私は美術が好きですが、専門的な知識はありません。
先日、箱根の彫刻の森美術館に行きました。ピカソ館を楽しみにしていたのですが、展示物はピカソの晩年の作品の皿(陶器)が多く、青年期や壮年期の絵画の展示はわずかでした。
(しかも南仏風のたくさんの皿も素晴らしいと感じられるものは一部でした。)
ピカソ館のできる以前に彫刻の森美術館で、ピカソの青年期の絵画、デッサンさらにすぐれた彫刻作品を見た記憶があるので、現在はさぞ充実したコレクションになっていることを期待していたので少しがっかりしました。
以前、彫刻の森美術館で見た(私の記憶違いでなければ)今は展示されていないピカソの作品はどうなったのでしょうか。また日本でピカソの青壮年期の作品の展示はどこがよいのでしょうか。
お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

行ったことはないのですが、もともとピカソの陶器作品が多い美術館というイメージを持っておりました。



やはり中心は陶芸作品という考えだそうです。
http://www.hakone-oam.or.jp/work/picasso/index.h …
http://www.tokyoartbeat.com/event/2004/A2A4.ja
ピカソコレクションは300点あるとのことですが・・・・。

ところで、彫刻の森ってフジサンケイグループなんですね。
(そういえばアモーレの鐘か・・・)


箱根のポーラ美術館に数点あるようです。
http://www.fujitv.co.jp/event/art-net/go/305.html
http://www11.ocn.ne.jp/~mutsu/info/miru/ex.htm

1点ずつならいくつかの美術館にありますよね。。

売買についてはわかりません。
一般的な傾向として、ピカソの油彩作品は過去20年間に約1300点がオークションに出品され約71%が落札されており、なんていうお話がありました。
http://iconfirm.org/contents/investment2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ピカソ館設立の経緯などが分かり参考になりました。
彫刻の森に行って、おっしゃるとおりフジサンケイグループのものになっていたので驚きました。
率直な感想として、20年前は先駆的なモダンアートの美術館でしたが、現在はアミューズメント施設的になってしまったと感じました。

お礼日時:2006/05/02 12:32

ピカソの作品を取り扱っている画廊で問い合わせてもよいかと思います。

ただ、商売で扱っているとこるですので教えてくれないかも知れません。その他、調べる方法として美術館の収蔵物をインターネットで調べていけば分かると思います。大原美術館やブリジスト美術館や西洋美術館など・・・また、その他の県立美術館にもある可能性はありますので調べて見て下さい。ただ、個人収蔵については公開しないで密かに収蔵しているコレクターもたくさんいますので実体は分かりませんね。税金対策のため密かに秘蔵しているコレクターはたくさんいますからね。参考になったかどうかわかりませんが・・・ピカソファンだったらとことん自分で調べたらいががでしょうか。

参考URL:http://www.enchanteart.com/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうごじます。
私は取り立ててピカソのファンではありませんが、箱根の温泉に行った帰りに、20年ぶりに箱根の森美術館によることにしました。それならここにはピカソ館があったし、昔、ここの所蔵作品のピカソの秀作を見た記憶があるので寄ろうということにした次第です。ところが20年前にはあったピカソの秀作が売却されたのか見当たりませんでした。それで事情をご存知の方に方の伺いたかったのです。
私は銀座などの一流画廊の馴染みではないので、直接そうした画廊から情報を得ることは出来ません。
(学生時代は一流画廊でいろいろなお話しを聞かせていただいていましたが、この年ではそれはできません。)
それで、そうした画商など専門家の方からのお話しを期待して質問させていただきました。
ご紹介の有名美術館は時折訪問していますので、所蔵品は一通り理解しております。ピカソの作品もありますね。

