旭化成のへーベルハウスに使われている『ALCコンクリート』について調べているのですが、軽い・強い・燃えない・音を遮る・熱を通しにくい・温度を調節すると、欠点が見つかりません。本当に、欠点や、問題点というのはないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ALCの短所のみをわかる範囲で説明します。



ALCコンクリートは、普通のコンクリートに比べて遮音性がかなり悪いそうです。ALCの遮音性が良いと説明されるのですが、同じ厚さで比較しないと話になりません。ALCである程度の遮音性を得るためにはどうしても厚さが必要です。
また、ALCコンクリートは、いわば軽石なので、表面強度は弱いです。何かで被覆しないとぼろぼろになります。


ALCコンクリートは、比重が軽いという特徴があり、高層ビルに適しているといわれています。

一般住宅では、高層にしないので、重いコンクリートでも問題ないように思われます。

ALCコンクリート住宅は普通のコンクリート住宅よりも安いはずなのですが、旭化成のヘーベルハウスは、コンクリート住宅に負けないぐらい高いです。



一方、コンクリートでも安い工法が(RC-Z)あるそうなので、今後の技術の進歩に注目しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明して下さってありがとうございます。
おかげでよく分かりました。また、何かあればよろしく
お願いします。

お礼日時:2002/02/07 21:35

長所と短所、それぞれを比較したサイトを紹介しておきます



短所として取り扱われている点は主に素材の欠点と言うよりも、素材の特性に合わない使い方にあるようです。

http://www.people.or.jp/~nachan/ALC.htm

http://www5.ocn.ne.jp/~ggg/Badly.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございます。
また、わからないことがあったらお願いします。

お礼日時:2002/02/07 21:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強風時のアンテナ振動について(へーベル)

ヘーベルハウス(キュービック陸屋根)に住んでいますが、アンテナポールが鉄骨に直接取り付けてあるらしく、強風時にアンテナポールの振動が家全体に響いて、とても寝ていられる状況ではないのです。そこでお聞きしたいのですが、ヘーベルに住んでいられる方で同じような経験がある人はいるのでしょうか?また、何か対策みたいなものはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>何か対策みたいなものはあるのでしょうか?

一般論として振動を低減させるには3つの方法があります。

1つは堅さを変えてやる方法、もう1つは重さを変えてやる方法、もう1つは減衰を大きくしてやる方法。

堅さを変える方法には先の回答にあるように、基礎部分を柔らかくして全体的に柔らかくする方法があります。正しく設計すれば、これにより屋根に伝わる振動を低減できます。
しかし、アンテナの振動変形自体は大きくなりますので、アンテナの性能に影響が出ることがありますので、この方法の場合は慎重に計画することが必要です。

逆にワイヤーなどで固定することにより、固くしてアンテナが揺れない方にする方法もあります。
この方法は、どこに固定するかが問題となります。
下手に屋根に固定するとその部分から雨漏りが発生するなど他の影響が出ることもあります。

また堅さを変えてやる方法にはアンテナポールを剛強に変えるとか、鉄パイプなどで補強するという方法もありますが、アンテナの使用に影響がないか検討する必要があります。

重さを変えてやる方法はアンテナ自体の重さを変えてやるか、基礎部分に重い材料を設置して基礎部分が振動しないようにする方法です。
どのくらいの重量ならば効果が出るかの検討やその重量が屋根などに積載可能がどうかの検討が必要です。

減衰を変えてやる方法は制振装置というものを使う方法になります。
アンテナのような物でしたら動吸器あたりで対応できると思いますが、どのように設置するかという問題と、シビアな調整をしないと効果が出ませんので、詳細な検討が必要です。

なお、風による振動という場合、近隣の建物や地形のため特定の風向きなどがある場合は、位置を変えてやるだけで振動しなくなることもあります。

以上のように対策方法はいろいろ考えられますが、それぞれ欠点も持っていますので、実施に向けては現状の振動状況を把握し、それに基づいた検討をする必要があります。
状況が把握できないので、どの方法がベストかは判断できません。

まずは、(旭化成?)ヘーベルさんに相談してみてください。
ヘーベルさんクラスのメーカーさんなら担当者レベルでは回答できなくとも、本社などでしたら、そのような技術を持っている人がいると思います。

>何か対策みたいなものはあるのでしょうか?

