最新閲覧日:

ISOって簡単にいうとどんなものなんですか。

あとこれを取得したときのメリット、デメリットを

教えてほしいです。お願いします。

A 回答 (4件)

他の回答者の意見と重ならない部分を補足的に回答します。



ISOは企業イメージなどのアピール効果も重要ですが、根幹は経費削減です。
ISO9000シリーズの場合は#3のnazekunさんの言っているように「品質管理」のシステムを確立する、ISO14000シリーズの場合は「環境保全」のシステムを確立しますが、これらは合理化と将来のリスク回避の方法をシステム化するのです。
簡単に言えばマニュアルを作って誰でも間違えずに出来る方法を記載するのです。この記載と言うのが重要で記述したものがないとそのシステムは「無い」ものとみなされます。

デメリットとしてしいてあげるなら、認証が取り消されたときの企業イメージのダウンでしょう。ISOは取得するより維持することの方がはるかに難しいからです。なぜ難しいかと言うと、いい加減に作ったシステムはすぐに老朽化するということです。その場しのぎに作ったシステムはすぐに破綻するからです。維持管理することを念頭においたシステムを構築する必要があるのです。

あとは私の私見ですが、ISOは将来的には取得したことのアピール効果はなくなるでしょう。そういうシステムが確立しているのは当たり前とみなされる時代が来るからです。そうなると差別化を図るにはシステムの「内容」になるのです。いい例がISOより厳しい規格を設定したトヨタだと思います。取得しているしていないは重要ではなくなります。

以上、ISO14000シリーズ元構築担当者からでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はじめてこれを利用したんですが、いろんな方の
意見が聞けていろいろ勉強になりました。
皆さんどうもありがとうございました。

お礼日時:2000/12/25 09:16

ISO9000sの場合、製品又はサービス等の「品質そのもの」の善し悪しが認証取得の基準ではなく、「品質管理」のシステムが確立されているのかということがポイントです。


社内の管理体制と社員の意識向上が図れるという副次的効果がありますが、費用(コスト・人件費・時間)はかなりの覚悟が必要ではないでしょうか。
    • good
    • 0

 デメリットにおける補足です。



取得に時間と手間だけじゃないですよ。

 維持にもかなりの時間と手間とお金が掛かります。

 定期的に検査みたいなモノがあり、それは大変です。
    • good
    • 0

ISOとは一口で言うとISO(国際標準化機構)が定めた品質・環境マネジメントシステムの国際標準」と云うことでしょうか。


日本企業の多くは、欧米には遅れをとったものの、現在、その導入または定着化を進めております。これは、たいへん歓迎すべきことで、この国際規格の普及によって、日本企業の経営システムのグローバルスタンダード化は飛躍的な進展を見せております。
現在はISO9000シ、ISO14001と有ります。

I S O 導入の7つのメリット
http://www.alps.or.jp/chuokai/organ/200003/speci …

デメリットは特に無いでしょうけど、敢えて書けば
取得に時間と手間がかかるということでしょうか。

参考URL:http://isoweb.jma.or.jp/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報