お礼日時:2006/05/01 23:09

20世紀最大の画家と言われるピカソですから、絵の値段も超一流高価に取引されています。

そんなことですから、不景気の続いた日本にはピカソの作品は、あまりないと思います。ましてやピカソの代表作などは日本いはありません。ピカソの青壮年期の作品のなどのほとんどはアメリカやヨーロッパの大きな美術館に収納されています。日本にあるといわれている作品でも、ここ10年あまり続いたバブル崩壊の不景気でずいぶん手放された作品も多いはずです。美術館運営のために今まであった作品を売買している可能性は高いと思います。ですから前にここの美術館にあったから見に行こうとしてもないことが多いのではないかと思います。ピカソ展などの作品の多くは、個人所蔵や美術館所蔵から借りてくる場合が多いわけですから、展覧会をやった美術館にあるわけではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
nabuchianさんのご回答内容は私の推測と同じです。どなたか当該美術館に関わる事情を知っている方からのお返事を期待していましたが、こういう場でお教えいただくことは、やはり無理なのでしょうね。
ピカソの佳作で、日本の美術館所蔵で一般公開されているものをお教え下さい。(私は美術は好きですが、あまり知識がありません。)
お願いします。

お礼日時:2006/05/01 21:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピカソの絵の良さについて

ピカソの絵を大量にみてきました。
ゲルニカなんかは、説明されるとなるほど
そうなのかと時代背景が思想から
絵を理解する事ができるのですが・・・

全般において
ピカソの絵のよさについて
全く感じ取る事ができません。

ピカソの絵のどこがどう世界的に評価されているのか
教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

ピカソも大好きな一素人美術愛好者です。

ピカソに限らず、優れた絵画はいずれも単純に写実的なだけではないかと思います。
と言うか、古来、優れた画家たちというものは、例外なく、それぞれの時代にあって、最も正確に対象を観察し、それを描き出そうとしてきたのではないでしょうか。

私自身は、最初にピカソを見たとき、いわゆるカルチャー・ショックに近い衝撃や戸惑いを受けました。
それを私なりに説明すると、「理解する」にも二通りあって、自分の慣用としてきた知の鋳型に合わせて対象をそれに当て嵌めて理解する場合と、自分の慣用としてきた理解の範型に合わない対象との出遭いによって、自分の知の鋳型が対象から無効宣言される場合とがあるのではないでしょうか。

ピカソをはじめとする、前衛的、革新的な芸術作品というものは、概して鑑賞する側の慣れ親しんできた知の鋳型を否定したり、批判したりする力として作用するのではないでしょうか。
つまり、ピカソを「理解する」というのは、実は自分の古い知の鋳型が壊されることであり、だからこそ筆舌しがたい、言語道断のいわゆる感動、恍惚、無我の境地にいたるのではないでしょうか。
その時、ピカソによって自分が支配されたり、征服されたりする、その意味では一種のマゾヒスティックな快感に溺れているのではないでしょうか。

鑑賞を終え、その体験を反芻するようになったとき、間違いなく自分の内部にはこれまでのものとは違った、新しい知の鋳型が出来上がっているはずです。
芸術の鑑賞というのは、そしてそこで感動するというのは、実は自分の古い知の鋳型をいったん死に至らしめ、新たに蘇生させるという秘儀であると言えるのかもしれません。
だから、しばしば優れた芸術作品は鑑賞する者をして自己発見せしめる力を内在させていると古来言われてきたのだと思います。

その上で、質問者さんの

>ゲルニカなんかは、説明されるとなるほど
>そうなのかと時代背景が思想から
>絵を理解する事ができるのですが・・・

という鑑賞態度について申しますと、失礼ながら、こういう姿勢では、ご自分の慣れ親しんできた知の鋳型が頑固に自己保全している、一度死んで蘇るのを拒絶していると言われるかもしれません。
その他、絵画の技法、時代・社会背景、画家・題材に関する知識等々も、すべて既成の知識という鋳型であって、本当言えば、虚心坦懐に絵を鑑賞する上では邪魔物でしかないと思います。
それに囚われた眼でどんなに優れた絵画に向き合っても、絵画の方では決して深奥の魅力を見せてはくれないと思います。

>ピカソの絵のどこがどう世界的に評価されているのか
>教えていただけないでしょうか?

たとえば、ピカソの立体主義について申しますと、彼はこれまでの画家が対象をカメラアイ(=パースペクティブな視点)から眺めることを写実的な態度だと思い込んでいたとすれば、はじめて、他ならぬ人間の眼で、しかも先入観や偏見をできる限り排除して対象を眺めればこう見えるはずだ、という確信を持つに至った最初の画家である、と少なくても私はそう考えております。

人間の眼は、カメラアイと違って、人間の横顔の裏側にもう一つの眼が付いていることを知らないフリして横顔を観察することなんかできませんからね。

ピカソも大好きな一素人美術愛好者です。

ピカソに限らず、優れた絵画はいずれも単純に写実的なだけではないかと思います。
と言うか、古来、優れた画家たちというものは、例外なく、それぞれの時代にあって、最も正確に対象を観察し、それを描き出そうとしてきたのではないでしょうか。

私自身は、最初にピカソを見たとき、いわゆるカルチャー・ショックに近い衝撃や戸惑いを受けました。
それを私なりに説明すると、「理解する」にも二通りあって、自分の慣用としてきた知の鋳型に合わせて対象をそれに...続きを読む

Qボストン美術館の展示物(日本画)

15年前ボストン美術館(Museum of Fine Arts)を訪ねたとき、日本美術コーナーに静御前(SHIZUKAGOZEN)という日本画が展示してありました。横1m縦2m位の大きい日本画だったと記憶しています。母親らしき女性が小さい子(2~3人)の手を引いて歩いているとても美しい絵でした。ただ作品名も確かではなく作者等まったく分かりません。ご存知の方がおられましたら是非教えてください。

Aベストアンサー

>母親らしき女性が小さい子(2~3人)の手を引いて歩いているとても美しい絵でした。
恋人の静御前ではなく、義経の母親である常盤御前でよく扱われるテーマですがどうでしょう?

常盤雪行図屏風(Tokiwa and Her Children in the Snow)
http://www.mfa.org/collections/search_art.asp?recview=true&id=25136&coll_keywords=11%2E4733&coll_accession=&coll_name=&coll_artist=&coll_place=&coll_medium=&coll_culture=&coll_classification=&coll_credit=&coll_provenance=&coll_location=&coll_has_images=&coll_on_view=&coll_sort=0&coll_sort_order=0&coll_view=0&coll_package=0&coll_start=1


常盤御前図(Tokiwa In Snow)
http://www.mfa.org/collections/search_art.asp?recview=true&id=27115&coll_keywords=&coll_accession=11%2E8713&coll_name=&coll_artist=&coll_place=&coll_medium=&coll_culture=&coll_classification=&coll_credit=&coll_provenance=&coll_location=&coll_has_images=&coll_on_view=&coll_sort=2&coll_sort_order=0&coll_view=0&coll_package=0&coll_start=1

>母親らしき女性が小さい子(2~3人)の手を引いて歩いているとても美しい絵でした。
恋人の静御前ではなく、義経の母親である常盤御前でよく扱われるテーマですがどうでしょう?

常盤雪行図屏風(Tokiwa and Her Children in the Snow)
http://www.mfa.org/collections/search_art.asp?recview=true&id=25136&coll_keywords=11%2E4733&coll_accession=&coll_name=&coll_artist=&coll_place=&coll_medium=&coll_culture=&coll_classification=&coll_credit=&coll_provenance=&coll_location=&coll_has_images...続きを読む

Qピカソとモネの絵を上下逆さまに見せると、なぜ、鳩はモネの絵の方を見分けられなかったのでしょうか?

ラジオで興味ある研究を聞きました。
イグノーベル賞を受賞したものだそうです。
鳩に、ピカソとモネの絵を見せ訓練すると、それらを見分けることができるようになった、そうです。
次に、それの絵を上下逆さまにして鳩に見せると、ピカソの絵は見分けることができたが、モネの絵はできなかった、そうです。
質問は、モネの絵を上下逆さまにすると、なぜ、鳩は見分けられなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
イグ・ノーベル賞を受賞してしまった有名な実験ですよこね。
理由は「ピカソの絵は上下がないけれども、モネの絵は上下があったから」ではないか、だそうです。

実験を行った渡辺教授いわく、
「絵を識別するのにハトは複数の要素から判断している。
 その認知能力はヒトに近い形なのではないか。」
だそうです。論文が読めなくても、下でご紹介する本に詳しく書かれていますので、ご興味があれば。

後年のピカソの絵は抽象的で、どっちが上でどっちが下やらわからないものが多いです。美術館さえ間違えていた例もあるぐらいです。キュビズムの時代とか。
なので、上下ひっくりかえされても特に識別に困難を来すことなく「これはピカソの絵っぽい」とわかります。
一方、モネの絵は基本的に風景など上下のある絵です。なので上下をさかさまにされるとそこに何が描かれているかすぐには認知できなくなります。そうすると、誰の絵かもわかりにくくなる。
ハトも同じようにモネの絵を見ていたらしく、そのため反応が低下したのではないか…とのことです。

画風や流派まで把握してそれぞれに分別できる、というのですからすごいですね。
私は詳しくない(詳しい人から聞いた程度)なので、書籍をご紹介します。

教授本人の本
「鳥脳力―小さな頭に秘められた驚異の能力(DOJIN選書32) 」
https://www.amazon.co.jp/%E9%B3%A5%E8%84%B3%E5%8A%9B%E2%80%95%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E9%A0%AD%E3%81%AB%E7%A7%98%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E9%A9%9A%E7%95%B0%E3%81%AE%E8%83%BD%E5%8A%9B-DOJIN%E9%81%B8%E6%9B%B832-%E6%B8%A1%E8%BE%BA-%E8%8C%82/dp/4759813322

鳥の能力についての本
「鳥の脳力を探る 道具を自作し持ち歩くカラス、シャガールとゴッホを見分けるハト (サイエンス・アイ新書) 」
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4797347260/ref=pd_cp_14_1?ie=UTF8&psc=1&refRID=9QB0SDDY7RDWGZC4E3MQ

おまけにイグ・ノーベル賞を受賞した各研究の内容を説明した本
「笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書) 」
https://www.amazon.co.jp/PHP/dp/4569774407/ref=tmm_pap_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1475879748&sr=1-1

こんにちは。
イグ・ノーベル賞を受賞してしまった有名な実験ですよこね。
理由は「ピカソの絵は上下がないけれども、モネの絵は上下があったから」ではないか、だそうです。

実験を行った渡辺教授いわく、
「絵を識別するのにハトは複数の要素から判断している。
 その認知能力はヒトに近い形なのではないか。」
だそうです。論文が読めなくても、下でご紹介する本に詳しく書かれていますので、ご興味があれば。

後年のピカソの絵は抽象的で、どっちが上でどっちが下やらわからないものが多いです。美術館さえ...続きを読む

Q個人が所有している美術品を直接美術館に持参し、美術館で売ることは出来ますか? 作品は著名な作家のも

個人が所有している美術品を直接美術館に持参し、美術館で売ることは出来ますか?

作品は著名な作家のもので、東美で直接鑑定依頼し鑑定書が発行された真筆の絵画です。

美術館で売るには、個人であっても古物商の資格を持っていれば可能でしょうか?コネがないと駄目でしょうか?
もしくは、個人美術館への売ることは全く不可能なことなのでしょうか?
個人所有の美術品は民間の古物商に売るしか方法はないのでしょうか?

詳しい方、どうぞお教え下さいますようよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>美術館で売ることは出来ますか?
一般的には美術館は画廊でも貸店舗業でもないので物品の販売をすることはありません。
もちろん美術館が了承すれば販売は可能です。

>個人美術館への売ることは全く不可能なことなのでしょうか?
可能です。

自分の(販売目的の中古品以外の)所有物を販売するのには古物商の免許はひつようありません。

美術館「で」と「へ」の違いを理解されているのでしょうか?

Qピカソって絵うまいの?

 ゲルニカなどの代表作で知られるピカソですが、子供の頃に初めて絵を見た印象として「下手くそ~」と思いました。 
 まったく美術に興味が無く生きてきたのですが、ピカソって写実的表現のデッサン力ってあるんでしょうか?。

Aベストアンサー

 ピカソは写実的な絵も非常に上手です。
 百聞は一見に如かず。よろしければご覧ください。
http://cgfa.sunsite.dk/picasso/p-picasso7.htm
 これは去年の秋に本邦初公開となった「初聖体拝領」で、ピカソ14歳の時の作品です。モニタを介しては半分も厚みを感じられませんが、「この絵を14歳で描いた」と聞いて才能を感じない者はいないのではないかと思います。
 これは古典主義を丁寧になぞった絵で、彼はこの時期、このスタイルの絵ばかり描いていたわけではありません。様々な画材で様々な描き方をし、まるでなにかをためし模索しているかのようです。
http://members.jcom.home.ne.jp/senecio304/picasso.htm
 こちらのページでは下にいくほど写実から離れていきますが、「夢」や「ドラ・マールの肖像」にしても、確かなデッサン能力が基礎になければ描けない絵だということははっきり見てとれます。
 ピカソが描いた写実よりの絵を他にもご覧になりたければこちらもどうぞ。
http://www.abcgallery.com/P/picasso/picasso.html

