3階建ての一階を借りてお店をやっています、
水道管が古く(築25)よく汚水により水道料が跳ね上がります,
水道局は使用者が負担だと言うのでそのつど払っていますが,
大家さんにも負担していただくことはできないのでしょうか。

間に入っている不動産屋がないので困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 No1です。

事情、わかりました。他に入居者がいないのであれば、言いにくい状況かと思います。前面改修が無理なようであれば、水道料を一定割合負担してもらうか、家賃を下げてもらう方法もあるでしょう。いずれにしても、大家さんとの交渉になります。頑張ってください。
    • good
    • 0

 貸す側としては、水道が通常の状態で使える状態にして貸す義務がありますし、借りる側も通常のきれいな水で使用に支障のない水を使う権利があります。



 水道管が古いため腐食などが原因かと思われますが、大家さんとしては改修をするなり通常の状態で使用できるようにする義務がありますので、大家さんに水道管の改修を依頼してみてはいかがでしょう。水道料を負担してもらっても、根本的解決にはならないでしょう。又、その他の入居者は影響がないのでしょうか。あるのでしたら、共に大家さんに要求をすると良いでしょう。

 要求が認められない場合には、水道料の負担をお願いするしか、方法がないでしょう。負担割合も、難しいですよね。大家さんと入居者の話し合いで、解決をしてください。

この回答への補足

入居者は他にありません。
そのつど改修はしてはくれますが水道管が古いため
一年ぐらいするとまた他の箇所で発生してしまいます。
仲介の不動産屋がいないので苦情が言いにくくて困っています。

補足日時:2002/02/06 12:43
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水道管老朽化で破損!修理代水道代大家に請求できる?

先日の台風が原因かわからないですが、ベランダの給湯器につながる水道管が老朽化して、水がたくさん出ていました。
日曜日だったので管理会社ともつながらず、仕方なく一般の修理屋にきてもらい修理。
住んでから5年 現在築18年の賃貸です。
契約書には、住んで1年後は、ほとんど借主負担になってるんですが
乗っていても設備だから大家負担というサイトもあるのでわからず
この修理代と気づくまでに出ていた水道代は大家に請求できるのでしょうか?

Aベストアンサー

某政令指定都市で不動産賃貸業をやっている者です。

 何度かこのサイトでも書いているのですが、まさに昨年、2階の部屋の水道管が深夜に破裂して、1階の事務所がプール状態になりました。

 結局どうしたかと申しますと、事務所はたまたま空いていた隣(広くて高価)な部屋へ移ってもらい(同じ家賃で (;_;) )、出た損害の弁償はすべてうちでやりました。

 2階は床の水を拭き取って、お見舞いのお菓子で我慢してもらいました(ありがとうございました>お2階さん)。

 その後、二度とこういうことがあってはいけないので、順番に室内配管を張り替えております。当然ですが、費用はこちら負担。

 というわけで、給水管などは本来建物の一部ですので、質問者さんが酔った勢いで管を蹴飛ばしたというようなことがないかぎり、大家に修理代を請求してかまいません。

 また、出た水道代も同様です。

 ただ、民法上、建造物の管理責任は第1に占有者(居住者)にあることになっています。占有者が無過失の時、所有者が責任を負うこととされています。

 また、たいていの契約では、占有者は「善良なる管理者の注意」を持って管理・占有することになっています。これは、自己の物に対する注意よりも慎重な注意です。

 それを怠っていた結果、水道管破裂の危険を見逃したのなら、質問者さんが受けた損害については質問者さんの負担となる可能性が大きいと思われますし、階下の人が受けた損害も同様ですので、自分の支配圏内のことには十分お気を付けください。(保険に入りましょう)


 それにしても、日曜祝日に災害が起きないなんて保証はどこにもないのに、なぜ日曜祝日の連絡先を聞いておかないのでしょう? 大家の一人として実に不思議です。

 今回の新潟県中越沖地震は海の日に起きたのですよ。すぐに大家の連絡先を聞きなさいませ。管理会社でもかまいませんが、最終責任を負うのは所有者ですから聞いておくべきでしょう。

某政令指定都市で不動産賃貸業をやっている者です。

 何度かこのサイトでも書いているのですが、まさに昨年、2階の部屋の水道管が深夜に破裂して、1階の事務所がプール状態になりました。

 結局どうしたかと申しますと、事務所はたまたま空いていた隣(広くて高価)な部屋へ移ってもらい(同じ家賃で (;_;) )、出た損害の弁償はすべてうちでやりました。

 2階は床の水を拭き取って、お見舞いのお菓子で我慢してもらいました(ありがとうございました>お2階さん)。

 その後、二度とこういう...続きを読む

Q囲繞地通行権と水道管(給水管)の埋設

囲繞地通行権が認められた囲繞地内での袋地所有者に対する水道管(給水管)の埋設について教えてください。

A土地は袋地でB土地はAの囲繞地であり、元々はABは一筆の土地でありました。
A袋地所有者はB囲繞地所有者から通行を認められ、A袋地所有者・関係者の通行のためにB囲繞地内に通路状の土地が設けられています。B土地の通行に当たってはB土地所有者から無償で通行を認められています。
今回、A袋地所有者はA土地内に住宅新築を計画し、当該住宅で水道を使用するためにB囲繞地内の通路状土地の地下に水道管(給水管)を埋設することになりました。
この計画をB土地所有者に話したところ、B土地所有者から「水道管を私の土地内に埋設するのであれば水道管の占用部分の地代を払って欲しい。」と請求されました。
このような場合に、水道管の埋設は囲繞地通行権の範囲外となると解し、土地賃借料を払わなければなりませんか?

