三角錐と三角柱と直方体の頂点、辺、面の個数を調べたときに、どんな法則がありますか?

A 回答 (3件)

蛇足かもしれませんが、オイラーの法則について、塾で教えていたときの中2の幾何の教材の読み物ページにこんなものを載せていました。

(ちなみに私はトポロジーのお話自体はまったく知らない素人です^^;)あくまで直感勝負で。(笑)

(1)まず、立体の面を1つ取り除き、その立体を「ぶにゅ~っと」つぶして平面にする。
(2)そこから辺を1つずつ取り除く。そうすると、
(2-1)面が1つなくなるか、
(2-2)頂点が1つなくなるか、のどちらか1つの現象が起こる。
(3)つまり(頂点)-(辺)+(面)の値はこの作業により不変であることがわかる。
(4)(2)の作業を繰り返すと、すべての辺を取り除く直前で、●---●(頂点-辺-頂点)という図になる。ここで最後の作業として(2-2)が起こり、頂点が1つだけ残る。
(5)(4)の頂点1つと(1)ではじめに取り除いた面1つも考えて、(頂点)-(辺)+(面)=2が成り立つ。

確かなんとなく、大きな箱の上に小さな箱を乗せてくっつけ、鏡餅のような立体を作った場合は、面どうしをくっつけた数、というのもパラメータに入ってきていたような気がします。CADのシステムを組まれる方とかはこういう話にお強いのでしょうか?
    • good
    • 0

これは位相幾何学(トポロジー)でいうところのオイラーの法則で、


ranxさんのおっしゃるとおり、
(頂点の個数)-(辺の個数)+(面の個数)=2
が成り立ちます。
いわゆる位相不変量と呼ばれるもので、切ったりつないだりすると
変わりますが、曲げたり伸ばしたりしても変わることのない量です。
三角錐、三角柱、直方体はすべて球面(球の表面の部分)と同位相
(曲げたり伸ばしたりして、互いに変形可能という意味)です。

ちなみにドーナツ型の曲面だとこの量は0になります。
確か一般的に(頂点の個数)-(辺の個数)+(面の個数)=2-2g
が成り立ったと記憶しています(gは曲面の穴の個数)。
    • good
    • 0

これらの立体に限ったことではありませんが


(頂点の個数)+(面の個数)-(辺の個数)=2
オイラーの法則ですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q各頂点がn本の線で結ばれている図形について

たとえば正四面体を平面に押し付けて各頂点を線で結ぶと必ず3本必要です。立体的な図形はどんなに頂点の数が多くても3本の線でつながっています。平面の図形では各頂点は2本の線でつながっています。逆に五角形の中に頂点を共有する星型を書いて当初の五角形の各頂点と新たに星型が作った5個の交差点を頂点とすると各頂点は4本の線で結ばれます。これは4次元空間の図形を現していることになるでしょうか。

Aベストアンサー

おっしゃるとおりです。

3次元では、方向(座標軸)が3つあるから、各頂点に辺が3つあるように、4次元では、方向(座標軸)が4つあるから、各頂点に辺は4つあります。

まず、ひし方の、対角線を片方は実線で、片方は点線でかくと、
4面体に見えますか?

そのように、おっしゃる図形は4次元の図形を現わしています。

参考の URL の真ん中あたりに、おっしゃる図形とまったく同じものが
あります。
(色と解説つきです)

参考URL:http://www.hokuriku.ne.jp/fukiyo/math-obe/4zigen.htm

Q三角錐の底面積からの頂点の高さの求め方

分かっているのは。底面積と上面積とそこまでの高さです。おそらく比を使うと思うのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>おそらく比を使うと思うのですが
 その通りです。

底面積をS、上面積をT、底面から上面までの高さをh、
底面から頂点までの高さをxとすれば
S:T=x^2:(x-h)^2
が成り立ちます。
すべて正なので平方根をとって計算すれば
x=h√S/(√S-√T) となります。

Q10グラムの塩が入いる三角錐をつくりたい

10グラムが入る三角錐をつくりたいのですが、半径と高さを三角錐の公式から導きたいのですが
できません。すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

No.3 です。一部書き間違えてましたので訂正。

誤>3.14xr^2xhx1/3=91000
正>3.14xr^2xhx1/3=9100


ところで、こんなページを見つけました。
http://www.shiojigyo.com/a040encyclopedia/encyclopedia2/encyclopedia2_1/

>比重
の項目。
>比重は2.16。ただし、サラサラした塩の、みかけの比重は食塩で約1.2です。

No.1さん、No.2さんが言われるように
塊でなく粒や粉だと隙間に空気が入ってる分軽いので、
それを加味するとこんな数字になるという事です。

No.3 では「10ccで11グラム」→ 比重は1.1 と見てましたが、
比重1.2 なら体積は少し小さくてよく、
10グラムには 8,333 mm^3 で足ります。

No.3では
>r^2xh≒8694
と書きましたが、比重1.2なら
r^2xh≒7961
となる r と h を求めましょう。
一例として
r=14mm、h=40mmだと 8,206mm^3、約9.85グラムです。

もうひとつ大きな勘違いをしてました。

「円錐」と思ってましたが、求めたいのは「三角錐」ですか?
正三角錐だとするとその体積は
a(一辺の長さ)^3x(√2)÷12 だそうですから、
これが=8,333 となる a を求めましょう。

a=41mm と仮定すると、
体積は約8,122mm^3、重さ約9,747グラムと、近いですね。

No.3 です。一部書き間違えてましたので訂正。

誤>3.14xr^2xhx1/3=91000
正>3.14xr^2xhx1/3=9100


ところで、こんなページを見つけました。
http://www.shiojigyo.com/a040encyclopedia/encyclopedia2/encyclopedia2_1/

>比重
の項目。
>比重は2.16。ただし、サラサラした塩の、みかけの比重は食塩で約1.2です。

No.1さん、No.2さんが言われるように
塊でなく粒や粉だと隙間に空気が入ってる分軽いので、
それを加味するとこんな数字になるという事です。

No.3 では「10ccで11グラム」→ 比重は...続きを読む

Q三角形で、頂点から対辺へ下した線分の長さ

三辺の長さの分かっている三角形ABCで、
BC上に点Pをとります。
BPはBCの長さのn/mとすると、
線分APの長さはどうなりますか。

Aベストアンサー

BC=a, CA=b, AB=cとすると

BP=na/m=p (1)

余弦定理より

AP^2=c^2+p^2-2cpcosB (2)

b^2=c^2+a^2-2accosB (3)

(3)より

cosB=(c^2+a^2-b^2)/2ac

(2)へ代入

AP^2=c^2+p^2-2cp[(c^2+a^2-b^2)/2ac]

(1)を代入

AP^2=c^2+(na/m)^2-2(na/m)c[(c^2+a^2-b^2)/2ac]

=c^2+(na/m)^2-(n/m)(c^2+a^2-b^2)

=[(n/m)^2-(n/m)]a^2+(n/m)b^2+(1-n/m)c^2

AP=√{[(n/m)^2-(n/m)]a^2+(n/m)b^2+(1-n/m)c^2}

Q三角錐の体積の求め方について教えてください

三角錐の体積の求め方について教えてください

まず最初に、算数レベルの計算も涙目で必死にならないと解けないおばちゃんからの質問だという事を念頭に置いててください。

一辺の長さが5ミリの三角錐があるとして、その三角錐の体積を求めたいのですが、

三角錐の体積=底面積×高さ×三分の一

という式があるまではわかったのですが、三角錐の高さが不明ゆえ計算できません。
一辺5mmの正三角形の面積は(底辺5x√3)÷2で高さを割り出し4.33012702とし
底辺5x高さ4.33012702÷2=10.8253175
おばちゃんの頭でなんとかできたのはここまでです。