 ピカソの父もまた画家でしたが、息子ピカソが8、9歳の時に描いたリンゴかなにかの絵を見て彼我の才能の差を感じ、14歳の時に筆を折った・・・というのは有名なエピソードです。それが脚色された逸話だとしてもです。
 ピカソの父が絵を描くのをやめてピカソのサポートにまわったのは事実で、その理由が何であれ、それだけの力がまだローティーンのピカソにあったということではないでしょうか。
 またピカソは絵と女性と金儲けに対して非常に精力的な人物で、絵もギネスブックに載るほど非常に多作な画家でした。(女性が変わるたび、なにか心境に変化があるたび、ころころ画風が変わる画家でもあるので、追いかけるのも面白いですよ。)
 素人目には「写実的である」ということは絵の上手さの指標としてとてもわかりやすいので、写実的であるほど良い絵、上手い絵、と考えがちな気がします。
 しかしこれだけたくさん絵を描くと、「描く」ということに対して研ぎ澄まされていって、なにかが昇華して残ったものがあの、子供から見ればどう見ても落書き、というものになるのだと思います。
 「写実的に描く」だけなら技巧の上手さに過ぎないでしょう。そこになにか思想や情緒、概念というものを盛り込んで初めて「芸術」にまでなるのではないでしょうか。少なくとも感情として、絵を描きたいという欲求はただ単に風景を切り取るだけでは満たすことができませんし、一部の画家にとっては写真と違いがつけられないのかもしれません。絵も写真もなにかの表現手段ですが、絵を描くもののはしくれとして、「写実的に」描くだけではおさまらないものがあるんです。
 そうやって自分の絵心を追求し、昇華した先にピカソのような抽象画にたどりついたり、マグリットのように「写実的なモチーフを組み合わせて非現実的な絵を描く」画家もいると思います。

 トリビアですが・・・。ピカソのフルネームをご存知でしょうか?彼のフルネームはパブロ・ピカソではありません。
 パブロ・ディエゴ・ホセ・サンティアゴ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセノ・クリシピン・クリスピニャーノ・デ・ロス・レメディオス・シプリアーノ・デ・ラ・サンテシマ・トリニダッド・ルイス・ピカソ、がフルネームだそうです。彼の父や叔父はじめ先祖や近所の人などの名前がめいっぱい詰め込まれているそうです。

 ピカソは写実的な絵も非常に上手です。
 百聞は一見に如かず。よろしければご覧ください。
http://cgfa.sunsite.dk/picasso/p-picasso7.htm
 これは去年の秋に本邦初公開となった「初聖体拝領」で、ピカソ14歳の時の作品です。モニタを介しては半分も厚みを感じられませんが、「この絵を14歳で描いた」と聞いて才能を感じない者はいないのではないかと思います。
 これは古典主義を丁寧になぞった絵で、彼はこの時期、このスタイルの絵ばかり描いていたわけではありません。様々な画材で様々な描き方をし...続きを読む

Q“彫刻の森美術館”の所蔵作品の名前を教えてください

箱根・彫刻の森美術館に所蔵されている彫刻作品で、
どうしても名前が知りたい、でも思い出せないものがひとつあります。
ご存知の方、ご教示いただけませんでしょうか。

その作品の特徴を列挙します。
・設置場所は、屋外で金属球が高く吊るされているところのすぐそば。
 交差点の角にあります。
・色は白か灰です。
・かたちは、片面は表面が滑らかな直方体の断片。
 もう片方は骸骨や人体のなきがらのようなものがちらばっており、
 おどろおどろしい形態

以上、簡単な説明しかできず恐縮ですが、ご回答頂ければ幸甚です。
よろしくお願いいたします。

以上

Aベストアンサー

伊本淳氏の「断絶」ではないでしょうか。
画像と名前が同時に載っているよいページが見つからなかったのですが…
http://www.kanko-johokan.com/kana/ka6.html

Qピカソの絵について

ピカソの’貧しき食卓’と言う絵を知っている人どうか教えて下さい。
勘違いして全く別の絵を想像していました。困ってます!!!

