高校時代は大東亜戦争は日本の勝利も十分に有りえたと考えておりました。
 しかし色々な資料を読んでいくうちに日本の勝利への道が見えなくなりました。

 当時の軍部首脳は戦争の終結時を どのように考えていたのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

概ね、議論は尽くされているようですが、補足までにいくつかの資料を提示させて頂きたいと思います。

回答の結論は、当時の日本(特に日本の政戦略を主導した帝国陸軍)の戦争終結への見通しが全くの『丸っきりの他力本願』であり、その戦争指導がほとんど『泥縄』であったというものです。また、当時の国家指導者、なかんずく帝国陸軍指導者に「やるからには防衛線をどこに引きどの程度の兵力で補給線をどうすれば何年戦えるか?その間に世界情勢がどのように変わりどの時期にどのような講和条約を結ぶのか』などと言う冷静な、戦争への青写真があったと考えるのは不可能と結論づけるしかありません。
No.10の回答に対して、質問者は、『それでは 丸っきりの他力本願?!まじスっか?』と反応されていますが、『丸っきりの他力本願』であったことを示すこういう資料があります。

「対英米戦争は長期大持久戦に移行すべく戦争の週末を予想することははなはだ困難にして、特に米国の屈服を求むるは先ず不可能と判断せらるるも我が南方作戦の成果大なるか英国の屈服などに起因する米国世論の大転換により戦争終末の到来必ずしも絶無にあらざるべし(1941年9月6日において、帝国陸軍の準備した「帝国国策遂行要領」に対する質疑応答資料。本記事に対する出典は 大江志乃夫著「日本の参謀本部」中公新書、1988年第10刷)」

同時に当時の、特に日本陸軍が如何に対米線に不準備であったかという事情は、以下の資料にも提示されています。著者の堀氏は、戦後GHQから『マッカーサーの参謀』とまであだ名された対米情報参謀ですが……このエピソードの時期は昭和18年11月(対米開戦から約2年経過した1943年末)になっています。

「『堀君は米国半に所属して、米軍の戦法を専心研究してもらう。そのためには先ず戦場を見てきてもらいたい』これが杉田課長の第一声であった。正直言って堀は驚愕した……<中略>……野球の試合が中盤以後になって、相手の攻撃に手こずりだして、『さあ、データーを調べよう』というのと同じだ。(本記事に対する出典は、堀栄三著「大本営参謀の情報戦記」文春文庫、1996年第3刷)」

文中、『杉田課長』として登場するのは当時の陸軍参謀本部第2部第6課(対英米情報)課長の杉田大佐です。また、文中、『堀』として登場する人物は著作者の堀栄三氏本人です。

同じく、土門周平氏の『参謀の戦争』PHP文庫、1999年初版でまとめられた当時の国策文書の要約(同321-323ページ)では1941年9月6日の「帝国国策遂行要領」に対しては、「勝利の見込みのない戦争を決意しようと言う奇妙な決定」との注釈がなされています。
そういう奇妙な決定に対して、質問者は「天皇の御裁可を仰ぐ以前に軍内部で無理!って声が上がる』はずだとコメントされていますが、これに対してはこういう資料があります。当時の陸軍省整備局戦備課の田辺少佐(当時)の回想です。ここには、内心には「無理だ!」と思っていても口に出せない当時の雰囲気が述べられています。

「あの当時の会議の空気はみんな強気でしてね。ここで弱音を吐いたら首になる。第1線へ飛ばされてしまうと言う空気でした。「やっちゃえ、やっちゃえ」というような空気が満ち満ちているわけですから、弱音を吐くわけにはいかないんですよ。みんな無理だと内心では思いながらも、表面は強気の姿勢を見せていましたね。私も同じです(本記事に対する出展は、NHK取材班『太平洋戦争 日米開戦 勝算なし』角川文庫、1995年再版)」

これらの資料を鑑みる限り、冒頭の結論にたどり着く意外の選択肢は余り無いと考えます。
なおご不審がありましたら、これら参考資料の引用する原典資料に当たられるのがよいかと思います、民間で入手可能かどうかまで確認したわけではありませんが、防衛庁の発行した戦史叢書などには原点資料の原文が載せられているのではないかと思いますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に有難う御座います。
不審など有ろうはずも御座いません、詳しい回答感謝です(T_T)
堀参謀や田辺少佐の本是非読んでみたいです。

