今振動の勉強をしています。
そこでリニアパワーという単語が出てきました(物理)。
(Linear Power)
誰か知っている人がいたら、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

補足を見ました。


周波数成分(spectrum)は複素数 a + ib です。これをグラフにしても分かりにくいし、位相成分はどうでも良いという場合が多いので、
square power p = a^2 + b^2 (^は冪乗)
で表したり、その平方根 √p を使ったりします。power spectrumと言います。
 装置は、グラフの縦軸がこの√pですよ、ということを表示して居るんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一度書いたのですが、載っていないのでもう一度書きたいと思います。
もしメールが届いていたらすみません。
大変有難うございました。
今卒論を書いているのですが、今日、教授からもう時間がないので違う方法でしろ。言われました。
結果的には必要なかったのですが皆さんの温かい返事にとても感謝しています。
本当に有難うございました。

お礼日時:2000/12/26 11:47

 間違っていたらごめんなさい。

ひょっとして、

 1乗 linear power
 2乗 second power(the square)
 3乗 third power(the cube)

のことではないでしょうか? これで意味が通じませんでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
意味はちょっと私の考えとは違い戸惑っておりますが、
TMCさんにはとても感謝しています。
ちょっと実験の内容を説明しますと、トラクタに振動計測器をつけ振動を計測します。
結果をFFT解析して縦軸にひずみ、横軸にHzをとって表示させます。その横軸にLinear Powerと出ます。
すいません、物理に興味がない人でしたらこんなことは迷惑なだけでしょうが一応書いておきました。
これで何か分かることがありましたら、また回答してもらいたいと思います。
回答本当に有難うございました。
感謝しています。

お礼日時:2000/12/22 16:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパワーポイントに作製したDVD画像を埋め込みたいのですが・・・。

職場の発表でPower Pointでスライドを作成中なのですが、カメラにて撮影しHDDに保存した映像を、DVDレコーダーで編集して作製したDVD画像を埋め込みたいのですが、まずそのDVDをPCに保存できず、挿入→ビデオとサウンド の方法で行ってもうまくできません。できれば作製したDVDもそのまま使用するのではなく、さらに再生したい場面を短く編集したいのですが、それは編集ソフトなどがないとできないのでしょうか?ちなみに使用しているPCはDVD作製はできません。写真などは埋め込んだことはあるのですが、動画はやったことがなく、困っています。ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お困りですね。なかなかレスが付かない理由として、

> まずそのDVDをPCに保存できず、

がひっかかるのですが、それは著作権に抵触しないものなのですか?
この辺の発言はグレーゾーンなのです。

> カメラにて撮影しHDDに保存した映像を、DVDレコーダーで編集し...

とあるので、著作権について問題ないものとして回答します。

DVD-VIDEO は VOB という形式でデータが保存されてますが、これを PC
で再生または編集を行うためには、Mpeg2 が再生できる環境が必要です。
Mpeg2 は有償ライセンスです。

通常、DVD を再生できるソフトウェアプレイヤーがインストールされて
いれば問題ありません。

また、VOB は Power Point で扱える動画形式ではありませんので、ツール
を使用して wma や mpg(Mpeg1)などの適当な動画形式に変換する必要が
あります。

方法としては、市販のビデオ編集ソフトを使うのが一番手軽なのですが、
フリーのツールを使うなら以下のような手順になります。

1. VOBファイルをHDDにコピーする(コピープロテクトなしが前提)
2. 1.の VOB を DVD2AVI を使って AVI 形式に変換
  (編集ソフトと環境によっては VOB のままでいける場合あり)
3. OS が WindowsXP なら Windows ムービーメーカーで編集し、
  ムービーファイルを書き出す(*.wmv)
  ただし、配布とか再生する PC が様々、、などの事情があれば
  より汎用的な Mpeg1 形式の方がよいでしょう。この場合は、
  TMpegEnc(フリー版)とか Avi Utility などのツールで動画
  形式を mpg(Mpeg1)に変換します。
4. 以上でできあがったファイルを Power Point に貼り付けます。

各ツールは定番ですから、Google などで検索すれば必要な情報はすぐに
見つかると思います。

なお、コピープロテクト( CSS や マクロビジョン)が施された DVD の
場合、以上の手順では不可能です。コピープロテクトを解除することは
違法となる場合がありますので、ご注意下さい。

お困りですね。なかなかレスが付かない理由として、

> まずそのDVDをPCに保存できず、

がひっかかるのですが、それは著作権に抵触しないものなのですか?
この辺の発言はグレーゾーンなのです。

> カメラにて撮影しHDDに保存した映像を、DVDレコーダーで編集し...

とあるので、著作権について問題ないものとして回答します。

DVD-VIDEO は VOB という形式でデータが保存されてますが、これを PC
で再生または編集を行うためには、Mpeg2 が再生できる環境が必要です。
Mpeg2 は有償ライセンス...続きを読む

Q入力の振動数と、固有振動数と、出力の振動数の関係

入力の振動数をf1
振動体の固有振動数をf0
出力の振動数をf2とすると

振動体が自由振動をするときの
この3つの振動数の関係を教えてもらえないでしょうか?お願いします

Aベストアンサー

自由振動する場合振動体は固有振動数で振動するので出力振動数は一定だと思います。すなわち常にf0=f2

先の回答者も述べていますが、問題が間違っているような気がします。それとも自由振動の意味を問う引っかけ問題なのかな?

入力振動数が関係するなら自由振動ではなく強制振動ということになりますので問題としておかしいです。

自由振動の問題ではなく強制振動の問題なら入力振動と固有振動の関係によって、振幅がどうなるかを問う問題になるのが普通ではないでしょうか?

例えば入力振動数をf1、振動体の固有振動数をf0、入力に対する出力の振幅比をf2とした場合の関係などと

参考までにこの場合、減衰がないとすると、関係がわかるのは(共振曲線などで検索すると出てきます)
f1=f0のとき出力振幅=∞
f1<<f0(f1が極めてf0に比べて小さいとき) f2=1
f1/f0=√2のときf2=1
f1/f0>√2のときf2<1

こんなことを共振曲線を説明させたかったのに、出題ミスをしてしまったような気がします。

QパワーポイントをDVDにコピーできますか?

パワーポイントをDVDにコピーできますか?
パワーポイントでスライドを作ることはできます。
それをDVDにコピーして、親せきに配ろうと思っています。
本当はDVDデッキからテレビで見れると言いのですが、
できなければそれぞれの家のPCで見てもらいます。
DVDにコピーできなければUSBにコピーしてもいいです。
親せきの家のPCにパワーポイントのソフトが入ってないと
見れませんか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

パワーポイントのスライドショーを動画に変換してDVDに焼き付けるソフトがあります。
→ http://www.leawo.jp/powerpoint-to-dvd/upgrade.html

ちなみに「DVD書き込みソフト」がインストールされている必要があります。

書き込みソフトならこういうのがあります。
→ http://www.altech-ads.com/product/10002564.htm



こちらは姉妹品です。動画に変換するだけでDVDに焼く機能はないです。
→ http://www.leawo.jp/powerpoint-to-video/

このソフトを使ってスライドショーを動画に変換したものです。
→ http://www.youtube.com/watch?v=s6QCoeXp_Cs

コマ落ちも少なくてクオリティは高いと思います。



また、DVDは「+R」を使用し、「書き込む際にはファイナライズする」ように設定しておけば
できあがったDVDはテレビで見られます。


パワーポイントの入っていないPCでスライドショーを見る場合、
上記のソフトを使って「動画化された」ものであれば、DVDに入っていてもUSBに入っていても
メディアプレイヤーなどで見られます。


でも、わざわざ動画に変換しなくてもパワーポイントの入っていないPCでスライドショーを
見ることはできます。

ファイル→プレゼンテーションパック→CDにコピー

できあがったCDには「パワーポイントビューワー」が自動的にはいるので、パワーポイントが
入っていないPCでもスライドショーを見ることができます。

ご参考までに。

パワーポイントのスライドショーを動画に変換してDVDに焼き付けるソフトがあります。
→ http://www.leawo.jp/powerpoint-to-dvd/upgrade.html

ちなみに「DVD書き込みソフト」がインストールされている必要があります。

書き込みソフトならこういうのがあります。
→ http://www.altech-ads.com/product/10002564.htm



こちらは姉妹品です。動画に変換するだけでDVDに焼く機能はないです。
→ http://www.leawo.jp/powerpoint-to-video/

このソフトを使ってスライドショーを動画に変換したものです...続きを読む

Q振動について教えて下さい。 ビル管の過去問に 【全身振動の大きさの感覚は、振動継続時間によって異な

振動について教えて下さい。
ビル管の過去問に
【全身振動の大きさの感覚は、振動継続時間によって異なる。】という記載が有りました。
どれだけ振動する時間が継続しても振動の大きさは変わらないと思うのですが 何故、感覚は異なるのでしょうか?
時間が経過すると人が振動に慣れて振動を感じ難くなるという事でしょうか?

Aベストアンサー

まあ「感覚」と言われると、あまりまっとうな説明はできません。

地震で揺れている中では眠れませんが、電車や自動車の振動の中では心地よく眠れたりします。
「感覚」とはそんなもの。

「ビル管理」というカテゴリーで【全身振動の大きさの感覚は、振動継続時間によって異なる】と書かれているのは、真意は著者に聞かないと分かりませんが、おそらく、意図としては「時間が経過すると人が振動に慣れて振動を感じ難くなる」とは逆の、一過性あるいは短い振動なら気にならないが、継続する振動は気になる(対策が必要)、というようなことかと思います。

例えば、1日1回短時間で開閉する電動扉の振動なら居住性に影響しないが、しょっちゅう動くエレベータの振動は居住性の障害になるなど。

QパワーDVDをデフォルトにしない設定を教えてください

パワーDVD7をインストールしています
メディアプレーヤーをメインで使いたいのですが
パワーDVDが最初に立ち上がります
パワーDVDをデフォルトにしない設定を教えてください
Vistaです

Aベストアンサー

 [スタート]→[既定のプログラム]→[既定のプログラム設定]で「Windows Media Player」を選択し、[このプログラムを既定として設定する]を選びます。

 [スタート]→[既定のプログラム]→[自動再生の既定の変更]で「オーディオCD」と「DVDムービー」を「Windows Media Playerで再生する」に設定します。

Q物理 単振動

電車内に糸につないだ球がつるしてあり加速度aで電車が走り始めたら、天井と糸のなす角度πーθで静止した。

見たいな事が某問題集に書かれていたんですが、なんで単振動しないのでしょうか?

あ、ちなみに等加速度運動です。

Aベストアンサー

「走り始めたら... 静止した。」 という文章が気になるわけですね。

その文章は、そうなると言っているのではなく、しばらくしてそうなったして考えなさい、と設問しているのでしょう。

静止していた電車が急に加速度aで走りはじめたら、その振り子は(ななめに持ち上げて離したのとおなじで)単振動をはじめます。で、摩擦等で振幅は減衰します。

でも、この問題で問いたいのはそこではないはずです。ですから、過渡現象はおいておいて(手を添えて止めたってなんだってよいけど)最終的にそのように静止したとする、としているのでしょう。

QパワーDVDのスナップショットで静止画が横長に

パワーDVDのスナップショットで 子供の運動会の動画から 気に入ったシーンを静止画にしてプリントアウトしようとしたら 画像が横長になるんですが(太って写ります) どこか設定があるのでしょうか。DVDミニテープからDVD-RにダビングしたものをパワーDVDで再生しながらなのですが。OSはXPのsp2です。よろしくおねがいいたします

Aベストアンサー

これは設定の問題でなく仕様です。

miniDVテープに記録された物、DVDに入っている映像は基本的には720*480(3:2)のサイズですが、実際TVに表示される時は、その縦横比が4:3に変更されます。

