現在、質的研究をしていますが、ある人から「Qsortをしてみたら」
と言われました。
自分でもインターネットなどで調べてみたのですが、
Qsortがどんな方法なのか全く検討がつきません。
どなたかQsortについて知っている人はいらっしゃいませんか。
Qsortについて書かれている本などでも結構ですので、
教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

例 文章」に関するQ&A: この単語たちの文章例

A 回答 (3件)

裏技としてですが,検索エンジンの「goo」で「Q-sort」で検索をかけて下さい。


そして

「Index of /~e0c218u」をクリックして

その中の「Q-sort」と「Q-use」を開いて下さい。
但しAcrobat Readerが必要ですが。

でもこれにアクセスしても良いのかな?(参考URLは勘弁して下さい)
あれでしたらこの回答を削除して下さい。

この回答への補足

貴重な情報ありがとうございます。
で、また疑問に思う点があるのですが、Q-sortでの回答が質問紙による量的調査とどう違うのか、大きな違いがよく分かりません。Q-sortでの評定の方が、より文化的な影響とか通説とかの影響を受けにくい、回答者自身の考えが現れやすい、ということが、Q-sortの利点なのでしょうか……

補足日時:2002/03/01 16:20
    • good
    • 0

性格研究をしているから専門家といいたのですが,全く知らなかったので申し訳ありませんが「経験者」とさせていただきます。

なんかくやしいです。
取り敢えず辞典的情報です。ただまるまるコピーはまずいので,自分なりに表現を変えています。

1953年Stephenson, W.(スティーヴンソン)によって開発された性格についての自己評定法の一種のようです。
例えば「私はしばしば憂鬱になる」「私は自分の知的能力に自信がない」など画家枯れた文章カードを多数用意します(100枚程度?)。
次にその文章カードを,どんな人が当てはまるかと考えながらカードを分類するようです。「自分自身」「特定の他人」「望ましい人物」などの研究者が調べたい人物像に対して,そのカードが当てはまるかあてはまらないかを多分チェックするのだと思います。

例) 文章カード「A」「B」「C」「D」「E」の5枚

  私     「B」「C」「D」
  友人    「A」「C」「E」
  理想の自分 「A」「B」「D」「E」

このようにしてどの人物がどのカードと適合しているかを調べます。
そして「私-友人」「私-理想の自分」などの相関(一致度?)を調べることで,それぞれの人物がどれだけ類似しているかを明らかにすることができる……ようです。

この方法を使えば,現実自己と理想自己とのズレなどの程度を調べられるかも知れません。

以上,辞典ではよく分からなかったので,主観が入った説明になってしまいました。合っているかどうか全く保証はないので注意して下さい。

……もしよければ,正確な情報が入ればお教え願えないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明をありがとうございました。
性格心理学の方面でよく使われているのでしょうか?
私がやろうとしている質的調査で応用できるのかどうか、
もう少し調べてみないと分かりませんので、自分でも引き続き調べてみます。
また、詳しいことが分かりましたら連絡いたします。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/26 19:54

Qテクニックのことではないのでしょうか…?


違うのかな?

まったく自信ないですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
私もQテクニックのことなのかな、と
考えていたのですが、Qソートと同じものといって
いいのかよく分からないので、困ってしまいます。
また、自分で調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/13 18:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q質的研究について

何度もすいません。

質的研究を行う上で、読んでおくべき書籍がありましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「質的研究法関連の文献」なるサイトがあります。参考になれば幸いです。

参考URL:http://web.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~ysekigch/qual/qualref.html

Q法律・罰などの心理学研究

おそらく発達の範囲に入ると思いますが

幼少時は犯罪の結果で罰を決めやすく動機などは考慮されにくい
とか聞いたことがあります。
これが記憶通りかどうかはわかりませんが、
法律や罰に関する発達心理学的な研究が書かれた本などが知りたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

道徳判断や倫理観の発達ということでしたら
L.コールバーグ(Lawrence Kohlberg)の研究が古典的地位を占めています。
コールバーグの翻訳や解説書はいろいろ出ていますが,
コールバーグ理論の全体像を把握し,その背景や位置づけを知るには
近年出版された日本人研究者の手になる次の本が良いかもしれません。

 片瀬一男,菅原真枝,高橋征仁(著) 
 『道徳意識の社会心理学』  ニューセンチュリー社会心理学  北樹出版
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4893848534/249-5619897-5721912

もっともコールバーグは1987年に死去していますので,
それ以降の「心の理論」研究の進展や「進化心理学」の隆盛によって
この分野には新しい知見が付け加えられているかもしれません。
そのあたりに詳しい方が書き込んでくださることを祈りましょう。


なお,発達研究というのとは違いますが,
最近出た次の本は道徳や倫理の問題を考える上での新しい視点を提示しています。
書店の店頭に並んでいるはずですので,一度手にとってみてください。

 M.S.ガザニガ(著),梶山あゆみ(訳)
 『脳のなかの倫理/脳倫理学序説』  紀伊國屋書店
 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4314009993.html

(この本の著者紹介に「米国心理学会の次期会長」とありますが,
ガザニガが2006年度の会長職についたのは
APA(American Psychological Association:メジャーだけど玉石混淆の学会)ではなく
APS(Association for Psychological Science:マイナーだけど科学性を追及する学会)のほうです。
専門家以外にはどうでもよいことかもしれませんが,誤解を招く紹介文ですね。)

道徳判断や倫理観の発達ということでしたら
L.コールバーグ(Lawrence Kohlberg)の研究が古典的地位を占めています。
コールバーグの翻訳や解説書はいろいろ出ていますが,
コールバーグ理論の全体像を把握し,その背景や位置づけを知るには
近年出版された日本人研究者の手になる次の本が良いかもしれません。

 片瀬一男,菅原真枝,高橋征仁(著) 
 『道徳意識の社会心理学』  ニューセンチュリー社会心理学  北樹出版
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4893848534/249-5619897-5...続きを読む

Q最近の記憶研究などの学習理論

法政大学の通信学部に在籍しています。
教職課程(商業)を履修中なのですが、教育心理学の
課題で、
「理想の教科書」のアイディアを、最近の学習理論の
知見を踏まえて論ぜよとあります。

最近の学習理論(記憶研究など)の適切なものが探せません、、連合説とかゲシュタルトの基本などは持ち出せても
「最近の」となると、、
ちなみに、参考文献は入手や貸出しが困難で、いつ手に入るかわからないものです。
 知恵をお貸し下されば幸いです。

Aベストアンサー

最近のかどうか、ホットかどうか、わかりませんが、JJギブソンという人が提唱した「アフォーダンス」という考え方がAI研究などで、注目されているという話は聞きます。ギブソンを日本で大きく取り上げた東大の佐々木正人さんは、いろいろな本を書いてらっしゃいます。岩波科学ライブラリーから出てる「アフォーダンス 新しい認知の理論」は、その入門書になっています。また、そこに近い心理学の研究アプローチとして、「状況論的アプローチ」というものがあり、この参考文献はたとえばレイヴ&ウェンガーの「状況に埋め込まれた学習」や上野俊樹さんの「仕事の中での学習」があります。以上の文献は、決して入手、貸し出しが困難なものではありません。ぜひ、図書館などで、手に入れて目を通されると良いでしょう。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/listmania/list-browse/-/1CKLLU3OEGE3W/qid%3D1038845837/sr%3D5-10/ref%3Dsr%5F5%5F2

Q研究室訪問の際の研究計画書

※当サイト内で似たような質問を発見しましたが、
それは「心理学」のカテゴリーではなく、
心理学の大学院の世界でもその回答が当てはまるのかどうか分からなかったので、質問させていただきます。

はじめまして。
私は臨床心理系の大学院を志望し、今年受験をする者です。
来月第一志望の大学院(他大学)の説明会があり、
希望者は説明会の後に研究室訪問ができるとのことでした。
せっかくの機会なので是非訪問したいと思うのですが、
肝心の研究計画書がまだ完成しておりません。
大まかな関心は定まっているのですが、(発達段階、理論、精神的回復力等)
その程度で訪問するのは失礼に当たるでしょうか。

また、主な質問内容は
・私の関心のあることを指導していただけるかどうか、又は研究可能か
・実習先、実習の指導
・研究室の方の研究内容や、進路
・大学院生活(アルバイトなどが可能かどうか等)
を考えております。
もし他に「はずせない」質問がありましたら、
合わせてご回答していただけるととても助かります。

どうぞよろしくお願いします。

※当サイト内で似たような質問を発見しましたが、
それは「心理学」のカテゴリーではなく、
心理学の大学院の世界でもその回答が当てはまるのかどうか分からなかったので、質問させていただきます。

はじめまして。
私は臨床心理系の大学院を志望し、今年受験をする者です。
来月第一志望の大学院(他大学)の説明会があり、
希望者は説明会の後に研究室訪問ができるとのことでした。
せっかくの機会なので是非訪問したいと思うのですが、
肝心の研究計画書がまだ完成しておりません。
大まかな関心は定ま...続きを読む

Aベストアンサー

研究室訪問の際に、どうしても「自分のやりたい研究を指導してもらえるか」ということに目が行きがちですが、重要なことは別にあると思います。

それは、(1)その先生とウマが合いそうか、(2)その先生は融通が利く人か、(3)その先生の指導方針はどのようなものか、(4)研究室にいる他の人間はどんな感じか(全体の雰囲気)という4点です。

実際、心理学のように、ある限定的な分野に限ってでさえも応用範囲の広い学問では、ドンピシャで自分の研究を指導できる先生というのはそう多くないでしょう。それよりは、それなりに自分の研究内容に関心を示してくれる先生を見つけたほうがはるかに良いです。

いかに自分の研究にマッチした先生でも、個人的に嫌いな先生なら指導を受けるなんてムリ。そうでなくても、先生自身が自分の方法論しか認めないような人だとこれまたムリ。

訪問の時点では、研究内容がうんぬんというよりは、むしろその先生の「人としての質」を確かめることを優先したほうが良いです!!研究内容だけで決めると、入学してからとても人間関係の面でやっていけないでしょう。人間関係は非常に重要です。

最悪、あまり専門領域が近くなくても、融通の利く先生であれば、必要なら他のいい先生を紹介してもらえたりもするでしょう。別に、その先生からのみ教えを受けなくてはならない、ということはないのですから、あまり研究領域の面で悩まないほうがよい選択ができそうです。

研究室訪問の際に、どうしても「自分のやりたい研究を指導してもらえるか」ということに目が行きがちですが、重要なことは別にあると思います。

それは、(1)その先生とウマが合いそうか、(2)その先生は融通が利く人か、(3)その先生の指導方針はどのようなものか、(4)研究室にいる他の人間はどんな感じか(全体の雰囲気)という4点です。

実際、心理学のように、ある限定的な分野に限ってでさえも応用範囲の広い学問では、ドンピシャで自分の研究を指導できる先生というのはそう多くないでしょう。それよりは...続きを読む

Q隠し場所について研究されている論文などを探しています

 
 貴金属などの大事なものや、エッチ本など他人に見られたくないものなどを、人は家の中のどこに隠すのかというようなことについて研究されている論文や書籍、またはホームページを探しています。
 
 大学の卒業研究の参考にしたいと思い図書館やネットで探しているのですが、なかなかみつかりません。

 もしご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

サイニーという論文検索サイトを利用してみてはいかがでしょうか?
キーワードを入力して検索すると探している論文が見つかるかも知れませんよ。

参考URL:http://ci.nii.ac.jp/cinii/servlet/CiNiiTop#


人気Q&Aランキング

おすすめ情報