お礼日時:2006/05/07 23:45

こんばんは。

4月27日付けの読売新聞「検証・戦争責任」という特集を参考にして、お答えしたいと思います。他の皆様の回答通り、第1次近衛、平沼内閣においては海軍は米内-山本-井上の英米協調派ラインが形成されており、何とか対米戦争を回避しようとしていました。しかし、記事によると海軍においても課長以下では親独派が多数派を形成していたようです。英米協調派がトップを退くと親独派が台頭してきたようです。そんななか三国同盟が締結され、アメリカ等によるABCD包囲網が発動、日本に石油の輸入がストップすると海軍首脳部は対米決戦を考えるようになります。記事によると41年7月の連絡会議において永野軍令部総長は「米に対しては今は勝算あるも、時をおうてこの公算は少なくなる」と主張しました。その裏には“日米双方の艦船建造ピッチから41年4月ごろが対米兵力のピークで、これ以降は国力差から建造競争は引き離される一方だ--との判断が底流にあった”と記事には書かれています。つまり、石油の備蓄はどんどんなくなっていく、そうなる前に一か八か戦おう、というのが主戦派の考えだったようです。記事では41年9月時点での太平洋における海軍力バランスも掲載されており、それによると太平洋に限ってみれば日米の保有艦船数は日本の方が上回っているのです。こうした事実が日本が戦争に踏み切った背景にあると思います。
では主戦派はどうやって対米戦を乗り切ろうと考えたのか。主戦派は太平洋上で一大艦隊戦を行い、アメリカ海軍を殲滅しようと考えていたようです。そのため大和、武蔵と言った超ド級戦艦が建造されました。ド級の「ド」とはそれまで世界最大級の戦艦名前頭文字と記憶しておます。ところが連合艦隊の指揮をとっていた山本五十六がその策を却下。彼は航空母艦による真珠湾奇襲攻撃を提案しました。五十六はこれからの戦争の主役は航空機を母体になるものとし、アメリカ艦隊の空母が母港としていた真珠湾を攻撃し空母を破壊しようとしました。ご存知の通り、真珠湾奇襲は成功を治めましたが、五十六が目標としていたアメリカ艦隊の空母はちょうど真珠湾を出払っており、無事でした。翌年、五十六はアメリカ空母艦隊をミッドウェーに誘い出すことに成功。天下分け目の戦いを行いますが、これに敗北。以降、日本軍は敗戦の道をたどることになります。
長くなりましたが、これが私の考えた回答です。多少、事実と違うこともあるかとは思いますがお許し下さい。最後にミッドウェーで勝ったら、日本が勝ったか?という質問もあるか、とは思います。おそらく日本はやはり負けていたでしょう。戦争前、五十六は天皇に「この戦争勝てるのか?」と尋ねられ、こう答えたそうです「2年や3年は暴れて見せますが、その先は難しいかと思います」と。だから、私はどうやってみてもこの戦争には勝てなかったと思います。

この回答への補足

ya-ken0829さんには大変ご無礼になってしまうとは思いますが 皆さんに 私の質問が上手く伝わって内容なので失礼を承知で書かせていただきます。
 
「2年や3年は暴れて見せますが、その先は難しいかと思います」>この話や日米の太平洋艦隊の編成数・生産能力差などは私も知っています。
質問の内容は山本長官は2・3年暴れてみせると言いそれ以上は無理だから戦はするな!と言っているわけですよね。それに対し永野軍令部長は今なら勝てると言っているんですよね、明らかに短期決戦。この勝てると言うのは ある特定した戦局を言っているのではなく米に戦争で勝つという意味ですよね まさか太平洋艦隊を叩けばアメリカが恐れをなして講和条約を結ぶなんて思っていた等と言う幼稚な戦略で戦争を始めたとは思えないし其れでは天皇の御裁可を仰ぐ以前に軍内部で無理!って声が上がると思います。やるからには防衛線をどこに引きどの程度の兵力で補給線をどうすれば何年戦えるか?その間に世界情勢がどのように変わりどの時期にどのような講和条約を結ぶのか?と言う青写真が無いわけが無いと思います、それがわかる方は是非教えてください。お願いします。

ここに書くことはya-ken0829さんには本当に 失礼なことだと十分に反省しておりますのでどうぞ御気を悪くなさらないで下さい。

補足日時:2006/05/04 02:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答有難う御座います。

お礼日時:2006/05/04 02:34

昭和10年ー16年に掛けて、陸軍参謀本部は<対露戦>と


<対米戦>の双方を想定しており、結果として対米戦を選択したことは
ご存知?対露戦を選択した場合は、シベリアが日本領になっていたかも
しれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。こういうお答えを待ってました。
仮想敵国は私でもわかります。
<対米戦>どのような内容だったのかが知りたいんです。

お礼日時:2006/05/03 16:56

>当時の軍部首脳は戦争の終結時を どのように考えていたのでしょうか?



何も考えてはいません。
戦争するのが仕事なのです。
最後まで、
「良い仕事してますねー」
と、仕事をするまでです。

戦争の終結とは、政治家の仕事です。
それまで「狂ったように」全力で戦う事しか「どたま」にはありません。

この回答への補足

それは1兵卒のかんがえですよね。
作戦参謀や高級将校が目の前の戦場勝利の為だけに戦うわけではないと思うのですが。

補足日時:2006/05/03 16:46
    • good
    • 0

希望的観測だけでしたね。


皇国が南方資源を手に入れて、不敗を続ければ、デモクラシーの米国は嫌戦気分になるだろう。
ドイツが英国に勝てば、同盟国の米国も手を引くだろう。
ソビエトは、ドイツの前にすぐに降伏するだろう。
孤立無援の米国は、戦争継続の意味を失うだろう。
米英に援助されてる中国は、援助がなくなれば降伏するだろう・・・。
そんなところですかね。
決して日本が勝つとは思ってなかった節があります。

この回答への補足

それでは 丸っきりの他力本願?!まじスっか?!

補足日時:2006/05/03 17:02
    • good
    • 0

#4、6、7です。



敢えて陸軍でまともな人を掲げるとすれば映画評論家の水野晴男先生の『シベリア超特急』でお馴染みになったマレーの虎こと山下奉文将軍と今村均将軍くらいですかね。

昭和14年のノモンハン事件でのソ連の機械化部隊に対する大敗を受けて、昭和15年に山下将軍がドイツとソ連を訪問しました。モスクワではノモンハン事件当時のソ連軍司令官のジューコフ将軍と会見しました(この方はドイツ軍のモスクワ攻撃を跳ね返し、後にベルリンを陥落させたソ連の英雄です)。

それからドイツに入ってベルリンでヒトラー総統と会談し、装甲部隊の父であるグデーリアンによって育てられたドイツ軍装甲部隊を視察しました。

この訪問を受けて陸軍省に部隊の機械化が必要であるという視察報告を行ないましたが、あまり生かされなかったようです。

山下将軍はあまり政治には関わらなかった生粋の軍人なので、山本提督のような戦争回避責任を求めても仕方がないのかも知れません。

とにかく陸軍は関東軍のように政治に野心を持っている連中か、山下将軍のように軍人の本分を守る人たちに分かれていたようです。
    • good
    • 0

基本的に海軍は機械に頼り戦闘しますからどうしても計数に頼ります。


これに対し陸軍は開戦当時まだ第一次世界大戦の戦術を信奉していたのです。

集団白兵突撃による戦闘でまだ中国では勝利を重ねており、皇軍不敗の信念さえあれば勝利は間違いないと精神主義がますます高まっていました。

この両者の差異が対立まで高じたのです。
軍人は戦争が仕事ですから日常の学習も軍事面から思考してしまい勝ちです。
しかも自分の担当する分野からの思考の範囲に留まり勝ちです。

陸軍はまだ敗北らしいものの経験がありませんでした。 唯一の敗北経験はノモンハン戦でしたがこの事実は隠蔽されてしまい、深刻にこの事実を論議する事はタブーとしてしまったのです。
しかもこの陸海軍の調停に任ずる人材が日本では存在しませんでした。 
唯一存在するとしたら天皇でしたが天皇には近代戦の知識は乏しく、実力的に指導する見識をもちませんでした。
戦争は外交の一部でしかありません。
政治、外交、軍事に通じた戦略家が日本に育たなかったのが全ての不幸の原因とおもいます。
    • good
    • 1

#4、6です。



私が大切だと思うのは戦争を起こして終わらせることではなくて、戦争を回避することなんですね。

石原莞爾も熱心な日蓮宗信者でちょっと狂信的なところがあります。『世界最終戦論』などは夢物語だと断じて良いと思います。

でも海軍にはまともな人たちがいて、彼らは必至で対米戦争を回避しようとしたんです。それが米内光政、山本五十六、井上成美らなんです。山本などはテキサスの油田を直接見てアメリカとの戦争が無謀であることをしっかり認識していました。それで陸軍や海軍の同調派が命を狙っていても日独伊三国同盟に絶対反対したりして、その勇気たるもの感服するものがあります。

それに対して陸軍にアメリカの国力を正確に認識していた人物が何人いただろうと私は極めて疑問に思うのです。

私の祖父は、浜松高射砲連隊の兵長でサイパン島で戦死しました。立派な遺族ですよ、私は。

>日本人はどうも祖先を馬鹿にしすぎる気がして これも戦後教育の賜物ですかね?・・・・・・(-_-;)

私も祖先をバカにしたくはありません。でもダメなものはダメというべきなんです。サイパンの玉砕戦とかも無謀なものは無謀だと言うべきなんです。

私は自分の実の祖父と会ったことがないんですよ…。
    • good
    • 2

#4です。

以下のご疑義にお答えいたします。

>日本の頭脳・職業軍人が?それはいくらなんでも言いすぎでしょう。感情的にはそれくらいひどかったと言うのも解りますが…

まあ海軍に山本や米内らがいましたが、彼らが主流になればアメリカに戦争を吹っかけること自体ありえないはずです。でも当時の日本は陸軍が主導権を握っていました。

陸軍は完全にダメです。特に関東軍。あの時代でただひとり戦略的な思考の出来たあの石原莞爾でさえ

『世界最終戦論』

で、アジアの盟主として君臨した日本とアメリカの決戦とならなければ戦争は終わらないと断言しているのですから。あと陸軍の頭目らは推して知るべしです…。

<石原莞爾>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%8E%9F% …

この回答への補足

あの石原莞爾でさえ>
夢物語だと言う意味でしょうか?

補足日時:2006/05/02 14:41
    • good
    • 0

たとえ少々の不利な条件があっても講和に持ち込めば勝利ぐらいの考えはあったとおもいたいです。



それ位の知識はあったとおもいます。

しかし緒戦で不幸にも勝ち過ぎてしまい、国民全体が調子に乗ってしまい戦争を継続するしかなくなったのが実態でしょう。
敗北が重なり始めると日本全体を道連れにするしかありませんでした。

昭和天皇の決断で日本は救われたのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。

 たとえ少々の不利な条件があっても講和に持ち込めば勝利ぐらいの考えはあったとおもいたいです。

>ですよねーその時の作戦立案みたいなものは話だけでも何か残っていないんですかね~?なんか軍部が馬鹿でどうしようもないとか内輪もめばかりだとか自身の出世保身とか海軍との勢力争いとか・・・・陸軍全員がそんなわけ無いじゃないですか?

 日本人はどうも祖先を馬鹿にしすぎる気がして これも戦後教育の賜物ですかね?・・・・・・(-_-;)

お礼日時:2006/05/02 14:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q甲幹候を経ると予備役陸軍少尉任官と同時に正八位ですか?

学徒出陣の陸軍甲種幹部候補生制度による少尉任官者について質問させていただきます。

1.官等級について
兵科が歩兵の場合、
「予備役陸軍少尉」で正しいでしょうか?
「予備役陸軍歩兵少尉」や「陸軍予備役少尉」は誤りですよね?
終戦間際において、兵科の少尉は全て陸軍少尉だったのですよね?

2.位記について
予備役陸軍少尉任官と同時に「正八位」が叙位されたのでしょうか。
退官後の昭和二十年九月一日付で宮内省から正八位の叙位通知が届いた甲幹候出身少尉もいらっしゃったようですが、任官と叙位にはタイムラグがあったのでしょうか。

Aベストアンサー

> 1 官等級について

 予備役将校に関する公文書および予備役将校所有の軍隊手帳などにそれらの表記がされているという点では、「予備役陸軍歩兵少尉」「予備陸軍歩兵少尉」「予備役陸軍少尉」「陸軍少尉」は誤りとはいえません。「陸軍予備役歩兵少尉」や「陸軍予備役少尉」という表記は見たことがありません。ただしそれが誤りなのかは判りません。

 終戦間際においてというか、兵科区分廃止後は憲兵科と各部を除いて「陸軍少尉」だったわけです。

>2 位記について

 位階については勅令によって「在官者及在職者」に叙すとなっているわけですから予備陸軍歩兵少尉の場合には任官直後(約半月後ぐらい)に「正八位」が奏授されました。 
 
 
 

Q大東亜戦争当時、敵兵の救助の事例は?

大東亜戦争当時、敵兵の救助の事例は?

先ずは日露戦争当時の話です。
手元の書物には撃沈したロシア艦リュ-リックの乗員600余名を日本軍艦船が救助したとの記述があります。これに似た話は陸軍にもあって、傷病の敵兵を治療の上、ロシア本国へ送還した例のあったことを読んだ記憶があります。

では、これに類似した事例が大東亜戦争当時にもありましたか。日本軍が救助した事例でも救助された事例でも結構です。
よろしくお願いします。

(戦闘員であっても戦闘能力を失えば救助の対象になり得た日露戦争の時代から、原爆といい、3月10日の大空襲といい、戦闘員であろうがなかろうが、国際法に合致しようがしまいが、ただただ殺戮のための殺戮が行われた太平洋戦争の時代に何時何処で変化したのか、何故変化したのか、少し関心があります。)

Aベストアンサー

http://nippon7777.exblog.jp/1762338/

駆逐艦 いかづちの話はそこそこ有名だと思います。

Q明治大日本帝国の陸軍写真人物について

添付写真の人物を知りたいのです。
明治時代の陸軍だと思うのですが、年代や階級、それぞれの人物。

もしお分かりの方いましたら、教えてください!

