どこかのメジャー電子本販売サイトを利用して
電子本をできるだけ収入が得られる形で売りたいと思っています。
仲介料をたくさんとられるのはいやだし、
サイトの閲覧者が少ないのも困ります。
本の形式とかにうるさいのもまた困ります。
そのほかできるだけ自分に有利な形で売りたいと思うわけですが、いいサイトないでしょうか?
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

経験者では、ないので、詳しくは、わかりません。


あなたの売りたい本のジャンルにも、よると思いますし。

ご希望が、たくさん、少ない、うるさいなど、抽象的なので、
下記サイトのような、ものを参考にして、
具体的に、妥協点を、見つけてはいかがでしょうか。

他にも、たくさん、電子本販売サイトは、ありました。

参考URL:http://www.ash.ne.jp/~haho3606/shop.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2002/02/09 18:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自サイトでプリントアウトした自筆本を売りたい。 特定商取引の表記は必要?

あるジャンルに特化したサイトを運営しております。

このサイトにて 自筆した文章をA4用紙でプリントアウトした
冊子を 販売したいと考えております。

この際、サイトに特定商取引の表記は必要ですか?

ガンガン売るつもりは無く、あくまでも趣味範囲なので
できれば住所などを表記したくないのですが、、、

どうでしょうか?

Aベストアンサー

単なる本の紹介なら不要
アフィリエイト等の間接販売なら不要
他の中間業者が売買をしてくれるのであれば不要

自分のHPで販売するのであれば必要です。

あくまで法的な事なので罰則もあいまいでしょうが、
逆(訪問客)の立場で考えると法的な問題よりも
商法の明記の無いサイト=怪しい、詐欺と疑わないでしょうか?

売る=責任です。
質問者さんの冊子はしっかりした物だと思いますが
中には売ってバイバイの業者もおります。

悪質サイトから消費者を守る為の法律ですので
これ以上悪質サイトを増やさない為にも
商法を守るべきでは無いでしょうか?

売る=趣味範囲ではありませんよ。
商売=リスクが付きものですから
それが出来なければ趣味範囲で無料でお配りするか
実店舗等で販売してもらいましょう。

Q無許可で屋号を名乗ってAmazonで本を売ることは違法ですか?

私は現在「せどり」を行うため家にある不要な本をAmazonにて販売しようと検討しています。
Amazonでは販売者の名前を自由に登録できるため、せっかくなので「○○書店」のように適当に屋号を名乗ろうかと
考えています。
しかし以下の点について懸念を抱いています。
(1)どこの役所にも申請せずに「○○書店」のような名前を名乗ってかまわないのか?
(2)上記の(1)を行う際、古物商の免許は必要か?(仮に、家にある不要な本を売るだけだとしても)
これらについてご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> (1)どこの役所にも申請せずに「○○書店」のような名前を名乗って
> かまわないのか?

商法では屋号(正しくは「商号」と言いますが)は登記をしてもしなくても自由です。(商法第11条)
ただし、不正の目的で、他の商人と誤認させるような商号を使用することは禁止されています。(商法第12条)

> (2)上記の(1)を行う際、古物商の免許は必要か?
> (仮に、家にある不要な本を売るだけだとしても)

古物営業法で規定されている許可の目的は、あくまでも盗品が市場を流通することを防止することです。なので、商号とはまったく関連はありません。
よって、自分が使用する目的で購入した商品を第三者に販売するには、古物商の許可は必要はありません。

Q電子書籍サイト

電子書籍サイトてたくさん数があるサイトが勝ちですか。

Aベストアンサー

 回答ではなく、意見としたいと思います。
 『勝ち』ということであれば、本の売上高か販売冊数が多いということになると思いますが、いずれにしろ集客力を高くすることが求められます。
 そうするためには、本の検索機能の充実度が高いことが必要と思います。

 いくつかの電子書籍販売サイトを見ると、新入荷される本がどれも似ています。おそらく、電子書籍として作成する出版社等が、各販売サイトへ同じものを提供しているためと思われます。ということは、サイト毎の個性はいくらかは出ると思いますが、陳列されている本に違いはあまり無いことになります。
 となると、用意している本の数での競争は難しくなります。価格競争をするとお互いが疲弊してしまいますので、それ以外のやり方で集客力をアップさせることが必要です。

 集客力をアップするには、やはり実際の書店のような本の陳列がいかにできるかにかかっていると思います。つまり、売れ筋の本は平積みのようにするとか、お薦めの本を紹介したり、POPを入れて購買を促すといった工夫が必要です(このあたりは現在のサイトでも実施されていますが、私としては不十分です)

 あとはやはり検索機能の充実です。用意している本にどれだけのキーワードを付加できるかでしょうか。本のタイトル、著者、出版社、ジャンルなどは当然ですが、本の内容に合わせたキーワードを付加して、曖昧な検索キーでも抽出できるようにすれば、『本探しはこのサイトがいい』となりますので、そうしたサイトに人は集まってくるのではないかと思います。

 回答ではなく、意見としたいと思います。
 『勝ち』ということであれば、本の売上高か販売冊数が多いということになると思いますが、いずれにしろ集客力を高くすることが求められます。
 そうするためには、本の検索機能の充実度が高いことが必要と思います。

 いくつかの電子書籍販売サイトを見ると、新入荷される本がどれも似ています。おそらく、電子書籍として作成する出版社等が、各販売サイトへ同じものを提供しているためと思われます。ということは、サイト毎の個性はいくらかは出ると思いますが、...続きを読む

Q電子決済を利用したサイト構築

現在、ネットショッピングの立上げを計画中です。
問題となってくる決済方法ですが、電子決済を利用したいと考えています。
私なりに色々と探して勉強してみましたがわからないことが山ほどありまして・・・

まずi-mode対応のサイトを考えているので携帯にも対応した電子決済が可能な「WebMoney」を一押しに考えています。
Webmoneyを使用するにあたって、やっぱり契約料金は必要になってくるのでしょうか?
WebMoneyを使用するときは、どのような手続きが必要になってくるのしょうか?

又、もっとイイ方法があれば教えて下さい

Aベストアンサー

WebMoneyには,問い合わせの窓口もあって,直接問い合わせをするのに二の足を
踏む必要はないと思うのです.おそらく,ユーザー側に知らせたるには好ましく
ない情報なので,ああいう回りくどいやり方を取っているだけだと思います.
ただ,”資料請求フォーム”を見ると,法人しか相手にしていないかのようですね.

ところで,次の記事によると,決済方法にプリペイドカードを利用するというのは,
面倒くささを感じる人が多いようですよ.
http://japan.internet.com/research/20010410/1.html

あと,私は契約していませんが,参考URLの会社があります.

参考URL:http://www.takuhai.com/k-code/

Q本を売るアフィリエイト

ブログ上で本を売るアフィリエイトをはじめたいのですが、
amazonと楽天のどちらがいいでしょうか?
また他にお勧めがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

私はamazonを使ってます。

料率比較
楽天の料率は一律1%
amazonは1~10までは1%ですが、11~100は3.25%です。

支払い方法
楽天は楽天ポイント
amazonは現金またはギフト券。
ただし、現金の支払いは5000円以上(最近変更になってて選びやすくなりました)。amazonギフト券だと1500円以上溜まってから。

キャッシュ(クリックしてもらってから買うまでの)有効期間
楽天 1ヶ月
amazon 1日

締め
楽天 1ヵ月ごと
amazon 四半期ごと

料率で言うとamazonが有利だと思うのですが、キャッシュ面では楽天が有利です。

3ヶ月で10以上買ってくれる人が現れない場合は、楽天がオススメです。

都合の良いほうを選んでくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報