一般論として振動を低減させるには3つの方法があります。

1つは堅さを変えてやる方法、もう1つは重さを変えてやる方法、もう1つは減衰を大きくしてやる方法。

堅さを変える方法には先の回答にあるように、基礎部分を柔らかくして全体的に柔らかくする方法があります。正しく設計すれば、これにより屋根に伝わる振動を低減できます。
しかし、アンテナの振動変形自体は大きくなりますので、アンテナの性能に影響が出ることがありますので、この方法の場...続きを読む

Qドームハウス・ジオテックドームの欠点。雨漏り以外

ドームハウスは70年代にアメリカで盛んに建設されたが、その後多くが取り壊されたそうです。
雨漏りが原因の大きな要因だとは思いますが、ほかにはどのような理由で取り壊されたのでしょう?

テンセグリティー構造なので、一箇の不具合によって致命的な欠陥へとつながることも予想できますが、そういった例は多くあるのでしょうか?

永年劣化、木材の変形でドームが激しくゆがんでくるとか・・・

取り壊しになった主な理由になる多くの事例が知りたいです。

欧米のウィキペディアは調べました。ほとんどが雨漏りが原因であるのは知っています。ジオテックドーム(三角形を組み合わせたもの)いがいの情報(発砲スチロール製など)の情報は結構です。

お詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1部材の変形が多方面に影響を及ぼすというのは考えられます。
しかしそれは構造的な問題というよりも、70年代の技術による材料と建築であることを踏まえて考えるべきかと。
材の乾燥不足による変形、専用金具が無い事による拘束不足、手作業が多い刻みの甘さ。そういった影響は決して小さくは無かった事でしょう。
ましてドーム構造は上に立って作業ができないので、メンテでは足場を組んだり梯子を並べたりする必要があり、気軽にメンテしながら長期使用するといった使い方には向いていなかったのではないでしょうか。
またその間に合板や金具・工作機械の質が向上し、2×4など安価な建築法が普及してきたって向かい風要因も大きかったことでしょうね。

あとは、あの形を見るに
・曲線ゆえに内装が面倒。
・変形間取りになるため、既製家具や収納が使いにくい。
・音が反射集中するため、プライバシーが保ちにくい。
・増築すなわち別棟の新築に等しい。
などの要因もあったのではないかと思います。

要は維持の手間をカバーするだけの愛着がわかなかったのではないですかね~。


以上、推測の域を出ない意見で申し訳ないです。

1部材の変形が多方面に影響を及ぼすというのは考えられます。
しかしそれは構造的な問題というよりも、70年代の技術による材料と建築であることを踏まえて考えるべきかと。
材の乾燥不足による変形、専用金具が無い事による拘束不足、手作業が多い刻みの甘さ。そういった影響は決して小さくは無かった事でしょう。
ましてドーム構造は上に立って作業ができないので、メンテでは足場を組んだり梯子を並べたりする必要があり、気軽にメンテしながら長期使用するといった使い方には向いていなかったのではないでしょ...続きを読む

Qへーベルハウスを購入された方に質問です。

 いま、我が家では住宅を購入しようと考えています。いくつかの候補の中から、A社の「へーベルハウス」にしようかと考えています。ただ、価格が他社と比べると少し高いのが気になりますが・・・。
 そこで、へーベルハウスにお住まいの方(購入された方)に質問です。へーベルハウスを購入する決め手は、どんなものでしたか。ぜひ参考にさせていただきたいので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

十数年前になりますが、私の実家でへーベルハウスを建てました。(私は新築後そこに2年ほど住んでいました。)へーベルハウスに決定したポイントの一つはsorasorasoraさんがおっしゃっていたのと同じで遮音性(やはり二世帯住宅にしました)でした。
また、当時は両親とも家を空けることが多かったため、防火性(や防犯性)が優れていることも重視しました。
その他、当時は父が海外に居ることが多かったものですから、大手メーカーなら建築途中でこちらがいちいちチェックしていなくてももわりと安心だろう、ということもあったと思います。

実は、私は現在も賃貸の別のへーベルハウス(別に意図的に決めたわけではありませんが)に住んでいるのですが、こちらも、先に述べたように木造家屋に比べ遮音(や耐振動)性がかなり良いですし、地震の時の揺れも少ないように感じます。

一方で、弱点と思われることも少し。
まずは構造上の制約からくる問題ですが、へーベルハウスは建物の強度を得るために一定の範囲ごとに壁が必要になるため、間取りや窓の位置に制約があります。たとえば南側に広く窓を取りたくても、実際には3分の1(~半分)は壁にせざるを得ません。日当たりを重視する人の場合悔しい思いをすることになると思います。

それから水漏れの件ですが、屋上に防水ビニールを敷くことで、雨水の進入を防ぐ構造になっているためか、屋根の形状を複雑にすると、水漏れを起こしやすくなるかもしれません。(このことは私の実家でたまたま運悪くということなのかも知れませんが、新築草々の豪雨があった日に、北側の屋根が斜めになっているところから水漏れをしました。そのときのA社の対応は悪くなかったように記憶しています。その後修理されて、現在は問題ありません。)

以上、いくらかでもご参考になりましたでしょうか?

