誰が受取人になるのでしょうか?香典は死者の霊に供するものですが。
常識的にいずれも喪主に帰属すると考えられているようですが…。
法律的に適応されるものがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>200万円以上でも法事を営む者が受け取るべきなんでしょうか?


13回忌までにかかる費用もかなりありますし,それ以外にも諸々の費用がかさむものです。新しく墓を建てる場合もあるでしょう。その時の施主というだけでなく法要を営んでいく者は長い間故人を供養するための「経費(よくない言い方ですが)」がかかります。当然,「時間」も「労力」もかかります。ですから,法事を営む者が受け取るべきです。
ただ,その時の使い道としては,故人が働き手で合った場合,残された家族の当座の生活費に回したりするなど,必要なことに使うのは当然のことです。

ご親族の中で不満がでた場合は,「遺産」ではないのでかまわないのですが,例えば「遺産相続を放棄」してもらったなどという事情がある場合は,気持ちとして多少渡してもよいのではないでしょうか。
遺産でもめて,調停となるとやはりしこりが残りますから。
    • good
    • 0

封筒に「香典」と書くのは、「お香のお代」という意味です。


焼香は釈尊在世中から続けられた儀式であり、六波羅蜜の精進にあたり、身を清めて仏を供養し、またその香気によって仏前を清めますが、本来は(正式には)、各人が自分で持参するものなのです。
そして、持参していない人は、香典を支払い、お香を使わせていただくのです。つまり、買っているのです。
これが本来の意味ですので、お香を用意した施主に帰属する事になるでしょう。
以上 amida3@坊さんでした。
ちょっとピントがずれましたかね(^o^)
(でも「法律」のカテゴリーではなく「冠婚葬祭」ですので)
    • good
    • 0

 法的には、誰に帰属するかの規定はありません。

従って、法的には誰が受け取っても問題は無いのです。

 しかし、一般的には喪主が葬儀を出すという観点から、喪主及び亡くなった方の親族に帰属すべき主旨のものでしょう。葬儀が終了して、支払いを全て終了した段階で残額があれば、亡くなった方の意思を受け継いでお墓を建立するとかという使い方もあるでしょうし、残った親族の生活費にする場合もあるでしょうし、法定相続人で使い道を相談する方法もあるでしょう。残額の多い少ないは、関係がありません。

 帰属先と用途に規定はありませんので、香典の主旨を踏まえて、残額の処理をすれば良いと思います。
    • good
    • 0

香典は喪主の「一時所得」と見なされます。

ただ,葬儀にかかった費用(香典返しも含めて)と相殺するので,一般的には申告は必要としません。
普通はないでしょうが,葬儀費用よりも香典の方がうんと多い場合は,その後の法事を営む者が受け取るべきものです。

この回答への補足

>葬儀費用よりも香典の方がうんと多い場合
 
というのはどれくらいなんでしょう。200万円以上でも法事を営む者が受け取るべきなんでしょうか?

補足日時:2002/02/05 20:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香典は誰の所有に帰属するのですか

配偶者の葬儀にあたって多額の香典を頂きました。香典返しその他の支払いを済ませましたが,なお多額のお金が残りました。
そのお金は,喪主の所有に帰属するのではないでしょうか。
相続人の一人が,会社関係者の大勢の方から香典をいただき,将来,いただいた方に対して,同様のお付き合いをしなければならないので,残ったお金を貰うと主張しております。
「喪主が貰って,将来の供養その他に使ってよいのでないか」と相談されましたが,私は当然貰って良いと考えますが,世間一般ではどうなのでしょうかお教え下さい。

Aベストアンサー

法的なものに関してはきちんと回答できませんが、葬儀の費用などは喪主が支払うことになるので、喪主のものになると思います。ただし、喪主に兄弟姉妹がいて、それぞれの職場のつき合いで香典をもらった場合には、彼らは普段の職場のつき合いで、少なからずの総額の香典をやってきたわけですので、兄弟姉妹関係でいただいた香典は、話し合いで全額あるいは何割かを彼らのものにする場合があると思います。なお、香典に対しては課税対象外となります。

Q密葬で喪主をつとめた方へのお香典は?