Aベストアンサー

http://www.simplecom.co.jp/e-gallery/
ピカソ 「貧しき食事」



http://www.ishiroweb.com/gallery/book/sakuhin/pica1.htm
貧しき食事
Le Repas frugal (1904)
1913年
エッチング
46.3x37.7cm




27部、あるいは29部限定の和紙に刷られたものと、他に250部限定版と、いずれも1913年、14点1組として画商A・ヴォラールが刊行した。

参考URL:http://www.simplecom.co.jp/e-gallery/,http://www.ishiroweb.com/gallery/book/sakuhin/pica1.htm

Qピカソ美術館にゲルニカ?

先日スペインへ行ってきました。ソフィア王妃芸術センターでゲルニカを見ました。しかし、10年間くらい前パリのピカソ美術館で同じゲルニカを見た気がします。調べてみてもゲルニカがピカソ美術館に展示されていたという情報はなく、とても不思議な気分です。どなたかお詳しい方にお聞きしますが、本当にパリにゲルニカはありませんでしたか?

Aベストアンサー

パリ国立ピカソ美術館の第15室は「From "Guernica" to the war 」という名で、1935~39年制作の作品が集められています。ここでゲルニカ関連の作品をご覧になったのではないでしょうか?

参考URL:http://www.planetware.com/paris/picasso-museum-f-p-p.htm

Qピカソやモネなど有名画家の絵を見てもどこがいいのかとわかりません。絵も

ピカソやモネなど有名画家の絵を見てもどこがいいのかとわかりません。絵もクラシック音楽などと一緒である程度の観賞力がないと理解できないものなのですか?

Aベストアンサー

知識という面もありますが、色や形を考える・感じる頭の使い方、脳の使う部分というのはあると思うのですよね。
私は色や形を突き詰めて考える訓練をした後、理屈ではなくて色や形で絵を見られるようになりました。

不思議なことに、そういう勉強をしている時にふと掛けてみた姉のレコードの音や、音楽家のやっていることが素晴らしいものと気づきそれ以来音楽も聴くようになりました。それまではその中にある音そのものの調和や破綻のおもしろさがわからなかったのです。

この同調は偶然とは思われません。

現代美術については授業で実際に鑑賞して、意見を述べたり見方のヒントをもらったりしてから享受できるようになりました。
つまり美術については色や形の織りなす面白さだけでは説明できない要素もあるということだと思います。ですがやはりそれも体験的なこと(芸術的な体験)ではあったのだと思います。
もしその作品が展示してある空間で対峙して、それがいいのか悪いのか、なんなのか、というような自分への突き詰め、脳や心を働かすことが無かったら理解できなかったかもしれません。

以上私的な発達史のようなものが参考になるかと思い書かせていただきました。
やはりチャンスがありましたら造形的・美術的なレクチャーを受けて、できれば手も動かしてみると何か違ってくるのではないかと思います。

知識という面もありますが、色や形を考える・感じる頭の使い方、脳の使う部分というのはあると思うのですよね。
私は色や形を突き詰めて考える訓練をした後、理屈ではなくて色や形で絵を見られるようになりました。

不思議なことに、そういう勉強をしている時にふと掛けてみた姉のレコードの音や、音楽家のやっていることが素晴らしいものと気づきそれ以来音楽も聴くようになりました。それまではその中にある音そのものの調和や破綻のおもしろさがわからなかったのです。

この同調は偶然とは思われません。

現...続きを読む

Q岡山でお薦めの美術館(大原美術館以外)

クリスマスの日に岡山にいることになりました。
午前が空いてしまっているので、
その時間を利用して美術館に出かけようと思います。

・洋画・日本画・西洋絵画・現代アートのジャンル
・大原美術館以外(数ヶ月前に行ったばかりなので)
・倉敷駅を8時以降出発
・倉敷駅に午後1時には到着必須

普段 中部地方在住なので土地勘もなく、
小さな私設美術館だとガイドブックに載っていない施設も多いので
教えていただけると嬉しいです。

また、倉敷国際ホテルに棟方志功の壁画があるように
美術館以外でもお薦めがあれば知りたいです。
著名な建築物などでもいいです(デザイン関係も好きなので)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なにはなくとも岡山県立美術館ではないでしょうか?
駅から歩いても、散歩にちょうど良い距離です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報