十数年前になりますが、私の実家でへーベルハウスを建てました。(私は新築後そこに2年ほど住んでいました。)へーベルハウスに決定したポイントの一つはsorasorasoraさんがおっしゃっていたのと同じで遮音性(やはり二世帯住宅にしました)でした。
また、当時は両親とも家を空けることが多かったため、防火性(や防犯性)が優れていることも重視しました。
その他、当時は父が海外に居ることが多かったものですから、大手メーカーなら建築途中でこちらがいちいちチェックしていなくてももわりと安心だろう、...続きを読む

Q燃えないゴミ?燃えるゴミ?

お菓子の袋(個別包装)に「プラ」と書かれていて
時計周りに「→」マークが2個あるのですが、
これは燃えないごみなのでしょうか?

Aベストアンサー

プラスチックは不燃ごみまたはリサイクルごみ
可燃ごみでは無いことは確かです。
燃やすと有毒ガスが出るためです。

自治体によって違います。

Q毎週、毎週居るんだけど燃えるゴミ!燃えないゴミの分別がつかない人が多い

毎週、毎週居るんだけど燃えるゴミ!燃えないゴミの分別がつかない人が多いがどうしてなんだろう?その人のせいで住民みんなが管理会社から苦情を言われるし回収する市役所の方からもチラシが来てみんなが迷惑!誰が捨てているかは不明で混合袋は市役所が持って行かなく数日間はその場に置いてありいつの間にか無くなってる、袋に張り紙は張っては有るが効果はない!何か良い方法はないだろうか?

Aベストアンサー

時々、他人の家のゴミ袋を開いて中を覗いてる人なども居ますが
はっきり言ってそこまでされると嫌悪感ややりすぎ感を感じ
ごみとはいえ、家の中を物色されてるようでゾッとします。

マナーやルールを守るのも大事ですが
あまりこだわり過ぎてそこまでやるようになると
今度はあなたが嫌われるという事もあるので注意してください。

ごみ問題に関してはマナー・ルールとして分別する決まりになっていますが
今の清掃工場&焼却炉というのは昔と違って燃焼温度も高く改善されており
燃えないゴミに分別されている物でも、ある程度のものなら問題なく焼却出来る様になっています。
少し前まではそういう物を無理に燃やす事で有害物質・ガスが出るなどの問題もありましたが
今は有害ガスが出ない程の高温にして焼却するする方法に改善され
更に排気の排ガス処理という二重三重の対策によってその様なデメリットも解消されています。

だからと言って分別しないで出しても良い、という事ではありませんが
神経質になって何としても改善させたい!とあなたが他人の家のゴミチェックなどをして
逆にあなたが近所の人に嫌われてしまっては意味がありません。

確かにごみが回収されてなかったり、クレームが入るのは少しうざいですが
ある程度聞き流してストレスにしない生活を心掛ける事も大切ではないでしょうか?

対策としてはマンションなどの集合住宅の場合は
マンション専用のゴミ収集場を設置してもらい、暗証番号や鍵などで
近所の人が利用できなくした上で大家・管理会社の責任でしっかり管理する。
住人の中で分別しない人がいる場合は、管理会社から清掃人を派遣してもらい
共同場の清掃とごみの管理をもお願いする、などの対処が一番かもしれません。

その他の地域的な場合は(近隣全員で使う場合)地区単位(町会など)で
ゴミ捨て場に防犯カメラを設置する案などを検討し、
ごみを分別していない袋などを回収車が残して行ったら
誰が捨てたものか後から確認出来る対策を講じればプライベート的な問題に触れずに
分別問題に終止符を打つ事が出来るかもしれません。

分別・不法投棄だけでなく、放火の問題などにも役立つので
町会単位や管理会社での会議を開き、その様な方向で解決を祈ってはどうでしょう?

時々、他人の家のゴミ袋を開いて中を覗いてる人なども居ますが
はっきり言ってそこまでされると嫌悪感ややりすぎ感を感じ
ごみとはいえ、家の中を物色されてるようでゾッとします。

マナーやルールを守るのも大事ですが
あまりこだわり過ぎてそこまでやるようになると
今度はあなたが嫌われるという事もあるので注意してください。

ごみ問題に関してはマナー・ルールとして分別する決まりになっていますが
今の清掃工場&焼却炉というのは昔と違って燃焼温度も高く改善されており
燃えないゴミに分別されている...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報