---G1---|A1|---------|A2|---G2------------------
|@@@@@@@@@@@@@@@|@@@@@@@@@@@@@@@@@@|
|@@@@@@@@@@@@@@@|@@@@@@@@@@@@@@@@@@| E1@@@@@@@@@@@@@@|@@@@@@@@@@@@@@@@@@E2
|@@@@@@@@@@@@@@@A3@@@@@@@@@@@@@@@@@|
|@@@@@@@@@@@@@@@|@@@@@@@@@@@@@@@@@@|
|@@@@@@@@@@@@@@@G3@@@@@@@@@@@@@@@@@|
|@@@@@@@@@@@@@@@|@@@@@@@@@@@@@@@@@@|
------------------------------------------------
G:抵抗、A:電流計、E:電圧源(上向き)
3個の電流計の値から電圧源の大きさを推定するというものなんですが最小二乗規範でやってるんですが普通に電流と抵抗の値がわかればできるのですがある問題をといていたらG2が回路にありませんでした。この問題とけるのでしょうか??普通にA2には値があったのですが・・・。公式へG2=0としてやると最小推定値を求める際に逆行列が正則でないためもとまりませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 私には電気のことはよく分かりませんので、ピントはずれの答えかも


知れませんが、もし参考になるのであるならば参考にしてください。

 @の意味が分かりませんが2つの閉回路が中央(A3、G3)の線を
共有しているものと考えます。
 このとき、電圧と抵抗の関係は  E=GAで
成分は以下のようになります。
  E1  G1  0  G3   A1
  E2   0  G2 G3   A2
   0   1  1  -1   A3
     <---matrix G --->
このmatrix GはG2=0でも正則の筈ですが?
(det(G)=-(G1G2+G2G3+G3G1))
そこで正則として話を進めてみます。
上式から
  A=[invG]E
   =[H]E’
     ここで
      HはinvGの(1,3)、(2,3)、(3,3)の
        各成分をカットしたもの
      E’は3番目成分(=0)をカットしたもの
これから
   E’=inv([tranH][H])([tranH]A)
     ここでinvが計算できないと言うことでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明不足だったみたいです、すいません・・・。
求めるのは電圧の最適推定値と真値からの偏差の共分散です。
あらかじめ与えられた電流分布ではキルヒホッフが成り立たなく状態推定で誤差を減らすということをするものでした。
最適推定値=inv([tranH][invR][H])[tranH][invR][Zm]という式が導出されそこで逆行列が求まらなかったんですが解決しました。h11={G1(G2+G3)}/(G1+G2+G3),
h12=・・・とHの成分も導出し、Zmを電流の測定値の行列、Rを電流計の誤差共分散の行列としてそれぞれあたえられています。
ご返事ありがとうございました

お礼日時:2002/02/06 18:02

行列で解けるかどうかはわかりませんが、答えは出ます。



G2が0とするとG3にE2が、もろにかかります。そこでA3(下向きが+)=E2/A3
次に、A1(右向きを+)=(E1-E2)/G1が求まります。
最後にA2は左向きを+とするとA1+A2=A3から
A1=A3-A2となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明不足だったみたいです、すいません・・・。
求めるのは電圧の最適推定値と真値からの偏差の共分散です。
あらかじめ与えられた電流分布ではキルヒホッフが成り立たなく状態推定で誤差を減らすということをするものでした。
最適推定値=inv([tranH][invR][H])[tranH][invR][Zm]という式が導出されそこで逆行列が求まらなかったんですが解決しました。h11={G1(G2+G3)}/(G1+G2+G3),
h12=・・・とHの成分も導出し、Zmを電流の測定値の行列、Rを電流計の誤差共分散の行列としてそれぞれあたえられています。
ご返事ありがとうございました

お礼日時:2002/02/06 18:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q対角化可能になるようにaの値を求める。 |λE-A|に固有値λを代入して固有ベクトルを出す過程でa

対角化可能になるようにaの値を求める。

|λE-A|に固有値λを代入して固有ベクトルを出す過程でaを求めようとしたんですが出来ませんでした。よかったら解説含め答えを教えてもらえると嬉しいです。お願いします。

Aベストアンサー

「Aの行列式の固有多項式」というのは変だが, 「A の固有多項式」と思っていいかな?

もしそうなら, 最小多項式が (全ての固有値を単根で持つ) (λ+2)(λ-2)(λ-1)(λ+1) であれば対角化可能だし, その条件は (A+E)(A-E)(A-2E)(A+2E)=O となる... んだけど, もともと固有多項式が重根を持たないんだから当然に対角化可能だよね.

Q電圧源、電流源が混在する回路

こん××わ。

電圧源、電流源が混在する回路の中で、

全体の電流(理論値)を求めるには、


   10 - 0.1*R_2
I=――――――――
   100 + R_2

ここで、100というのは、
R_1に抵抗、100Ωを用いたから、
分子、10は、電圧を10Vにしたからです。

どうして、このようになるのか、

・重ねの理の法則
・キルヒホッフの法則
・テブナンの法則

を用いるなら、どのようになるのでしょうか?

