風の強いところにすんでいます。今すぐではありませんが,50万円以内で家庭用風力発電機があれば設置したいなと思っています。

 そこで、(1)国内の取り扱い業者
     (2)発電の性能(電力、故障等)
 を、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

沢山あるサイトの中で、いくつかを掲載しておきます。



http://www.earthgoods.co.jp/
http://fujinet.co.jp/shop/
 (このサイトの「環境に優しい商品」のページ)
http://seitu.pekori.to/kakakutop.htm

最後の「セイツー」ってのは、知り合いが使ったことが
ありますが、結構評判が宜しいようです。


性能ですが、電力については、大は1000wクラスもありま
すし、小は100w未満の物もあります。
50万以内がご希望とのことですけど、風力発発電機以
外の部分でも費用が発生する場合もあります
(インバータとか蓄電池)

 ※:ここらが解りやすいHPのURLを参考に入れて
   おきますね。

ですから、どのまでご予算の中で付けられるかは解りま
せん。(恐らく、700w位は楽に付けられると思いますが)

耐風については、一般的に40m/sくらいのものが主力に
なって来ているようですが、商品によっては当然前後し
ます。


故障なんですけども、場合によりけりですね。
初期故障で設置後直ぐに壊れる場合も実際にあるようで
すが、一般的には取り付け時にミスを犯していなければ
フリーメンテに近くても故障は発生しない様子です。

比較的良く見る故障は
 ○発電機本体等の回転部分の劣化
   普段と違った音が出てきたら、軸受け部等
   (摺動部)に異常が発生している事があります。
 ○絶縁部の劣化
   太陽光等で電線の被覆部等が劣化する場合があり
   ます。(水が浸透すれば、最悪は短絡します)
 ○バッテリーの劣化
   これは車と同じように液レベルの確認等が
   必要になってきますね。
あたりで、これを定期的に見て、大きな故障に至る前に
手を打っておけば、システムに致命的な故障は発生せず
安価・短時間で修理可能な所に大抵納まるでしょう。

その他は、機器添付のマニュアルに詳細に書かれてい
ますから、メーカに問い合わせてみると良いと思います。


蛇足ですが....。
物によっては、発電時に結構気になる音量の騒音を出し
まして、昼間などは目立たないんですが、夜にはご近所
に不快感を与える場合がありますのでご注意を。

参考URL:http://www.st.rim.or.jp/~hide/guide.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。特に故障の事は、実際の経験者でないとわからない事なので参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/11 21:22

サンケイ新聞2001年12月11日の都内夕刊1面左側に『来年4月にも日米で発売』の


新型風力発電機の囲み記事がありました。そのシリコンバレー発の記事の概要は、

1.家庭に十分な電力-----平均30kw/日
2.微風でもオーケイ-----風速1.3mで発電開始
3.軽量でかつ低価格-----約50kg・米国で88万円(半分程度の政府補助予定)

開発は米グリーンツリー社。輸出代理店DKSアソシエイト(カリフォルニア州・
メンローパーク市)となっています。     参考になればと思います。
    • good
    • 0

↓のページでは発電機に繋げるアクセサリー類も通販で来ます。

値段は載っていませんが、データシートもついています。

参考URL:http://www.denryo.co.jp/denryo_b/den_b00.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福留修蔵さんの太陽光発電や風力発電の内容を知ったのをきっかけに、いろいろな発電について調べています。

福留修蔵さんの太陽光発電や風力発電の内容を知ったのをきっかけに、いろいろな発電について調べています。
福留修蔵さんの発明に直接関係ないのですが、火力発電について気になったので質問です。太陽光や風力の他にも潮力発電や地熱発電等ありますが、火力発電は具体的にどのように行われるのでしょうか。ちょっと仕組みが想像つかなくて。
火の力を電気に変換していく詳しい内容を教えてほしいです。

Aベストアンサー

分かりやすいものでいえば、蒸気機関車が火力発電の代表例です。今は電気自動車が発達したので見かけなくなりましたが、一昔前は日本でもたくさんの蒸気機関車が走っていました。
基本的な仕組みですが、燃料を燃やしてお湯を沸かし、その蒸気の力で蒸気タービンを回転させて電力を発生させます。やかんでお湯を沸かして、その湯気の力で風車を回す…とイメージするとわかりやすいと思います。
蒸気タービンを回転させた後の蒸気は、復水器で冷やされて水に戻り、またボイラー内に送られて蒸気へと変わるという動きをくり返します。復水器の水を冷やすために大量の水が必要なため、火力発電所は比較的海に近い場所に設置されています。
復水器で蒸気を水に戻すということですが、夏に冷たい水を入れたコップを部屋に放置しておくと結露して水滴が付きますよね。水蒸気が冷やされて水に戻る、あの原理と同じです。

また、火力発電にもボイラーやディーゼルエンジン、ガスタービン、蒸気タービンなどいろいろな種類に分かれています。それらをさらに調べていくとより理解が深まるかと思います。すべてを説明すると長くなりすぎてしまうので割愛します。

分かりやすいものでいえば、蒸気機関車が火力発電の代表例です。今は電気自動車が発達したので見かけなくなりましたが、一昔前は日本でもたくさんの蒸気機関車が走っていました。
基本的な仕組みですが、燃料を燃やしてお湯を沸かし、その蒸気の力で蒸気タービンを回転させて電力を発生させます。やかんでお湯を沸かして、その湯気の力で風車を回す…とイメージするとわかりやすいと思います。
蒸気タービンを回転させた後の蒸気は、復水器で冷やされて水に戻り、またボイラー内に送られて蒸気へと変わるという動...続きを読む

Q「風力発電で○○世帯の電力がまかなえる」の計算法

新聞などで、
「風力発電1基で○○世帯の電力がまかなえる」
といったような記事を見ますが、これの計算法について教えてください。


自分なりに計算してみたのですが、下のような計算で正しいでしょうか。

一般的な家庭1世帯あたりの電力消費量が、1ヶ月あたり300kWhといわれています。
すると、

1ヶ月当り300kWh → 1日当り10kWh → 1世帯当り(10÷24)kWの電力が必要

となります。(まず、この計算は正しいでしょうか?)
ここで、1MW(=1000kW)の風力発電設備があれば、何世帯分の電力をまかなえるか
を計算すると、
   1000÷(10÷24)=2400 となり、
2400世帯分の電力をまかなえるという計算でよいのでしょうか。

Aベストアンサー

> 1ヶ月当り300kWh → 1日当り10kWh → 1世帯当り(10÷24)kWの電力が必要

 1世帯の平均が420Wというのは年間の平均としては正しいかもしれませんが、これでは電気ポットも炊飯器も電子レンジも掃除機もエアコンも、どれひとつさえ動かすことができません。電気は蓄電池というものがあり貯められるように思いますが発電所というレベルでは電気を貯めることはかなり難しいのです。ですから発電所はピーク時の消費電力を賄う必要があります。各家庭のブレーカーは最低でも50Aというところでしょう。つまり5kWです。各家庭がエアコンと炊飯器と電子レンジを使う時刻に家庭のブレーカーが落ちる前に発電所のブレーカーが落ちるようでは文化的生活が営めません。1ヶ月当り300kWhというのは正しいですが、1世帯に必要な電力が(10÷24)kWであるというのは現実に整合しません。


> 1MW(=1000kW)の風力発電設備

 1MWのディーゼル発電機は燃料を入れることで確実に1MWの発電が出来ますが、1MWの風力発電機が1MWの電力を発生するかどうかは風任せです。たまたまその地域では電力消費の多い時刻に毎日強風が吹く、というならば分かります。

 結局、風力発電で何世帯分の電力が賄える、という計算には、従来の発電方法との組み合わせで総発電量の中の割合としてはそういうことが言える、という数字になります。

> 1ヶ月当り300kWh → 1日当り10kWh → 1世帯当り(10÷24)kWの電力が必要

 1世帯の平均が420Wというのは年間の平均としては正しいかもしれませんが、これでは電気ポットも炊飯器も電子レンジも掃除機もエアコンも、どれひとつさえ動かすことができません。電気は蓄電池というものがあり貯められるように思いますが発電所というレベルでは電気を貯めることはかなり難しいのです。ですから発電所はピーク時の消費電力を賄う必要があります。各家庭のブレーカーは最低でも50Aというところでしょう。つまり5kW...続きを読む

Qなぜ電力会社は風力発電に積極的ではないの?

タイトルのとおりなのですが、なぜなのでしょう?
電力会社曰く、「安定していない」や「パックアップが必要」といいますが、納得できません。

Aベストアンサー

地球上では必要な電力が得られないからです。火力発電や原子力発電で使用されるタービンを考えてみてください。高温のガスがすごいスピードでタービン翼を回転させているのですよ。だから商売になるのです。風力でその分の発電をやるのは大変なことなんです。もっと太陽に近い金星や水星なら代替として使えるかもしれませんけどね。

風力だけではありません。自然エネルギーは大変、面積あたりの量が薄くて、利用するのが大変なのです。化石燃料や核燃料はエネルギーがすでに凝縮されているからコストに見合うのです。立地条件も限られますから、風力と太陽光では必要な電力を賄うことはほぼ不可能です。

それと変動が大きいですよね。その分、火力などで補わなくてはなりませんし、風力がある程度機能しているときは反対に、火力の設備が無駄になります。つまり余計に設備投資が必要になるのです。

電圧などの変動の問題もあるでしょう。

風車は雨ざらしですし、大きいので維持経費もかかるのでしょうね。考えても見てください、多数の風車のメンテナンスをやらなくてはならないのですよ。大概、僻地にありますから、作業員の人数や日当、それに交通費や宿泊費も馬鹿になりません。結局、僻地などでの需要を満たす程度にしか利用はされないでしょう。

地球上では必要な電力が得られないからです。火力発電や原子力発電で使用されるタービンを考えてみてください。高温のガスがすごいスピードでタービン翼を回転させているのですよ。だから商売になるのです。風力でその分の発電をやるのは大変なことなんです。もっと太陽に近い金星や水星なら代替として使えるかもしれませんけどね。

風力だけではありません。自然エネルギーは大変、面積あたりの量が薄くて、利用するのが大変なのです。化石燃料や核燃料はエネルギーがすでに凝縮されているからコストに見合う...続きを読む

Q太陽光発電、風力発電 メタンガス利用

エコロジーに興味があります
自主制作 安価な製作法 原理等わかりやすいサイトがありましたら教えてください
その他経験談や情報もおまちします

Aベストアンサー

実験レベルか、実用レベルかで話が大きく変わってくると思います。

また、住宅の種類(共同か一戸建てか)などによって、ずいぶん選択肢が変わってくると思います。

実用レベルですと、法律の問題も絡んでくるので、いろいろと難しくなります。場合によっては「電気事業法」により何らかの資格や届出、場合によっては発電所の設置申請やらなんやら、ややこしいことになります。
一つの目安として、電圧が30V未満で、他の電気的設備(具体的にはコンセントなど)と接続していないものであれば、問題はありません。(電気事業法第二条および電気事業法施行令第一条)

だから、身の回りの、電池やACアダプタを使用した機器を、自然エネルギーで賄う、というのがお手軽でいいんじゃないかな、と。

たとえば、こんなことが考えられます。
●太陽電池で自動車用バッテリーを充電。LEDを使った街灯を光らせる。
●風車発電機でニッカド充電池を充電して、乾電池不要の生活をやってみる。
●携帯型の液晶テレビを、太陽電池で見る。

秋葉原や自動車用品店を見て回ると、いろいろなアイデアが浮かぶかもしれません。

実験レベルか、実用レベルかで話が大きく変わってくると思います。

また、住宅の種類(共同か一戸建てか)などによって、ずいぶん選択肢が変わってくると思います。

実用レベルですと、法律の問題も絡んでくるので、いろいろと難しくなります。場合によっては「電気事業法」により何らかの資格や届出、場合によっては発電所の設置申請やらなんやら、ややこしいことになります。
一つの目安として、電圧が30V未満で、他の電気的設備(具体的にはコンセントなど)と接続していないものであれば、問題はあ...続きを読む

Q風力発電調査について、風力、風向計は非認定品での調査でも経産局の許可はOKか??

今日は、風力発電について質問致します、宜しくお願い致します。

風力発電を考えていますが、風力調査に必要な風力計、風向計は気象庁の
認定品でないと、経産局への許認可申請等は出来ないのでしょうか。

認定品、非認定品では、計器自体の価格にかなりの差があります。
それとも、風力発電の出力数によるのでしょうか。
色々と調べてもよく分かりません、詳しい方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

買うより売る方が高い電力の場合、偽の機材をつけて買った電気をそのまま売れば
なにもしないでお金が儲かるでしょう?
それなりの認定が必要になると思います


人気Q&Aランキング

おすすめ情報