数学の問題がたくさん掲載されているサイトは
ありますが物理のサイトは一通り探しましたが
ありませんでした・・・・

誰がご存じの方教えてください。

言い忘れましたが力学もしくは熱(IB初めのほうで)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

問題の掲載とか、そういうのじゃないんですけど、


物理の学習方法などが載っています。

参考URL:http://doraneco.pos.to/physics/index.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q準静的過程,可逆サイクル,熱効率 (熱力学)

熱力学に関して以下の様に理解しております.
しかしこの理解はどこかが間違っているはずです.
そこで,その間違いはどこなのか,どの様に間違っているのかを指摘して下さると幸いです.



(1) 任意のサイクルにおいて,そのサイクルを常に平衡を保った状態で(準静的に)
  完了すれば,そのサイクルは可逆サイクルである.

(2) 可逆サイクルは最も熱効率のよいサイクルである.

(3) (1),(2)より,任意のサイクルを準静的に完了すれば,そのサイクルは
  最も熱効率の良いサイクルである.



上の理解はどこかが間違っているはずなのです.
なぜなら,(3)より,カルノーサイクルでもオットーサイクルでもディーゼルサイクルでもブレイトンサイクルでも,
サイクルを準静的に完了すれば全て同じ熱効率となってしまうためです.

Aベストアンサー

一言で言えば,熱源の数が違います.

最初に効率の定義を確認しておきましょう.
1サイクルでもらった熱量を Q2,
捨てた熱量を Q1
総仕事(外にする方を正と勘定)を W とするとき,
熱機関の効率ηは
(1)  η = W/Q2
で定義されます.
エネルギー保存則によって
(2)  Q2 - Q1 = W
ですから
(3)  η = 1 - Q2/Q1
と書くこともできます.
ここまでは効率の定義で,最大とかいう話はまだ出てきません.

さて,カルノーサイクルは2つの熱源の間で動作し,
その効率ηは
(4)  η = (T2-T1)/T2
に等しいことが知られています.
T2 は高温熱源の温度,T1 は低温熱源の温度.
カルノーサイクルでは,
作業物質の温度が T2 から T1 に移る(あるいはその逆)ときには
断熱過程で移りますから,
上記の2つの熱源以外に熱源は要りません.
で,カルノーの定理は
【ただ2つの熱源の間で動作する可逆機関】はすべて同じ効率をもち,
その効率は(4)である,
というものです.【】に注意.

ところが,他のサイクルではそうは行きません.
他のサイクルには等圧変化過程や等積変化過程があります.
これらの過程では必ず熱の出入りがあります.
で,準静的変化(可逆変化)では,
熱の移動の時に温度差があってはいけませんから(☆1),
例えば等圧変化で温度が Ta から Tb まで変化したとすると,
熱をやりとりする相手の熱源は温度が Ta から Tb までの連続無限個の
ものが必要になります.

したがって,カルノーサイクル以外のものは
【ただ2つの熱源の間で動作する可逆機関】
ではないのです.

カルノーサイクル以外のサイクルでは熱を授受する温度は
最高温熱源から最低温熱源まで分布しているわけですから,
カルノーサイクルとは効率が違って当然でしょう.
(4)は高温熱源の温度が高いほど,低温熱源の温度が低いほど,
効率がよいということを意味していますから,
熱源温度が連続的に T2 から T1 まで分布していたら
効率はカルノー効率(4)より小さくなることは容易に想像できます.
実際,クラウジウスの不等式を用いることによって,
このことを示すことができます.

(☆1) 本当に温度差がゼロでは熱が移動しませんから,
無限小だけ温度差があると思うべきでしょう.
温度差を小さくすることによって,
非可逆性の影響はいくらでも小さくできると考えられています.
この意味で,可逆機関は理想極限ですね.
ただし,これはオットーサイクルなどの効率がカルノー効率と違うこととは
別の話です.

(★) 本文からおわかりと思いますが,
【ただ2つの熱源の間で動作する可逆機関】は
本質的にカルノー機関しかありません.
したがって,カルノーの定理は,
効率が作業物質によらない(理想気体でも非理想気体でも同じ),というところが最も大事です.

(★) 熱機関は1サイクル回って元の状態に戻るのですから,
束縛エネルギーなどため込んではいけません.
エネルギー保存則(2)は常に成り立っています.
hitokotonusi さんはエントロピー出入りの話と混同されているように思われます.

一言で言えば,熱源の数が違います.

最初に効率の定義を確認しておきましょう.
1サイクルでもらった熱量を Q2,
捨てた熱量を Q1
総仕事(外にする方を正と勘定)を W とするとき,
熱機関の効率ηは
(1)  η = W/Q2
で定義されます.
エネルギー保存則によって
(2)  Q2 - Q1 = W
ですから
(3)  η = 1 - Q2/Q1
と書くこともできます.
ここまでは効率の定義で,最大とかいう話はまだ出てきません.

さて,カルノーサイクルは2つの熱源の間で動作し,
その効率ηは
(4)  η = (T2-T1)/T...続きを読む

Qチャート式「新物理IB・II」と「解法と演習 新物理IB・II」の違い

チャート式の物理を購入予定しているのですが、「チャート式 新物理IB・II」と「チャート式 解法と演習 新物理IB・II」の違いはどのようなものなのでしょうか。

「新物理 IB・II」の方はH14年15版で、「解法と演習 新物理 IB・II」はH13年11版であることしか違いが見えません。
数学の青チャートや赤チャートのようにレベル別にわけてあるのか、それとも教育範囲が変わったことにかかわってくるのでしょうか。

Aベストアンサー

無印チャート式が解説を主としたもので、解法と演習が問題解法を主としたものだとおもいます。

ところで、それぞれH13~14年版とのことですが、
高校では平成15年から、学習指導要領の変更に伴う教科書の改訂がありましたので
それぞれ新版・改訂版がでています。
できるだけ最新のものを用いたほうがよいかもしれません。
現行の学習指導要領では「物理IAとIB」が「物理I」に統合されています。
http://www.suken.co.jp/aidoku/tenbai_rika.htm

参考URL:http://www.suken.co.jp/aidoku/tenbai_rika.htm

Q私は中堅大学一年の物理学科に通っています。力学と物理学が全くできません

私は中堅大学一年の物理学科に通っています。力学と物理学が全くできません。
力学と物理学が理解できるオススメの参考書があれば教えて下さい。

また、力学や物理学は必死に勉強しても解ける感じがしません。勉強すれば物理学の問題は理解できますか?

Aベストアンサー

化学系では、こういうものができなくても、
量子化学(量子力学の化学への応用)
物理化学(熱力学、統計力学などの化学への応用)
が何とかなってしまうですが、
物理学科ということなので、基礎理論を
理解していないとまずいとおもいます。
理論物理の研究室に入るのかもしれないし、

手元にあった、力学の本でいいものが
あったので紹介いたします。

物理入門コース 力学 岩波書店

ちなみに、岩波の理工系の数学
入門コース 微分積分も優れた
本です。(高校数学が分かれば
理解できる)

力学で出てくる、ラグランジェ方程式とか
ハミルトン方程式は、何に使うのか理解
出来ていますか。

ラグランジェ方程式は、古典力学
(今勉強しているものです)
ハミルトン方程式は量子力学に
使います。

>勉強すれば物理学の問題は理解できますか?
ある程度高度な理論(高等数学など)は
天才でもない限り、普通の勉強では理解
出来ません。凡人には、理解できないので
単位認定がかえって甘いような気がします。

大学もそれは、分かっていると思うので、
単位を取るための勉強をしてください。
繰り返しますが、基礎理論だけでいいです。

化学系では、こういうものができなくても、
量子化学(量子力学の化学への応用)
物理化学(熱力学、統計力学などの化学への応用)
が何とかなってしまうですが、
物理学科ということなので、基礎理論を
理解していないとまずいとおもいます。
理論物理の研究室に入るのかもしれないし、

手元にあった、力学の本でいいものが
あったので紹介いたします。

物理入門コース 力学 岩波書店

ちなみに、岩波の理工系の数学
入門コース 微分積分も優れた
本です。(高校数学が分かれば
理解できる)

力学で出てく...続きを読む

Q【シュテファンボルツマンの法則とは熱輻射により黒体から放出されるエネルギーは熱力学温度の4乗に比例す

【シュテファンボルツマンの法則とは熱輻射により黒体から放出されるエネルギーは熱力学温度の4乗に比例する】

この法則を身近な事で例える事できますか?