お暇な方がいらしたらご教授いただけると嬉しいです。



なんでこんな計算がしたいかといいますと・・・
生姜をすってて最後に指先でギリつまめる程度の三角錐の欠片が残り、
【直径35mm高さ20mmの円柱型の生姜をすりおろしました。
 持ち手として最後に一辺5mmの三角錐型の欠片が残ってしまいました。
 すりおろされた生姜の体積を求めなさい。】
なんていう問題が頭に浮かんじゃったからだけなんです。
円柱の体積は、まず円の面積が半径17.5×半径17.5×3.14=961.625
それに高さ20をかけて19232.5と出ました。
なんだかものすごく大きい数字になってしまい、もうこの計算さえ合ってる自信がありませんが・・・。

三角錐の体積の求め方について教えてください

まず最初に、算数レベルの計算も涙目で必死にならないと解けないおばちゃんからの質問だという事を念頭に置いててください。

一辺の長さが5ミリの三角錐があるとして、その三角錐の体積を求めたいのですが、

三角錐の体積=底面積×高さ×三分の一

という式があるまではわかったのですが、三角錐の高さが不明ゆえ計算できません。
一辺5mmの正三角形の面積は(底辺5x√3)÷2で高さを割り出し4.33012702とし
底辺5x高さ4.33012702÷2=10.8253175
おばちゃん...続きを読む

Aベストアンサー

「全ての辺の長さが 5 mm の三角錐」ということですね.
このようにすべての辺の長さが等しい三角錐は「正四面体」となるのですが, この場合に関しては簡単に体積を求めることができます.
実は, この正四面体は「辺の長さが 5/√2 mm の立方体」をうまく削って作ることができ, 体積は元の立方体の体積のちょうど 1/3 となります. ですから今考えている三角錐の体積は
(1/3)(5/√2)^3 mm^3 でおよそ 14.7 mm^3
と計算できます.
あと, 元の円柱の体積はその数値であってます. 単位が mm^3 なので大きな数値になっていますが, cm^3, つまり「ミリリットル」に直すと 19.2 cm^3 程度です.

Q三角錐と四面体

三角錐と四面体の違いがわかりません。
2つとも、三角形を4つ組み合わせた形だと
思うのですが・・。

アホな質問かもしれませんが、辞書を引いてものっていないので、質問します。

Aベストアンサー

三角錐は4面体ですよ。
言い方が違うだけです。

でも四面体はイコール三角錐ではありません。
錐は底面の反対側に3辺の頂点がくるカタチですが、
単なる四面体は4面あればよく、斜めでもOKなのです。

言葉で説明するのは難しいですナ。

正四面体と三角錐もちょっと違いますがネ。

Q三角錐の表面積

三角錐の表面積の求め方について質問があります。
普通、球の表面積を求めるときは、球(球A と仮定する)をつくり、その球より一回り小さい球(球Bと仮定する)をつくり、球Aの中に球Bをいれ、球Bを球Aの大きさに近づけて、その体積の極限をとることで(微分してやる)ことで球の表面積を求めますよね。その考え方を利用して、三角錐の表面積を求めてみたいと考えてみたわけですが、うまくいきません。(高さと半径という変数が二個あるので偏微分をつかうのかなと考えてみたり、問題を簡単にするために、三角錐の高さと半径を同じ長さを考えてみましたがうまくいきませんでした。)
なお、三角錐の展開図から求める方法はわかっています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

立体図形で (体積)'=表面積 の問題ですが,まず平面図形で (面積)'=周の長さ を考えてみましょう。

正三角形の場合,一辺の長さをrとして考えると
L=3r S=√3/4r^2 → S'=√3/2r≠L  ×

中心から各辺までの距離(内接円の半径)を r として考えると
L=6√3r S=3√3r^2 → S'=6√3r=L  ○

一般の三角形で,内接円の半径を r,L=αr とすると
S=1/2rL=α/2r^2 → S'=αr=L      ○

すなわち,内接円の半径を基準に考えるとうまくいきます。なぜでしょうか。
三角形を拡大していくときに,相似の中心からすべての辺に垂直にかつ等距離になっているからです。

