人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

「笑ってる」や「○○してる」というのは、正しくは「笑っている」「○○している」と、
「い」をつけなければいけないのではないでしょうか?
最近、とくに歌の詞などでこういう表現を見るのですが、もうこれは
「すいません」のように、ほとんど正しい日本語として認められているのでしょうか?(正しくは「すみません」)

「見てる」「覚えてる」「売ってる」「迷ってる」「生きてる」・・・
言い出すときりがないのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

日本語教師です。



>「い」が抜けた間違った日本語

「い」はぬけています。
しかし間違った、とまではいえないと思います。
口語として発音上抜けている、というべきでしょうか。

もちろん私たち日本語教師は
教室活動では必ず
「見ている」「笑っている」「待っている」を
使います。

口語として発音がぬけたり雑になったりする例は
いくらでもあるので
それはそれで
普通の日本人との会話ができなくならないよう
ちゃんと授業で伝えますよ。

寝ている → ねてる
準備しておく → 準備しとく
勉強しなければならない → ・・しなきゃ

などなど。

「すいません」も教科書的には
すみません、で教えますし
私は個人的に「すいません」はつかいません。

しかし
おっしゃります はもう 「おっしゃいます」
のイ音便で定着しており
おっしゃります が間違いとされるでしょうね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2006/05/12 18:58

 い抜きの言葉は誤りとはいえません。

しかしどこでどういう人が使うかがやはり問題になると思います。 普通の人の日常会話や私的な通信文などでは特に問題とすることもないでしょう。しかし公の文章などに無造作に使うのはどうでしょうか。
 私の経験では、歌人と称する人の作品や文筆を業とする人の文にも、理由無く使われているのを見てがっかりすることがあります。
 一般に言葉は時代と共に変わるといっても、正しい言語感覚は失いたくないものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2006/05/12 18:59

「い」抜き言葉は、


「ら」抜き言葉(食べれる、見れる ・・・)や、
「さ」足す言葉(やらさせていただきます ・・・)
同様聞き苦しいですね。

でも、「すいません」とは違うような気がします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2006/05/12 18:59

言語とは進化しますから、間違いと断言するのは難しいと思います。



文書と口語の違い。地域用語(方言)も大きく影響します。

来ない(こない)(きない)千葉の一部、1部の北関東方面。

行くを、(ゆく)が正しいと叱責もありますが、
これは、戦前の教えで、
現代国語では、むしろ(いく)も容認
(実際にはこちらが正しい)
と思います。

戦前の教えが正しく、現代の用法が誤用であるかは
大いに疑問です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2006/05/12 18:59

つけなければなりません。


もはや「ら抜き言葉」同様、定着してしまった誤活用です。
「い抜き言葉」でググると、1,400,000件ありました。
「ら抜き言葉」 言葉は以外にも111,000 件です。
「さ入れ言葉」やそのほか慣用句の誤活用などは、もはや黙って見守るしかないほど乱れています。
NHKアナウンサーにも、間違った言葉を仰っている方もみえますし……。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2006/05/12 18:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q習慣で 「~ます」 と 「~ています」 の違い

以前、このカテで日本語の難しさを思い知った者です。 また、よろしくお願いします。

日本語を勉強している友人からまた難しい質問がありました。 毎日、習慣として行なっている動作を言う時に、「~ます」 と 「~います」 の違いを聞かれて困りました。

例えば、1.私は毎朝新聞を読みます。と、2.私は毎朝新聞を読んでいます、の違いですね。

彼の先生からは両方とも習慣を表すので、どちらでも良いと言われたそうですが、なら、両方覚える必要はないでしょう? (勉強させるなよ) と言うのが彼の主張です。

私自身、これを何度も口で繰り返したのですが違いは分かりませんでした。 ただ微妙にニュアンスは違うような気がするのですが、うまく言えません。

これって全く同じなのですか? それとも何か違うのでしょうか?

