クランプメーターに、よる、測定の場合インバーターの2次側の測定値は、正しい表示となるのでしょうか?又サーマルを設ける場合クランプメーターの表示を参考にすればよいのでしょうか?インバーターとサーマルの関係も教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>実効値表示型のメーター


私もこのセンだと思うのですが・・・ちなみに実効値表示型のメーターなら誇らしげに「RMS」って文字が書いてると思います。メーカーからすればそれがセールスポイントですからね。
両方使ってますけど、RMSでなく、しかも正弦波でなければ本当にむちゃくちゃな表示しますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。RMS調べててごろであれば、手に、入れたいとおもいます。インバーターというのは、測定が、むずかしい、ものなのですね。先日テスターで、電圧を調べようとして、テスター棒を1本当てただけではりが振れてしまいました。これは電磁波?ノイズ?なんなんでしょうね?

お礼日時:2002/02/12 22:58

>クランプの垂れ流し、モードというのは...


言葉足らずで申し訳ありません。
クランプ計は通常出力を持っていてその出力形式がいくつかあります。垂れ流しとはその出力電流を無加工で出すモードのことです。
インバータの一次側、二次側電流の違いは想像つきませんが、大概のものにはインバータ自体にも出力電流やトルク値をモニタ表示する機能があります。
まずはこれで確認してみては。
それと負荷は昇降で使用はしていないですね? 昇降では回生が発生しますので状態がまた変わってきますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。時と場合によってモードを切り替えてそくていするのですね。そのようなモード切り替えのついたクランプメーターをてに
入れたいと思います。

お礼日時:2002/02/12 23:04

rengoさんこんばんは。

クランプメーターの表示を信用できるかどうかは、メーターの仕様によります。
実効値表示型のメーターであればどんな波形であれ大丈夫ですが、安いメーターは大抵測定電流が正弦波であることを仮定して作られています。そういうメーターの測定値は測定電流が正弦波でない場合信用できません。
サーマルと言うからにはモーター制御用インバーターのことだと思いますが、こういうインバーターの出力はパルス波や矩形波だったりするので、安物のクランプメーターではおそらく正しい値は計れません。実効値表示のメーターを使って下さい。
ついでですが電源が貧弱だとインバーターの入力電流にも高調波が乗ります。そういうときは入力側でも実効値表示の測定器を使わないと正しく測定できません。

サーマルについて
No.1の方が書かれているように普通はインバーター内蔵の電子サーマルを利用するのですが、もしかすると1台のインバーターで複数のモーターを運転するのでしょうか。この場合は1台のモーターが異常になってもインバーターの電子サーマルが働かない場合があるので確かにモーター毎にサーマルリレーをいれる必要があります。
サーマルはモーターの特性に合わせて選択します。モーターのカタログを見ればたいがい適正なサーマルリレーの選び方が書いてあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

oodaikoさんありがとうございます。これからクランプメーター手ごろであれば実効値型のを、手に入れたいとおもいます。モーターも全運転ばかりでなく、寸動も頻繁に、使うためサーマル設定にくろうします。外部サーマルは、後から誰でも簡単に、設定値を触れるために便利だと、思ったのですが、、、

お礼日時:2002/02/12 22:45

正しいというか、クランプの垂れ流しモードで測定すれば一応実電流が測定できます。


しかし目的が不明ですが一次側の測定で何か問題でも?
サーマルに関しては通常インバータの電子サーマル機能を使用します。
これもサーマルを使用するのは何か特別な意味があるのでしょうか?
ただサーマルは温度上昇で働きますから、そういう意味ではモータ巻き線の焼き付きは保護することができるでしょう。

この回答への補足

クランプの垂れ流し、モードというのは、勉強不足で、わからないのですが、モーター3.7KWで、インバーター11KW用(変動負荷のため)  これを、クランプメーターで、一次側13A 二次側28Aと表示されてしまい?????の状態に、なって、しまいました。そしてサーマル24A設定で、10分ぐらいでとんでしまいます。ちなみにインバーターは、50HZに設定してあります。

補足日時:2002/02/06 20:13
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本の種類が多い電子書籍は?