大変困っています教えてください。

Aベストアンサー

おそらく少し前の質問の回路と同じでしょう。(参考URL)
1.重ねの理
  電流源をを開放して,電圧源だけで電流計算をします。
    次に電圧源をショートして電流源だけで電流計算    をします。
    最後に2つの電流を足します。
2.テブナンの定理
  右下の電流源とR2に着目します。
  R2の両端の電圧は0.1R2です。
  電流源を開放したときの抵抗はR2です。
  したがって元の回路は0.1R2とRの直列で代用できます。
  
  これをオームの法則を使うと質問の式が出ます。
  ただし電流源の向きは上向きです
3.キルヒホッフは2つのループがあるので式を建てると出来ます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=557985

Qこのような同位相、E1>E2の交流電源、リアクタンスが繋がれている回路で E1には遅れ電流が流れ、E

このような同位相、E1>E2の交流電源、リアクタンスが繋がれている回路で
E1には遅れ電流が流れ、E2には進み電流が流れるようですがなぜリアクタンス成分のみなのに進み電流がE2に流れるのでしょうか?

E2から見たら電位差により電流を貰ってるのは分かるのですが遅れ電流を貰っているからやはり遅れ電流が流れるのではないのでしょうか

この閉ループには遅れ電流が流れるのですよね

Aベストアンサー

「進み」「遅れ」とは、「何か」を基準にしてそう呼ぶということは理解されていますか?

 E1による電流と、E2による電流は、「逆方向に流れる」ことは分かりますか? 各々の電流を I1, I2 とすれば
  I = I1 - I2
ということです。
 「逆に流れる」ということは、一方を「基準」にすれば、他方は「180°遅れている」(あるいは「180°進んでいる」)ということです。

 このとき、一方を基準に「90°遅れている」ものは、他方から見ると「90°進んでいる」関係になることは分かりますか?
 つまり、「I1 は E1 に対して90°遅れている」、「I2 は E2 に対して90°遅れている」ので、I1 と I2 を合成した I (上の式から I1 と同位相)に対して「I は E2 に対して90°進んでいる」ことになります。

 必要なら、ベクトル図をちゃんと書いて確認してください。テキストを「言葉」で覚える(暗記する)のではなく、現象の「実体」を理解してください。

Qp、q、r、が定数で、かつ、p|x-q|の解は(ア)。 連立不等

p、q、r、が定数で、かつ、p<q<rのとき、
不等式|x-p|>|x-q|の解は(ア)。
連立不等式|x-p|>|x-q|>|x-r|の解は(イ)。

この問題の解き方を至急教えてください!
よろしくお願いします!

答え
(ア)x>p+q/2
(イ)x>q+r/2

Aベストアンサー

||の中が両方とも正の時、x-p>x-q → p<q
||の中が両方とも負の時、-x+p<-x+q → p<q xは関係ない
||の中が左辺が負の時、
-x+p<x-q
-2x<-q-p → x>(p+q)/2
||の中が右辺が負の時は、
x-p>-x+q
2x>p+q → x>(p+q)/2 ∴x>(p+q)/2

(イ)は、更に|x-q|>|x-r|の関係で同様の計算を行う。

Q電流源、電圧源、

ってありますよね~、この表現のしかたがわからないのですが、、、
というのは電流を流すとどっかに電圧がかかるはずなのですが、
電流っていうのは電気の量で電圧っていうのは電気の強さ、圧力ですよね~?
回路工学の授業をやっているのですが、この2つがどうして区別されるのかが
よくわかりません、
お願いします、

Aベストアンサー

>電圧は6Vなら6Vの勢いを出すポンプでいいのでしょうか?
はい。そうです。
電気は、よく水にたとえられますが、滝などですとちょっと困ったところでした。
ポンプでよかったです。
ポンプには、パイプがつながっていて、色々な回路を通ってから、途中でなくならずに、またポンプの吸い込み口に戻ってくるイメージとします。
ここで、パイプの太さやや色々な回路をかえて流れやすくしたり流れ難くしたりしても、ポンプの出す圧力が変らないように頑張るのが電圧源に当たるでしょう。

>また電流は一定時間に流す水の量、(強さは関係無い、)でしょうか?
はい。単位時間当たりに流れる量ですね。電流の強さとも言います。
上のポンプの例で、同じようにパイプの太さやや色々な回路をかえて流れやすくしたり流れ難くしたりしても、ポンプの出す単位時間当たりの水量が変らないように頑張るのが電流源に当たるでしょう。

お分かりでしょうか。私などは、例え話が苦手で電気のことは、電気で考えないと分らなくなります。
自分が電気になってぐるぐる回ったり、かき分けたり、飛んだりしながら回路を流れていきます。

>電圧は6Vなら6Vの勢いを出すポンプでいいのでしょうか?
はい。そうです。
電気は、よく水にたとえられますが、滝などですとちょっと困ったところでした。
ポンプでよかったです。
ポンプには、パイプがつながっていて、色々な回路を通ってから、途中でなくならずに、またポンプの吸い込み口に戻ってくるイメージとします。
ここで、パイプの太さやや色々な回路をかえて流れやすくしたり流れ難くしたりしても、ポンプの出す圧力が変らないように頑張るのが電圧源に当たるでしょう。

>また電流は一定...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報