『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

結婚に伴い、親類の子が欧州に越すことになりました(ベルリンかミュンヘンになる可能性が高いとのこと)。
しかし問題は、日本にいるとき同様の読書ができなくなることです。

彼女は文筆系の仕事を目指しており、多くの本を読む必要があります。
専門書、ノンフィクション、ルポ、写真集といった資料的なものから、新聞書評やマスコミで取りあげられる話題の本、新人賞受賞作、ノベルス、絵本等のように読者の思考傾向を把握するためのものまで、多岐に亘ります。
彼女の平均読書数は月20~30冊。主として図書館を利用し、どうしても必要と感じるもののみ書店購入しています(経済的、スペース的理由から)。

今回の海外転居に際し、どのようにすべきか悩んでいます。
Amazonでの購入は長期間だと経済的に大きな負担になるようですし、電子書店や出版社のDL販売では読みたい書籍がなかったりします。
日本に残る家族や友人に、書店で購入して船便で発送してもらう、というのも難しい状態です。都市部であれば日本語書籍を扱う図書館もあるようですが、彼女のニーズには不十分と思われます。

お知恵を貸していただければと思い、質問投稿いたしました。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ドイツの地方都市に一年半留学していた者です。

確実なアドバイスはできないのですが・・・

まず、ベルリンかミュンヘンなら日本人も多いでしょうから、日本人同士のネットワークは必ずあると思います。日本語書籍を読みたがる人はその中にも多いでしょうから、共同で書籍を購入してなるべく送料を抑えようとするグループが出来ている可能性はあると思うので、探されてはどうでしょうか。日本人が1万人以上いるデュッセルドルフにはそういうグループがあるそうです。

後、ご存知かもしれませんが、ネット上に「青空文庫」という、著作権の切れた書籍を無料でダウンロードできるサイトがあります。ただ、これはかなり以前の作品のものばかりなので、最近の読書傾向を知るのには向いていませんね。

近くの大学にJapanologieという学科があれば、そこに日本語の書籍はあると思いますので、そこから外部の人間が借りれるかどうかを調べるのもいいと思います。

日本にいる家族や友人に古書を購入してもらって船便で送ってもらうことはどうしても無理なのでしょうか?それは確実に比較的安くなるのですが。

ともかく現地の日本人同士のネットワークを利用できないか調べることをまずお薦めします。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報を有難うございました(御礼が遅くなりまして、失礼いたしました)。
彼女自身いろいろ調べていたようですが、日本人ネットワークが利用できることは全く知らなかったようです。貴重な情報を有難うございました。
※日本で古本購入して船便発送するのが一番良いとは思うのですが、諸事情で難しいようです(単発の代理購入であれば、私も協力を約束できるのですが……)。

お礼日時:2006/05/06 10:09

こんにちは。



ドイツのベルリン、シャルロッテンブルクには『ヤマシタ』という、日本の書店があります。品数は多い方だと思います(料理本、写真集もあったので)。海外店ということもあり通常より100~200円ほど高いです。取り寄せもしてくれると思いますが、そうすると結局日本からの送料もかかるのでオンラインで買うのと一緒です。
また、帝京大のベルリンキャンパスもありますが、ここの図書館が使えるか?というとおそらく無理かもしれません。

ミュンヘンについては答えられません。ごめんなさい。

あとはもう、アマゾンで購入としか言いようがないですね。イギリスとかだと紀伊国屋がありますが、本を買うのにそこまで出向くのも・・・っといった感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報を有難うございます(御礼が遅くなりまして、失礼いたしました)。
『ヤマシタ』という店については、彼女も知らなかったようで、喜んでおりました。貴重な情報を有難うございました。

お礼日時:2006/05/06 10:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング