脂肪酸と油脂の区別がいまいちつきません。どのように違うのですか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

油や脂肪は身近にありますよね。

天ぷらには植物油を使うし、お腹を見れば脂肪がたまっているし、一般的に常温で液体の物を油、固体の物を脂肪、両方併せて、油脂と呼ぶ昔に習いました。
油脂を加水分解すると酸が得られます。脂肪を分解して得られるので、この酸のことを脂肪酸と呼ぶのでしょう。
具体的には炭素が18個直鎖状に並んだ(CH3CH2・・・COOH)ステアリン酸(COOHの炭素も数に入れるのでCH2の数は16個です。)や直鎖状の炭素の中に2重結合を含んだ物(2重結合の数が1つならば、オレイン酸、2つならばリノール酸、3つならばリノレン酸)などがあります。
上述した脂肪酸の炭素数は全て18ですが、18以外の物や中には水酸基を含んだ物もありますが、一般的には炭素数が偶数の物が多いようです。
(例外的に奇数の物もあった記憶がありますが、ごくまれだと思います。)
ところで、脂肪を加水分解すると酸が得られるのですが、加水分解する前は(つまり脂肪そのものは何なのか?)というとエステルなのですね。
エステルとは酸とアルコールが縮合して(この場合水がとれて)できた化合物です。油脂の場合のアルコールは一般にグリセリン(炭素が3つで水酸基も3つの、つまり3価のアルコール)なのです。
一方、脂肪酸は飽和、不飽和、炭素数の違いなどいろいろな種類があって、脂肪酸の違いによって、油脂の性質が変わります。
    • good
    • 0

油脂は.狭義の油脂と広義の油脂があったような記憶があります。


狭義では.脂肪酸トリグリセリトですが.広義では.天然界に存在する脂質すべてをひっくるめた意味ですから.ロウ(脂肪酸モノグリセリド)とか.核酸やアミノ酸などカルボンサン以外の基を含む場合.不純物としての過酸化物や石鹸や香料などの低分子化合物を含む場合.コレステロールや炭化水素(スクワレン他)を含む場合があったと思います。
    • good
    • 0

 -mizuki- さんが回答されている通り,脂肪酸のグリセリンエステルが油脂です。



 参考 URL のペ-ジ(高等学校_化学_テキスト)の「化学 Ib」の「第7章 有機化合物の性質」の「7.7 エステルとセッケン」に説明があります。

参考URL:http://www.ed.kanazawa-u.ac.jp/~kashida/
    • good
    • 0

油脂すなわち脂肪は


脂肪酸3分子がグリセリン1分子にエステル結合したものです。
グリセリンは1,2,3の炭素にそれぞれ-OHがあります
それぞれとエステル結合しているのが脂肪酸です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学】皮脂は高級脂肪酸だそうですが高級脂肪酸って何ですか? 普通の脂肪と何が違うんですか? 普

【化学】皮脂は高級脂肪酸だそうですが高級脂肪酸って何ですか?

普通の脂肪と何が違うんですか?

普通の脂肪酸は下級脂肪酸?

下級脂肪酸というのはあるんですか?

Aベストアンサー

分子構造に長いアルキル基を持つエステル酸を高級脂肪酸と呼ぶ。ステアリン酸やリノール酸など。
グリセリンのような多価のアルコールがエステル酸と結びついたものが脂肪。

Qマーガリンの成分は飽和油脂それても飽和脂肪酸?

マーガリンの原料についてですが、油脂(植物油)が原料というのはわかるのですが、
油脂を水添しても不飽和油脂から飽和油脂になるだけのはずのですが、マーガリンの成分がパルミチン酸等長鎖脂肪酸とかかれているものもあり混乱しています。

マーガリンの成分は、油脂に水添、加水分解で造られた飽和高級脂肪酸(長鎖カルボン酸)
と考えてよろしいのでしょうか?

それとも、マーガリンの種類によっては、飽和油脂、飽和高級脂肪酸の比率が大きく異なり、
ほぼ飽和油脂のみのマーガリンもあるということでしょうか?

Aベストアンサー

マーガリンは脂肪油に水素を付加させて得られるものです。
水を加えたり、加水分解したものではありません。
当然トリグリセリドのままです。

油脂の性質はどの脂肪酸が結合したグリセリドなのかが問題ですので、
「マーガリンの成分がパルミチン酸等長鎖脂肪酸」などのような表現が出てきます。

Q油脂の遊離脂肪酸について

油脂の遊離脂肪酸についてについて質問があります。
例えば搾りたてのオリーブオイルなどには高い遊離脂肪酸が
含まれているという記述を見たのですが(AV5くらい)未精製の
植物オイル類には大体この程度の遊離脂肪酸が含まれているのでしょうか?

精製タイプのものは遊離脂肪酸が取り除いてあるのでどの植物オイルも
大体AV0.2-1.0程度だと思うのですが・・。
また遊離脂肪酸は肌に付くとニキビなどの原因?などと説明しているweb
ページを時々見かけますが事実でしょうか・・?遊離脂肪酸の直接摂取は
体には良くないとは知っていたのですが肌にも付くと良くないのでしょうか。
未精製植物オイルを使った手作り石鹸を買う事もあるので気になります。

Aベストアンサー

1) 植物から、どのようにオイルをとるかで、未精製オイル中の遊離脂肪酸の濃度に随分差があるはずですし、  2)無論いろいろな植物自身にも遊離脂肪酸の濃度差があるので、格差はいろいろあるでしょうが、 3) 遊離脂肪酸は脂肪酸とは、化学的には違いますので、反応性がたかいので、直接摂取はどうかとおもいますが、 4) 石鹸などは、摂取と違って、肌ですので、もし肌にあわないようなら、(肌あれ、しみなど)ストップすれば、いいはずです。 5)無論 未精製植物オイルといっても遊離脂肪酸の濃度は非常に小さいはずです。 そう気にしないで。  GOOD LUCK

Q塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合している

塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合しているんですか?配位結合なのかなぁとは思うんですが、それでもどの原子の電子がどこにどう使われたかががわかりません。ほかにもチオ硫酸イオンや亜硫酸イオンについても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

これ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5896465.html
やこれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4948580.html
やこれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8
をご覧下さい。

各種オキソ酸などに見られる中心元素とOとの結合は配位結合でなく二重結合性で、
形式的にオクテット(最外殻電子8個)を満たしていません。
この二重結合は、O=Oなどの通常の二重結合とは異なっていて、どこの電子が~とは簡単に言えません。
とりあえずそんなものなのだなあ、と思っていてください。

Q脂肪酸から脂肪族アミン

鎖長はほぼ変えずに脂肪酸から脂肪族アミンはどういうスキームで合成されますか?

Aベストアンサー

天延物については良く知りませんが、通常、酸→アルコール(またはイミン)→アミンとするのだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報