もし全く同じなら、たしかに両方勉強する必要は無いことになります。

よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

「読む」は継続動詞として、次のような段階を取ります。

1.現在形
私は毎朝、新聞を読みます。
2.動作継続(未完了形・慣例)
私は毎朝、新聞を読んでいます。
3.過去形
1)単純過去
私は毎朝、新聞を読みました。
2)慣例過去
私は毎朝、新聞を読んでいました。

これには二傾向の要素が入っています。

A.テンス(時制)
読む(現在形) → 読んだ(過去形)
B.アスペクト(時相)
読んでいる(未完了形) → 読んでいた(完了形)

このように、基本的には1.はテンス文であり、2.はアスペクト文として明解に分別されます。

また、これが瞬間動詞「開く」の場合には現在形がそのまま習慣動作を意味します。そのような側面からこちらは結果動詞とも呼ばれます。

「私は毎朝、新聞を開きます。」 → 慣例
「私は毎朝、新聞を開いています。」 → 結果の状態(開いたままにしている)

さらに、連体修飾句に関わると一層複雑になります。
ですから、「彼の先生からは両方とも習慣を表すので、どちらでも良いと言われた」という感覚のままでは何とも困ってしまうでしょう。

〇私は毎朝、新聞を読む時には、ラジオも聞いています。
〇私は毎朝、新聞を読む時に、ラジオをかけます。
×私は毎朝、新聞を読んでいる時に、ラジオをかけます。
〇私は毎朝、新聞を読んでいる時には、ラジオも聞いています。

 

「読む」は継続動詞として、次のような段階を取ります。

1.現在形
私は毎朝、新聞を読みます。
2.動作継続(未完了形・慣例)
私は毎朝、新聞を読んでいます。
3.過去形
1)単純過去
私は毎朝、新聞を読みました。
2)慣例過去
私は毎朝、新聞を読んでいました。

これには二傾向の要素が入っています。

A.テンス(時制)
読む(現在形) → 読んだ(過去形)
B.アスペクト(時相)
読んでいる(未完了形) → 読んでいた(完了形)

このように、基本的には1.はテンス文であり、2.はアスペク...続きを読む

Q“い”抜き言葉 (している、してる)

よく“ら”抜き言葉なんかは注意されましたが、“い”抜き言葉ってどうなんでしょうか?
「~している。~ている」どっちもなんだか使えてしまうし、正しく文章を練るときにはどっちを使っていいのやらといつも悩みます。

Aベストアンサー

 本来は「している」と、「い」を入れるべきだと思います。
 「している」を文法的に説明すれば、[動詞の連用形+接続助詞+補助動詞]となり、「いる」は動作の継続を表す働きの補助動詞です。
 しかし一般には「してる」と日常会話などで幾らも使われているので誤りとは無論言えません。予想ですが、口語的と言うよりある地方や階層で広く使われている話し言葉が広まったのではないでしょうか。
 私などは正式な文章や文学作品などに不用意に使ってあるのを見ると、筆者の言語感覚を疑ってしまいます。

Q「い」抜き言葉?

こんにちは。

昨晩NHKのテレビニュースを見ていたら画面下のテロップに『○○会社が入ってるビル』とあったので一瞬目が釘付けになりました。なぜ「入っている」ではなくて「入ってる」なの?せめて書き言葉では「入っている」じゃないの?と思いましたが、テロップなのでたまたま字数の制限があったのかもしれませんし、書いた人の単純ミスだったのかもしれません。気になってその後のニュース画面を食い入るように見ていたら、偶然同じように『△△が入っているビル』と出て、こちらは「入っている」になっていました。

これを見てなんとなく、いわゆる「ら」抜き言葉を思い出しましたが、わたしの印象では「ら」抜き言葉とはちょっと出所が違うのではないか?と言う気がします。今回もたまたま天下のNHKがやったので気になったのだと思いますし、自分でも小さい頃から普通にそんな使い方をしていたような気もします。「ら」抜き言葉に比べると接したときに受ける抵抗がずいぶん小さい感じです。やはり「ら」抜き言葉とは違うものなのでしょうか?また、「ら」抜き言葉も主に話し言葉として話題に上がることが多いように感じますが、書き言葉でも抜いてしまう傾向が強いのでしょうか?

こんにちは。

昨晩NHKのテレビニュースを見ていたら画面下のテロップに『○○会社が入ってるビル』とあったので一瞬目が釘付けになりました。なぜ「入っている」ではなくて「入ってる」なの?せめて書き言葉では「入っている」じゃないの?と思いましたが、テロップなのでたまたま字数の制限があったのかもしれませんし、書いた人の単純ミスだったのかもしれません。気になってその後のニュース画面を食い入るように見ていたら、偶然同じように『△△が入っているビル』と出て、こちらは「入っている」になっていま...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。
 書き言葉の場合は抜かない場合が良いでしょう。『入ってる』はややおおざっぱで、粗雑な印象を受けます。『入っている』の方が丁寧と私は思います。書き言葉でも抜く場合はあったと思います。(そのような使い方をした小説があったと記憶しています)
 ●以下は独り言と思って読んでください。
 『ら』抜き言葉が一時期取り沙汰されました。『ら』を入れた言葉が正しいと。そして、日本語が乱れていると嘆く人々がいました。しかし、です。
 私は言語というものは(もちろん日本語も含めての話です)変化する『生き物』と考えております。日本語だけでも大和言葉から始まり、平安時代頃に女性が平仮名を作ったそうです。(語源学はあまり堪能ではないので間違いがあったらすみません)そうして第2次世界大戦前の日本語は現代とはだいぶ違う言葉でした。平仮名を使わずに片仮名と漢字が新聞には使われていました。しかも、読み方は右から左です。(アラビア語も同じようです。現代とは逆ですね) そうして戦後。常用漢字が制定され、新聞に使われる漢字も大きく変わりました。これが日本の言語の移り変わりの様子と私は考えております。
 ちなみに英語でもだいぶ違いますよ。たとえばイギリス英語だと『色』を『colour』とつづります。『color』はアメリカ英語だそうです。シンガポールの英語は『Singlish』とまで呼ばれるそうです。
 乱文、長文失礼しました。参考にしてください。

 こんばんは。
 書き言葉の場合は抜かない場合が良いでしょう。『入ってる』はややおおざっぱで、粗雑な印象を受けます。『入っている』の方が丁寧と私は思います。書き言葉でも抜く場合はあったと思います。(そのような使い方をした小説があったと記憶しています)
 ●以下は独り言と思って読んでください。
 『ら』抜き言葉が一時期取り沙汰されました。『ら』を入れた言葉が正しいと。そして、日本語が乱れていると嘆く人々がいました。しかし、です。
 私は言語というものは(もちろん日本語も含めて...続きを読む

Q「あくまで」「あくまでも」の意味

「あくまで(飽くまで)」「あくまでも」という副詞の意味ですが、辞書をひくと「物事を最後までやりとおすさま・徹底的に」とあります。例文も「あくまでもがんばる、あくまでも主張を貫く」などとあります。

しかし、よく話の中で「あくまでも個人的な考えですが・・・」「あくまでも噂です」「あくまで一例です」「あくまでの話しです」などという風に使われます。このような文章中では「徹底的に」という意味ではないと思うのですが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

あくまでも、という意味の「徹底的に」という所から転じて、「完全に」とか「中途半端ではなく(どこまでも)」という様な意味合いも持っています。


「あくまでも個人的な」
完全に個人的な

「あくまでも噂です」
=「あくまでも噂[に過ぎません]」
完全に噂に過ぎません

「あくまで一例です」
=あくまで一例[に過ぎません]」
完全に一例にすぎません

「あくまでの話です」
・・・すみません、この用法は聞いた事がありません。

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q『持っていない』と『持ってない』の違い

『免許を持っていない人』には・・・という文面があったのですが
『免許をもってない人』という言い方でも同じ意味ですよね?
『持っていない』と『持ってない』の使い分けの違いはありますか?
 教えてください。

Aベストアンサー

「持っていない」は文法的に解釈できますが、「持ってない」は文法的には解釈できません。
[もっ]+[て]+[い]+[ない]

「持ってない」は、間違いだというのではなく、会話的な表現だということになっています。
「なってます」は会話的なくだけた言い方。

似たようなものに
「だって」→「であって」
「~じゃない」→「~ではない」
「~なんだ」→「~なのだ」
などが、ありますね。

Q「けれど」と「けど」はどう違いますか?

1.戻せないけれど
2.戻せないけど

1と2は全く同じですか?
意味の違いがあれば教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「けど」は「けれど」の砕けたいいかたです。
論文などのかっちりした文章にするなら「けれど」とする方がよいけれども、ちょっとした手紙とか話し言葉では「けど」とすることが多い、その程度の違いだと思います。

『広辞苑』には、

け‐ど
〔助詞・接続〕
(「けれど」のくだけた言い方)
1.逆接を表す。けれど。けれども。「淋しい―がまんする」
2.言いさしにした文の最後に付けて、相手の反応を窺う意を表す。「いいと思う―」

とあります。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「晒す」と「曝す」の使い分け

「晒す」と「曝す」の使い分けを具体的に教えて下さい。広辞苑等では、漢字の使い分けがされておらず、『やわらかい【晒す・曝す】』という載り方をしているのです。恐らく、語源(?)が同じだからだと思いますが…。

Aベストアンサー

さらす[晒す] 白くする 布をさらす 薬品でさらす

さらす[曝す] 当てる 風雨(日・身を危険)-にさらす 恥をさらす

「現代国語表記辞典」三省堂より


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング