夫婦の一方が死亡した場合で、生存配偶者が姻族関係終了の意思表示をした場合、相続権を失うのでしょうか?
根拠も教えてもらえると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>相続権を失うのでしょうか?



失いません。

なぜならば、相続の開始は配偶者が死亡したまさにその瞬間に発生します(実際の手続きとしてはしばらく時間が経過してからでしょうが)。しかしながら、姻族関係終了届や復氏届は配偶者が死亡した後にしか提出することが出来ません。

つまりタイムマシンでも無い限り相続発生以前に姻族関係を終了させることは出来ません。

また、逆説的に考えれば、民法や戸籍法のどこにも「姻族関係終了届を出すことにより相続権を失う」という規定が無いので、やはり相続権は失いません。

ただ、一般の方の間には(特に夫の両親等が)姻族関係終了や復氏をすれば相続権を失うと考えたおられる方は多いです。そのような方を仕事で数多く見ました。
ですが、それらは何の根拠も無い、言ってしまえば言いがかりでしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

相続の開始は死亡した瞬間に発生するんですね。
姻族関係終了と相続権とは切り離して考えます。

姻族関係終了する場合って、夫の両親とうまくいってないケースが多いんでしょうね。またお金が絡むのでトラブルになるんでしょうね。

回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 10:14

既に適切な回答がなされているので、蛇足になるかもしれませんが。



 まず、姻族関係とは、自己と自己の配偶者の血族3親等、自己と自己の血族3親等の配偶者との関係です。

 夫婦の相続権は、配偶者であることにより発生します。姻族関係とは、無関係です。

 姻族関係終了の意思表示は、生存配偶者が死亡した配偶者との姻族関係を終了させる意味と持つだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>夫婦の相続権は、配偶者であることにより発生します。姻族関係とは、無関係です。

ずばりの回答をありがとうございました。
 

お礼日時:2002/02/06 10:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相殺について 「一方的な意思表示」??「反対の意思を表示したる場合」??

ド素人ですが、パラパラと法律書を読んでいて、気になることがありました。

相殺について、
「当事者の一方的な意思表示によって行うことができる」
と述べられている一方、505条2項では
「・・・反対の意思を表示したる場合にはこれを適用せず」
とあります。

では「一方的な意思表示によって」では行えないということではないのでしょうか?


その他、「免責的債務引受」については、
「債務者の意思に反しない限り、承認を必要としない」
と述べられていました。
債務者の意思について反していないかチェックするのであれば、
承認を必要としているのではないかと思うのですが…。
この「承認」というのは、「証書による承認」という
ようなものなのでしょうか?

なんだか、法律書のあちらこちらに矛盾があるような
気がして、理解できません。。
そういうものなのでしょうか??

Aベストアンサー

分かります、本当矛盾してますよね、私も理解に苦しみました。では解答です。
 1、相殺の505条2項について。
この2項の意味はあらかじめという言葉を補いましょう。つまり、特約などであなたと私の債権、債務があるのだけれど、相殺なんて実際お金が動くわけでないから、もし出来る状態でもやめましょう、という約束を前もってしていない時なら、一方的な意思表示で相殺できます。という事です。この前もってする約束の部分が2項でいう「反対の意思」なのです。
 2、免責的債務引受について
債務者の承諾は不要です。例えば、A〈債権者)B(債務者)C(免責的債務引受しようとする人)とします。これも言葉を補うとわかります。そもそも、A,C間で免責的債務引受の契約が出来ると言うのが原則です。もちろんBの債務についてです。この時、Bが「嫌だ、俺は自分で返すんだ」と言えば、AC間で免責的債務引受の契約はできないと言うだけの話です。別に承諾はしてないけども、嫌だとも言ってない、ならば、原則通り、AC間でできます。もちろん、ABCの三面契約ででもできます。この場合はBも承諾してますから、問題ありませんよね?要は、明文にない保証契約と言うことです。   以上

分かります、本当矛盾してますよね、私も理解に苦しみました。では解答です。
 1、相殺の505条2項について。
この2項の意味はあらかじめという言葉を補いましょう。つまり、特約などであなたと私の債権、債務があるのだけれど、相殺なんて実際お金が動くわけでないから、もし出来る状態でもやめましょう、という約束を前もってしていない時なら、一方的な意思表示で相殺できます。という事です。この前もってする約束の部分が2項でいう「反対の意思」なのです。
 2、免責的債務引受について
債務者の承...続きを読む

Q契約の申込みに対し承諾の意思表示を発した後、到達前に承諾者が死亡した場合。

契約の申込みに対し承諾の意思表示を発した後、到達前に承諾者が死亡した場合。

なんで承諾したのに、到達前なんていう表現が出てくるのでしょうか?おかしくないですか?

民法の隔地者のところです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おかしくないと思います。
例えば、申込者が郵送し、届いたので電話で承諾し、更に承諾書を返信し承諾書が申込者に届く前に死亡していることも考えられます。
「民法の隔地者」と言うことなので、郵送なら返送が考えられますが、電話で承諾してもかまわないので、その案件と思います。

Q相続人の範囲 親・配偶者・子供全員死亡の場合

相続について勉強しています。
相続人の範囲について質問させてください。
もし被相続人の配偶者・子(孫はいないものとする)・親・兄弟(配偶者・子なしとする)
すべて死亡している場合、相続人は不在ということになるのでしょうか。
それともそれ以外に親族がいる場合は、法定相続人になるのでしょうか。
またその場合、親族関係は大体どこまで遡ればいいのでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2,3,4,6です。
少々余計なことを言い過ぎたかもしれません。


>では配偶者が死亡している場合で配偶者の親とか、配偶者が被相続人の前に別の人と
結婚していて子供を産んでいる場合、その人らも相続人になりうるのでしょうか。

相続人は次の場合だけです。

1.配偶者は常に相続人
2.「血族であることを前提に」、第一順位が子(またはその直系卑属による代襲)、第二順位が親等の最も近い直系尊属、第三順位が兄弟姉妹(またはその子に限った代襲)。順位の上の者が存在すると下の者は相続人にならない。

つまり、「配偶者の親」「配偶者の先夫(妻)の子」は入りません。義理の親はあくまでも事実上の話で、法律上は親ではなくてあくまでも「配偶者の親という単なる一姻族」でしかありません。配偶者の先夫(妻)の子も、養子縁組をしない限りは、法律的には「配偶者の子という単なる一姻族」でしかありません。
もとより「姻族」には「尊属」「卑属」という区別をする発想がないので「尊属、卑属と言えば当然に血族を意味する」ことになり、姻族は相続人にはなり得ないのです。

>それはまた認知しているとか養子とか、別の問題になるのですかね。

被相続人の実の子でないなら本当は認知できない(事実としての実親子関係の不存在は認知の無効原因)のですが、それはともかくとしても「養子縁組により養親と法定親子関係が生じ、養親の血族とは法定血族関係が生じる」ので「養子は養親の血族と血族関係にある」です。
そして「養子は実子と同じ」なのが法律の扱いですから、養子は実子と相続関係においてもまったく同様の扱いになります。

#2,3,4,6です。
少々余計なことを言い過ぎたかもしれません。


>では配偶者が死亡している場合で配偶者の親とか、配偶者が被相続人の前に別の人と
結婚していて子供を産んでいる場合、その人らも相続人になりうるのでしょうか。

相続人は次の場合だけです。

1.配偶者は常に相続人
2.「血族であることを前提に」、第一順位が子(またはその直系卑属による代襲)、第二順位が親等の最も近い直系尊属、第三順位が兄弟姉妹(またはその子に限った代襲)。順位の上の者が存在すると下の者は相続人にな...続きを読む

Q婚姻届を出した日に配偶者が死亡した場合、相続は可能?

非常にまれなケースだと思うのですが、婚姻届を出し
同日、夫が持病の心臓病で死亡したとします。

婚姻届を出したのが、午前で無くなったのは午後と
妻は主張しますが、後に親族間で財産目当ての婚姻
と指摘され相続権の有無に関する裁判を起こされたとします。

戸籍には婚姻の年月日は載りますが、時間までは記載
されないと思うのですが、この場合も妻は最低相続分
(遺留分)を相続することは可能なのでしょうか?

判例などありましたら併せてご紹介下さい。

Aベストアンサー

まず、法律の問題を考えるときは
・ある事実があったとして、それに対する法律効果はどうなるのか
と、
・ある事実があることを証明できるか
は別の問題であることを念頭に置いて考えなければなりません。

そうすると、法律論としての答自体は前者の問題ですから、
・民法739条によって婚姻は届け出を出したときから効力を生ずる
・民法882条によって相続は死亡によって開始
となれば、婚姻届を出したほうが死亡より先なのだから、
相続権はあるという答えになると思います。

>戸籍には婚姻の年月日は載りますが、時間までは記載されないと思うのですが

これは後者、つまり「時間の前後を証明できるか否か」の問題ですよね。
これは何も届出の文面だけが証明する方法じゃないでしょうから、
他の方法で届を出したのが死亡より前であることが証明できればいいわけです。
(たとえば受理した役所の人に証人になってもらうとか、
役所のデータベースで新戸籍を作った時刻をチェックするとか)

Q売買の一方の予約における完結の意思表示について期間を定めなかったとき。

これは、具体的にどういう状況なのでしょうか?

文章からイメージがわかないのですが。

民法です。

Aベストアンサー

通常の売買契約は、特定されたものを幾らで買いたい(売りたい)という意思表示に対して売ります(買います)という意思表示の合致によって成立します。
ですが、予約はその場では売買は成立しません。あくまでも将来の売買を予約するものですから。
たとえば、友達がチャンスがあったら車を手放そうとしているのを聞いて、それ○○円で売ってよ。ただ今お金すぐにないけど買うから黙って手放さないでよと言い(予約し)友達がそれを承諾しました。
という場合いつ売買契約を完結させるのかは決めておらず不確定です。つまり期間を定めていません。
で2週間後にお金工面できたんで、名義変更とかやろうと、予約者が完結の意思を表示するとその売買契約は成立(完結)しますというような感じです。
これが、最初のタイミングで1ヶ月だけ売るのを待ってくれとしていたら、期間を定めていたことになりますから、その間に完結するかどうかを決めないといけないということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報