最新閲覧日:

訳あってアメリカ人にそれぞれの国(私の場合は日本)の伝統(文化)について説明しなくてはならないのですが、そのトピックを選定するのに悩んでいます。
日本の伝統ってどんなのがありますかね。←日本人なのに情けない(^^ゞ
あなたなら、どんな伝統をアメリカ人に自慢?してみたいですか。
一例として、
・お正月について(過ごし方、食文化等の特徴)
・節分等の行事関係
・生活様式に関すること等。。

幅広い年齢層からの回答お待ちしています!!

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

・参考URLに挙げましたが、ジャパニーズ・スタイル・ウエディングの説明はいかがでしょう?ご自身の写真があれば、更にいいのですが。


角隠しの意味なんか説明するとうけるでしょう。ケーキ入刀やキャンドルサービスも珍しがられると思います。

・前の方の回答にもありますが、食べ物も興味を引くと思います。日本食はヘルシーだというイメージがあっても、家庭料理って案外知られていないです。
簡単な料理を紹介するとか、野菜の飾り切り(花型に抜いたニンジンetc.)を実演するとか。
ちょっと準備が大変かな。

・大体、日本がどこにあるかも知らない人が多いと思うので、世界地図からスタートしたほうが良いかもしれません。(アメリカの地図では右端)
アメリカの小学生用の地理の本が手元にありますが、日本のページにはおすもうさんの写真、どこかの工場の従業員が制服姿でラジオ体操をしている写真、それに芸者二人がお茶の稽古をしているイラストが掲載されています。(その芸者の絵もすごくヘン)
日本のイメージはまだまだこんなものなのでしょう。

参考URL:http://www.jinjapan.org/nipponia/nipponia9/sp01. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに結婚式というのも国によって大分違いがありますよね。
それから日本に対するアメリカ人の認識についてですが、まだまだ十分とはいえないと思います。もちろん、日本人もアメリカをはじめ外国の文化をどれだけ正しく理解しているかといえば甚だ疑問ですが。。いろんなジャンルの文化や伝統を紹介して、少しでも日本を理解してもらうように頑張りたいと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/02/07 12:15

>「武士道とは死ぬことと見つけたり」



 これは、忠義ということだと思います。犠牲の精神ですね。
 特に、戦国の世においては、主君等、護るべきものの為に死を覚悟して、命を預けて戦っておりました。
 でも、これは信頼関係があってのことでしょう。裏切りも多くなれば、空しい、騙されていることともなり、おめでたい者ということになると思います。
 しかし、死に場所を求めていた、それ位の想いを為すほどに、「武士は食わねど高楊枝」と生きることが難しい、主君に仕えることがままならないということもありました。
 それだけ、気高く、無様な姿は見せたくない、誉れをもって去りたいという傲慢さも感じます。
 如何ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

個人的に武士道精神ってすごく好きで、大切にすべき日本の文化だと思ってます。よく自分なりに空想を巡らすのですが、日本文化には「恥」という特殊な概念があって、この背景に「恩」というものにたいする執拗なまでの忠義心が見え隠れしているような気がします。忠義の義は義理の義だと思っているのですが、「恩」に報いるという義理を果たすことが美徳とされていた精神であったように考えています。まさに、odd-artさんがおっしゃるように、万難を排して忠義を尽くすということは、この意味で究極の生き方であり、その生き方を追求していくと、「滅私」や葉隠にあるような「生」=「死」というような結論に達するのではないのかなぁ。。と。
少し、質問内容から脱線してしまった感がありますが、いろいろと頭の中でアイデアがわいてきました。本当にありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2002/02/07 12:11

書を伝えてください。


日本人の大部分が字を上手に書くことに興味をもっています。
アメリカ人には通じにくいです。
でも漢字のマークのTシャツや野球帽が売れてるそうですね。
きっと興味をもってもらえると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに、「和」とか「愛」とかその他、これ意味あるのかなあとおもうような漢字の飾りもの(壁掛けのようなもの)が売ってたりします。興味はあるのでしょうね。いいテーマかもしれません。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/07 10:54

私だったら迷わず「食」関連かなあ。


「米」関連ネタとか「大豆」関連ネタとか・・・。
アメリカにいらっしゃるんでしたら資料として現物を入手するのも
比較的楽ではないんでしょうか。
ただ、「目新しさには欠ける&他の国の方の説明とダブりのネタになる
可能性がある」でしょうかねえ・・・。
でも私は「いただきます」と「御馳走様」の挨拶は海外に自慢できる
「伝統文化」だと思います。

あと、とある漫画家の方のコメントに、
「取材旅行なんかに行くと、相手が説明したがっている物事よりも、
相手の文化圏では当たり前すぎて本人ぜんぜん気づかないけれど、
自分の文化圏には存在しない物事の中により興味深いネタがある」
というものがありました。
今アメリカにいらっしゃるのでしたらその期間の経験の中で
自分の何気ない言動そのほかで「・・・何それ?」って心底相手が
不思議がったようなこととか、逆にACSmasaさんが「何でそれを
みんなサラッと当たり前のように流せるんだ!!」と思われたことが
ありましたらそれをネタにしてみるってのはいかがでしょうか?
(抽象的ですいません。)

いずれにせよ気負わずがんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

食文化も良いですね。英語には「いただきます」という言葉は確かにないですね。
身の回りで、oogooさんのおっしゃるような経験は今のところ心当たりないですねぇ。アメリカナイズされてきたのかなぁ。。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/07 08:18

すでにいろいろな回答が寄せられているので、英語で書かれたHPをいくつか紹介します。

アメリカ人でもその気になれば日本文化の一夜づけは出来ますので、これらの資料を参考に日本人らしいプレゼンをしてください。

http://www.dragon-tsunami.org/Dtimes/Pages/artic …

http://clayzee.com/history/pottery/japan/

http://jin.jcic.or.jp/kidsweb/japan/d.html

http://ourworld.compuserve.com/homepages/HFeid/h …

参考URL:http://sunbun.tamacc.chuo-u.ac.jp/~noguchi/yajim …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速見てみました。私が検索した時には見つけられなかったHPもあり、すごく役に立ちそうです。貴重な情報ありがとうございました。/(^^)

お礼日時:2002/02/07 08:14

 「居合道」の一見識として、


 剣の道は、自分の精神を高める為のものであります。人を切って殺傷するだけではありません。
 「剣客」が何故居たか、それは人を助ける為に剣を生かしたのであります。その極意は、「一殺多生」にあったとさせ云われます。
 剣に対しての凡人は、人を殺す為の道具としてしかみないようですが、本来、剣には、打ち手(刀鍛冶)の魂が込められ、精神を清める作用を為すものとされています。
 その為に、神殿に納め、崇めたりもしたわけでしょう。
 日本刀は、外国にもない形状をなしていますが、これは、応力を利用しており、自然と振り下ろすだけで、刀の反りにより、切断しやすくしています。反りが大きければ、切りやすいですが、刀身が短くなり、長くすれば、重くなり振れません。だから、微妙なのです。
 日本では、刀を熱いうちに打ち鍛えることから、「鍛錬」という言葉があるくらいです。
 実際に、剣は美しく、美術品であります。全ての偶然、自然が織り成して出来上がっており、二つとして同じ物は出来ません。如何ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、非常に参考になります。ちなみに、「葉隠」にある「武士道とは死ぬことと見つけたり」という有名な一文がありますが、このへんとの関連(抽象的ですが。。)をどうお考えになりますか?よかったらご意見をお聞かせください。

お礼日時:2002/02/07 08:07

私なら、能について、いろいろ調べて説明するでしょうね。


能は、割と外国人も興味を持ちます。友人が能のプロデュースの仕事をしていたので、たまに見に行きましたが、日本人の私でもカルチャーショックを受けました。
若い人がもっともっと興味を持ってほしくて、こう書いたのですが、奥が深い世界です。ぜひ、外国に広めてくださいね。

参考URL:http://www.iijnet.or.jp/NOH-KYOGEN/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどぉ。勉強してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 15:09

衣冠束帯などの情報


http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/9109/
着物の歴史・着付け方など
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/wasou/indexMain. …
総合的に服飾の歴史
http://www.takata-courtrobe.co.jp/

このぐらいを見たら歴史的なものも含めてわかると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびの回答ありがとうございます。早速、調べてみたいと思います。

お礼日時:2002/02/06 14:44

こんにちは。

「説明しなければならない」のと「英語で」というところをみて、英会話を用いた集まりで口頭での発表かと思いましたので、それをターゲットにいくつか考えてみました。

・着物の着付け方
男女どちらの着物も伝統的にそうなっているように見えながら、紐ひとつ取っても理由があります。「袖を通す」「紐を縛る」「前を合わせる」等簡単な単語で説明できると思いますので、案外楽にできるかも。

・「忠臣蔵」(赤穂浪士もの)
前に中国の人に(日本語でしたが)ストーリーを説明したら結構受けました。ストーリーだけでなく江戸時代の武士階級のものの考え方や元禄時代の江戸町民たちの様子などを交えてリアルに語るのがコツだと思います。

・易(?)と日本
もとは中国のものであった十二支や方位の考え方を日本人はどのように暮らしに取り入れているか、という考察はどうでしょう?京都では丑寅の角を切ってある家などをよく見ますよね。

ぜひアメリカ人に興味を持ってもらえるような説明をしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんのヒントをありがとうございます。でも、「アメリカ人に興味を持ってもらえるような説明」というのが難しいんですよねぇ。日本人なのに日本の伝統についてすらすら言えないというのは、だめですねぇ。この機会により一層日本について勉強したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/06 14:50

アメリカ人に限らず、結構海外の方は日本に興味があるんですよね。


私達日本人より知識的には色々知っていたりしてびっくりさせられました。
ただあちらの方々はこういう風に言うのもなんですが、知識や興味はあるものの
“実体験”と言うのが無いのがほとんどです。
なので何か体験できるようなものをお勧めいたします。
その点京都などでは気軽に比較的安価で体験ができるものも有りますよ。
あとは、食べ物とかだと、和菓子が結構うけが良いらしいです。
もし、日本語もある程度分かる方でしたら、狂言がお勧めかな?
能とか歌舞伎はもともと宮廷のものでしたので言葉が難しいのですが、
狂言は庶民を対象として作られたものですので、言葉も比較的分かりやすいし
笑いが有るから観ているだけでも楽しめますよ。

とりあえず体験のできる施設一覧のURLを載せておきます。

参考URL:http://www.kyokanko.or.jp/shugaku/taiken/index.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。体験させてあげられたらよいのですが、アメリカにいるのでそこまでは。。。残念ですができそうにありません。
質問の意図が不明確だったことをお詫びします。

お礼日時:2002/02/06 14:03

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