以前の質問の内容の中で、以下のものをみつけました。

x-bar-R管理図は、寸法や収量などの計量値のばらつきに対して用いられます。
同一ロット、同一生産日などで群分けし、そこで計測された値の平均をプロットします。(群の大きさは一定とする)
 書き方としては、
 1)データを集める
 2)群ごとの平均値を求める。
 3)群ごとの範囲R=データの最大値-データの最小値 を求める。
 4)平均値の平均とRの平均を求める。
 5)管理線を計算する。
    x-bar管理図
     CL=平均値の平均値
     LCL,UCL=平均値の平均値±A×Rの平均値(Aは群によって決まる定数)
    R管理図
     CL=Rの平均値
    LCL,UCL=D×Rの平均値(Dは群によって決まる定数)
 6)グラフを書く。

ここでのAの定数、Dの定数はどのように算定するのですか?若しくは、固定値としてあるのでしょうか?小生、勉強を始めたばかりでわかりません。なっとくいくまで教えて頂けないでしょうか?どうぞ皆様宜しくご指導ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

たしか.管理図を最初に唱えた人が計算し求めた群の大きさに依存する定数です。

以前著者と文献名までは追跡したのですが.学校に該当かんの蔵書がなく.入手をあきらめました。著者名は覚えていません。

見付方は.統計か品質管理の本を図書館で見つけてください。
管理図用定数表
がどこか(多くの場合に付録として)に書いてあるはずです。「群の大きさ」に対応して定数が定まります。どうしても蜜からなれば.JISハンドブック.品質管理の管理図のところを見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のお返事、有難うございました。これから図書館に行って調べて参ります ""A^^;
また、お気づきの点が有りましたらご指導くださいますようお願い致します。

お礼日時:2002/02/06 09:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

管理図」に関するQ&A: 3σ法による計算式

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QQC手法の管理図のついて質問

QC手法を勉強しているもので、管理図について質問です。

複合機の印刷・コピー枚数の「合計/月」をひとつのデータとして管理図を
作成し、上方管理限界を超えたら、無駄な印刷が発生している可能性を
さぐる。
下方管理限界を超えたら、節約意識が浸透しているなど、そういう使い方
をしたいのですが、どの管理図の種類を選択すればいいかわかりません。

n=1(月1データ)なので、X-Rs(移動範囲)の管理図だと思ったのですが、
枚数という単位は、計数値なので、間違っているのかなと思っています。

しかも、X-Rs管理図の書籍説明に、n=2以上の場合は、この係数を・・・
などと書かれていて、n=1のみのデータだから、X-Rs管理図なのに、
n=2とかn=3とかどういうこと?だったら、Xber-R管理図を使えばいいじゃ
んと思ってしまい、管理図の理解も薄い状態です。

計数値の管理図は、不適合品数や、不適合品率、不適合数、などを管理
するものと書籍には書かれていて、やりたいことは枚数管理なので、いまい
ちピンときません。

・X-Rs管理図の考え方の知識
・印刷枚数を管理するときの管理図の選択

このあたりについて、よろしければ、ご教授ください。
よろしくお願いいたします。

QC手法を勉強しているもので、管理図について質問です。

複合機の印刷・コピー枚数の「合計/月」をひとつのデータとして管理図を
作成し、上方管理限界を超えたら、無駄な印刷が発生している可能性を
さぐる。
下方管理限界を超えたら、節約意識が浸透しているなど、そういう使い方
をしたいのですが、どの管理図の種類を選択すればいいかわかりません。

n=1(月1データ)なので、X-Rs(移動範囲)の管理図だと思ったのですが、
枚数という単位は、計数値なので、間違っているのかなと思っています。

し...続きを読む

Aベストアンサー

何を持って無駄とするのですか?
その境界を決めないといけないと思います。

誰が決めますか?
それで何か問題が出たら誰が責任を取りますか?


コピーした人はみなさん必要だからするのでは?
規制されて、必要なのにコピー出来ない方が会社としての損失は大きいのでは?

管理図は不良数・不良率など、0を目指すツールですので適当ではないと思います。

Xは分かりますけど、R=範囲はどうしますか?

1枚の人も100枚の人もいると思いますけど、R管理図内に入らないと思います。



この場合、例えば1週間、コピーを使う全ての人に使用目的と枚数を書かせます。

使用目的ごとに分けて、紙を使わないメールや個人配布ではなく掲示板張り出すとかに変えられないか検討した方が良いと思います。

QC手法としては、パレート図、特性要因図、系統図を使います。

そのためには全社の根回し協力が必要です。

かなり大変そう。

QScreenpressoでCLR20r3エラー

キャプチャーソフトScreenpressoをインストールしようとexeを立ち上げると、
Screenpressoは動作を停止しました、と下記のエラーがでます。
原因と解決方法になりそうなことを探しています。

Windows7 64bit
.NET Framework 4.0はインストールされています。

説明:
Stopped working

問題の署名:
問題イベント名:CLR20r3
問題の署名 01:screenpresso .exe
問題の署名 02:1.3.7.0
問題の署名 03:50cbb4b0
問題の署名 04:Screenpresso
問題の署名 05:1.3.7.0
問題の署名 06:50cbb4b0
問題の署名 07:1104
問題の署名 08:6c
問題の署名 09:System.TypeInitialization
OS バージョン:6.1.7601.2.1.0.768.3
ロケール ID:1041

Aベストアンサー

管理者権限でログオン後インストールしましたか?
Q&Aに、スクリプト(管理者権限を持つ)を介して、プログラムファイルフォルダにScreenpressoをインストールする・・・とあります。

セキュリティ対策ソフトを一時的にオフにしてインストールするとか。

QX-S管理図について

製品の品質管理で、現在はX-R管理図を使っているのですが、ある顧客よりX-RよりX-S(シグマ)管理図による管理が良いとの意見を頂きました。X-S管理図はどのようなものなのか、良く判りませんでした。どなたか私の疑問に答えて頂きたくお願いします。
1.X-R管理図との違い
2.X-Sへ変更するメリットは何か(値の変動がX-Rより見極めやすいなど)
3.X-S管理図を使う目的は何か?
4.安定した工程(製品寸法が殆どばらつかないなど)に対して使う管理図はX-RとX-Sどちらが妥当なのか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

誰も書かないようなので書きますが.私のσ管理図は時系列分析用であり.品質管理を目的とした使用法ではないです。
何か通常ならざる事態が発生したときに.分析地が正しいか.私が操作を誤っただけかの分析に使用しました。

管理精度は上がります。
メリットとしては.数学的裏付けが選られる点でしょう。が.デメリットで計算が複雑怪奇になる点です。一般の管理図では.現場でチョコチョコットと暗算で結果が得られる程度の作業効率が必要です。このてんがσ管理図最大の欠点です。
目的にσもRも差はありません。
工程管理の上では.数学的にはσを使う方を薦めますが.本来のR管理図の前提条件を思い出してください。
正規分布という条件です。正規分布であれば.範囲は常に一定です。RもSも差は出ません。しかし.分布に偏りがある(正規分布以外の)場合には.どちらも効力が低下します。この場合にはX管理図(Rs管理図)が絶対的に効力を発揮します。
妥当性としては.過去200-400点をさかのぽって異常状態の検出(最低でも3-5点取れないと差が解釈できないので.必要に応じてふやしてください)が可能か計算してみてください。
管理図の使い方としては.図の読み方に名人芸的な部分があります(一般的読み方を百も承知で.2σ線を書くような人程度の知識)が.これができる人ならば.どちらも同じような結果になるでしょう。しかし.現場の作業員にこの程度の読み方を要求するのは無理かと思います。

最後に.工程管理はコストが関係します。σ管理図を使うとなると.計算が複雑になりますので.各現場にノートパソコン程度の電卓を置く必要があるでしょう。このコストをかけてまで数学的精度を上げる必要があるかどうか.多少不良が発生しても良いから工程管理費を押えたほうが良いか(過剰規格の問題です)は.適切に判断してください。