先週半ばに、教え子で今は仲間でもあるような方のご主人が亡くなられたことを先ほど聞きました。密葬ということで喪主してもう葬儀も終えられたとのことです。近日中に別件でお会いするので本来ならそのときにお香典を渡したいところなのですが、密葬の場合というのが近い方では初めてです。この場合、

1.本来さしあげないほうが密葬の礼儀にかなっている
2.近い方でさしあげたいなら、会葬お礼などは当然ないものとして気持ちでさしあげてよい、
のどちらがよろしいのでしょう。
週末にはお会いするので、それまでに知りたく、ご意見をおまちしております。

Aベストアンサー

 既にNo.1の回答者が述べられているとおり,「密葬」とは,後に本葬(社葬などを含む)が執り行われる場合に,これに先立って行われる葬儀を言います。
 最近は,身内だけでひっそり行う「家族葬」を「密葬」と誤って言っている節があります。
 
 さて,後に本葬があるのでしたら,その際に香典を差し上げれば宜しいでしょう。しかしながら,昨今は,社葬などの場合,香典を辞退されることが多くみられます。
 また,家族葬であった場合,香典は差し上げない方が良いでしょう。香典や香典返しといった煩わしいことを避けたいと喪家が思っている場合が多いからです。
 週末にお会いになったときに,一言お悔やみを申し述べられるだけで宜しいかと存じます。

Q自分の父への香典は出すものなのか?(私は喪主です)

私の父が亡くなりました。
私は喪主です。
自分の父に対して、香典は出すものなのでしょうか?
父ですと約10万円くらいかと思っております。
出したくない訳ではありませんが、親戚に対して香典を出しているという口実?だけのためにも出す必要があるのでしょうか?
香典の意味を理解していないのでどなたか教えてください。

Aベストアンサー

喪主が香典を包むという話は聞いたことがありません。
喪主は、通夜から葬儀に至るまでの一切の費用を負担します。
言うなれば、それが香典に替わるものだと思います。
しかし、喪主だけでは負担が大きすぎます。

その負担を減らす為に、近親者(叔父様、叔母様、兄弟等)
がお金を出し合うと理解しております。

葬儀及び参列者の規模にもよりますが、近親者は10万円
程度は包むのが一般的だと思います。

したがって、喪主である貴方が香典を包む必要も意味も
ないと思います。

いくら位包むか悩む?としたら、それは近親者の皆様でしょう。

Q香典辞退は常識?

今すぐではないけど近い将来起こりうるはなしなので、詳しい方の意見をお聞かせいただきたいのですが。
葬儀の際弔問客の香典はご遠慮しますという挨拶をたまに見かけますが、今これは世間一般風習なんでしょうか。
知り合いが言うには今やそれが常識だということなんですが。
よく会社関係の葬儀では見かけてましたが一般の葬式においてはまだ香典持参が多いんじゃないかと思ってましたが、認識違いなんでしょうか。
そもそも香典なんてのは葬儀にかかる出費の助け合いのようなもので決して失礼でもなんでもないように思ってます。
よく故人の意思により・・・なんてセリフをききますが、実際にそう言ったのかどうかはともかく、そうだとしたら残された家族の負担を考えない身勝手な意思じゃないかなんて考えたり。
現実はどうなんでしょうか。

Aベストアンサー

私の住んでいる地域では香典辞退は極めて珍しい事例と言えます。
過去に葬祭ホールに勤めていましたが、勤務していた3年間でそういったケースはありませんでした。

葬式のやり方に「こうするのが常識」という発言をする方はたまにいますが、
葬儀には地域差がつきものです。
日本全国に共通する常識なんてものは無いといっても過言ではありません。
私自身もやりたいようにやるのが一番かなとも考えています。

「故人の意思」とは一種のテンプレート的な言い回しですね。
家族葬をなされる場合の一般会葬者に対するお断りなどにも使われがちです。
そんな言葉をあまり気にしすぎる事もないんじゃないでしょうか。

一点、
>家族の負担を考えない身勝手な意思
これなんですが、葬家の意思を超越して葬儀の段取りが組まれることはあまり考えられません(社葬などならともかく)。
地域の慣わしとして香典を辞退するスタイルが一般的な地域(そんな所が存在するのかわかりませんが)にお住まいなのでしょうか?
だとすれば、改善するのは困難かもしれませんね。
打破するには、個々人が自分の葬儀を生前からよく考え、誰の目にも明確な形でその意思を残すようにする、くらいしか無いでしょう。
質問者様もできれば葬儀について、じっくり考えてみて下さい。

ちなみに、その地域の葬儀について詳しいのは、その町の葬儀屋です。機会があればその人たちに聞いてみましょう。より現実的な答えがもらえるかと思います。

乱文失礼いたしました。

私の住んでいる地域では香典辞退は極めて珍しい事例と言えます。
過去に葬祭ホールに勤めていましたが、勤務していた3年間でそういったケースはありませんでした。

葬式のやり方に「こうするのが常識」という発言をする方はたまにいますが、
葬儀には地域差がつきものです。
日本全国に共通する常識なんてものは無いといっても過言ではありません。
私自身もやりたいようにやるのが一番かなとも考えています。

「故人の意思」とは一種のテンプレート的な言い回しですね。
家族葬をなされる場合の一般会...続きを読む

Q喪主の妻のふるまいについてです。 祖父が亡くなり、一人息子の父が喪主をしました。祖母も数年前に他界し

喪主の妻のふるまいについてです。

祖父が亡くなり、一人息子の父が喪主をしました。祖母も数年前に他界しています。
喪主の妻である母の行動がおかしいと思うのてすが、どうなのでしょうか?

・祖母を看取ったあとすぐに葬儀屋が来られて、入院用品の片付けの合間に父が対応。その間母は座って何もせず。
・祖父宅へ帰り、今後の話をするも急な他界であったため父はかなり辛そう。なのに、「ペットの世話をしなければ」「もう帰るよ?」などと自宅へ帰りたいモード全開。
・基本的に一人では動けず長女次女長男となら行動する。そのため、帰りたがっていたはずなのに長女が祖母宅に泊まることになると何事もなかったかのように宿泊。
・通夜、葬式全てにおいてお客様態度。挨拶も軽くして控え室でLINE。お茶だしや葬式屋との打ち合わせは長女次女と喪主である父がする。
・通夜も最後まで残らず自宅へ帰る。
・葬式日に父とけんかし、その愚痴を近しい親族に言う。(息子娘やその旦那、嫁に) 「調子乗っ取る」「こんな時だから我慢してやってるけど。むかつく」など顔、言動に出まくり。
・食事の際もお酌一切せず、駆けつけた自分の親とばかり喋りまくる。
・通夜葬式が終わっても何も手伝おうとせず、LINE。
・実家で諸々の片付けや香典返しなど考えるため実家へ行くと寝転んでLINE。何もしていないのに「疲れた」連呼。父は?と訪ねると不機嫌に「知らない」と。けんかのことを引きずっている様子。父は一週間ほど眠れておらずかなり疲れていた為、休んでもらい長女次女長男で香典計算、整理をする。母は手伝わず見ているだけ。
・その後、外食へ出掛けるとなると機嫌がなおる。


喪主の妻ならば来てくださった方への挨拶やお茶だし、喪主を支え、一緒に打ち合わせや進行などに参加するものというイメージがあるのですが…
やはり無礼な態度をとっていたといえますか?

父母ですが、数十年前はとても仲が良かったのですが、父の裏切りにより急速に関係が悪化し今に至ります。
その前から母の性格は変わらずですが、父への対応はひどくなりました。
子どもたちやその配偶者にはとても気をつかい、子どももいるしと通夜葬式もすぐ帰るよう促していた母ですが、そこも何か違う気が…
何が普通なのかわからなくなっています。

喪主の妻のふるまいについてです。

祖父が亡くなり、一人息子の父が喪主をしました。祖母も数年前に他界しています。
喪主の妻である母の行動がおかしいと思うのてすが、どうなのでしょうか?

・祖母を看取ったあとすぐに葬儀屋が来られて、入院用品の片付けの合間に父が対応。その間母は座って何もせず。
・祖父宅へ帰り、今後の話をするも急な他界であったため父はかなり辛そう。なのに、「ペットの世話をしなければ」「もう帰るよ?」などと自宅へ帰りたいモード全開。
・基本的に一人では動けず長女次女長男...続きを読む

Aベストアンサー

よほど腹に据えかねる事だったのだと思いますよ。
お母様の行動は ご自分の恥をさらす結果になってしまっただけの事。
だって わざわざ親の為に集まってくれている人たちに対して失礼極まりない事ですものね。
でもね。。。主様が其処に気づいたって事は 素晴らしいと思います。
主様はだけど そういう事が気づける女性に成長したって事は
何があっても 母親の力だと思いますよ。
素敵なお嬢様に成長された影には母親のいろんな意味での苦労と努力が合ったからなんだと思います。
反面教師にしてもお母様のお力ですものね。
それだけに 余程絶えかねる事だったのでしょう。その反動が大きかっただけなのだと思います。
これからは主様の優しさや思いやりで 少しずつ捉われた心を開放してあげてください。
言うに言われぬ悲しさを閉じ込めてしまった結果だと思います。
少しずつ お母様が変わられる事を信じて主様が力を注いであげてくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報