最新閲覧日:

先日、松本清張と昭和30年代という本を読み、彼の短編「顔」に、京都・円山公園の「いもぼう」が載っていたことを知りました。父は大の清張ファンでしたので、父の「いもぼう」好きはこれに由来するのかと思っていましたら、友人が、「いもぼうは有名だから、他の小説にもたくさんのっていたはずだ」というのです。
とても興味があるので、他にそういう小説があったら、教えていただけませんか?
なお、これから久しぶりの清張に浸ります。「顔」を読んでみたくて・・。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

川端康成 「古都」にあります。



「北海に
京を和(あ)えたる
いもぼう哉」
これは松本清張が残した句らしいですよ。


「百年を伝えし味には百年の味あり」吉川英治が言ったそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!まあ、いもぼうは、けっこう文壇で有名だったんですね。
また食べに行きたくなりました。

お礼日時:2002/02/06 20:32

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