パワーDVDなどの再生ソフトは、その静止画を高画質にする為オリジナルのデータから切り取っているので3:2(4:2.7)になる為横長に見えます。

自分の知っている限り勝手に4:3に変更してる物はないので、静止画の縦をPhoto Editor、PhotoShopなどの静止画編集できるソフトで変更してから印刷するのが良いでしょう。

Qセンター物理 振動

センター物理 振動
振動数fの音源を装着したボールを2個用意する、どちらもスイッチを入れて音が鳴っている状態で一つのボールは手元に置いておき、他の一つを鉛直上向きに投げ上げ、ボールを投げ上げた位置でうなりを観測した、このとき観測されるうなりの単位時間当たりの回数nの時間変化を表すグラフの概形はどうなるか、最も適当なものを次の(1)~(4)のうちから一つ選べ、ただし、ボールを投げた瞬間の時刻をt=0,投げ挙げたい地にボールが落下してきた時刻をt=Tとし、ボールの初速度の大きさは音速よりも十分に小さく、空気抵抗は無視できるものとする

解説 ボールの初速度の大きさをv[0],音速をVとする、ボールを投げ上げた直後は手元のボールからの振動数fの音と、投げ上げたボールからの振動数Vf/(V+v[0])の音の2つの音が重なり合う

このときに、観測される単位時間当たりのうなりの回数n[1]は
n[1]=f-Vf/(V+v[0])

=v[0]f/(V+v[0]) ボールが最高点に達するまで、ボールの速さは小さくなっていき、最高

点で一瞬静止する、ボールが最高点に達したときに発せられた音と手元のボールから発せられた音の振動数はどちらもfなので、うなりは観測されない、ボールが投げ上げた位置に落ちてくる直前にはボールの速さは初速度の大きさv[0]と等しいので、手元のボールからの振動数fの音と落下してきたボールからの振動数Vf/(V-v[0])の音が重なり合う、

このときに、観測される単位時間当たりの
うなりの回数n[2]はn[2]=Vf/(V-v[0])-f=v[0]f/(V-v[0])
よってn[2]-n[1]=v[0]f/(V-v[0])-v[0]f/(V+v[0])=(2v[0]^2)f/(V^2-v[0]^2)>0
となりn[2]>n[1]となるので(2)が正解となる

解説の投げ上げたボールからの振動数Vf/(V+v[0])とあるのですが、何故Vf/(V+v[0])となるのか分かりません、ボールが最高点に達したときにうなりが観測されない理由が分かりません
ボールが投げ上げた位置に落ちてくる直前にボールの速さが初速度v[0]になるのが何故なのか分かりません
落下してきたボールからの振動数がVf/(V-v[0])になるのが分かりません

センター物理 振動
振動数fの音源を装着したボールを2個用意する、どちらもスイッチを入れて音が鳴っている状態で一つのボールは手元に置いておき、他の一つを鉛直上向きに投げ上げ、ボールを投げ上げた位置でうなりを観測した、このとき観測されるうなりの単位時間当たりの回数nの時間変化を表すグラフの概形はどうなるか、最も適当なものを次の(1)~(4)のうちから一つ選べ、ただし、ボールを投げた瞬間の時刻をt=0,投げ挙げたい地にボールが落下してきた時刻をt=Tとし、ボールの初速度の大きさは音速よりも十分...続きを読む

Aベストアンサー

>音波の波長が伸びて、その波長を求める所までは分かりました、
>後は観測者が音波の振動数が何故大きく見えたり小さく見えたりするかの原因です。

ちょっと、本当にわかっているか怖いので、繰り返すと

「伸びる」というのは音源が空気に対して移動していない「場合」の波長に比べて「大きい」
という意味ならあってます。波の波長はひとつしかありません。
何か別の本物の波長が有って、それが違って「見える」という話はないので
注意してください。

>観測者から見ると音波の波長は伸びて見えるわけですよね、
>実際観測者に向かってくる音波の波長は音源が観測者から遠ざかるとき伸びてますよね。

これも同じ。同じ波は誰から見ても波長は同じ長さです。それは音源が移動していない「場合」より
長くなります。

これで何度目かな?
同じ波の波長は誰から見ても同じというのは大原則ですから、頭に刻み込んでください。

>後はこの音波の速度が観測者から見ると音速に見えるってことですよね?
>音波の速度は変わらず音波の波長が伸びているのだから振動数は小さくなるという事ですか?

観測者が空気に対して静止していれば、観測者と音の相対速度は音速です。「見える」という表現が
気になりますが「本当に」そうなります。

>音波の波長が伸びて、その波長を求める所までは分かりました、
>後は観測者が音波の振動数が何故大きく見えたり小さく見えたりするかの原因です。

ちょっと、本当にわかっているか怖いので、繰り返すと

「伸びる」というのは音源が空気に対して移動していない「場合」の波長に比べて「大きい」
という意味ならあってます。波の波長はひとつしかありません。
何か別の本物の波長が有って、それが違って「見える」という話はないので
注意してください。

>観測者から見ると音波の波長は伸びて見えるわけですよ...続きを読む

QパワーDVD9 ブルーレイの再生ができない

パワーDVD9 ブルーレイの再生ができません再生するには何をしたらよいのでしょうか

環境は
DELL OPTIPLX 745
OS:WIN XP
メモリー4GB
ドライブ:バッファローBR3D-PI12FBS-BK
グラフィックボード:玄人志向GF210(HDCP対応最新アップグレード済み)
再生ソフト:パワーDVD9(バッファローBR3D-PI12FBS-BK
付属品)
再生したいソフトはレンタルビデオで借りたアバターです。

しかし、再生をするとパワーDVDではこのメディア形式に対応してませんとエラーメッセージがでます。ブルーレイ対応のドライブを購入したのに再生できないパワーDVDがついて来るのでしょうか
再生方法が分かる方,素人の為、詳しく教えてGoo

Aベストアンサー

>見れるものと見れないものがあるのですね。
原則は全部見れるはずなんです。

>レンタルブルーレイディスクをPowerDVD9で見れるものと見れないものの見分け方などあるのでしょうか??
>合わせて、PowerDVD10であればすべて見れるのでしょうか??

コピーガードの強化や機能の向上により対応しなくなる事はありますが
基本的には再生側の更新で再生できる様になります。

ただ、アバターの時はPowerDVDもWinDVDも対応を最新Verのみに限定しました。
あと「劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ」が現状トラブルがある様です。
なので個々のソフトの詳細は不明です。
PowerDVD10にしてもOKかどうかは不明
(例の場合だとアバターはOKだけどマクロスFは現状ダメな可能性あり)
うちではマクロスFも再生出来てたはずなんですが・・・

あと再生ソフトのアップデートって結構高いです。
下手するとソフト付きドライブの新品が買えます。

ちなみに専用プレイヤーでも同様の問題がありメーカがアップデートしなければ
永遠に見れません。

Q高校の物理 単振動の位置エネルギー

力 f を受けながらその力の方向に物体が x 動いたら、仕事は fx ですよね。

単振動で、-f の力を受けながら運動しているとき、-f を0から x まで x で積分したら x における位置エネルギーになる、というのがわかりません。

全ての位置においての仕事を全て足すと位置エネルギーになる?? ということ? でも、なぜそうすると位置エネルギーになるのか。

イメージ的に考えるにはどうしたらよいでしょうか。
良い案がありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

 
 
 potential energy のポテンシャルを「位置」と訳してるので、「位置はエネルギなのか?」としっくり来ないんですね。 potential の直訳は「可能性、潜在能力」です。


 energy の語根はギリシア語で「活動する、働く、要するに動くこと」です。 坂の上のような高い所にじっと止まってる物体は 「その意味」ではエネルギしてません。が、スキーのように 坂を降りれば スピードが付きます。その意味で、坂の上に居ることはエネルギする潜在能力があるのだ;これが potential energy の真意です。 和訳は「潜在エネルギ」とすべきだったかも知れませんね。


 というわけで、ただ単に平坦な場所を移動しただけでは ポテンシャルエネルギとは言えません。


 高い所に物を上げる;例えば「振り子」は、重りの居る高さが中央より左右が高いですね、ほんの少しですが。 板バネやゴムひもは;これで石を飛ばす兵器を想像すると 大きく曲げるほど石のスピードは大きい、つまり大きく変形させるほど(石に速度を与える)潜在エネルギが大きい。 磁石と鉄片の吸引力や、静電気とゴミの吸引力は;これらは遠く離すと力が小さいので 板バネやゴムひもと反対だけど、やっぱり石を飛ばす兵器を考えれますよね。



 振動; どっちにズレても中央に引き戻される力が働くとすれば、じっと中央で動かないか、往復動きしますよね。 磁石や静電気は;遠くに行けば力が弱いから 最初思い切りスピード付ければ 逃げ切れる気がしませんか? 板バネやゴムひもは;こいつらは変形するほど戻す力が強くなるから、どうやっても逃げ切れない気がしませんか?

 このイメージをしっかり作ってから、
いま運動物体が; 復元力に逆らって逃げ出す向きに動いてる図1とすれば、板バネをグイグイ押してる状態ですから、板バネに「可能性、潜在能力」を貯めてませんか?
 板バネは押すほど強くなるから、そのうち速度を使い果たします。そこから後はバネに戻されっ放しです。さっきバネに与えた「潜在能力」が返って来て逆向きの速度に。

     ●→速度V
     ←復元力F   図1

速度V←●
     ←復元力F   図2

 図2は バネに押されて物体が加速されてる普通の構図だから、エネルギの流れは、復元力から物体へ と見るのが自然ですよね、つまり板バネのポテンシャルエネルギが減ってる。 とすれば、図1は復元力に逆らって運動してるから、速度エネルギがバネに流入してポテンシャルエネルギが増えてる、と見るのが自然ですよね。

     ●→速度V
     ←復元力F   図1

 Fdx は 仕事ですよね、図1では V=dx/dt と F は逆向きゆえ Fdx はマイナスです。だけどバネのポテンシャルエネルギは時間と共に増えてる、dE/dt>0 です。ゆえに、
  dE = -Fdx
と。E と F は互いにマイナスの関係です。高い山ほど「潜在能力」は大きい、矢印で書くと上向きです、重力は下向きです。
上式を積分した形で書くと、
  E = -∫Fdx

( 積分区間とか細かなことは(くどい話がいっぱいあるので)いつかまたの機会にして、一番シンプルな直滑降のコースだけで、話の全貌を理解してください。)



>> 全ての位置においての仕事を全て足すと位置エネルギーになる??ということ? <<

 その場所に力が存在してる(あるいはその場を力が支配してる、力が支配してる場の中を)移動するには、エネルギが必要、という当たり前のことを言ってるのでした。 例えば重力が支配してる地上で山を登るにはそれなりのエネルギが要る、そのエネルギは山の高さに吸い取られるが、(スキーで)下るとエネルギが返ってくる。
 なお、上下移動しなければ(常に力と直角にだけ動けば)ポテンシャルエネルギの変化はありませんよね。横に歩いてるのだから運動エネルギーは存在するけど、ポテンシャルエネルギとの交換が無い、というふうに考える努力をしましょう、習慣を付けましょう。
 
 

 
 
 potential energy のポテンシャルを「位置」と訳してるので、「位置はエネルギなのか?」としっくり来ないんですね。 potential の直訳は「可能性、潜在能力」です。


 energy の語根はギリシア語で「活動する、働く、要するに動くこと」です。 坂の上のような高い所にじっと止まってる物体は 「その意味」ではエネルギしてません。が、スキーのように 坂を降りれば スピードが付きます。その意味で、坂の上に居ることはエネルギする潜在能力があるのだ;これが potential energy の真意です。 ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報