Aベストアンサー

 こんにちは
 補足の画像拝見しました。

 まず軍帽である第一種帽ですが、頂上章の星ひとつとサイドの3本(多分)金線からいって、この方々の階級は大尉であろうと思われます。この軍帽は明治19年7月から同45年の2月に改正されるまで使用されています。これは軍衣である上着が、胸飾りのタイプを見る限り、やはり明治19年に採用されたものですので間違いないのではないかと考えます。

 次に正袴のサイドにある側章ですが、これも佐官尉官級(佐官尉官とも同じです)の正袴の特徴を表しています。

 肩から袈裟にかけている肩章を呼ばれる襷(たすき)ですが、大尉は金銭2本で中尉は金線1本に小金線1本となっていて、写真では残念ながら詳細が判然としませんが、軍帽からだけ言っても写真の人物たちは大尉であることは間違いないかと思います。

 人物に関しては申し訳ありませんが分かりません。
 以上、多少なりとも参考になれば幸いです。判断の基になった資料は手持ちのものですので、もしまた何かお手伝いすることがあればいつでもどうぞ。

Q大東亜戦争(太平洋戦争)での日本兵の戦い方について

大東亜戦争(太平洋戦争)での日本兵の戦い方について
戦争映画が好きで、よく第二次世界大戦のものを見ます。
最近wowwowでThe pacific(太平洋戦線)やband of brothers(ヨーロッパ戦線)等、第二次世界大戦のドラマや映画が放送されています。
それで、日本兵の描写について少し気になるのですが・・・
日本兵が大声を上げ、九九式短小銃を構えて私を撃ってくださいといわんばかりに敵めがけて突進していくのですが、アメリカ兵に射撃されてしまいます。
うまく説明できないのですが、戦時中本当に日本兵はこのような戦い方をしていたのでしょうか?
万歳突撃等が有名ですが、あまりにも自殺行為な気がしてなりません。
アメリカ海兵隊のような感じではないですよね
銃撃シーンもありましたが、部隊が全滅後にに上記のような感じです(万歳突撃でしょうか)
お国を守ってくれた英霊についてよく知りたいと思い質問しました。
わかりにくい質問かと思いますが、当時の日本兵の戦い方、戦術、環境などを教えていただければ、と思っています。
そこら辺詳しくお願いします!

Aベストアンサー

現代人の目から見ると狂気の沙汰としか思えないバンザイ突撃ですが、当時の日本軍が置かれた状況から考える必要があります。当時の日本軍は、中国で国民党軍と共産党軍と戦争していたわけですが、これらの相手というのが「突撃すればなんとかなった」相手だったのです。
機動力を重視した共産党軍には重火器はほとんどありませんでしたし、国民党軍も然り。さらに共産党軍は毛戦略により日本軍との正面決戦は避けていたので、日本軍が突撃するとなんだかんだいっても結局相手が共産党軍であれ国民党軍であれ、撤退してくれたのです。だから、知らず知らずのうちに日本軍の中で「突撃すりゃなんとかなる」というノウハウが積み上がってしまったのです。

それが甘い考えだったと思い知ることになったのがノモンハン事変を始めとするソ連軍との国境紛争でした。一般的に、ノモンハンの敗戦は「現場部隊がフヌケだった」ということで総括されてしまったといわれていますが、実は日本軍とてバカじゃないのでちゃんとそれはそれで調査はしました。しかし、その結論というのが絶望的なものだったのです。
どういうことかというと、ソ連軍は日本軍より大砲の性能が優れていて、弾薬量も格段に多かったのです。しかし、これはどうしようもない問題でした。なぜかというと、製鉄技術がソ連に比べて劣る日本では、ソ連軍に対抗しうる性能の大砲はどう頑張っても作れませんでした。さらに、弾薬についても当時の日本ではそんなに湯水の如く使えるほどの大量生産をすることはできなかったのです。なにしろ当時の弾薬の生産といったら関西の町工場でちまちま作っていたのです。ご存知のように、大量生産するためには大規模工場が必要で、それによってコスト圧縮効果が発生するわけです。ソ連やアメリカのような重工業の大規模工場なんてものが当時の日本では作れなかったのです。
だから、それを認めると「もう国として日本はソ連に対抗できない」という絶望的な結論に至ってしまうので、「現場が悪い」と責任を押し付けてしまったのです。

緒戦の勝利による驕りもあり、日本軍は米軍に対しても自信満々で突撃戦術をかましましたが、諸兵連合効果の戦術を得意とする米軍によって叩きのめされてしまいます。どうも米軍相手に突撃じゃ歯が立たないと分かって、The Pacificで再評価されることになったペリュリュー島戦から持久戦術に切り替えることとなります。The Pacificでも原作として使われているユージン・スレッジ氏の回顧録を読むと、ベテランの海兵隊員がペリュリューで「日本軍がバンザイ突撃をしてこない」と戸惑っている姿が描かれています。

