最高エネルギー宇宙線を観測するテレスコープ・アレイ計画というものがあるらしいですが(世界最大と聞きました)、これは大気螢光法を使って観測するらしいのですが
1.この大気螢光法ってなんですか?
2.このテレスコープ・アレイ計画ってどの程度進んでるんですか?
3.最高エネルギー宇宙線を観測したらどういうふうに物理学に影響を及ぼすんでしょうか?
全部お答えいただかなくとも一つだけで良いですのでお願いします

A 回答 (1件)

1.大気蛍光法


宇宙線が地球へ到達すると、大気核子と衝突し大気シャワーを生じる。
シャワーの電子が通過すると大気窒素が励起され蛍光する。
その蛍光を地上から観測すること。

2.telescope array計画の概要
http://www.hep.konan-u.ac.jp:8080/~mty00/ta/ta.h …
最高エネルギーの最新の観測の進み具合は
東大宇宙線研の吉田滋博士を追っていれば良いと思われます。
大きな発見があれば更新されるでしょう。
(但し英語です)
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/~syoshida/neut_pro …

3.影響について。
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/intro/p_agasa_ta.h …
最高エネルギーの観測によって、
極限状態の物理法則が更新される可能性を示唆しています。
大統一理論への手がかりが得られることも期待されているようです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNASAの大気観測衛星「UARS」落下の確率

人に当たる確率3200分の1…人工衛星落下へ
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110919-OYT1T00487.htm?from=navr

>破片の落下場所は特定できていないが、今のところ日本を含む北緯57度から南緯57度の広い範囲が対象となっている。NASAは、人にぶつかる確率は3200分の1と推計した。
この記事にある「3200分の1」って、何に対する確率でしょう?

想定される範囲に住む人に対する確率だと非常に高いというか、どこかに非難しないと危ない状況だと思うのですが この「3200分の1」という数字は、どのように解釈すれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

人工衛星の側から見て、衛星が3200回落ちたとして最低1人以上の人に当たる確率です。

ただし、地上にいる人から見ると、落下の可能性がある地域にいる確率、落ちてきた時に当たるような場所(天井がない屋外など)にいる確率、上から落ちてくるものを避けられずに当たる確率などがさらにかかります。

なので、地上にいる個人1人として被害に遭う確率は、それよりはるかに桁違いに低いです。

注意のかけらもしなくて良いわけではないし、確率が低かろうが当たる時は当たりますけど、とにかく出来るだけの注意をしておけば、被害に遭う確率はぐっと下げられるでしょう。

Q水星を観測したいのですが(黒点観測用の投影板)

「太陽横切る水星を全国で観測可能 9日朝、次は26年後」
http://www.asahi.com/science/news/TKY200611060308.html

記事によると、黒点観測用の投影板が必要とあります。
これはどうやって入手できますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

望遠鏡取扱店・大きなめがね店・大規模カメラ店などで手に入るかもしれませんが、
厳密に記録をとったりスケッチしたりする必要がなければ丈夫な紙などで投影板の
代用ができます。
以下、万が一「投影板」が入手できなかったときの参考まで。

望遠鏡の接眼レンズ(ふつう目で覗くところ)から数十センチ離したところに画用紙や
厚紙などの紙を持ち、紙に太陽が写るように大まかにピントを合わせます。
(このとき、接眼レンズと紙の間が長いほど太陽の像は大きくなりますが、それに
つれて像が暗くなっていきます。)
その後は紙を接眼レンズに近づけたり遠ざけたりしてくっきりと見える位置を探します。

この紙に直射日光が当たらないように太陽の光をさえぎる工夫をするとコントラストが
上がり黒点や太陽面通過中の水星がくっきり見えるようになります。
このあたりの構造はNo2の方が紹介されているサイトの「投影板」の写真などが参考に
なると思います。

屈折望遠鏡でプリズムなどを使って90度光軸を曲げられる、あるいは反射望遠鏡など
であれば直射光の遮蔽は比較的簡単にできます。(太陽を投影する紙の一辺を数センチ
直角に折り曲げるだけでOK)

これらすべてを一人でやるのは難しいですが、おおぜいで安全に楽しめる方法です。
前の日にもし天気がよければ予行演習をしておくといいと思います。

望遠鏡取扱店・大きなめがね店・大規模カメラ店などで手に入るかもしれませんが、
厳密に記録をとったりスケッチしたりする必要がなければ丈夫な紙などで投影板の
代用ができます。
以下、万が一「投影板」が入手できなかったときの参考まで。

望遠鏡の接眼レンズ(ふつう目で覗くところ)から数十センチ離したところに画用紙や
厚紙などの紙を持ち、紙に太陽が写るように大まかにピントを合わせます。
(このとき、接眼レンズと紙の間が長いほど太陽の像は大きくなりますが、それに
つれて像が暗くなっ...続きを読む

Q太陽や星の観測から、観測地点の経度・緯度を知る方法を教えてください

表題の通りです。

以下の条件の制約がある中でのやり方を教えてもらえるとうれしいです。

1:観測者は、少なくとも自分が日本国内にいるのは知っているが、日本のどこにいるのかは分からない(無人島みたいなとこに漂着したと考えてください)。
2:観測者はいつでもその日の135度線の正確な南中時間が分かる。
3:観測者はいつでもその時の日本標準時の正確な時間が分かる。
4:超精細なレベルまで経度・緯度が分からなくてもいい。(地図上で、10キロ平方程度を指定して、自分たちはこの辺りにいるはずと言えればOK)
5:観測には、小中学校の理科室に置いてありそうな一般的なレベルの道具なら、一応なんでも自由につかえるということで。


このような条件の中で、観測地点の経度、緯度をある程度特定したいのですが、具体的なやり方をご教授もらえませんでしょうか。

(素人考えでは、
経度は方位磁石と棒でも用意して、その日の太陽の南中時間を計測。135度での南中時間との時間差から経度が東西のどちらに何度くらいずれているかを計算。
緯度は太陽の南中時の高度を測る(もしくは北極星?)
みたいなのでいけるかな?と思うのですが)

よろしく、お願いいたします。

表題の通りです。

以下の条件の制約がある中でのやり方を教えてもらえるとうれしいです。

1:観測者は、少なくとも自分が日本国内にいるのは知っているが、日本のどこにいるのかは分からない(無人島みたいなとこに漂着したと考えてください)。
2:観測者はいつでもその日の135度線の正確な南中時間が分かる。
3:観測者はいつでもその時の日本標準時の正確な時間が分かる。
4:超精細なレベルまで経度・緯度が分からなくてもいい。(地図上で、10キロ平方程度を指定して、自分たちはこの辺り...続きを読む

Aベストアンサー

>(私が最初に思ったのは、あくまで観測地点での太陽南中時刻を計測して、標準時間とのズレを計算すると言う感じでした)

経度に関してはそれが一番簡単だと思います。
条件2,3があるわけですから,あとは「経度で1度東に進むごとに,南中時刻は4分早くなる」という関係(理由は説明できますね?)で求めることができます。
たとえば,明石(東経135°)でのこの日の南中時刻が11:45,観測点での南中時刻が11:50ならば,経度は明石より1°15′西だから東経133°45′です。

あとは,南中したということをどうやって知るか。
太陽そのものを見ているとまぶしいので,とりあえず地面に垂直に棒をたてて,その影を観測しましょう。
犬が西向きゃ尾は東,太陽が南中すれば影は真北。
というわけで,棒から真北方向に,地面に直線を引いておいて,影がそれと重なる時を待てばよいでしょう。

では,どうやって南北方向の直線を引くか。
方法その1。北極星を利用します。
もし,一緒に観測する仲間がいるのであれば,楽です。
立てた棒のすぐ近くに顔を持って行き,そこから何十mか北側に離れたところに,パートナーの人に,もう1本の棒を持って立ってもらい,2本の棒と北極星の3者がぴたりと同じ方向に重なったとき,相手が持っている棒を地面に下ろして立てます。
その2本の棒の根元を結ぶ直線を引けば,できあがり。

パートナーがいないばあいは,仕方がないので,ちょっと面倒ですが,こっちの棒とあっちの棒との間をいったりきたりしながら,棒の位置を微調整すればよいでしょう。

なお,厳密にいえば北極星もわずかながら日周運動していますので,観測した日時によっては,正しい真北方向から最大で約1°のずれが出ます。
ということは,経度でも1°程度の誤差が出るということになります。
質問の条件は「10km平方」以内に収める,つまり誤差は±5kmということですが,日本付近での経度1°は約10kmですので,ちょっと大きいと言えば言えるかも知れません。
これを防ぐには,まず日が沈んで北極星が見えたら,すぐに観測をして,棒を立てます。
つぎに,12時間後,明け方にもう一度観測をして,棒を立てます。
両者の中間が真北の方向ということになります。

方法その2。太陽の動き(というか影の動き)を利用します。
まず,立てた棒を中心として,半径の異なる円(同心円)をたくさん書きます。
(丈夫なロープに短い棒きれを結び付けて,ロープの長さを変えて,コンパス代わりに使うと良いでしょう)
次に,1日中晴れそうな日を待ちます。
観測するのは,棒の影の先端の位置です。これが,太陽の動きと友に,朝から昼,夕方と動いていきます。この先端の位置を,たとえば30分ごとぐらいに観測して,地面に印を付けます。
次に,その印を結んで,影の先端の移動した曲線を引きます。
さて,この曲線が同心円と交わる点がたくさんできます。(1つの円につき,南中前と南中後で,2回ずつ交わるはず)
この,1つの円にできた2つの交点を結ぶ線分を引き,その中点に印を付けます。この作業を全ての円について行います。
最後に,こうやってできた中点を結べば,それが南北線になります。
実際には観測の誤差があるので,ピッタリ直線に乗らなかったり,下手に結ぶと棒の根本を通らなかったりしますので,棒を通る直線をなるべく点の列の真ん中へんを通るように引いてやればよいでしょう。
(図があれば分かりやすいのですが,言葉だけだと説明しにくいです。ご自身で図を描いてみてください)

方法その3。方位磁針を使う。
ただし,磁石が指す北は真の北とは違い,日本では西に5°~10°程度ずれています(この角を偏角といいます)。
日本では北に行くほど偏角は大きく,九州で6°ぐらい,北海道で9~10°ぐらいです。
誤差を1°程度に収めようと思うと,この偏角を補正してやらなくてはなりませんが,条件1で「日本のどこにいるのかは分からない」ということですので,この方法はちょっと難しいかと思います。

また,もう一つの難点として,通常の方位磁針で,針の指している方角とぴったり合う線を引くのは意外と難しいということがあげられます。
地質調査や測量などに使う方位磁針では,四角い箱に入っていて直線が引きやすいものや,偏差を修正しやすくなっている物などもありますが,「小中学校の理科室に置いてありそうな一般的なレベルの道具」にはたぶんないと思われます。

ともあれ,いずれかの方法で南北線を引き,南中時刻を観測し,経度を計算する,ということになるでしょう。
長くなったので,緯度の出し方は次の記事で。

>(私が最初に思ったのは、あくまで観測地点での太陽南中時刻を計測して、標準時間とのズレを計算すると言う感じでした)

経度に関してはそれが一番簡単だと思います。
条件2,3があるわけですから,あとは「経度で1度東に進むごとに,南中時刻は4分早くなる」という関係(理由は説明できますね?)で求めることができます。
たとえば,明石(東経135°)でのこの日の南中時刻が11:45,観測点での南中時刻が11:50ならば,経度は明石より1°15′西だから東経133°45′です。

あとは,南中したということをどう...続きを読む

Q宇宙での宇宙線の被ばく量

最近民間航空機の乗務員が宇宙線対策を政府に要望したというニュースを読み驚きました。
月面などの宇宙空間で暮らすとしたら
年間の被ばく量はどれくらいになるのでしょうか?
地球上では通常、2ミリシーベルトぐらいらしいのですが

Aベストアンサー

「バンアレン帯 放射線」などをキーワードに探してみました。

放射線利用技術試験研究データベース - 宇宙飛行士の放射線防護
http://www2.rada.or.jp:8180/member/synopsis/030169.html

| 平常時には宇宙線線量率は約1mSv/日と比較的低線量率である。

年間にすると、365ミリシーベルトの計算という事でしょうか…?
宇宙服の性能、宇宙船の防護性能、太陽フレアなどで一概に値を決められないと思いますが。
透過力の高いガンマ線よりも、破壊力のある重イオンなんて物が降って来るという事のほうが問題のようです。

参考URL:http://www2.rada.or.jp:8180/member/synopsis/030169.html

Qダークエネルギー(真空エネルギー)とは一体どのようなものなのでしょうか

ダークエネルギー(真空エネルギー)とは一体どのようなものなのでしょうか。

すごく気になります。

 このエネルギーが無から有を作り出すんですよね。

Aベストアンサー

どのようなものかわからないからダーク(暗黒)エネルギーなんです。
まだ、人間が認知できないけれども、エネルギーとしてそれを仮定しないと説明できない問題が諸々明らかになりつつあるからです。

人間が勝手に真空だと思っているだけで、実は我々の感知しない感知できないモノがあるようである。ということがわかってきたに過ぎません。

大昔の人に大地が実は球形であって、太陽のまわりをまわっているのは我々のほうである。
ということを説明しても理解されなかったように、残念ながら現代の我々にはダークエネルギーを認知できません。
しかし、どうやらそれはあるらしい。

ということがわかってきたに過ぎません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報