Aベストアンサー

>水道管の埋設は囲繞地通行権の範囲外となると解し、土地賃借料を払わなければなりませんか?

いえ、囲繞地通行権というのは、単に地上のみならずその地下や上空に及ぶと考えられています。

上下水道・ガス・電気などはその袋地に必要な物ですから、囲繞地通行権に含まれるとしています。(たとえば神戸簡判S50.9.25、大阪高裁判決S.56.7.22)

なお下水道については下水道法11条の規定により、囲繞地通行権に関わらず通すことが出来ます。(ただしこの規定による場合には無償とは限りません)

ただ、もちろん不必要な利用については制限をうけます。通路上空に巨大看板を築造した例では認められないとした判例もあります。

さて、ご質問の話ですが、どのように分割されたのかというのがよくわかりませんので、正確なお答えはちょっと難しいですね。

いま単純にもともと一つの土地を分割により所有者がA,Bと別れたと考えると、囲繞地通行権は民法第213条の規定により、袋地Aが囲繞地通行権を主張できるのはBの土地に対してのみとなりますが、同時にこれは無償にて通行できるとしています。したがって、所有者Bは償金を要求できません。なぜならば、その分割時点で袋地が出来ることは互いに承知していたはずであり、その損害も承知の上で分割したからです。

で、このあと所有者がBからCに変わり、そのCにも無償の通行権を主張できるのかという話はまた別になります。この特定継承人Cに対して民法第213条の適用(無償通行)があるのかどうかは、非常に難しい話になります。
学説では適用説(承継肯定説)、不適用説(承継否定説)、折衷説(中間説)に分かれています。

適用説では、囲繞地通行権に関わるものは土地利用の調整のためなのだから、人的な物ではなく土地の性質として存在するからであるという考えです。
他の説については省略しますが、適用説もまた色々問題があり、判例も色々分かれています。

ただ平成2年11月20日に最高裁が原則的に適用説を採用した判決を出したので、基本的には適用説、つまり所有者が変わっても無償で通行できると考えてよいかと思います。
ただ今回のお答えは、過去の分割の経緯など情報が不足する中で、仮定なども交えてお答えした物なので、この答えがご質問者の場合にも正しいとは限りません。
正確なところは弁護士に確認されるとよいでしょう。

>水道管の埋設は囲繞地通行権の範囲外となると解し、土地賃借料を払わなければなりませんか?

いえ、囲繞地通行権というのは、単に地上のみならずその地下や上空に及ぶと考えられています。

上下水道・ガス・電気などはその袋地に必要な物ですから、囲繞地通行権に含まれるとしています。(たとえば神戸簡判S50.9.25、大阪高裁判決S.56.7.22)

なお下水道については下水道法11条の規定により、囲繞地通行権に関わらず通すことが出来ます。(ただしこの規定による場合には無償とは限...続きを読む

Q水道管に二つのメーターがついた場合の水道料金

競売で物件を購入したところ、うちの水道管が隣の土地を通っていました。
隣の人がどかしてほしいと言ってきました。
すぐにどかさないと、本管から枝分かれしたすぐのところにメーターをつけ(隣の人の土地)、莫大な水道料金を請求するぞと言うのです。
つまり1本の水道管にメーターが2個ついている状態になります。
役場の水道課の人も来て言うのですが、そうなると役場からの水道料金の請求は本管に近い方の人のみ請求され、本管から遠い方の我が家には、その隣の人から請求がくると言うのです。
そんなことはありえるのでしょうか?
また、いくら水道のこととは言え、本来個人同士のトラブルに口を挟むその水道課の職員の態度はおかしくないでしょうか?

Aベストアンサー

>競売で物件を購入したところ、うちの水道管が隣の土地を通っていました…

それで、現在のところメーターはどこにあるのですか。
それとも、あなたの敷地内にメーターはないのですか。

>つまり1本の水道管にメーターが2個ついている状態になります…

直列にメーターが二つ付くなら、確かに本管に近いほうが親、遠いほうが子でしょう。

>役場からの水道料金の請求は本管に近い方の人のみ請求され、本管から遠い方の我が家には、その隣の人から…

親メーターは水道管理者 (役場) のもの、子メーターは設置者のもので、アパートやテナントでは良くあることです。

>本来個人同士のトラブルに口を挟むその水道課の職員の態度はおかしくないでしょうか…

一般に、本管からメーターまでは水道管理者のものです。
ご質問文を読む限り、役場所有の設備が隣人宅を通っているだけですから、隣人の苦情は隣人と役場とで解決すべきものです。
隣人の言い分を一方的に肯定するだけの役場は、確かに納得できません。

ただ、隣地を通らなければあなたの家に引き込めないように地形なら、また話は違ってきますが、そのあたりはどうなのでしょうか。

>競売で物件を購入したところ、うちの水道管が隣の土地を通っていました…

それで、現在のところメーターはどこにあるのですか。
それとも、あなたの敷地内にメーターはないのですか。

>つまり1本の水道管にメーターが2個ついている状態になります…

直列にメーターが二つ付くなら、確かに本管に近いほうが親、遠いほうが子でしょう。

>役場からの水道料金の請求は本管に近い方の人のみ請求され、本管から遠い方の我が家には、その隣の人から…

親メーターは水道管理者 (役場) のもの、子メータ...続きを読む

Q助けて下さい。水道管破裂による水道代

こんばんは。
同じような質問があったのですが、私の所は店舗なので、状況が違うと思い新しく質問をさせて頂いております。

半年前から小さな飲食店を営んでおります。
今日、水道局から水道メーターが上がっていると連絡があったので調べてもらった所、9万円だと言われました。毎月平均して3,500円が水道代です。水道局の委託先の業者に連絡を入れたところ、水曜日の午後に修理に来るとの事…その間、水道は出っ放しです。

水道料金はビル内の水道管なら減額が出来るとのことですが、ビル外ですと全額支払えとのことです。
とても払える金額ではありません。
私に払う義務はあるのでしょうか?

どなたか、教えて頂けますと本当に、本当に助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

通常、水道メータから下流側(水道メータ以降)の漏水は使用者の責任ですが、水道メータ上流(メータ手前まで)の漏水は水道局の費用で修繕します。(地域により異なりますが、マンションやビル等で直結給水の場合のメータ手前の漏水は水道局で修繕しますが、受水槽給水の場合は子メータ手前であっても修繕は持ち主の負担です)
水道料金はお住まいの地域の水道事業者の規定により、漏水で増えた分の水道料金は漏水箇所により、減額になったりならなかったりしますし、漏水の修繕証明書は修理業者が水道事業者に提出するか使用者が提出するかは地域により異なりますので修理業者の人に聞いてみて下さい。
賃貸で築30年ということですので、設備関係の劣化と思われますので通常は大家さんが修繕費を支払うと思われますが、水道料金は使用者責任です。
水道メータの近くに止水栓や水抜栓や止水バルブ等があると思いますので、営業終了後は止めておいたほうがよいです。

Q我が家の水道からボウフラが・・・。大家の責任は?

 こんにちわ。いま大変なことがおきてこまってるんです。賃貸で住んでるアパートの水道から生きたボウフラがたくさん出てきて、隣のひとに聞いたところ、一月まえからでているとのこと。ということはうちの家族はボウフラを一月も食べていたことに・・・。どうも最近よくお腹をこわすと思っていたらそんなことがあったとは。業者に言って対応してくれるまでに一週間かかりさらに誰からも一言も謝罪の言葉もなし。浄化槽の点検いたしますの貼り紙だけで住人になにがあったかの説明もなし。なんだか普通の水も気持ち悪くなってしまって・・・。法律的に責任追及できないものなのでしょうか。助けてください。

Aベストアンサー

》法律的に責任追及できないものなのでしょうか。

 共同住宅の水道の管理は水道法によって定められています。ただし、あなたがお住いの賃貸アパートが定められた基準の規模に達しているかどうかが問題です。

 水道法で定める「簡易専用水道」について次のことが定められています。
【定義】
 水道事業の用に供する水道及び専用水道以外の水道で、水道事業の用に供する水道から供給を受ける水を水源とするもの。
 ここで言う専用水道とは、水道事業の用に供する水道以外の水道で、100人を超える者に必要な水を供給するもの。

【適用の基準】
 水槽の有効容量の合計が10立方メートルを超えるもの。

【残留塩素の測定】
 条例・行政指導による報告。

【管理基準】
 水槽の清掃を年1回定期実施する。水槽の点検を行う(汚染防止)。異常を認めたとき水質検査を実施する。

【検査】
 定期検査(年1回簡易10項目)指定機関に委託する。

 もしお使いの水道が専用水道、もしくは簡易専用水道であり、定められた定期検査を実施していなければ、家主は管理責任を問われます。すなわち、行政処分、あるいは刑事処分の対象となります。

 検査の実施の有無は、行政当局(たぶん自治体の水道部?)に報告書が行っているはずですから、それを確認すれば、わかると思います。

 民事責任については、それが原因でお腹を壊した方がいれば、問うことができるでしょう。ただし、因果関係を立証するのは難しいでしょうね。

》法律的に責任追及できないものなのでしょうか。

 共同住宅の水道の管理は水道法によって定められています。ただし、あなたがお住いの賃貸アパートが定められた基準の規模に達しているかどうかが問題です。

 水道法で定める「簡易専用水道」について次のことが定められています。
【定義】
 水道事業の用に供する水道及び専用水道以外の水道で、水道事業の用に供する水道から供給を受ける水を水源とするもの。
 ここで言う専用水道とは、水道事業の用に供する水道以外の水道で、100人を超える者に必...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報