ネットで、ある会社の株価やチャートをみる欄に信用残」というのがありますよね??空売りということのことなんでしょうが、いまいち良く分かりません・・ 6ヶ月以内に買い戻す。という内容は聞きましたが。? 信用残 に :売残:買残とあって。数字がありますがどのように見ればいいのでしょうか? たとえば、売残がマイナス1000で買残がプラス1200 という数字の会社があったとします。 この場合・・空売りしているひとが多く、単純に6ヶ月イナイに買い戻しをするひとがおおく、これから株価が上昇する可能性が高いと判断していいのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>売残がマイナス1000で買残がプラス1200 という数字の会社があったとします。

この場合・・空売りしているひとが多く、単純に6ヶ月イナイに買い戻しをするひとがおおく、これから株価が上昇する可能性が高いと判断していいのですか?

数字から判断すると、買残の方が売残よりも大きいということになると思います。従って、この考え方に照らし合わせると逆に売りが出ると考えるべきと思います。

信用残の使い方としては、売残と買残のバランスをみることが重要です。例えば、信用売残が3000、信用買残が1000だったとします。信用売りの方が買いより3倍多かったとすると、株を貸す人よりも借りる人の方が圧倒的に多いということないなります。そうなると、株を借りるコスト(貸借料といいます)が上昇します。このコストまでを考慮すると、コストを払って信用売りするよりも現物を買って貸し品貸料を貰った方が勝てそうな状況になってきたと考えるようになります。この結果、信用売りの人の買戻しが進むということが上昇するというメカニズムだと考えられています。

信用売りのコストの高いものは逆日歩銘柄として公表されています。この逆日歩銘柄で信用売残の比率が買残大きい銘柄は上記のメカニズムに陥いる可能性があると思われます。

尚、圧倒的な売り材料が出て、信用の売り買いのバランスが崩れていることが多いですから、この点を充分注意しなければいけないと思います。
    • good
    • 2

 売残というのは信用売り(通例言われる空売り)の残高のことで、買残というのは信用買いの残高のことです。


 信用取引は書かれている通り期日までに反対売買を義務づけられている期間限定の取引のことです。本来は6か月以外にも期日があるようですけれど現在ではまずそれ以外を見ることはありません。
 ですから、売残が多ければあなたの仰るように買い戻しを控えた人が多く、買残が多ければいずれは売られなければならない株がそれだけ溜まっている、ということになります。
 それでよく市場関係者などから信用のバランスによってそれを見込んだ投機が行なわれたりもしているわけです。

 御指摘の例では残がマイナスということはあり得ませんのでこれを実数とみれば、やや買い超(信用買いの方が多い)ということになり、信用残だけから見ればややマイナスということになります。ただ、この程度の差ならほとんど影響はないでしょうが。

 書かれている数字が先週からの増減の数字だとすると話は違います。
 例えば信用買いがどんどん減少していながら株価がある程度維持されているとしたらこれは将来上値を抑える要因が減少し、且つ現物でこの株を仕込んでいる向きがある、ということになりますのでこれから株価が上昇する、可能性はあります。もちろん可能性止まりですけど。
 株価が下落していく過程で信用買いが急増している場合には、短期のリバウンド狙いの買いが入っている可能性が高く、もし株価が反転してもあまり大きく騰がらない段階で売りをぶつけられすぐに止まってしまう危険性があることになります。

 しかし、これはあくまでも教科書的な理想的なパターンだけのお話で、実際にはさまざまなケースが想定できます。
 信用買いが多くてもその株が長期的に上がると思われたら現引き、といって現物株に切り替えてそのまま保有するケースもあり得ます。
 信用売りにしても、実際に株価が下落していけばその過程で売られていくことも充分にあり得ますので、売残が多い=将来騰がる、というものではありません。それは長期にわたって売超が続いている株もあることからでもお解りでしょう。
 第一信用売りを行なう人(売り方)はその株に関して下がるだろう、と思って売るわけですから、何らか下がるだけの要因を持っているということもあるわけです。
 しかも仕手株になるとこうした信用取組み自体を材料にして熾烈な戦いが行なわれますので、その量に関係なく、最終的に体力(資金力)がある方の勝利に終わったりすることもあります。
 信用の売残を増加させておいて売り方に逆日歩という株を借りていることによる利息を払わせ、そこで一段と株価を上げて持ちこたえられなくさせ一気に買い戻しをさせる、といういわゆる「踏み上げ」というのは仕手株の醍醐味ですけれど、これに至らず敗北していく株も多いのでむやみに飛びつかない方が賢明です。

 結局、信用の残高に関してはあくまでも参考に留め、これだけに頼った売買はかなり危険だと思います。
 住友大阪セメントなど株価が大きく下落しながら信用の買残も減少し、買残の整理もついたかな、ということで買ったところ全く騰がることなくさらに落ち続けました。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPTS株価って翌日の始値に影響があるの??

株初心者で分からないんですが、「PTS株価」って翌日9:00の始値に影響あるんですか?
現在PTS株価見たら、ある銘柄が値上がりしています。(東芝ですが・・・)

前日終値と始値が違うのはPTS株価が理由なんですか? それとも???

Aベストアンサー

PTSと日中売買は切り離されています。
PTSでも日中でも同じように売買できますが、PTS価格が日中価格に反映されるということはありません。
したがってPTS価格は参考程度にしかなりません。
まあ、動向を見る程度ですね。
前日価格と始値が違うのはPTSは何も関係ありません。
前日の何らかの材料やNYの動向を見て上がると思って買い注文が多いとギャップアップして始まるし、逆に下がると思って売り注文が多いとギャップダウンします。

Q空売り停止処置の銘柄の行方は

ある銘柄を購入していますが
空売り停止措置になっています
空売り停止措置された銘柄の先行きは一般に
どのような動きになるのでしょうか

過去の事例等をしりたいのですが
どなたか アドバイスお願いします

Aベストアンサー

”一般論”として


I.結論

信用規制が入る前の、その株式が持っていた『本来の大勢的なトレンド』に戻る。


II.株価の流れ

   Step1
    信用規制(新規売り建て禁止)が入ると、売り方の一部から踏み上げも入り、
    買い方はさらに勢いづき、より一層の株価急騰となるケースが多い。

   Step2
    急騰後は、買い方自身の利食い・警戒感・ババ抜きゲーム化が始まり、
    株価は急落する。なお、この急落の段階で売り方が買い戻してしまい、
    規制解除となるケースもある。

   Step3
    その後、足の速い投機資金は次なる獲物へと逃げてしまい、
    売買高の減少とともに、株価は徐々に下がる。

   Step4
    やがて、数ヶ月が経過、売残高の減少が進捗しない場合は、
    売り方の期日向えが近づくにしたがって、株価は動意づき、出来高が増加、
    再び株価急騰となる場合がある、がこれはごく短期の仕手戦で、
    期日向えを利用した、買い方の"いじめ"とも考えられる。
    また、この現象は、株価水準・売残高の推移によって、相違がある。

   Step5
    最後に、売り方の買戻し、売残減少、規制解除となり、
    株価は、本来のトレンドに沿った方向に復帰する。


III.過去の事例

 (1)直近の例(解除されて日が浅い)
   松屋(8237) 売り禁:2/23~8/25
    売り規制直後と期日向えで仕手戦

 (2)規制後、売り方がすぐ買い戻した例
   曙ブレーキ工業(7238) 売り禁:7/6~8/25
    売り規制後の急落で売り方の買戻し、底打ち後、本来の順調な業績アップを
    反映した上昇トレンドに復帰

 (3)突発事件で売り規制した例
   植木組(1867) 売り禁:10/27~12/2
    昨年、新潟県中越地震発生で急騰、急騰・急落となり、規制解除後は
    株価水準が少し違いますが、元の横ばいトレンドに復帰


最後に、上記はあくまで一般論です、個々の銘柄の業績・材料・癖などにより、
一概にこうなると言い切れるものではありません、ただ、『規制期間が終って見れば、
規制が入る前の、その株式が本来目指していた大きなトレンドに沿った復帰をする』
ケースが多い、とは言えそうな気が致します。お役に立てば幸いです。


では、では、がんばって下さい。

”一般論”として


I.結論

信用規制が入る前の、その株式が持っていた『本来の大勢的なトレンド』に戻る。


II.株価の流れ

   Step1
    信用規制(新規売り建て禁止)が入ると、売り方の一部から踏み上げも入り、
    買い方はさらに勢いづき、より一層の株価急騰となるケースが多い。

   Step2
    急騰後は、買い方自身の利食い・警戒感・ババ抜きゲーム化が始まり、
    株価は急落する。なお、この急落の段階で売り方が買い戻してしまい、
    規制解除とな...続きを読む

Q朝一の気配値の変化について(初心者です)

すみません、素人に分かるように教えていただけますでしょうか。
保有株の気配値をスタート前に見てみると、昨日の終値より大幅に上昇していました。興奮して現在値よりやや高めでソッコー売り注文を出したのですが、9:00になって時点で一気に値が下がりだしました。その後気配値を見ていても全然売買が始まらず、数分後にやっと出来高が表示されたと時には、昨日の終値と殆ど変わらない株価になっていました。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?
・スタート前の株価の大幅な上昇とスタート直後(前?)の大幅な下落
・売買が9:00すぐに始まらない

Aベストアンサー

毎朝恒例のお約束みたいなものです~。

たいてい毎朝、どの株もそうなりますよ(低位株人気のないところはあまり感じなかも)
慣れてくるとまぁいつものことねぇ~と思えるようになりますが、個人でもそうですが、注文を出すには裏づけのかえるお金が口座にないとダメなのはどこも同じなはずですから、私は機関投資家なり大口なりが遊んで特に個人投資家、それも初心者をあわてふためさせて撹乱という惑わしているんだと思います。

場が始まる前に出す注文は大量に出そうが高値で出そうが自由。出したのを引っ込めるのも自由。
場が始まればウキウキ気分のお人よし高値注文を置いてきぼりにして前日比と変わらないところを落としどころにする・・などイロイロしてくれます。

ただ、材料が出て本当に注文が殺到していることもあれば前日NYなどがぶっ飛んだ影響で多くが特買い注文で始まったりする日もあるので経験で見極めます。

また初心者ということでSQについて知識を得ましょう、相場の見方がまた変わってきますし、そのSQが絡んでくると思惑の掛け合いでもっとすごい日もありますよ。

どうぞ惑わされないよう・・へぇー毎朝、毎朝相変わらず醜いことやってるんだぁ・・くらいに。

>・売買が9:00すぐに始まらない
これに関しては売りか買いのどちらかに特別気配でもつかない限り板寄せが終了したら値動きがあるはずですが・・?

毎朝恒例のお約束みたいなものです~。

たいてい毎朝、どの株もそうなりますよ(低位株人気のないところはあまり感じなかも)
慣れてくるとまぁいつものことねぇ~と思えるようになりますが、個人でもそうですが、注文を出すには裏づけのかえるお金が口座にないとダメなのはどこも同じなはずですから、私は機関投資家なり大口なりが遊んで特に個人投資家、それも初心者をあわてふためさせて撹乱という惑わしているんだと思います。

場が始まる前に出す注文は大量に出そうが高値で出そうが自由。出したのを引...続きを読む

Q指値で注文した価格より安く買えました^^

12000円で1株指定で指値注文しました。
しかし、11910円で約定しました。
得した気分ですが、これっていいのですか?

Aベストアンサー

それは注文の直前に現在値が11910円になっていたからだと思われます。現在値よりも高い値段で指値買い注文を出した場合は、現在値が優先されて指値よりも安い値段で約定するようになっています。
反対に現在値よりも安い値段で指値売り注文を出した場合も、現在値が優先され指値よりも高い値段で約定することになります。
これは証券取引所のシステムが、このように設定されているからです。ラッキーでしたね。

Qザラバ引けって何ですか?

用語集を見ると、

ザラバ(寄付と引けの間)に値段がついた取引を最後にして、引けに値がつかずに引けた状態。
執行条件で「引け」を選択したご注文は約定しません。

とあります。

これを読んでも、いまいち意味がわかりません。

引けに値がつかないというのは、
どうして起こるのでしょうか?

今日、後場の引けで売り注文を出そうとしているのですが、
約定しなかったら困りますね。。。

Aベストアンサー

ザラ場引けは、おおよそ下記の場合に起こります。
 1. その銘柄に対して引け成り注文が無く、
   引けに値がつかなかった場合
 2. 引け間際または引け時に大量の買い注文(売り注文)が入り、
   特別買い気配(特別売り気配)となって
   そのまま値が決まらずに引けを迎えた場合

1は出来高の少ない銘柄ではわりと頻繁に起こる現象ですが、
成り行き注文を出しておけば確実に約定できますし、
低めの売り指値や高めの買い指値でも、
売買相手さえいれば約定できます。


2はあまり頻繁には起こりませんが、引け時に大口の注文が入った場合は、
通常のザラ場時と同様に特別気配のような状態になり、
そのままの状態で引けを迎えてしまう場合があります。
この場合、場中に値段が決まらず特別気配のまま終了したことになり、
引け注文が成行か指値かにかかわらず、注文は約定せず引けてしまいます。
しかし、これはあまり頻繁に起こるものではありませんし、
ほとんど“運”のようなものですから、(^^;
あまり気にしなくても大丈夫だと思いますよ。

ザラ場引けは、おおよそ下記の場合に起こります。
 1. その銘柄に対して引け成り注文が無く、
   引けに値がつかなかった場合
 2. 引け間際または引け時に大量の買い注文(売り注文)が入り、
   特別買い気配(特別売り気配)となって
   そのまま値が決まらずに引けを迎えた場合

1は出来高の少ない銘柄ではわりと頻繁に起こる現象ですが、
成り行き注文を出しておけば確実に約定できますし、
低めの売り指値や高めの買い指値でも、
売買相手さえいれば約定できます。


2はあまり...続きを読む

Q貸し株注意喚起銘柄に指定されると・・・

素人の質問で恐縮です。仕手筋が逃げて売り込まれた銘柄を信用買いしましたが、買った日に「貸し株注意喚起銘柄」に指定されました。
週明けの動きが気になって仕方がありません。

「貸し株注意喚起銘柄」に指定されると、その銘柄は、
(1)その後どのような動きをするのが一般的でしょうか?(買い方、売り方どっちに有利?それとも関係無しでしょうか?)
(2)その理由は?

諸先輩の、ご教示をお願いします。

Aベストアンサー

6378は投資対象としては株価が割高にありますよね。業績は徐々に回復して復配もするようですが(掲示板信用したらあぶないかも?)いつも不安があるような感じです。

「貸し株注意喚起銘柄」に指定されたのは一日の出来高が通常に比べ異常だったからだと思います。
しかも篠原氏が360万株を信用で所有しているようで現引きした場合すぐにも逆日歩になると考えたのでしょう。
今後株価が上下に大きく動く可能性があり一般投資家に損害を与える恐れがあると判断されたのだと思います。

取り組みで動いている株ですから急落も予想の範囲内で週足で見る限り不思議ではありません。
普通なら600~630程度は返すとおもいますが?

今回の急伸は篠原氏の大量報告書が原因でしょう、思惑買いが入ったと思います。しかも300万株の大部分現物買いですね。信用売りも12万株くらい増えています。

篠原氏の買いが3/7~6/13なら(信用できませんが)あなたの買値がまだ安いことになります。

篠原氏の現引きと逆日歩にかけてみる価値はありますかね????

>週明けの動きが気になって仕方がありません。
仕手株で勝負と決めて買われたのでしょうけど心配でしたら株数を落とされたらいかがですか。

このての株は十分すぎるくらい調査してなお「買わない」くらいの用心が必要と思います。
短期で急落の可能性は低いと思いますから株数の調整か手元に現金ですね。

頑張って下さいね。 あくまで自己責任でお願いします。

6378は投資対象としては株価が割高にありますよね。業績は徐々に回復して復配もするようですが(掲示板信用したらあぶないかも?)いつも不安があるような感じです。

「貸し株注意喚起銘柄」に指定されたのは一日の出来高が通常に比べ異常だったからだと思います。
しかも篠原氏が360万株を信用で所有しているようで現引きした場合すぐにも逆日歩になると考えたのでしょう。
今後株価が上下に大きく動く可能性があり一般投資家に損害を与える恐れがあると判断されたのだと思います。

取り組みで動...続きを読む

Q株で儲かっている人が1割で9割は損をする理由(どうして50%ではないのですか?)

ネットで株をはじめて7年くらいになります。
株は上がるか下がるか、1/2の確立ですよね?
デイトレーダーやネットで株取引する人がどうして9割が負け、勝てるのは1割の人になるのか、どうしてもわかりません。
私の周りにいる人も実際9割くらいの人が負けています。
証券会社に勤めていた友人も「前にディーラーやっていて、手数料なしで売買してたけど、10人いたら9人まマイナス出すよ」と言っていました。
インサイダー情報とかで儲かる人がいるのはわかりますが、自分が買った株が上がるか下がるかは50%ですのでそれとは別だと思います。
本に書いてあるとおり「10パーセント下落で損きり」などの決まりを守ってもどうもプラスになりません。
数学的にでも、精神的にでもかまいません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>目を閉じて銘柄を選びます。
>コインを投げて表が出れば上がる、裏が出れば下がる。
>30日後に必ず売る

数学的確率論ですか?今の下落相場でも45%はプラスですね。
でも個人投資家はそんな風に銘柄を選択しません。
3ヶ月前、この一年の平均の半額に下がった銘柄・小型株が人気です。
そういうものの7割がたが、さらに3割以上も下げています。

7割でも普通は数社に分散投資するので、合計で9割がマイナスに
なるというわけです。

個人投資家はなぜ9割が損をするかというのは、機関投資家が
儲けてしまうからと説明したつもりでしたが。

Q株はなぜ儲からない?

株は儲からないという話を耳にしますが、なぜ儲からないんですか?

Aベストアンサー

こんにちは
暑いですね、

200万で5年楽しみました。(世間ではすったとも呼びます。)

素人ですので、素人対象の回答です

つまり、儲けが出たときは上がりきる前に確定する。
なぜなら、いつ下がるか不安になるから!

損失発生時は損切りが出来ず、結果は傷をひろげての損失確定。
なぜか、損切りは、損が確定してしまう。行わなければ先に希望があるから
よって、結果は傷を広げて泣く泣く手遅れの損切りに至る。

これが、素人、凡人の株への本能的対処で、損失を自ら広げます。

なぜか、この事が株を始めたい素人には理解出来ないようです。
株を始める素人で賢人の方はこの事を理解しましょう。


人気Q&Aランキング