ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

非と否の使い分けについてお聞きします。
よく非日常と使いますが、日常ではないと言うことで
「否日常」とも使えそうな気がしますが、元は同じ由来の文字なんでしょうか?
またこう使い分けると決まりがあるようであればお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>>>


理解できたような出来無いような気持ちでおります。
例えば非核三原則の非核は、否核でも良いような気がします。
と言うことは、どちらの「ひ」も使用してよいケースがあるように思うのですが、いかがでしょう?
--------------

先程も述べましたが、
「非」は、状態・物象の否定です。

「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」という状態は、
「核を持つ、作る、持ち込む」という状態ではないということを示しています。

そして、
「否」は、反対の行為をすることです。
「核を持つ、作る、持ち込む」の、反対の動作は、果たして何でしょうか?
(そもそも、「核」は行為ではないので、「否」を付ける前提さえありません。)


あと、紛らわしいのだと、
「非武装地域」
というのが、ありますか。
これは、武装解除する地域ではなく、武装地域ではなく地域です。


もしも、また、「非」と「否」が相互交換が可能とお考えの例を思いついたら、再度、補足してみてください。


私が、一つ一つ否定します。全部、然に非ざることを説明します。(笑)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

2度にわたりご回答ありたがとうございました。
長い間、反論を考えておりましたが残念ながら(笑)反論することが出来ませんでした。
降参です。
本当に、ありがとうございました。またお礼が遅れましたこと心よりお詫び申し上げます。感謝!!

お礼日時:2006/06/07 01:25

簡単ですよ。



非 = isn't, be not (bad の意味にも使われる→非行)
 つまり、状態・物象です。
 非日常 = 日常にあらず



否 = do the opposite (反対のことをする)
 (don't ではないことに注意。don't は「不」です。)
 つまり、行動です。
 否決 = 反対のことを決すること。



ちなみに、対になる漢字ですが、
基本的には、「非」の対は「是」、「否」の対は「肯」です。
しかし、否認の対義語は是認なので、対義語に関しては、ちょっとややこしいですが・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
理解できたような出来無いような気持ちでおります。
例えば非核三原則の非核は、否核でも良いような気がします。
と言うことは、どちらの「ひ」も使用してよいケースがあるように思うのですが、いかがでしょう?

お礼日時:2006/05/02 13:54

非 → 不正、欠点 (私感ですが、「違うもの」という意味もあると思います)


否 → 打ち消し
と、IMEの説明で出てくる通りだと思います。
漢字の意味はまず辞書を調べましょう
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ご説明いただきましたことについてはすでに辞書で調べていました。
ただこの様に理解すると例で上げたような非日常が悪い意味となってしまいますが、実際はそのように使われていない為に質問をさせていただきました。

お礼日時:2006/05/02 13:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「非」と「否」の使い分け。

スミマセン教えていただけますか?
書類を作成しているのですが、「非」と「否」で迷っています。
文章の中で「編集モード」の時と「編集モードでない」時の表記のしかたで、
はじめは「非編集モード」としていたのですが、編集モードではないという意味は打ち消す意味だと考え、「否」としたのですが、ネットで検索したところ、「非編集」の方が多い結果になりました。
どちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。
以下のページでは「非編集」が使用されています。
http://www.cbook24.com/bm_detail.asp?sku=4798010065
http://www.scriptbrowserk.com/help/sbkhelp.html?1010MenuEdit.html

Aベストアンサー

基本的に、どちらも正解です。
しかし、「否」とするのは、一般的に、
意見や考え方への否定に使われることが多いので、
状態を否定する場合は、「非」の方が一般的でしょう。
日本語なので、微妙な点は、柔軟に受け入れていくことになります。

以前「ぜんぜん」という表現も、否定のみに使われる強調表現でしたが、今は、肯定にも使われる普通の強調表現になりましたね。

Q非参加と不参加の違いはなんでしょうか。

非参加と不参加の違いはなんでしょうか。

参加していない、ということを表現するときに非参加というのはおかしいでしょうか。

Aベストアンサー

「非参加」という語は無い(少なくとも一般的でない)と思います。
Googleで「非参加」と検索しても,英語サイトを翻訳したものばかりが出てきますし。
(おかしな日本語で書かれているので,おそらく機械が翻訳したものでしょう)


「不」は動詞を否定し,「非」は名詞を否定するのが基本です。
ですから,「非参加者」「非参加企業」といった用法はあります。

「不参加者」と「非参加者」の違いは,
  不参加者 ・・・ 参加しない-者,ふさんか・しゃ
  非参加者 ・・・ 参加者-ではない者,ひ・さんかしゃ

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q「目からうろこ」ってどういう意味

よくテレビを見ていると、(バライテー系の情報番組)アナンサー諸氏が「これが本当の”目からうろこ”ですね。」
と、コメントしている場面をみかけます。この
「目からうろこ」とは、どんな意味ですか?

Aベストアンサー

目からうろこが落ちる
普通、「目から鱗が落ちる」という場合、思いもよらなかった発想や考え方に、目が開かれるような思いになったことや、全く新しい体験を経験することによって、考え方がいっそうされたようなときに使うようです。つまり、偏見や先入観から解放されて、自由なものの見方や考え方に至った場合に、「目から鱗が落ちる(あるいは落ちた)」と言うようです。

実は、この「目から鱗が落ちる」という言葉は、「豚に真珠」と同じように聖書の中の言葉なのです。この言葉は、使徒行伝の9章にでてくるのですが、この9章は、イエス・キリストが死んでまもなくの、キリスト教がキリスト教としての歩みを始めた極めて初期の時代のことが記されています

アナニヤがサウロの上に手を置き、「イエス・キリストが、あなたのところに私をおつかわしになった」ということを告げたとたん、サウロの目が見えるようになったのです。このとき聖書は、「サウロの目から鱗のようなものが落ちて、再び見えるようになった。」といっています。そしてここに、「目から鱗が落ちる。」という言葉の語源があるのです。

 サウロという人は、当時のユダヤ教の学者の中では一級の人物ガマリエルと言う人の弟子でした。そういった意味ではエリートと呼ばれるような立場にあり、自分の力と才覚でいろんなことを考え実行できる人であったと言えるでしょう。そのサウロが、人生の一大転機の時に視力が奪われ、人に手をひいてもらい、自分の力ではなく他人に頼らなければ何事もできないということを経験するのです。まさしく、人間の能力や力の限界といったものを経験したのです。

それは、厳格なユダヤ教徒からキリスト教徒になるという、信じる内容の変化だけでなく、自分の力と才覚によりすがって生きていく生き方から、自分の力と才覚の限界をしって、ただ神によりすがって生きていく生き方へと目が開かれていく転換でした。その境目に「目から鱗のようなものが落ちた」のです。
 そういった意味では、「目から鱗が落ちる」ということの本当の意味は、人間が自分の力や才覚を誇り生きていくような生き方ではなく、自分の限界や無力さを知り、神に頼るということに気がつくということなのかもしれません。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/mitaka-christchurch/scales.html

目からうろこが落ちる
普通、「目から鱗が落ちる」という場合、思いもよらなかった発想や考え方に、目が開かれるような思いになったことや、全く新しい体験を経験することによって、考え方がいっそうされたようなときに使うようです。つまり、偏見や先入観から解放されて、自由なものの見方や考え方に至った場合に、「目から鱗が落ちる(あるいは落ちた)」と言うようです。

実は、この「目から鱗が落ちる」という言葉は、「豚に真珠」と同じように聖書の中の言葉なのです。この言葉は、使徒行伝の9章にでてく...続きを読む

Q思慮、思料、思量の使い分けを教えて下さい

自分がこう思うとの表現で、「思慮」と「思料」と「思量」はどう使い分けるものでしょうか?

また、
「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

上記使い方はお客様への公文で使ってもよいでしょうか?

Aベストアンサー

>「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

はい、変です。思慮するがおかしい以上は思慮で止めるのも輪をかけて奇妙です。客を相手の文章と限らず、「と思う」の意味で使うわけには一切いきますまい。

思量と思料はまったく同義と見なして差し支えないと思います。どちらも「と思います」や「と考えます」を四角張って言いたいときに使うものですな。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング