すごくツマらない質問なので、お時間のある方に、、、

ハーフで2ヶ国語を母国語として育った人や、日本よりも海外での生活が長く本当の(?)バイリンガルの人のように、英語(何語でも良いです)と日本語を全く同じように使える人は、こういう状況は現実にはないと思うのですが、もし書店で全く同じ本の日本語版と英語版があれば、どちらを購入するのでしょうか?言語を除いた、価格や装丁を決め手にして購入するのでしょうか?若しくは日本人であれば、やっぱり「迷わず」日本語版を購入するのでしょうか?

それとも、いくら2ヶ国語以上が母国語と同程度に堪能でも「だいたい」同じ程度というだけで、全く同じレベルという人はいないんでしょうか?やっぱりどちらかの言語が「迷わず」購入する言語になるのでしょうか?
(質問した理由は全然ないです、車内で洋書を読んでいる人を見かけて、ふと沸いてきた疑問です^^;)

推論でも良いですので、ご意見聞かせて頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

うちの嫁さんはその状況ですが、著者の母国語の本を買っています。


理由は、翻訳本の場合著者の真意が伝わりづらく、訳者の解釈が入るので、微妙な言い回しなどが違うそうです。
映画なんかも、英語で見たほうが面白いそうです。

余談ですが、バイリンガルの人は、日本語でしゃべる時は日本語で考え、英語でしゃべる時は英語で考えるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!著者の母国語ですか。。。
そう言われれば納得できます。
私も海外の作家の日本語訳の小説などを読むと「読みにくい不自然な日本語だなぁ」なんて思うコトもあります。それと似ているんでしょうか。。。
ふと疑問に思った瞬間は価格や装丁なんてモノぐらいしか思いつきませんでしたが(笑)。
そう言えばアメリカで英語の字幕付きの「ブラックレイン」を見た時に、ヤクザの世界の説明などが訳されている英文があまりにもヘンで笑っちゃいました。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 21:22

補足です。



繰り返しになりますが、欧米(外国)では外国語が出来ることは読み書きが出来ることを、必ずしも意味しません。ある人が自国語以外の言葉が出来ることは驚きでも珍しいことでもないが、「書ける」ことは一種の驚きであり、尊敬に値するのです。(但し、庶民レベルです。大学生間ではない)従って、バイリンガルの定義が必要だと申し上げました。2-3-5カ国語を操っても、一般人なら、読書に関しては自ずと得意な言語がある筈です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度お返事ありがとうございます。
「読む」という読書の場合、やはり大差ない数ヶ国語の語学力がある人でも、同一の語学力という訳ではないんですね。
他の方の回答で、小説や映画などは原作を・・・というお話がありましたが、そうでない場合は、やはり「迷わず選択する」言語が存在しているんですね。
(ちゃんとmartinbuhoさんの回答を理解しているでしょうか?)

日本語を使う日本人も、聞いて話すのは日本で生きていれば身に付きますが、書いて読むのは教育が必要ですものね。そういう意味では、言語って「聞いて話す」のと「読んで書く」のとでは違うんですね。何だか当たり前の事のようで新しい発見をした気分です。
そう思うと質問を「本を選ぶ場合」と限ってしまったのが残念です!また別の機会に色んなお話が聞けるような質問をしたいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/07 12:17

ちょっとした経験談で・・・



大学時代からあわせて7年ほどアメリカにいました。日本グッズがまったく手に入らない場所だったので、本はすべて英語でした。

現地にいたころは時間がたつにつれ、英語の雑誌や本を読むのに抵抗がなくなり、普通に本屋にいって、本を探してました。読むのも英語が当然のようになってました。

帰国後は日本語の活字に飢えていたので、日本の本ばかり買いました。が、映画の原作本などはいまだに英語のものを選びます。#1の回答者のかたと同じく雰囲気がつたわってくるからです。

日本にいてまで、英語の本を選ぶ人はかなり「英語寄り」の脳みそになってる人でしょう。特別な理由がないかぎり、やっぱりどちらかの言語がちょっとでも得意になるはずです。でも少しの差ならどちらの言語の本でも気にせずに読めるんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小説や映画などではなくて、英語でも日本語でも内容に一切変わりがなければ「少しでも得意な方」を手にする、という事でしょうか。例えば日本語と同じように英語が使える日本にいる日本人は、やっぱり日本語版なんでしょうか。私もそれが自然な感じがします。それで英語版を手にする人は、日本語より英語の方が基準(と言って良いんでしょうか)になっている人なんですよね。海外の国では、一般的に数ヶ国語話せるのが普通という国もありますが(ベルギーなど)、そういう国に住む人の場合でも、やっぱり得意な言語があって、それが基準になっているんでしょうか。。。
何だかお返事頂いたのに、質問のようなお礼になってしまってすみません。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 21:45

正確に答えるためにはバイリンガルの定義から始めなければなりません。

しかし、常識的には二カ国語の力を正確な判定機で判断するのではなく、日常生活に支障なく使えればバイリンガル使用者と呼んでいいでしょう。

従って、どちらの本にするかは、人それぞれです。専門分野なのか小説なのか、雑誌か、新聞かによってもかわります。日本人は読み書き話す能力をセットで考えますが、海外では必ずしもそうではありません。英語もフランス語(二つ目の言葉)も同じように話せ理解できるが、書く能力には差があるという人はざらにいます。
二カ国語を自由自在に話せる人は現在どの言葉を話しているかほとんど意識していないようです。AからB語への切り替え、その逆は、脳にある種の刺戟(言葉)が加わることによって瞬時に、何も考えず、切り変わります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も何となく「バイリンガル」なんて言葉を良く考えずに使ってしまって説明不足だったと思います。
"読み書き聞く話す"を含めて、日本語と全く同じように他の言語を「使える」人はどうなのかな?と思っていました。と言うのも、私も大学がアメリカだったので多少は英語を使えるのですが、間違いなく日本語の方がラクなので迷わず日本語版を選びます。もし私が日本語と英語を全く同じように使える場合は、さて、もし書店に同じ本の英語と日本語があったら、どっちを手に取って買うのだろうか?と思いました。やっぱり日本人だから日本語?とも思ったのですが、、、#1の方の回答でもあるように、そうでもない感じです(^v^)

あ、ここまで書いて思ったのですが、もし頂いた回答が「同程度できると言っても全く同じではあり得ない」というご意見でしたら、関係ない事を長々と書いてしまってごめんなさい。
でも「どの言語を話しているか意識していない」というのは新鮮でした。そうですよね、自分が日本語を話す時に「これは日本語だぞ」なんて思いませんよね。きっと数カ国語であっても、それと変わりないんだなーと思うと、不思議な感じです。が、だからこそ母国語(並み?)なんですよね。。。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 21:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q英英辞典の日本語版?

こんにちは☆ninnylionです。

質問は『日本語で英語の意味を詳しく書いてあるものってありますか?』です。

英語=日本語にはならないですよね?ほんとは微妙に意味が違うのに日本語だと一緒になってしまうものとかあるじゃないですか。

そういう違いを知りたいんですが、英英辞典とかは英語で書いてあるからわかんないんです。。。

もしあるのなら教えて下さい!

すっごく困ってるとかじゃないんですが、英語も日本語のように使いこなせたらなって思ってます☆(日本語もあやしいですが。。。)

Aベストアンサー

増進会出版から『ワードパワー英英和辞典』(島岡 丘 編集)という辞書が出ています。これはOxford University Pressから出ている学習者用の英英辞典に、日本語訳を付けたものです。見出し語に訳語がついているだけでなく、英語の定義も訳されていますから、ninnylionさんにぴったりではないかと思われます。

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q洋書と日本語版について、質問です

私は高校生で、英文翻訳を課題として学習していて、洋書を探しています。

洋書の候補となっているのが、
・チャーリーとチョコレート工場
・ふしぎな国のアリス
この二点です。

この二冊なら比較的高校生でも簡単に読めると伺ったので、このどちらかにしようと思っています。
ですが、私は洋書と日本語版とを比較しながら読んでいきたいので、
英語と日本語が一致している(?)本を探しています。
洋書の方は探せたのですが、内容が一致する日本語版の本が、種類がたくさんあってよく分かりません^^;
どれを買えばいいのか全く分からないので、
よければ、下のURLにある本の日本語版を探していただけたらと思います。
よろしくお願いします(>_<)

アリス
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0688110878/qid=1147691081/sr=8-5/ref=sr_8_xs_ap_i5_xgl14/249-6881945-5343552

チャーリー
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0141301155/qid=1147691138/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-6881945-5343552

私は高校生で、英文翻訳を課題として学習していて、洋書を探しています。

洋書の候補となっているのが、
・チャーリーとチョコレート工場
・ふしぎな国のアリス
この二点です。

この二冊なら比較的高校生でも簡単に読めると伺ったので、このどちらかにしようと思っています。
ですが、私は洋書と日本語版とを比較しながら読んでいきたいので、
英語と日本語が一致している(?)本を探しています。
洋書の方は探せたのですが、内容が一致する日本語版の本が、種類がたくさんあってよく分かりません^^;
...続きを読む

Aベストアンサー

英文翻訳を課題として学習しているとのことですが、どういうことをやりたいのでしょうか。学校で授業のいっかんとしてやるのでしょうか。それとも、自主的な勉強でしょうか。

アリスは原著を読んだことがないのでよくわかりませんが、韻文やダジャレのような表現が多く、英語力だけでなく英語文化を知らないと読みにくいと思います。

チャーリーは比較的読みやすい本ではありますが、一般の高校生が簡単に読めるとは思えません(ハリー・ポッターよりは、やや簡単です)。英語に力を入れている進学校の生徒なら、辞書なしでだいたいの意味が取れると思うので、多読用教材としてはいいだろうと思いますが、中にダジャレのような韻文が長々と続く部分があるため、その部分はやはりむずかしいと思います。また、3万語くらいあると思うので、読み通すだけならともかく、全文を訳すとなると大変です。普通の高校生の課題としては、ちょっと考えられません。一部だけを訳すというのならわかるのですが。

日本語訳と比較しながら読んでいきたいというのは、翻訳方法の研究として比較したいのか、単なる英文解釈の助けにしたいのでしょうか。

ちなみにアリスは日本では「不思議の国のアリス」として有名な作品で、この題名で検索すれば、翻訳は何種類かあると思います。内容はそれぞれですが、翻訳の勉強であれば、できるだけ多くの翻訳書をあつめて、比較してみるべきでしょう。

チャーリーは、日本では「チャーリーとチョコレート工場の秘密」として翻訳がでているようです。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4566014118/
著作権がまだ切れていない作品だと思うので、おそらくほかの翻訳はないでしょう。

英文翻訳を課題として学習しているとのことですが、どういうことをやりたいのでしょうか。学校で授業のいっかんとしてやるのでしょうか。それとも、自主的な勉強でしょうか。

アリスは原著を読んだことがないのでよくわかりませんが、韻文やダジャレのような表現が多く、英語力だけでなく英語文化を知らないと読みにくいと思います。

チャーリーは比較的読みやすい本ではありますが、一般の高校生が簡単に読めるとは思えません(ハリー・ポッターよりは、やや簡単です)。英語に力を入れている進学校の生徒...続きを読む

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Q英字新聞、日本語版を読みたい!

ニューヨークタイムズなどの英字新聞を日本語で読みたいんです。
どなたかいいサイトをご存じではないですか?
英語に強くなりたいわけではなく、どんなことが問題になっているのかしりたいんです。

Aベストアンサー

全部を日本語に翻訳しているサイトはないんじゃないかと思います。
抜粋して翻訳する場合は日本向けの話題が選ばれますので、それだと現地でどういうことが一番注目されているかというのは判りません。
そのまま見てどういう紙面になっているかは、英語のまま見るしかないでしょう(あるいは既出のようなWeb翻訳を利用して大意を汲み取るか)

CNNを比較するとわかると思いますが、、、

CNN US版
http://www.cnn.com/

CNN 日本語版
http://www.cnn.co.jp/

ね、違いますでしょう。

ニューヨークタイムズは難しいと思いますよ。
あ、こんな最後がありました。新聞各紙の難易度を1から5で示しています。

参考URL:http://www.asahikawa-med.ac.jp/dept/ge/english/naito/link/link.html

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Q日経新聞(英文)の日本語版ありますか?

職場で日経(英文)の記事を翻訳して回覧しなくてはいけません。
英語は苦手です。
日本語の日経新聞も同じ記事なのでしょうか?
そのまま使いたいです。
どなたかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

日経の英文とは、THE NIKKEI WEEKLYのことですか?
THE NIKKEI WEEKLYの日本語版というものは存在しません。

あれは言ってみれば週間ダイジェスト版(のさらに英文版)です。
日刊の日本経済新聞と比べ、記事は基本的に一緒ですが、決して単純な翻訳にはなっていません。なぜならダイジェスト版であるため(おそらく)記事の本文は再構成されているからです。
基本的には外国人が読むことを想定していて、記事のスタンスは同じでも切り口が微妙に違っていたりします。

ただ、少しおかしく感じます。
英文版の和訳が必要なら、そもそも日刊(つまり最初から日本語で書かれている版)の記事を使えばいいのではないでしょうか。
英文版の和訳を必要とする理由がわかりません。

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q英語版『源氏物語』の日本語訳、添削をお願いします!

長文失礼します。

英語版『源氏物語』の冒頭部分の日本語訳なのですが、どうしても分からない部分が3箇所あったため、質問させていただきました。

1.一番最初のIn a certain reignに続く括弧内の部分-(whose can it have been?)
  原文から推測すると「どの天皇の治世だろう?」みたいなことを言っているのだと思いますが、上手く訳せません。
2.三文目-The way she waited on him day after day only stirred up feeling against her
  wayが「方法」なのか「道(廊下?抽象的な意味での道?)」なのか、よく分かりません。
3.第一段落の終わり-ignored his critics until his behavior seemed bound to be the talk of all.
  bound to be the talk of allの部分が全く分かりません。

また、全体的に訳が怪しいので、もし(絶対にあると思いますが。。。)間違っている部分があれば、ご指摘いただけると大変助かります。

元は日本語ですので、現代日本語訳を参照すれば当然大体の内容は分かるのですが、この英文が何を言っているのか「正確に」訳すとなると、やはり文学作品なので、拙い私の英語力と電子辞書では限界が来てしまいました(泣)。英語が堪能な方、どうかお手伝いを宜しくお願いいたします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

In a certain reign (【whose can it have been?】) someone of no very great rank, among all His Majesty’s Consorts and Intimates, enjoyed exceptional favor. Those others who had always assumed that pride of place was properly theirs despised her as a dreadful woman, while the lesser Intimates were unhappier still. The 【way】 she waited on him day after day only stirred up feeling against her, and perhaps this growing burden of resentment was what affected her health and obliged her often to withdraw in misery to her home; but His Majesty, who could less and less do without her, ignored his critics until his behavior seemed 【bound to be the talk of all】.
From this sad spectacle the senior nobles and privy gentlemen could only avert their eyes. Such things had led to disorder and ruin even in China, they said, and as discontent spread through the realm, the example of Yokihi came more and more to mind, with many a painful consequence for the lady herself; yet she trusted in his gracious and unexampled affection and remained at court.

ある治世に(【・・・?】)、天皇陛下の全ての女御や更衣の中で非常に高い位ではないある人が、[陛下の]例外的な寵愛を受けていた。いつも最高位は自分達のものだと思い込んでいた他の女御達はひどい女として彼女を軽蔑し、一方、さらに位の低い更衣達はもっと不幸だった。彼女が毎日彼を待つ【道?】は、ただ彼女への反感を掻き立てるばかりで、そしておそらくその反感による精神的負担が彼女の健康を害したためか、彼女はしばしば苦悩の中彼女の家へ引き下がるのを余儀なくされた。しかし、ますます彼女無しではいられなくなった陛下は、【・・・?】彼の廷臣達を無視した。
この悲しい光景から、公卿や殿上人は彼らの目を逸らすことしかできなかった。そのようなことは中国でさえ混乱と崩壊につながった、と彼らは言った、そして、不満が国中に広まったとき、楊貴妃の例は、多くの彼女[楊貴妃]自身がもたらした痛ましい結果と共に、ますます[廷臣達の]心に浮かぶようになった。しかし、彼女は、彼[陛下]の寛大さと前例のない愛情を頼りに、宮廷に残った。

長文失礼します。

英語版『源氏物語』の冒頭部分の日本語訳なのですが、どうしても分からない部分が3箇所あったため、質問させていただきました。

1.一番最初のIn a certain reignに続く括弧内の部分-(whose can it have been?)
  原文から推測すると「どの天皇の治世だろう?」みたいなことを言っているのだと思いますが、上手く訳せません。
2.三文目-The way she waited on him day after day only stirred up feeling against her
  wayが「方法」なのか「道(廊下?抽象的な意味での道?...続きを読む

Aベストアンサー


お考えの通りでいいと思います。日本語ならこういうとき「誰の御治世だったか」のような言い方ができますが、英語ではこのまま訳すと疑問文そのものになってしまいます。

Whose reign can that have been? / Whose reign was that?

原文でも現代語訳でもご覧になると分かりますが、いずれも「~か、…」というように「か」で終わってすぐ次に続いています。in に相当する「に」がなくてもいいのです(「いつの日だったか私は…」のような言い方ができますね)。
英語で?で終わった後に答えも出さずに次の文が始まると変なので、折衷案としてこういう形をとったのでしょう。In a certain Emperor's reign「ある天皇の御治世に」でもいいのですが、これだと分かっていながらあえて名を伏せたような感じがします。訳者は「か」の語感を生かすために疑問文を挿入する形をとったのでしょう。


wait on は「お仕えする」、way は「様子」や「ありさま」。彼女が彼にお仕えするその様子が反感を買った、ということです。


bound は形容詞。be bound to で「きっと~する」のように使われます。ここでは be の代わりに seems を使っています。

自分を批判する者達を無視し、ついにはその振る舞いは皆の話題になるのは必至と思われるようになった。


お考えの通りでいいと思います。日本語ならこういうとき「誰の御治世だったか」のような言い方ができますが、英語ではこのまま訳すと疑問文そのものになってしまいます。

Whose reign can that have been? / Whose reign was that?

原文でも現代語訳でもご覧になると分かりますが、いずれも「~か、…」というように「か」で終わってすぐ次に続いています。in に相当する「に」がなくてもいいのです(「いつの日だったか私は…」のような言い方ができますね)。
英語で?で終わった後に答えも出さずに次...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報