太陽光でコップの水の温度を0℃を10℃へ上昇させるには、水の温度差である10℃の4乗、つまり10000℃のエネルギーを太陽から貰う必要がある

この例えでいいですか?

Aベストアンサー

正しいとは言えない。
この法則は熱輻源から熱放射されるエネルギーは、熱輻源の絶対温度の4乗に比例する、と言う意味。
E=αT⁴

例えば、同じ量の鉄で、1000°C(1273°K)から輻射されるエネルギーは100°C(373°K)から輻射されるエネルギーの(1273/373)⁴倍=135倍。

だから、100°Cの鉄のそばでは温かく感じ、1000°Cの傍では熱く感じる。

E=αT⁴を使って太陽の表面温度が推計された。
太陽表面が1秒間に放出する全エネルギーをEとし、太陽の半径をrとするとE=αT⁴×4πr²

そのエネルギーが地球に届く時はエネルギーは減衰するけど、
降り注ぐ日光のエネルギーの熱量を測れば実験的にも得られる。

またエネルギーは面で受けるから、その面積で割ってやる。
αは実験的に解っている。

計算するとT=5800[k]。
太陽表面温度は絶対温度で5800k、(5500°c)

Q物理IBの証明問題はどうやって解く?

 数学と違い物理の証明問題はどうやって解けばいいのかな?証明といっても、示せとか、表せって書いてある問題のことだけど・・・。どうやればいいのかな?具体的な例で言いますと、

問1 x^2=二分のat^2+bt+cの場合のt(s)における瞬間速度を平均速度を使って求めろ。
    つぎに、x(0)=x0「初期位置」,v(0)=v0「初速度」と書くと、c=x0、b=v0となることを示し、x^2=二分のat^2+v0t+x0
になることを確かめよ。

問2 x-x1=二分のa(t-t1)^2と問1を比較して、t、xをx0とv0で表せ。

このような場合どのような手順で解けばいいのか?又最後はなんと書けば適当なのかが分かりません。教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

NQIさんの意見の通り、題意不明ですが、無理矢理解いてご覧に入れます。

問1 左辺の次元はm^2 、右辺はm^1 よって、仮定の式が成立しません。
  成立しない式を根拠に証明するのは無理なので、普通の運動方程式に勝手に   改めさせて頂きます。

   x(t)=(at^2)/2 + bt + c -(1)
 
  平均速度を w とすると

   w = (x-c)/t  -(2)

  また 速度は変位の微分であるから

   v = x’(t)= at +b  -(3) 

 (2) と (3) より v を w で表すと
   
   v= w + at/2    (目的の式)

 次に、初期位置、初速度であるが、(1)式にt=0を代入すると、

  x(0)= x0 = c

 また、(3)式にt=0を代入すると

  v0 = b
               
 以上、問1で問われていることが示された。
 
 (感想:前半は意味ないし、後半は当たり前。)


問2 変数(x,t)を、定数(x0,v0)を用いて表せという、問題です。
   アインシュタインでも解けません。意味不明です。

  証明問題の答案はこういう風に記述すると良いと思います。

NQIさんの意見の通り、題意不明ですが、無理矢理解いてご覧に入れます。

問1 左辺の次元はm^2 、右辺はm^1 よって、仮定の式が成立しません。
  成立しない式を根拠に証明するのは無理なので、普通の運動方程式に勝手に   改めさせて頂きます。

   x(t)=(at^2)/2 + bt + c -(1)
 
  平均速度を w とすると

   w = (x-c)/t  -(2)

  また 速度は変位の微分であるから

   v = x’(t)= at +b  -(3) 
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報