電子書籍端末を買おうと思っています。
問題なのは、どれくらいの種類の本が手に入るのかということです。
ソニーのReaderではどんな作家の本があるか調べたのですが、
自分の好きな作家がなく、がっかりしました。

一番多い種類の本を読める電子書籍端末はなんでしょうか。

Aベストアンサー

今はまだパソコンじゃないでしょうか。

Q被測定箇所にセンサを取り付け、ピックアップで取り出した振動を電圧などに変換して測定する方法を◯◯測定

被測定箇所にセンサを取り付け、ピックアップで取り出した振動を電圧などに変換して測定する方法を◯◯測定法という。
この測定法の名前を教えてください!

Aベストアンサー

「間接測定法」?

「センサ」と「ピックアップ」の関係、測定するものは「振動」なのか何なのか、この文章ではよくわかりませんが。
「振動」を、それと一定の関係にある「電圧」に変換して測定するのであれば、「間接測定」でしょう。

Q特定の本が電子書籍になっているか、を知る方法

電子書籍についてまったくの無知です。

1 ネット上である本が電子書籍化されているか?を知る方法(確認する方法)はあるでしょうか。

2 IPAD?を持ってないのですが、ネット上から電子書籍を買うことは可能でしょうか。テキスト形式になっていれば充分です。

お願いします。

Aベストアンサー

(1)
 メディアファクトリーが『ダ・ヴィンチ電子部』というサイト(?)が6月27日から立ち上がり、複数の電子書籍販売サイトをまとめて検索できるサービスを開始しています...が、

 今のところ検索の対象となる販売サイトが少ないのが難点です。現在は下記のサイトが対象となっています。

eBookJapan
電子貸本Renta!(パピレス)
電子文庫パブリ
App Store(Bookカテゴリー)

 またまだ少ないと思います。

参考記事 → http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1106/27/news084.html
ダ・ヴィンチ電子部 → http://blog.mediafactory.co.jp/dd/


 なお、7月初旬からオープンすると予告されているのが『読むナビ』です。が、今のところオープンされていません。こちらは電子書籍だけでなく紙の本も検索対象になるようです。
 期待できるものになるかどうかは見てからですね。

参考記事 → http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1105/30/news068.html

ですので、今のところは各販売サイトを巡るしかないですね。

(2)
 ネット上から電子書籍を購入することは可能です。また、電子書籍端末を持っていなくとも、PCで読むことは可能です。ただ、手軽に持ち出すことを考えるなら端末は購入した方がいいですが、iPADしかないわけでなく、国内メーカーでも結構出しています。ちなみに私はSONY Readerを持っています。あるいはスマートフォンなど携帯電話で読むことも選択肢のひとつです。
 なお、PCの場合は購入した電子書籍を読むためのソフトが必要な場合が多いです。たいていは無料で提供しています。

(1)
 メディアファクトリーが『ダ・ヴィンチ電子部』というサイト(?)が6月27日から立ち上がり、複数の電子書籍販売サイトをまとめて検索できるサービスを開始しています...が、

 今のところ検索の対象となる販売サイトが少ないのが難点です。現在は下記のサイトが対象となっています。

eBookJapan
電子貸本Renta!(パピレス)
電子文庫パブリ
App Store(Bookカテゴリー)

 またまだ少ないと思います。

参考記事 → http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1106/27/news084.html
ダ・ヴィンチ...続きを読む

Q参考文献中の参考文献を参考にする?

レポートを書いているのですが参考文献の書き方に困っています。
ちょっとややこしくて説明になっているか不安ですが。。。

「(1)参考文献」として見つけたサイト中で
「(2)参考文献として取り扱われているサイト」の引用内容が参考になりました。

それを私の参考文献としてレポートに書くとき、どのように扱ったらいいのでしょうか?

大本の「(1)サイト」を題名・発行など、私のレポートの参考文献として書くだけでいいでしょうか?

それとも、その大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を参考文献として書くべきなのでしょうか?

大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を検索してみると、
会員制のみが見られる論文サイトのようで一般の人が見ることはできず、
結局、私が参考にできたのは、大本「(1)サイト」が参考にしたという引用部分だけです。

わかりにくてすみません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

一般的には(2)を読んでから参考文献にあげるべきだと思います。

ただ、レポートであれば(1)が(2)を参照していたということを書けばいいと思いますよ。

あとは、(2)を読んでいないのに(2)を参考文献に上げて読んだように見せかけるといったことも実際にはやられているようです(いけないことだと思いますが)。

(2)の著者にメールなどを出来る手段があれば、問い合わせるといったこともいいのではないでしょうか?

Q電子辞書と本の辞書、両方持って置いた方が良いですか?

内容は同じですけど電子と本と二つも持っておく必要ありますかね?
本の方が詳しく載っているのでしょうか?

Aベストアンサー

ジーニアスに関して回答すれば、本の方が電子よりも多く
解説がのっているときがあります。つまり電子のほうでは
省略されている部分があるということです。

よって、何か単語などを引いて、しっくりこないときは
本で何か他に書いてあることがないか再度確認してました。
とはいっても重要なことはもちろん電子辞書に載っているので、
細かいことを調べるときに使っていました。

高校生のころから電子辞書を使っているので
私は断然電子辞書の方が使いやすいです。
でも最近の辞書っていろいろなコンテンツがあって、
すべてを使いこなせているのか、自分でもわかりません(笑

短期の留学であれば、電子辞書だけで十分ですが
長期であれば両方持っていかれることをおススメします。

Qインバーターを使用した場合のモーターへの弊害

三相交流モーターを、インバーターを使用し周波数返還して使用した場合、このモーターの寿命は短くなるのでしょうか?

まあ、変換の頻度とか範囲にもよるのでしょうが。。。

例えば、インバーター接続を想定した専用モーターというのが存在するのでしょうか?

NETで探ってみましたが、いまひとつ理解が出来ずにいます。

どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスくださいませ。

Aベストアンサー

1)インバータ運転時の注意事項について
三相交流かご形電動機をインバータ運転する場合の注意事項は次のURLの
カタログを参照して下さい。

http://www.fujielectric.co.jp/fcs/jpn/new/frenic-mega/dl/MH642c.pdf

左枠にある[製品保証]をクリックします。
上段にある[ご使用上のご注意]の各項目を参照して下さい。

2)低速領域での運転特性について
更に低速領域での運転特性の詳細などについて知りたい場合は、次のURLを
クリックして参照して下さい。
ただし、画面の指示により会員の登録が必要のようです。会員登録により
ダウンロート可能となります。

https://web1.fujielectric.co.jp/kiki-info/user/guestlogin.asp?k_type=4

左枠にある[インバータ]をクリックします。
左枠にある[ユーザマニュアル]をクリックします。
右枠にある[FRNNIC-MEGAユーザマニュアル]をクリックします。

3)インバータ専用電動機について
インバータ専用電動機については次のURLのカタログを参照して下さい。
「インバータ駆動専用モータ」は低速領域で定格トルクを加えて運転しても
巻線の温度上昇が問題ないように製作されています。

http://www.fujielectric.co.jp/fcs/jpn/edc/catalog2/MH615a/MH615a_all.pdf

1)インバータ運転時の注意事項について
三相交流かご形電動機をインバータ運転する場合の注意事項は次のURLの
カタログを参照して下さい。

http://www.fujielectric.co.jp/fcs/jpn/new/frenic-mega/dl/MH642c.pdf

左枠にある[製品保証]をクリックします。
上段にある[ご使用上のご注意]の各項目を参照して下さい。

2)低速領域での運転特性について
更に低速領域での運転特性の詳細などについて知りたい場合は、次のURLを
クリックして参照して下さい。
ただし、画面の指示により会員の登録が必要の...続きを読む

Q電子技術を学べる本

こんです。
今、昔から興味があったのですが、電子技術にさわってみたくていろいろと勉強しようと思っております。
一番はふれる事だと思いますが、電子技術の基礎から応用までできるような、詳しい本を探しております。
工業高校クラスまでの知識を得たいと思っています。
お薦めの本をありましたら教えてください。

Aベストアンサー

「はじめての」「基礎からの」「誰でもわかる」
などのうたい文句が付いていても10ページも読むと専門用語だらけでチンプンカンプンになる、
というのがこの分野の本の特徴です。

基礎が理解できていなければ応用も理解できない訳で、
いきなり「トランジスタ技術」を読んでも理解できないと思われます。
「トランジスタ技術」の中の初心者向けのコーナーにも同じことが言えます。


いくつか買って理解できずに失敗した中で、
初心者本の中でいちばん、これは基礎の基礎の基礎から説明しているな、と思ったものを紹介します。

「ゼロから学ぶ電子回路」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061546643/250-3041084-6165058

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061546643/250-3041084-6165058

Q扁桃体が不安情報を発信しないように又それを脳内物質が分泌・伝達しないようにするにはどうしたらよいですか?