この持久戦術は大変に効果的で、ペリュリューのノウハウを積極的に取り入れた硫黄島戦で米軍が大変な犠牲を強いられたことはご存知のとおりです。
しかし、日本人つーのは大変にストレスに弱い民族でございまして、この「押されてもじーと我慢して粘り強く戦う」つーのはなかなか耐えられないんですね。いいや、日本人は粘り強いだろと思うかもしれませんが、日本人てのは自分たちで思っているほど粘り強くありません。てか、逆境にはとても弱いんですね。なぜかっていうと、サッカーで日本代表が相手チームに押されると見てる方がもう耐えられなくなりますよね。大概「負けてもいいからもっと積極的に攻めないとダメだ」と批判されます。これが南米のチームなんかだと相手に攻めさせて、それでいてカウンターの機会を粘り強く待っています。そういうことができない。
だから、沖縄戦では持久戦術を主張する八原参謀に対し長中将が「こんなグダグダやってないで一発突撃でパーッといけ!」と主張して司令部は内部崩壊します。

また、捕虜についてですが、日本兵は捕虜になってはいけないと教えられていたので、基本的に捕虜も取りませんでした。また、味方の兵士を救出しようとする米兵にも容赦なく銃撃を浴びせました。また死体のフリをして近づいた米兵に襲い掛かることもよくやったようです。それを米兵は分かっていたのである意味当然なのですが「相手が捕虜を取らないんだから、こっちも捕虜を取る必要はない」と負傷している日本兵も情け容赦なく殺しました。ユージン・スレッジ氏の回顧録にはそういった「むき出しの獣性と敵意」が戦場に満ちていたことが書かれています。太平洋戦線で日本兵の捕虜が極端に少ないのは、「生きて虜囚の辱めを受けず」という思想が根本にはあったのですが、そういった事情も影響していたようです。

現代人の目から見ると狂気の沙汰としか思えないバンザイ突撃ですが、当時の日本軍が置かれた状況から考える必要があります。当時の日本軍は、中国で国民党軍と共産党軍と戦争していたわけですが、これらの相手というのが「突撃すればなんとかなった」相手だったのです。
機動力を重視した共産党軍には重火器はほとんどありませんでしたし、国民党軍も然り。さらに共産党軍は毛戦略により日本軍との正面決戦は避けていたので、日本軍が突撃するとなんだかんだいっても結局相手が共産党軍であれ国民党軍であれ、撤退...続きを読む

Q石原莞爾について

柳条湖事件の首謀者として有名な石原莞爾は、天才戦略家、天才思想家などと天才呼ばわりされていますが、私には天才と呼ばれる理由がわかりません。
当時の一般的な陸軍参謀と石原の違いなど、石原が天才たるゆえんを教えてください。

Aベストアンサー

***補足に対して***
手元の書籍(「昭和史の軍人たち」秦郁彦)を参考に回答致します。

当時参謀第一部長だった石原は1937年7月10日中国中央軍北上の情報を聞き、迷った末に三個師団の派兵案を決裁しましたが翌日、閣議に派兵案が提出される前に近衛の元へ行き、閣議で廃案にするよう頼みます。しかし派兵案は閣議を通過し、なおも石原は動員中止命令を出したりしたようですが、結局7月27日には派兵は確定されてしまいます。

(蛇足)こうしてみると、一見、平和主義者のように見えますが、彼の著作「世界最終戦論」などには、先ずソ連を叩き、その後、最終戦として米と戦う、などとしており、要するに中国に構う暇があるならソ連と戦え、と言っているだけに過ぎません。

Qいわゆる「大東亜戦争」は自衛戦争か?

ある掲示板で議論になっています。支那事変(ママ)を遡らずに今から
「大東亜戦争」の一部とするところからして、中国については侵略戦争だと思うのですが、満蒙は日本の生命線だったとして、日中戦争を自衛戦争と断言
する人もいます。自衛の立場でも侵略だったとの立場でも結構ですので、なぜそう考えるにいたったか理由を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自衛論にハルノートを持ち出して云々するのはいかがなものでしょうか。。。
確かにハルノートを突きつけられればルクセンブルクやモナコなど平和を愛する小国でも自衛の為に立ち上がるでしょう。この場合は立派な自衛戦争と言えます。
しかし、当時の日本は平和を愛する国とはいえません。既に10年余りの間(途中に停戦はありましたが)中国を侵略しつづけていたのです。その10年間米英は数々の警告(日本の侵略は九ヵ国条約違反の為)を発しますが日本は無視し続け、結果として経済封鎖やハルノートに至ったのです。
封鎖されるべくして経済封鎖され、突きつけられるべくしてハルノートを突きつけられたのを、日本の自衛戦争に結び付けられるでしょうか。

又、ソ連の脅威があるからといって、日ソ両国間の間にある国を占領してよい、ということにはなりません。
日本の国防上、満州国や華北分離工作は必要な措置であったかもしれませんが、それは中国を無視した日本の自己中心的・独善的な考え方です。

「満蒙は日本の生命線」だったのでしょうか。。。
この言葉は柳条湖以前から言われていたようですが、当時の満州における日本の既得権は、関東州(遼東半島の先端部分)と満鉄付属地だけであり、面積比で満州全土と比べればハナクソ程度のものです。とても生命線などと呼べる代物ではありません。
この言葉の裏にある日本の本音は、「小さな既得権だがこれを獲得する為に数十億の国費と百数十万の英霊の命を費やしているので易々とは手放さない。」という自己中心的考えがあるだけにすぎません。
又、満州族が東三省(満州)を中心に住んでいたのは清朝前半までのことであり、清の中国統一後に民族の流入出が起きた為、柳条湖の頃には東三省にいる満州族の割合は1割にも満たないものでした。満州国の建国は満州族の自主的独立を助けたものだ、などとは言えないはずで、石原莞爾などが考え出した対外向けの宣伝文句に過ぎません。

自衛論にハルノートを持ち出して云々するのはいかがなものでしょうか。。。
確かにハルノートを突きつけられればルクセンブルクやモナコなど平和を愛する小国でも自衛の為に立ち上がるでしょう。この場合は立派な自衛戦争と言えます。
しかし、当時の日本は平和を愛する国とはいえません。既に10年余りの間(途中に停戦はありましたが)中国を侵略しつづけていたのです。その10年間米英は数々の警告(日本の侵略は九ヵ国条約違反の為)を発しますが日本は無視し続け、結果として経済封鎖やハルノートに至ったの...続きを読む

Q旧日本軍の陸軍と海軍の非難について

戦前の日本は陸軍と海軍の仲が悪く、非難合戦がすごかったそうですが、
具体的に陸軍・海軍のどういうところが非難されていたのですか?

私が知っているのは、陸軍は餓死者を出しすぎだとか、クーデター、
など陸軍側の問題点ばかりで偏っているので、
できれば海軍側の問題点を多めに教えてくれると助かります。
もちろん海軍だけでなく、陸軍の問題や擁護でもかまいません。

Aベストアンサー

>陸軍は餓死者を出しすぎだとか
 餓死者が大量に出た理由が海軍がシーレーン(海上輸送路)の保持に失敗したからです。
 しかも、全力で戦った結果としてシーレーンが保持できなかったのであれば仕方有りませんが、西内海方面警護のために第7艦隊が編成されたのが1945年(終戦の年)で、もう守る対象の船が殆ど有りません…。

 ついでに言うと、陸軍は真珠湾攻撃やその後のフィリピンやインドネシア等の攻勢が成功裏に終わった後に、それ以上の攻勢は帝国陸海軍の能力(物資の補給が続かない←最終的に物資が尽きて餓死者が出る)に余るので反対しましたが、海軍の強固な反対(真珠湾の戦果は陸軍を黙らすのに十分すぎた…。)で歴史道理の結果になります。

 なお、戦争が始まる以前に海軍に対して良く言われた非難に「海軍は金だけ貰って後は知らんぷりする」とその無責任振りを非難されました。

 たとえばアメリカ海軍を仮想敵国とした八八艦隊の構築(維持費だけで当時の大日本帝国の歳出の4割を消費)を要求しながらも、その予算消費に見合った政治的責任を持った発言を一切しない事です。
 分りやすい例が、山本五十六大将の「初め半年や1年の間は随分暴れてご覧に入れる。」←アメリカに勝てないのなら勝てないと断言すべきで(勝てないのならまた別の政治的判断画有り得たかも知れない)、中途半端に責任から逃れるから…。

 陸軍のクーデターは論外ですが、政治家から専門家として意見を求められた時に面子が邪魔して当たり障りの無い発言で場を濁すのも、国民から見たら極めて不幸です…。

 今の日本で考えると、自衛隊の費用(今の自衛隊は4兆円強ですから消費税に換算して2~3%程度)を賄う為に消費税を30~40%に上げて置きながらあとは国政の事なんて知らない何て態度取られたらどうでしょうか?(怒りませんか?)