計算方法としては.以下の書籍を上げます。計量し(工程管理上秤の管理者がいるはずです。計量し以外の方かもしれませんが聴いてみてください)の方ならば持っているでしょう。
工業技術院計量研究所計量技術ハンドブック編集委員会
計量ぎしゅつハンドブック
コロナ社

3353-200024-2353

誰も書かないようなので書きますが.私のσ管理図は時系列分析用であり.品質管理を目的とした使用法ではないです。
何か通常ならざる事態が発生したときに.分析地が正しいか.私が操作を誤っただけかの分析に使用しました。

管理精度は上がります。
メリットとしては.数学的裏付けが選られる点でしょう。が.デメリットで計算が複雑怪奇になる点です。一般の管理図では.現場でチョコチョコットと暗算で結果が得られる程度の作業効率が必要です。このてんがσ管理図最大の欠点です。
目的にσもRも差はあり...続きを読む

Q販売顧客管理と商品管理と会計管理と業務全般のソフト

顧客管理 商品管理 会計管理等が連動するソフトがありませんか?
理想は自動車ディラー(T系)で使用しているようなソフトです。  

Aベストアンサー

ERPなら連動していると思います。

http://plaza.harmonix.ne.jp/~ma0011/smb/erp.htm
http://ips.ne.jp/servce/ERP.htm
http://www.presen.com/system/solution/package/top.html

Qシューハート管理図について

こんにちは。表題に関して教えて下さい。
初心者で、質問内容に不備があるかもしれませんが、宜しくお願いします。

管理図の中で、今X管理図と移動範囲Rs管理図とで管理しています。
UCLとLCLは、計算式で、X管理図はX±2.66Rs。
Rs管理図は3.267Rs(LCLは考えない)を使っています。

ここで、3σ管理と言われたのですが、上記のCL/UCL/LCLの他に、X±3σの管理線もいるのですか?
管理図内に、CL/UCL/LCL/±1σ/±2σ/±3σと合計9本の管理線を引くのですか?

Aベストアンサー

> X±3σの管理線もいるのですか?
要りません。Rがσの代わりを務めているからです。
ただし、Rは、σの計算がたいへんだった時代のものです(シューハートの管理図が考えられたのは80年も前です)。今のように、どの職場にもパソコンがある時代では「Rをやめてσを使う」ほうが、データの情報をよく活用しているといえましょう。

QCD-Rなどを上手に管理するソフト

CD-Rなどの中身を読み出して管理するソフトを利用しようと思いますが・・・・
出来れば、実際の置き場所(たとえばAのケースの5番目・・・等)なども表示したり、置き場所や、内容の種類ごとに一覧表を並べ替える事が出来る物を探しています。
エクセルで表を作れば多分私にとって使いやすく見やすい表が出来ると思うのですが、メディアの内容の入力にとても手間が掛かりそうなので、いわゆるメディア管理ソフトのように、メディア内の内容を自動で取り込んでデータベースとして使用出来る物が欲しいのです。
フリーソフトが望ましいのですが、希望の機能が揃っているのならシェアソフトでもかまいません。

こんなソフトをご存じの方、どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

私のオススメは「Virtual CD-ROM Case」です。
詳しくはリンク先をみて欲しいのですが、
CDを入れるだけで中身をデータベース化してくれます。

「置き場所」については、このソフトの中でフォルダと
CDの名前をつけれるので
それを利用すればやって出来ないことはないでしょう。

参考URL:http://www.vector.co.jp/vpack/browse/pickup/pw4/pw004607.html

Q生産管理の管理図について

生産管理の管理図についてですが、

「p管理図」「np管理図「u管理図」「c管理図」

のそれぞれのアルファベットは何の単語の頭文字でしょうか?

単語が分からないので、管理図の名称と意味がごっちゃになってしまいます。
どなたかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 ちゃんと調べたぁ?

参考URL:http://www.i-juse.co.jp/statistics/product/func/qc7/control-chart.html

QSmartHDD ProのS.M.A.R.T属性値の急変

現在シェアウェアのSmartHDD Proを使用しているものです。
このソフトを購入したばかりのDELLのノートパソコン(Insprion1501)にインストールして様子を見ていたのですが、2週間も経たないうちに「S.M.A.R.T属性に変化」
という警告が出てきました。内容は以下のようなものでした。

1 S.M.A.R.T属性[ハードウェア ECCリカバリ]に変化(253→100)
2 S.M.A.R.T属性[不明な属性(190)]に変化(66→64)

2のほうの警告は1度だけだったのですが、1については時々表示されます(数値の変化もそのまま)。また、1のほうの警告については意味が分かったのですが、2については調べてみても意味がよく分かりませんでした。
故障予測の欄を見てみると「このハードディスクは劣化していません」と表示されるのですが、それならばなぜ数値が急落したり不明な警告が出てきてしまったのか非常に気になります。購入してからこのパソコンはまったく移動させておらず、HDDの温度も常に40℃以下です。落下させたり液体をこぼしてしまったということもありません。購入したばかりのHDDであってもS.M.A.R.T属性値が急変するのはよくあることなのでしょうか。それとも初期不良なのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃったらアドバイスをいただけないでしょうか。

現在シェアウェアのSmartHDD Proを使用しているものです。
このソフトを購入したばかりのDELLのノートパソコン(Insprion1501)にインストールして様子を見ていたのですが、2週間も経たないうちに「S.M.A.R.T属性に変化」
という警告が出てきました。内容は以下のようなものでした。

1 S.M.A.R.T属性[ハードウェア ECCリカバリ]に変化(253→100)
2 S.M.A.R.T属性[不明な属性(190)]に変化(66→64)

2のほうの警告は1度だけだったのですが、1については時々表示されます(数値の変化もそのまま)。また、...続きを読む

Aベストアンサー

>2 S.M.A.R.T属性[不明な属性(190)]に変化(66→64)
コード190(BEh)は予備コードで、HDDメーカーによって内容が異なります。
HDDのデータシート等を調べないと、内容は不明です。

まぁ、HDDは消耗品ですし、ノート用の2.5型HDDは連続可動には向いてない機種も多いですので、内容によっては初期の頃はならしが出来てないので変化するかもしれませんねぇ・・・。
(メーカーによっては連続可動モデルのHDDは別型番でラインナップされてます。)

QS管理図の管理限界線の求め方について

Xbar管理図とS管理図の、管理限界線(UCL LCL)の求め方が分かりません。

Xbar管理図の管理限界線の求め方は下記であっていますか?

・集めたデータの平均値と、標準偏差(3σ値)を求める
・平均±3σ値をUCL LCLとする。

S管理図の管理限界線の求め方は下記であっていますか?

・集めたデータの標準偏差の平均値と、その標準偏差(3σ)を求める
・標準偏差の平均±3σをUCL LCLとする。

Aベストアンサー

No.2 です。

>s管理図は情報が少なく、あったとしても従来の係数を使った求め方なので、従来の求め方イコール3σで求めることと同じなのかなと思っているのです。

それでよいと思います。元々のQC管理図の考え方も、「標準偏差の3倍を越えたら明らかに異常」という考え方に基づいていると思いますので。

標準偏差や、その「3倍」の意味は、よろしいですね? 「正規分布」の特性ということです。
http://www.stat.go.jp/koukou/howto/process/p4_3_2_1.htm

Q顧客別に以前購入時の単価(前値)がわかる販売管理ソフト

現在はソフト屋さんの販売管理システムを使用しております。使い勝手がわるいうえに高額なリース料にうんざりして弥生販売を購入したのですが、当方小売業なので顧客顧客の以前の単価が納品書入力時に判るソフトでないと(弥生販売は原価に対する掛け率で、商品別に掛け率を設定できませんでした。)それ以外は
弥生販売のソフトのようなものでよいのですが、どなたかそのようなソフトご存知ないでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

弥生販売には売上伝票発行時に、過去の販売単価を表示できる機能が備わっています。
過去の売上取引を弥生販売にインポートできれば多分解消できると思いますが...

弥生マスターインストラクターでした!!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報