 不安の情報は扁桃体が発するといわれています。
その不安情報の伝達はガンマ-アミノ酪酸やセロトニンなどの脳内物質が関与していることは分かっています。
この物質が神経細胞の特定の受容体に付くと不安が伝わるそうです。
 とのことらしいですが、扁桃体が不安情報を発信しないように又脳内物質が分泌・伝達しないようにするにはどうしたらよいですか?

Aベストアンサー

人間が動物である限り、無理です。

不安情報は、遠い祖先の頃から己の身を守る一番の警報機になっていたのですから。

一番手っ取り早いのは、抗不安剤などの薬を服用することです。そして、不安になっても「大丈夫」と思える状況を作り、慣れていくことでしょうか?

森田療法など調べられても良いかも。^^;

Q『電子レンジで出来る簡単料理』のような本を探しています。

『電子レンジで出来る簡単料理』のような本を探しています。
TSU00YAで探したんですが中々見付からず…

本の題名、著者名、本の金額など細かく教えて下さると助かります!(*´∇`*)

Aベストアンサー

私が電子レンジ調理と言われて最初に思いつくのが村上祥子さんです。
アマゾンなどで“村上祥子”っで検索すると結構レシピ本がヒットすると思います。

が、

料理ってプロのレシピでも味の好みがありますからねぇ。
本を買う前に村上祥子さんのHPに電子レンジ調理レシピが載っていますのでそちらで試してお口に合うようなら本を購入されたらいかがでしょう?

http://www.murakami-s.com/recipe/rec_index/re_index_renji.htm

参考URL:http://www.murakami-s.com/recipe/rec_index/re_index_renji.htm

Q応力測定方法、ひずみ測定方法

学校の授業で、ひずみは測定できる値であり、応力とひずみの関係を学び、ひずみから応力を求めることができるのはわかりましたが、実際、ひずみを測定するにはどんな方法があるのでしょうか?図書館などで探しては見たのですが、コレといった本が見つかりませんでした。
また、逆に応力を測定してひずみを求めることはできないのでしょうか?

ひずみ測定方法と、応力測定方法、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

試験体にひずみゲージを貼り付けて,ひずみに比例して変化する抵抗値を計測し,ひずみを計算する方法が一般的だと思います。ひずみゲージと計算の方法は,下記のHPを参照してください。

http://www.tokyosokki.co.jp/product/strain_gauge/what_strain.html

なお,応力を直接計測する方法はありません。ひずみ(又は変位)を計測し,ひずみ(又は変位)と応力の関係式から算定します。

コンピュータなどのソフトと連動させて,計測したひずみを応力に換算するようなことができれば良いのに・・・と考えたこともありました。もしかしたら,前の回答にある機器類が,そのような機能を持ったものかもしれませんが・・・そのような機器類を使ったことがないので,そこまでは分かりません。

また,ヤング率などの定数が不明な材料などの場合は,事前に,材料定数算定の為の引っ張り試験又は圧縮試験等を行って,フックの法則を利用した荷重と変位の関係から,計算によって決めます。

参考URL:http://www.tokyosokki.co.jp/product/strain_gauge/what_strain.html

試験体にひずみゲージを貼り付けて,ひずみに比例して変化する抵抗値を計測し,ひずみを計算する方法が一般的だと思います。ひずみゲージと計算の方法は,下記のHPを参照してください。

http://www.tokyosokki.co.jp/product/strain_gauge/what_strain.html

なお,応力を直接計測する方法はありません。ひずみ(又は変位)を計測し,ひずみ(又は変位)と応力の関係式から算定します。

コンピュータなどのソフトと連動させて,計測したひずみを応力に換算するようなことができれば良いのに・・・と考えた...続きを読む


人気Q&Aランキング