>陸軍は餓死者を出しすぎだとか
 餓死者が大量に出た理由が海軍がシーレーン(海上輸送路)の保持に失敗したからです。
 しかも、全力で戦った結果としてシーレーンが保持できなかったのであれば仕方有りませんが、西内海方面警護のために第7艦隊が編成されたのが1945年(終戦の年)で、もう守る対象の船が殆ど有りません…。

 ついでに言うと、陸軍は真珠湾攻撃やその後のフィリピンやインドネシア等の攻勢が成功裏に終わった後に、それ以上の攻勢は帝国陸海軍の能力(物資の補給が続かない←最終的に物資が尽き...続きを読む

Q大東亜戦争(太平洋戦争)について。

昨日、太田総理の番組で、ある研究所の調査結果で「アメリカには勝てない」けど、神風とかそうゆう理論で開戦したんだそうですけどね。
朝日新聞が焚き付けて、国民が乗っかったんですよね?「やれ!やれ!」みたいなノリで。
当時総理だった東条英機は反対だった戦争。昭和天皇はどうか知らないですけど。
 開戦までの詳細を知りたいです。

Aベストアンサー

> プロパガンダ(政治的宣伝・広告でしたっけ?)という
> 言葉も最近、耳にしますね。でも、自分としては定義を
> 認識して使いたいので、この6つ・・・特に左翼と右翼
> を教えてください。

 左翼も右翼と同じです。定義はカバーできません。
 本義は、議長から見て左側にいたからですが、その後変遷していますし。基本的には、従来の秩序を破壊して新しい秩序を構築しようとした人々ですが、歴史の実証を経ない頭で考えたレベルだったのでたいがい失敗していますし、共産主義もその一つです。

 現代においては、私が使うように共産主義者という意味で使うケースもありますが、単に保守派に反対する勢力を指すこともあります。
 保守派に付いては、No.16 で述べたように、本義は従来の秩序を保守するという程度の意味であって、「従来の秩序」の内容を問いません。時代時代、社会社会によって具体的な保守の対象が異なります。

 リベラルも同様です。定義はカバーしきれません。自由主義という意味ではありますが、どういう観点での自由かは、使う人が勝手に決めて(もしくは雰囲気で決めもせず)使っています。
 ある程度、下記にまとまっていますから、素養程度に抑えておくと良いでしょう。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EA%A5%D9%A5%E9%A5%EB

 タカ派、ハト派は、単純に言えば武力行使推進派と交渉推進派ですが、これもケースバイケースで具体的な内容が変わります。

> プロパガンダ(政治的宣伝・広告でしたっけ?)という
> 言葉も最近、耳にしますね。でも、自分としては定義を
> 認識して使いたいので、この6つ・・・特に左翼と右翼
> を教えてください。

 左翼も右翼と同じです。定義はカバーできません。
 本義は、議長から見て左側にいたからですが、その後変遷していますし。基本的には、従来の秩序を破壊して新しい秩序を構築しようとした人々ですが、歴史の実証を経ない頭で考えたレベルだったのでたいがい失敗していますし、共産主義もその一つです。

 ...続きを読む

Q終戦時、陸軍第16方面軍の人物(たぶん将校のはず)を探しています。

終戦時、陸軍第16方面軍の以下の人物を探しています。 
米軍の戦後レポート(占領軍のレポート)に、「MajGen KOKO, Y., Vice Chief of Staff, 16th Area Army, ・・・・・」と書いてあります。
日本語にすると陸軍第16方面軍の方とまではわかるのですが、該当者を見つけることができず、日本語で名前(できればフルネーム)と記載されている階級(?)がわかる方いましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Maj. Gen. は少将、Vice Chief of Staff は参謀副長という意味です。該当する人は江湖要一(こうこ よういち、陸士33期、陸大45期)です。
陸軍の将官はだいたい陸軍大学校出だから、その卒業者名簿で名字が「KOKO」の人を探すと分かります。

Q白人至上主義にアジアの大東亜戦争で、対抗した日本人、今のアメリカ白人至上主義どう思う?

白人至上主義にアジアの大東亜戦争で、対抗した日本人、今のアメリカ白人至上主義どう思う?

Aベストアンサー

大東亜戦争をきっかけに、黒人差別撤廃運動が
盛んになった、という歴史がありますね。
米国で人種差別廃止運動が盛んになったのは、
戦後直後の1950年頃からでした。

これは日本の人種差別撤廃の主張が功を奏した訳
ではありません。

戦争で、黒人も戦場に出たし、出兵で抜けた穴を
補ったりで、彼等の存在価値が高まったからと
言われています。

人種差別撤廃を訴えた日本と戦ったことにより
彼等の地位があがったのですから、皮肉な結果
です。





白人至上主義にアジアの大東亜戦争で、対抗した日本人、
今のアメリカ白人至上主義どう思う?
  ↑
たかが半世紀で、彼等の差別意識がなくなるはずが
ありません。
おさえられていた本音が出たな、という感じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報