親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

Eメールでメッセージを送るときに使う[宛先(TO)]と[CC(C)]の使い方の違いがよく分かりません。複数の相手にメッセージを送る場合に、[宛先(TO)]と[CC(C)]のどちらを使っても変わりはないように思うのですが、どうでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#2さんとほぼ同じ内容になりますが。



例えば職場で会議を招集したいとします。
呼びたいのは同僚のAさんとBさん。
会議をやるのでAさんBさんと自分がその時間は居ませんよ、という意味で上司のCさんにも知らせたいと思います。
TO:Aさん、Bさん
CC:Cさん

こういう使い方が一般的です。
    • good
    • 0

複数の方へのメールを送る場合の使い方は、下記URLの開設の通りですが、一般的には次のような使い分けをされています。


TOで複数の方へ送る場合は、それぞれの方に同じウエイトである連絡をする。
受信者全員が同じレベルで同じ情報を得られる場合。
CCの場合は、メインの方への連絡事項を参考としてCCで受信した方が受け取る。
BCCの場合は、メインのあて先の方とCCの方には送付したことがわからないように参考までに送付する。
会社などで報告事項や資料送付などでは上述のような使い分けをしているケースが多いですが、特に決まりはないかも知れませんね。

参考URL:http://www.nbcom.co.jp/PC-Support/FAQ/out/ht/out …
    • good
    • 0

CCでは、そのメールが自分以外の誰に送られたかが分かります。


BCCでは、そのメールが、自分以外の誰に送られたかが分かりません。
ですから宛先が大量のメールまたは、ダイレクトメールなどに使用します。
    • good
    • 0

感覚的な問題だと思います。


宛先の場合、相手全員に送っているという感じで、
CCの場合は、ある一人に送る必要しかないけれども、その人に送ったことを、内容と共にその他の人に知らせる。
みたいな感じではないでしょうか。
    • good
    • 0

CCは 数人に送るときに使います。


BCCが 数人に送ったときに、送り先名が分からないようにするときに送ります^
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング