先日、松本清張と昭和30年代という本を読み、彼の短編「顔」に、京都・円山公園の「いもぼう」が載っていたことを知りました。父は大の清張ファンでしたので、父の「いもぼう」好きはこれに由来するのかと思っていましたら、友人が、「いもぼうは有名だから、他の小説にもたくさんのっていたはずだ」というのです。
とても興味があるので、他にそういう小説があったら、教えていただけませんか?
なお、これから久しぶりの清張に浸ります。「顔」を読んでみたくて・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

川端康成 「古都」にあります。



「北海に
京を和(あ)えたる
いもぼう哉」
これは松本清張が残した句らしいですよ。


「百年を伝えし味には百年の味あり」吉川英治が言ったそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!まあ、いもぼうは、けっこう文壇で有名だったんですね。
また食べに行きたくなりました。

お礼日時:2002/02/06 20:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの名前(くずし字)は何と読むのでしょうか?

このくずし字は江戸時代の男子の名前なのですが、何と読むのでしょうか?

「猫画之物語」という草双紙の主人公の名前です。

趣味でくずし字を学びながら、この草双紙を読み始めたのですが、主人公の名前が読めずに切ない思いをしています。「八」は読めるのですが、二文字目が分かりません。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も「八矢」(はちや)と推測します。
添付図の出典は次のとおりです。
http://clioz39.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/ZClient/W34/z_list.php?title=%E7%9F%A2&resourcetype=0

Q文学小説初心者にまず読んで欲しい小説は?

今まで、文学小説と呼ばれる小説は教科書でしか読んだことがありませんでした。(教科書のものを読んだと言えるのならばですが…)
別に読書が嫌いというわけでもなく、ライトノベル系の小説は月に10冊以上読んでいます。今まで文学小説を読まなかったかは自分でもわかりません…。

本当に読んだことがないし、興味もなかったので教科書に載っているような超有名どころのタイトルしか知りません。
「人間失格」から読み始めたいなと考えているぐらいの初心者です。
あらすじからしか想像できませんが「人間失格」や「芋虫」が好きなような感じがします。(人間臭いものというか、人間のエゴの部分というか、そういうものが読みたいです)
教科書の記憶でいけば、山椒魚や羅生門も面白かったと思います。
そんな20代女の初心者に「まず、これは読んで欲しい」という小説がありましたら教えて下さい。
できれば、続きものではなく1冊の読みきりでどこの古本屋でも置いてあるような小説でお願いします。

Aベストアンサー

 まず、私は村上春樹から始めました。
村上春樹 春の風を聴け
村上春樹 1973年のピンボール
村上春樹 羊をめぐる冒険(上・下)
 次に古典名作ですが、次のものが印象に残ります。
夏目漱石 坊ちゃん
夏目漱石 こころ
井伏鱒二 山椒魚
志賀直哉 城の崎にて
三島由紀夫 金閣寺
司馬遼太郎 最後の将軍
司馬遼太郎 功名が辻(1~4)
 蛇足ですが、小説家自身の文章論についても書きます。
谷崎潤一郎 文章読本
三島由紀夫 文章読本

Qくずし字で書かれた明治時代の文章を読んでいます

いつもお知恵拝借、ありがとうございますm(_ _)m


くずし字の文章を読むのは初めてなので四苦八苦状態なのですが、“この字は何という文字だ”と一つ一つ読み解いています。

そこで、なんとか読み解いた第一段階の(現代語訳する前の)文章を表現する特有のいい方はあるのでしょうか?

漢文でいう、読み下し文とか書き下し文というような・・・。

くずし字を読む上での、初歩以前の質問かも知れませんが、よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

この場合で言えば
くずし字で書かれた明治時代の文章が「原文」で、質問者さんが一つ一つ文字を読み解いた文章が「解読文」です。
一般的にはそのように使われています。

Q村上春樹の短編小説の名が思い出せません

質問1
数年前に学校で読まされた村上春樹の短編小説が気に入ったのですが題名を忘れてしまいました。

内容はカップルが車内で過去の彼女の恋人?の話をしている。過去の男をスパナで殴ったような記述があった気がします。日産かどこかのスカイなんたらという車の記述もありました。男は彼女に自分もスパナで殴られないかと考えていたと思います。
・この短編の題名を教えてください。またできればこの短編が収録されてる本の題名も教えてくださるとうれしいです。


質問2
・お勧めの村上春樹短編集を教えてください。


質問1と2のどちらかだけでも構いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問1ですが、それは
『夜のくもざる』に納められているその名もずばり『スパナ』です。

質問2ですが、個人的には、最初の短編集である
『中国行きのスロウボート』
が好きです。
表題作もいいですが、「午後の最後の芝生」なんかも好きです。

あとは『蛍・納屋を焼く・その他の短編』の『めくらやなぎと眠る女』とか。表題作は『ノルウェイの森』の元の作品です。

Qくずし字の解読をお願いしますm( __ __ )m

初めて質問します。

この話で台本を作りたいと思っているのですけど、くずし字の苦手な私にはとても解読ができませんでした・・。

1週間、いろいろくずし字を調べたり本を借りたりして読んでみましたが、どうしても読めません。
よろしければ解読してほしいです・・・!

http://k-aiser.kokugakuin.ac.jp/library/lime/koizuka4193/pages/page002.html

Aベストアンサー

くずし字の習得が目的でしたら笑ってスルーして下さいm(_"_)m

でも台本作りが目的でしたら門外漢の私でも何とかなるかもしれません^^

・恋塚物語屏風<解説>
http://k-aiser.kokugakuin.ac.jp/digital/diglib/koizuka4193/etc/kaisetsu.html

上記「恋塚物語屏風<解説>」の<解題>欄によりますと、
・貼り違いによる本文の錯簡のほか、
本資料は陽明文庫本の本文に極めて近いものの、
・誤字脱字や脱文
・物語冒頭から数丁分が欠けている
・末尾「これをはいけんの人々は、ねんふつ十へんつヽ御ゑかうあるへし」の一文がない
などの問題があるようですね。

あと、「恋塚物語屏風<解説>」の<参考>欄の中の
・山本岳史「〈翻刻と解題〉『恋塚物語』屏風」
(『國學院大學で中世文学を学ぶ 第二集』國學院大學文学部松尾研究室・2009年)
があれば、問題解決なのでしょうが、検索した限りではWEB上での確認は出来ませんでした。

でも、・恋田知子「陽明文庫蔵「道書類」の紹介(二)『〔恋塚物語〕』翻刻・略解題」
(『三田国文』46 2007年)の方はWEB上でも見ることが出来ますので、
下記の陽明文庫本の翻刻を御覧いただければと思います。

〇「陽明文庫蔵「道書類」の紹介(二)『〔恋塚物語〕』翻刻・略解題 /恋田知子」
『三田國文 No.46(2007.12)/慶應義塾大学国文学研究室』(p.43- 54)
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN00296083-20071200-0043

残念ながら、前記の問題を含みますのでピッタリというわけにはいかず、
翻刻の1~29の各オモテ・ウラと、屏風とにはズレ・欠落等があるため結構面倒ですが、
試しに一部後方頁の各先頭箇所をチェックしてみたところ概ね一致している様子も伺えます。

Page 009 of13 ------------------
とにいたきとらせつゝ さても日
ころはいたわしく ちりたにも
ふれさりける ひすひのかん
さしのかけにあまりたるを…

Page 010 of13 ------------------
おかしき夜もすてにふけゆくは
さへもんのせうねさめして女…

Page 011 of13 ------------------
その夜もすてにあけしかは
京へもかくとつけにける…

Page 012 of13 ------------------
あらんとありしをもりとをま
ことゝおもひてこよひこれに
きたりて…

Page 013 of13 ------------------
さきよくいのちをおしむけし
きもなし さんきまんきを
こゝろしても…

以上 少しでも問題解決の糸口に繋がれば幸いです^^

くずし字の習得が目的でしたら笑ってスルーして下さいm(_"_)m

でも台本作りが目的でしたら門外漢の私でも何とかなるかもしれません^^

・恋塚物語屏風<解説>
http://k-aiser.kokugakuin.ac.jp/digital/diglib/koizuka4193/etc/kaisetsu.html

上記「恋塚物語屏風<解説>」の<解題>欄によりますと、
・貼り違いによる本文の錯簡のほか、
本資料は陽明文庫本の本文に極めて近いものの、
・誤字脱字や脱文
・物語冒頭から数丁分が欠けている
・末尾「これをはいけんの人々は、ねんふつ十へんつヽ御ゑかうあるへし...続きを読む

Q「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗

「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」

ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗筋を教えてください。

本のタイトルを覚えてなくても良いです。

どういう完全犯罪で感動したのか教えてください。

Aベストアンサー

天藤真さんの「大誘拐」ですね。
どの完全犯罪話も最後は犯人が捕まりますが
この話では100億円を奪っておきながら犯人は捕まりません。
まさに「完全犯罪」。

Qくずし字が読めません。

このくずし字なんて書いてあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「弥惣字作」と書いてあるようですね。

Q恋愛小説が読みたい

切ない、胸が苦しくなるようなそんな恋愛小説が読みたいです。何かいいものがあれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現代小説もいいですが、ちょっと視点を変えて、

「パルムの僧院」(スタンダール)
「椿姫」(デュマ)
等は如何でしょうか?翻訳により微妙に面白さが変わってくるので、岩波文庫版をお勧めします。

意外と面白いですよ。

(パルムの僧院が面白かったので、スタンダールの「恋愛論」を読んでみましたが、これは自分としてはイマイチでした。最初の数十ページは面白かったけど…。)

Qこのくずし字は何という文字でしょうか?

この画像のくずし字の読み方と、くずれていない元の文字を教えていただけませんか?
何という文字なのでしょうか? 仮名、漢字、どちらでしょう?

文脈としては、
「たる まよなかころ たれかはしらねど人あまた 大[?]のきどを たたくにぞ もんもりの つわものども なにごとやらんと おどろきて その しさいを たずぬれば (たる 真夜中頃、誰かは知らねど人あまた大[?]の木戸を叩くにぞ、門守の強者共、何事やらんと驚きて、その仔細を尋ぬれば」
の[?]にあたる部分の文字になります。

はじめは「ね(年)」かなと思ったのですが、意味が文脈に合わない気がしますし、「ね(年)」のくずし字とは上部が違う形をしているように見えます。別の文字なのではないでしょうか?

為永春水・作、一勇斎国芳・画の『仮名読八犬伝』という和本を趣味で読んでいるところです。和本読み初心者です。

くずし字で分からない文字と出会ったときの調べ方のアドバイスももしあれば、教えていただけますと大変助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「年」ではなく、「手」だと思ひます。
つまり、「大手の木戸を叩く」次第です。

http://r-jiten.nabunken.go.jp/kensaku.php
のページの[検索文字]の右枠内に 手 を入力して[検索する]をクリツクしてみて下さい。[電子くずし字データ]の[代表文字検索結果10件]の中の「佐藤文書」のくずし字に似てゐませんか?
満足できなければ、[代表文字検索結果10件]の直下の(手)をクリツクして表示されるものをツラツラ眺めて行ってください。

Q船上で読むのにピッタリな小説は?

今年のGWは、夢だったカリブ海クルージングの旅へ出かけます!

デッキで日光浴をしながら小説を読みたいな~と思っているのですが、どんな本を持って行くか、なかなかこれというものが見つかりません。

完全な私見で良いので、「自分だったら船上でこの本を読みたい!」というものを教えてください。

ジャンルは問いませんが、文庫本で出版されているものでお願いします。

Aベストアンサー

#4です。

海洋冒険小説の傑作をば・・・

アリステア・マクリーン「女王陛下のユリシーズ号」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E7%8E%8B%E9%99%9B%E4%B8%8B%E3%81%AE%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%8F%B7

ジャック・ヒギンズ「脱出航路」(絶版のようで入手性に難ありか)
http://www.amazon.co.jp/%E8%84%B1%E5%87%BA%E8%88%AA%E8%B7%AF-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E6%96%87%E5%BA%AB-NV-283-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%92%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%BA/dp/4150402833/ref=sr_1_6?ie=UTF8&s=books&qid=1271681861&sr=1-6

笹本稜平「太平洋の薔薇」
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E3%81%AE%E8%96%94%E8%96%87-%E4%B8%8A-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%AC%B9%E6%9C%AC-%E7%A8%9C%E5%B9%B3/dp/4334740294

どれも「闘う男」が泣かせてくれる名作です。

#4です。

海洋冒険小説の傑作をば・・・

アリステア・マクリーン「女王陛下のユリシーズ号」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E7%8E%8B%E9%99%9B%E4%B8%8B%E3%81%AE%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%8F%B7

ジャック・ヒギンズ「脱出航路」(絶版のようで入手性に難ありか)
http://www.amazon.co.jp/%E8%84%B1%E5%87%BA%E8%88%AA%E8%B7%AF-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E6%96%87%E5%BA%AB-NV-283-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%92%E3%82%AE%E3%83%...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報