。
・DirectXの存在(追加実装)
DirectXによりWindows上でもアクション系のゲームの動作が可能に
Win3.1の頃にもWinGと言う物はあったがアクション系は不向きだった。
だからゲーム環境はハードウェアを直接操作できるMS-DOS環境が好まれた。
一応ハードウェアは限定されるがDirectX以外でもゲーム向けの専用APIを搭載したEDGE 3DやVoodooなどもあった。
・MS-DOSからの解放
完全に解放されたわけではないがWin3.1まではOSではなくて実はミドルウェア。
MS-DOSをインストールしてその後にミドルウェアとしてWindowsをインストールする必要があった。
Win95からはMS-DOSの機能がWindows内に内包された。
建前上コンベンショナルメモリからの解放。
・ファイル名(8+3)からの解放。
半角8文字(全角4文字)+半角3文字(拡張子)からの解放。
Win95以降バージョンによって最大ファイル名のサイズ(実際にはファイル名だけではなくてパス全体の長さに関係するけど)は変わるがWin3.1の頃よりはかなり柔軟になった。

すぐに思いついたのだけ変化について羅列してみた。

Win3.1→Win95への変わった大きな内容
・UIが別物に
Win3.1ではプログラムマネージャとファイルマネージャをベースとする物だったでこれがくせ者だった。
チョコチョコ見た目は変わってはいるが今のWin7までUIのベースはWin95から採用されたインターフェースがベース。
・マウスの右クリック機能が充実
Win3.1までってOS側では右クリックはほぼなにも無い機能。
一部アプリで機能割り当てがされていた程度
・Plug and Playの実装によるデバイスドライバのインストールの手間からの解放
Plug and Play以前は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報