というわけで,円錐の場合,内接球の半径rで体積Vと表面積Sを表せば V'=S になるはずです。

内接球がないような立体ではうまくいかないでしょう。

Q三角錐の面の法線

 三角錐の各面の法線は、その面の稜線から、二つのベクトルの外積で求まるんですが、その2つのベクトルの選択は任意ですか? 三角錐の場合、各面は三角形で頂点は3つなので、始終点を考慮すると6つのベクトルがあります。そこから外積に使う2つのベクトルがあるんですが・・・
そこには「ただし面は頂点を反時計回りに回ったときが表とする」と書いてあります。

Aベストアンサー

#1,2です。
>つまり法線は必ず正負の方向にふたつあり、どちらかが求まれば各成分の符号
>を変えればいいということですか。

そのとおりです。(ax-cx)などを、(cx-ax)などとする方法でもよいですし、
各成分の符号を変えなくても、掛ける順番を逆にしてもよいのです。
これは行列式の演算規則によるものです。
ただし、(ax-cx)などと(bx-cx)などを同時に変えずに、一方だけを変えるのです。
そうでなければ、(マイナス)×(マイナス)→(プラス)になってしまいます。

質問で、『「ただし面は頂点を反時計回りに回ったときが表とする」と書いてある』
と書かれていますね。
A×Bというベクトル積は、ベクトルA、Bの起点Cを中心にベクトルAからベクトルB
に反時計回りに回したとき(左に回すとき)、手前に伸びてくる方向を向きます。
ちょうど螺子を外すとき、ドライバーを左に回すと螺子が進む向きと同じです。
手前に伸びてくる向きなので、三角錐の表面の「表」とされているのです。

しかし、この向きは、A×Bというベクトル積の負の向きなのです。
逆に、Cを中心にAからBにベクトルを右に回す時に、ベクトルは奥に進む向きに
なります。この向きは、A×Bというベクトル積が正となる向きです。
電気に「右螺子の法則」(直線状の電流がつくる磁場の向きは、電流の流れる
方向を、時計回りに回す右ねじの進む方向にとれば、右ねじの回る向きに一致
するという法則)というのがありますが、これと似ているので、憶えておかれると
よいでしょう。

#1,2です。
>つまり法線は必ず正負の方向にふたつあり、どちらかが求まれば各成分の符号
>を変えればいいということですか。

そのとおりです。(ax-cx)などを、(cx-ax)などとする方法でもよいですし、
各成分の符号を変えなくても、掛ける順番を逆にしてもよいのです。
これは行列式の演算規則によるものです。
ただし、(ax-cx)などと(bx-cx)などを同時に変えずに、一方だけを変えるのです。
そうでなければ、(マイナス)×(マイナス)→(プラス)になってしまいます。

質問で、『「ただし面は頂点を反時計...続きを読む

Qグラフの問題です。 2n頂点のグラフGがあり、その頂点をA_1,B_1,,A_2,B_2,,,,A_

グラフの問題です。
2n頂点のグラフGがあり、その頂点をA_1,B_1,,A_2,B_2,,,,A_nB_nとする。全てのiに対して、A_iB_i∉E(G)であり、頂点A_1以外のすべての次数は異なっている。
この時、頂点B_1の次数を求めよ。
という問題なんですが、具体的なn=3のときは、6頂点でどの頂点も非隣接な頂点があることから、A_1以外の頂点の次数は0,1,2,3,4となり、最大次数をB__2にすると自然にA_2の次数は0というように順々に決定していけるのですが、頂点の次数が2nだとどのようにしていけば良いかわからないです。ややこしいのですが、どなたか解説のほうお願いします。

Aベストアンサー

「帰納段階のやり方出来なさそうですか?」というのは, いったい何を意図した質問なのでしょうか.

ひょっとして, 私が何かを書くのを待っていたのですか? もしそうだとしたら筋違いですよね. あなたが自分で考えればいいだけなのですから.

Q正三角錐=正四面体ですか?

正三角錐=正四面体ですか?

Aベストアンサー

錐体は底面が正三角形でも、他の辺が等しい長さとは限らないので
正四面体になるとは限りません。
従って「正四面体は正三角錐」ですがイコールではないですね。


人気Q&Aランキング